Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
【AWS Black Belt Online Seminar】
AWSのコスト削減オプション
アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
2016.10.11
- 主にリザーブドインスタンス -
Agenda
• はじめに
• AWSのコスト削減
– 割引オプションの活用
• リザーブドインスタンス
– EC2
– RDS, ElastiCache, Redshift
• まとめ スポットインスタンスは
別の回で扱います
Update
...
本資料では2016年10月11日時点のサービス内容および価格についてご説明していま
す。最新の情報はAWS公式ウェブサイト(http://aws.amazon.com)にてご確認くだ
さい。
資料作成には十分注意しておりますが、資料内の価格とA...
はじめに
主要サービスの価格
仮想サーバ
データベース
$0.010~/1時間EC2
ストレージ
1GB・1ヶ月確保で0.120$~
データ転送 ~$0.140 / 1GB
S3
(スタンダードストレージ)
EBS
(General Purpose SS...
AWS利用料の一般的な内訳例
・一般的に「仮想サーバ/データベース」が
毎月のご利用料金の9割程度を占めるケースが多い
様々な課金箇所があるが、サーバ/DB利用料、
データ転送料が想定できれば、大体の金額は算出できます
EC2
RDS
データ転...
当月料金の確認方法
• 月内もアカウント請求コンソールで確認することが可能
– 1日程度タイムラグあり
– サービスごとの詳細も確認可能
Billing Alert(請求アラーム)
• 利用状況を監視し、閾値を越えたら通知することが可能
– 閾値を越えたらSimple Notification Service(SNS)にて通知
– SNSの機能により、EメールやHTTP/HTTP...
関連資料
• AWS料金の見積り方法
(料金計算の考え方・見積り方法・お支払方法)
AWS料金の見積り方法 -料金計算の考え方・見積り方法・お支払方法-
http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJa...
AWSのコスト削減
AWSでのコスト削減って?
インスタンス台数/タイプの最適化
ストレージタイプの最適化
マネージドサービスの活用
運用自動化
リザーブドインスタンス
スポットインスタンス
Cloudfrontリザーブドキャパシティ
DynamoDBリザーブドキ...
たとえば 24 時間稼働のシステムならリザーブドインスタンスを適用する
とコストを大幅に抑制することが可能です。ほかにも、似たようなシステ
ムはサーバーを集約する、 週末に稼働の必要がないインスタンスは止め
る、平日でもバックアップが終わったら...
仮にリザーブドインスタンスや Auto Scaling 等を全く使わない場合とフ
ル活用した場合とで比較すると、月額にして実に数十万円~100 万円超の
差になります。我々のようなスタートアップにとって、これはまさに死活
問題といえる非常に大き...
AWS を利用する大きなメリットの一つとして、システムの規模を拡大し
ていく中、コスト削減を意識した際に、リザーブドインスタンスや
Amazon Elasticache、Amazon SESなどのサービスを活用することで、
単なるインフラコスト...
割引オプションの活用
AWSの割引の仕組み①
・ご利用が増えると自動的に単価が安くなるもの
– データ転送量やS3ストレージ料金など
・随時行われる価格改定
– 規模の経済・運用効率化による
– サービス開始から50回以上の値下げ実績あり
AWSの割引の仕組み②
・ご利用オプションによる割引(時間課金)
– リザーブドインスタンス
(リザーブドキャッシュノード)
– スポットインスタンス
EC2 RDS ElastiCache Redshift
EC2 EMR
AWSの割引の仕組み③
・ご利用オプションによる割引(予約容量)
– CloudFrontのリザーブドキャパシティ
(リージョンごとに月間10TBから)
– DynamoDBのリザーブドキャパシティ
(リージョンごとに100ユニットから)
時間課金部分の削減は効果大
・一般的に、AWSご利用料金の中でEC2やRDSなどの
時間課金部分が大きいことが多い
EC2
RDS
データ転送量
その他
データ転送料金の割合が多い場合は、Cloudfrontのリザーブドキャパシティもご検討くだ...
時間課金のお支払いオプション
・初期費用なし
・利用コミットなし
・従量課金
・長期(1年or3年)利用コミットによる
- 割引料金の適用
- キャパシティ予約(AZ指定の場合のみ)
・初期費用なし
・スポット価格(変動)による課金
・ターミネ...
それぞれの想定ご利用シーン
・ピーク対応で増減するサーバ
・一時利用のキャンペーンサイト
・昼にしか使わない開発サーバ
・常時稼働しているサーバ
- DB,キャッシュサーバ
- (最低限必要の)Web/Appサーバ
・分散処理のタスクノード
・...
リザーブドインスタンス(RI)
リザーブドインスタンス(RI)概要
・1年または3年の利用コミットによる料金割引
– 予約時にインスタンスタイプ、スコープ[リージョン/アベイラビリティ
ゾーン(AZ)]、契約期間、お支払い方法、提供クラス[スタンダード/コ
ンバーチブル]、プ...
リザーブドインスタンスの想定ご利用シーン
・常に起動しているDBやキャッシュサーバなど
・常に起動している分のWeb/Appサーバ
– ピークに合わせてスケールアウトする分はオンデマンドで補う
RI RI オンデマンド
ピーク時通常時
EC2編 – リザーブ条件の指定
– コスト削減効果
– [スタンダードRI]リザーブ条件の変更(Modify)
– [コンバーチブル]リザーブ条件の交換(Exchange)
– RI使用状況レポート
– Trusted Advisor
リザーブ条件の指定
(前提)リザーブドインスタンスの権利
・購入時にインスタンスの停止や再起動は必要ない
– まずはオンデマンド・インスタンスで始めて、
様子を見てからリザーブドインスタンスを適用することも可能
・インスタンスIDを指定する必要はない
– 条件に合...
リザーブドインスタンスの購入 (条件入力)
・マネージドコンソールから条件指定して購入
リザーブドインスタンスの購入方法
http://aws.amazon.com/jp/ec2/purchasing-options/reserved-inst...
リザーブドインスタンスの条件について
アベイラビリティゾーン指定
-ap-northeast-1cなど
-”Only show offerings that reserve
capacity”をチェックした場合のみ
②
アベイラビリ
ティゾーン...
②アベイラビリティゾーン(AZ)の指定
アベイラビリティゾーン指定
-ap-northeast-1cなど
-”Only show offerings that reserve
capacity”をチェックした場合のみ
②
アベイラビリ
ティゾー...
②アベイラビリティゾーン(AZ)の指定
・”Only show offerings that reserve capacity”を
チェックした場合のみAZ指定が必要
スコープ:Region
スコープ:AZ
Update
②アベイラビリティゾーン(AZ)の指定
・AZ指定すると該当AZにキャパシティが予約される
(=AZ指定しないとキャパシティは予約されない)
・AZ指定 (キャパシティ予約)有無をスコープと表現
AZ指定あり:”Availability Zon...
②スコープについて
・スコープによる価格差は無し
・キャパシティ予約をしたい場合
→
・起動インスタンスのAZを気にせず
割引価格を適用したい
→ スコープ:Region
スコープ:AZ
Update
④2つの提供クラス
アベイラビリティゾーン指定
-ap-northeast-1cなど
-”Only show offerings that reserve
capacity”をチェックした場合のみ
②
アベイラビリ
ティゾーン
専有インスタンス...
④2つの提供クラス
スタンダード
[New]
コンバーチブ
ル
・RI権利の変更は基本的に出来ない
→同一ファミリー内での「インスタンスタイプ分割/統合(Modify)」「スコープ/AZ変更」は可能
・契約期間は1年または3年、対象は現行世代お...
④⑥提供クラスと契約期間(3年利用の場合)
Update
スタンダード
1年(×3)
コンバーチブル
3年
柔軟性
○
台数増減も含めた1年ごとの見直し
(1年の間も同一ファミリー内でのイ
ンスタンスタイプ分割/統合は可能)
△
48%(契約期...
⑦3つのお支払い方法
アベイラビリティゾーン指定
-ap-northeast-1cなど
-”Only show offerings that reserve
capacity”をチェックした場合のみ
②
アベイラビリ
ティゾーン
専有インスタン...
⑦3つのお支払い方法
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
全前払い
(All Upfront)
・予約金なし
・割引単価での毎月のお支払い (割引率:低)
→利用コミットによる割引単価適用
・予...
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
全前払い
(All Upfront)
・予約金なし
・割引単価での毎月のお支払い (割引率:低)
→利用コミットによる割引単価適用
・予約金あり
・割引単価で...
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
全前払い
(All Upfront)
予約金
なし あり
(割引率:低)
低
あり
(金額:少)
あり
(割引率:高)
高
あり
(金額:多)
なし 高
毎月...
⑦具体的にm4.largeの場合は…
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
全前払い
(All Upfront)
予約金
$0 $79.57 37%
$408 $34.31 46%
$799 $0...
⑦どのタイプを選ぶべきか?
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
全前払い
(All Upfront)
・一時金無しに利用コミットによる割引
・ただし割引率は低め
・大きな割引を受けたい
・一時金...
ご注意点①
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
全前払い
(All Upfront)
・一時金無しに利用コミットによる割引
・ただし割引率は低め
・大きな割引を受けたい
・一時金はおさえたい
・...
コスト削減効果
EC2のコスト削減効果例(m4.large)
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
37%
46%
スタンダード
1年
全前払い
(All Upfront)
48%
2016年10月11日現在、東...
オンデマンドとの損益分岐点を考える
1年の
支払い額
オンデマンド
インスタンス
リザーブド
インスタンス
1年
実際の
利用期間
年間コスト
削減効果48%なら
年間52%
約190日
70%
これ以上使うなら
RIがお得
再掲:EC2のコスト削減効果例(m4.large)
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
37%
46%
スタンダード
1年
全前払い
(All Upfront)
48%
2016年10月11日現...
EC2のコスト削減効果例(m4.large)
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
$0
$408
スタンダード
1年
全前払い
(All Upfront)
$799
2016年10月11日現在、...
EC2のコスト削減効果例(t2.large)
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
25%
27%
スタンダード
1年
全前払い
(All Upfront)
28%
2016年10月11日現在、東...
EC2のコスト削減効果例(c4.large)
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
24%
32%
スタンダード
1年
全前払い
(All Upfront)
33%
2016年10月11日現在、東...
EC2のコスト削減効果例(r3.large)
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
26%
35%
スタンダード
1年
全前払い
(All Upfront)
36%
2016年10月11日現在、東...
EC2のコスト削減効果例(x1.32xlarge)
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
31%
41%
スタンダード
1年
全前払い
(All Upfront)
42%
2016年10月11日現...
[スタンダードRI]
リザーブ条件の変更(Modify)
スタンダードRI
条件変更①インスタンスタイプの変更
・(前提条件)EC2インスタンスのスペックと価格
– 同一インスタンスファミリーの場合、インスタンスタイプを
1つ上げる(下げる)と、スペックと価格は”ほぼ倍(半分に)”になる
c3.large 2
vCPU...
条件変更①インスタンスタイプの変更
・ユニット数は、以下で計算
micro 0.5
small 1
medium 2
large 4
xlarge 8
2xlarge 16
4xlarge 32
8xlarge 64
10xlarge 80
n...
条件変更①インスタンスタイプの変更
・同インスタンスファミリー(m4,c4,r3など)内での
ダウングレード(分割)が可能
– 分割後のユニット数が同じであること
– 支払いタイプ・期間等も同条件となる
– Linuxプラットフォームのみ対応
...
条件変更①インスタンスタイプの変更
・同インスタンスファミリー(m4,c4,r3など)内での
アップグレート(統合)が出来る
– 同時に購入(同時刻で終了する)したもののみ統合可能
– 統合後のユニット数が同じであること
– 支払いタイプなども...
条件変更①インスタンスタイプの変更
アップグレード
ダウングレード
スタンダードRI
条件変更②AZおよびNetworkの変更
・スコープ、AZおよび、Networkも変更可能
– こちらも変更成功/失敗の通知は無いので、
しばらくしてからステータスを確認する必要あり
*Networkは、EC2-Classic(非VPC)が有効...
[コンバーチブルRI]
リザーブ条件の交換(Exchange)
コンバーチブルRI
コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換
・契約期間内にリザーブ条件の交換が可能
– 「インスタンスファミリー」「インスタンスサイズ」「プラット
フォーム(OS)」「テナンシー」「支払方法」を変更可能
– ただし下位の支払い方法(一部前払い→前払...
コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換
・契約終了日時は交換前のまま(購入時から3年間)
– 交換前のRIは”retired”表記になる
– 下記例はt2.nano→t2.small→t2.microに交換
コンバーチブルRI
コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換
・必要に応じて差額のお支払①
– 下記は「前払いなし」→「前払いなし」なので追加の一時金はなし
交換に必要な一時金はなし
交換後の時間単価が表示される
コンバーチブルRI
c4.xlarge(No Upf...
コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換
・必要に応じて差額のお支払②
– 下記は「前払いなし」→「全額前払い」なので、残期間に応じた一
時金支払いが必要
3年分の前払いは$6,021だが、
購入から時間が経過しているので,
残期間分の$6,02...
コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換
・必要に応じて差額のお支払③
– ダウングレードの場合は、交換後の台数を増やして計算する
コンバーチブルRI
c4.xlarge(No Upfront)*1→t2.small(No Upfront)*7の例
コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換
・必要に応じて差額のお支払④
– ダウングレードでも前払いなし以外への交換は差額支払いが発生
Inctance Countは9インスタンス
不足分$98.699が差額支払額
コンバーチブルRI
t2.sm...
EC2リザーブドインスタンス使用状況レポート
EC2リザーブドインスタンス使用状況レポート
・EC2のRI使用状況を確認できます
– 事前に”請求明細レポート”を有効にする必要あり(有効にしてからの
情報が取得できます)
– RIの利用率も確認可能です
https://docs.aws.a...
EC2リザーブドインスタンス使用状況レポート
・ Billing & Cost Managementから確認
Trusted Advisor
(リザーブドインスタンスの最適化)
Trusted Advisor
・ご利用状況から自動的にRI利用を推奨
– AWSサポートのビジネスプラン以上にご加入の場合に利用可能
– 一括請求グループを組んでいる場合、支払いアカウントでの確認が必要
RDS, ElastiCache, Redshift編
– EC2 RIとの違い
– リザーブ条件の指定
– コスト削減効果
リザーブ条件の指定
EC2 RIとの違い
・スタンダードRIのみ選択可能
– (=コンバーチブルRIはなし)
・インスタンスの統合/分割は出来ない
・ElastiCacheのみ支払いタイプが異なる
– 現行タイプは重度使用の1種類(EC2等の「一部前払い」と同様)
RDSリザーブドインスタンスの購入方法
ElastiCacheリザーブドキャッシュノードの購入方法
Redshiftリザーブドインスタンスの購入方法
コスト削減効果
RDSのコスト削減効果例
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
37%
46%
1年
全前払い
(All Upfront)
47%
2016年10月11日現在、東京リージョン
-
61%
3年
6...
RDSのコスト削減効果例
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
34%
43%
1年
全前払い
(All Upfront)
44%
2016年10月11日現在、東京リージョン
-
60%
3年
6...
ElastiCacheのコスト削減効果例
重度使用
(Heavy Utilization)
43%
1年
2016年10月11日現在、東京リージョン
61%
3年
・年間100%利用時の削減効果(対オンデマンド)
・cache.m4.large,
Redshiftのコスト削減効果例
前払いなし
(No Upfront)
一部前払い
(Partial Upfront)
20%
40%
1年
全前払い
(All Upfront)
41%
2016年10月11日現在、東京リージョン
-
74%...
リザーブドインスタンスまとめ
リザーブドインスタンス(RI)まとめ
・1年または3年の利用コミットによる料金割引
– 予約時にインスタンスタイプ、スコープ[リージョン/アベイラビリティ
ゾーン(AZ)]、契約期間、お支払い方法、提供クラス[スタンダード/コ
ンバーチブル]、...
リザーブドインスタンスの想定ご利用シーン
・常に起動しているDBやキャッシュサーバなど
・常に起動している分のWeb/Appサーバ
– ピークに合わせてスケールアウトする分はオンデマンドで補う
RI RI オンデマンド
ピーク時通常時
導入フロー
・オンデマンドインスタンスでのご利用にて
インスタンスタイプや台数を決定
・以下のようなインスタンスについてRIを購入
– 定常的に起動しているサーバやDB
– オンデマンドとの損益分岐点を上回る利用率が
ありそうなサーバやDB
権...
RI購入時の注意点
・RI購入のタイミングでカードへ決済されます
(月末締めの月々のご利用には合算されません)
・クレジットカードの限度額にご注意ください
[導入に関しての問い合わせ]
http://aws.amazon.com/jp/cont...
一括請求(Consolidated Billing)とRI
・一括請求とは?
– 複数AWSアカウントの費用を、1つにまとめて決済
– グループ内でRI権利を自動適用する
請求アカウント
子アカウント①
子アカウント②
http://www.s...
コスト削減まとめ
AWSでのコスト削減
インスタンス台数/タイプの最適化
ストレージタイプの最適化
マネージドサービスの活用
運用自動化
リザーブドインスタンス
スポットインスタンス
Cloudfrontリザーブドキャパシティ
DynamoDBリザーブドキャパシ...
時間課金のお支払いオプション
・初期費用なし
・利用コミットなし
・従量課金
・長期(1年or3年)利用コミットによる
- 割引料金の適用
- キャパシティ予約(AZ指定の場合のみ)
・初期費用なし
・スポット価格(変動)による課金
・ターミネ...
それぞれの想定ご利用シーン
・ピーク対応で増減するサーバ
・一時利用のキャンペーンサイト
・昼にしか使わない開発サーバ
・常時稼働しているサーバ
- DB,キャッシュサーバ
- (最低限必要の)Web/Appサーバ
・分散処理のタスクノード
・...
Q&A
[導入に関しての問い合わせ]
http://aws.amazon.com/jp/contact-us/aws-sales/
[既にご利用の方の課金・請求内容、アカウントに関するお問い合わせ]
https://aws.amazon.com...
詳しくは、http://aws.amazon.com/training をご覧ください
メリット
• AWS について実習や実践練習を通じ
て学習できる
• AWS を熟知したエキスパートから直
接 AWS の機能について学び、疑問の
答えを得...
公式Twitter/Facebook
AWSの最新情報をお届けします
@awscloud_jp
検索
最新技術情報、イベント情報、お役立ち情報、
お得なキャンペーン情報などを日々更新しています!
もしくは
http://on.fb.me/1vR...
お問い合わせ
[導入に関しての問い合わせ]
http://aws.amazon.com/jp/contact-us/aws-sales/
[既にご利用の方の課金・請求内容、アカウントに関するお問い合わせ]
https://aws.amazon....
AWS Black Belt Online Seminar
• 10月の配信予定
– 10月12日(水) 18:00-19:00 Elastic Load Balancing Update
- Application Load Balancer...
画面に表示されるアンケートフォームに入力をお願いしま
す。
• 皆様のご意見は、今後の改善活動に活用させて頂きます。
• コメント欄には1行で自由な内容を書き込み下さい。
例)
- 本オンラインセミナーへのご意見
- 今後オンラインセミナーで取...
オンデマンドとの損益分岐点を考える
3年の
支払い額
オンデマンド
インスタンスの
コスト
リザーブド
インスタンス
のコスト
3年
実際の
利用期間
3年間コスト
削減効果64%なら
3年間の36%
約395日
36%
これ以上使うなら
RI...
AWS Black Belt Online Seminar AWSのコスト削減オプション
Próxima SlideShare
Cargando en…5
×

AWS Black Belt Online Seminar AWSのコスト削減オプション

11.645 visualizaciones

Publicado el

2016/10/11
AWS Black Belt Online Seminar AWSのコスト削減オプション

Publicado en: Tecnología
  • Sé el primero en comentar

AWS Black Belt Online Seminar AWSのコスト削減オプション

  1. 1. 【AWS Black Belt Online Seminar】 AWSのコスト削減オプション アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 2016.10.11 - 主にリザーブドインスタンス -
  2. 2. Agenda • はじめに • AWSのコスト削減 – 割引オプションの活用 • リザーブドインスタンス – EC2 – RDS, ElastiCache, Redshift • まとめ スポットインスタンスは 別の回で扱います Update スケジュールドRIは扱いません
  3. 3. 本資料では2016年10月11日時点のサービス内容および価格についてご説明していま す。最新の情報はAWS公式ウェブサイト(http://aws.amazon.com)にてご確認くだ さい。 資料作成には十分注意しておりますが、資料内の価格とAWS公式ウェブサイト記載の価 格に相違があった場合、AWS公式ウェブサイトの価格を優先とさせていただきます。 内容についての注意点 AWS does not offer binding price quotes. AWS pricing is publicly available and is subject to change in accordance with the AWS Customer Agreement available at http://aws.amazon.com/agreement/. Any pricing information included in this document is provided only as an estimate of usage charges for AWS services based on certain information that you have provided. Monthly charges will be based on your actual use of AWS services, and may vary from the estimates provided. 価格は税抜表記となっています。日本居住者のお客様が東京リージョンを使用する場合、 別途消費税をご請求させていただきます。 3
  4. 4. はじめに
  5. 5. 主要サービスの価格 仮想サーバ データベース $0.010~/1時間EC2 ストレージ 1GB・1ヶ月確保で0.120$~ データ転送 ~$0.140 / 1GB S3 (スタンダードストレージ) EBS (General Purpose SSD) RDS いずれも使った分だけの従量課金 $0.026~/1時間 (AWSからのインターネットへのアウト) 1GB・1ヶ月保存で~0.033$ (2016年10月11日現在 東京リージョンの例) AWS料金の見積り方法 -料金計算の考え方・見積り方法・お支払方法- http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20150519-billing
  6. 6. AWS利用料の一般的な内訳例 ・一般的に「仮想サーバ/データベース」が 毎月のご利用料金の9割程度を占めるケースが多い 様々な課金箇所があるが、サーバ/DB利用料、 データ転送料が想定できれば、大体の金額は算出できます EC2 RDS データ転送量 その他 AWS ご利用料金 内訳例 AWS料金の見積り方法 -料金計算の考え方・見積り方法・お支払方法- http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20150519-billing
  7. 7. 当月料金の確認方法 • 月内もアカウント請求コンソールで確認することが可能 – 1日程度タイムラグあり – サービスごとの詳細も確認可能
  8. 8. Billing Alert(請求アラーム) • 利用状況を監視し、閾値を越えたら通知することが可能 – 閾値を越えたらSimple Notification Service(SNS)にて通知 – SNSの機能により、EメールやHTTP/HTTPS等での通知 [AWSマイスターシリーズ] AWS Billingについて http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20140226-aws-meisterregeneratebillingpublic/
  9. 9. 関連資料 • AWS料金の見積り方法 (料金計算の考え方・見積り方法・お支払方法) AWS料金の見積り方法 -料金計算の考え方・見積り方法・お支払方法- http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20150519-billing
  10. 10. AWSのコスト削減
  11. 11. AWSでのコスト削減って? インスタンス台数/タイプの最適化 ストレージタイプの最適化 マネージドサービスの活用 運用自動化 リザーブドインスタンス スポットインスタンス Cloudfrontリザーブドキャパシティ DynamoDBリザーブドキャパシティ EBS, Snapshot, EIP等々… クラウド ネイティブな 設計 割引 オプションの 活用 細かい リソースの 無駄チェック 大きい 大きい 小さい 変更 必要 変更 不要 変更 不要 効果 構成 AWS Black Belt Online Seminar 2016 クラウドのためのアーキテクチャ設計 -ベストプラクティス- http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt-online-seminar-2016
  12. 12. たとえば 24 時間稼働のシステムならリザーブドインスタンスを適用する とコストを大幅に抑制することが可能です。ほかにも、似たようなシステ ムはサーバーを集約する、 週末に稼働の必要がないインスタンスは止め る、平日でもバックアップが終わったら落とす、など、こまめに調整する ことでさらにコスト削減効果を高めることができます。
  13. 13. 仮にリザーブドインスタンスや Auto Scaling 等を全く使わない場合とフ ル活用した場合とで比較すると、月額にして実に数十万円~100 万円超の 差になります。我々のようなスタートアップにとって、これはまさに死活 問題といえる非常に大きな額であり、活用しない手はないと考えていま す。
  14. 14. AWS を利用する大きなメリットの一つとして、システムの規模を拡大し ていく中、コスト削減を意識した際に、リザーブドインスタンスや Amazon Elasticache、Amazon SESなどのサービスを活用することで、 単なるインフラコストだけでなく、運用コスト削減も行うことができるの は大きいと思います。
  15. 15. 割引オプションの活用
  16. 16. AWSの割引の仕組み① ・ご利用が増えると自動的に単価が安くなるもの – データ転送量やS3ストレージ料金など ・随時行われる価格改定 – 規模の経済・運用効率化による – サービス開始から50回以上の値下げ実績あり
  17. 17. AWSの割引の仕組み② ・ご利用オプションによる割引(時間課金) – リザーブドインスタンス (リザーブドキャッシュノード) – スポットインスタンス EC2 RDS ElastiCache Redshift EC2 EMR
  18. 18. AWSの割引の仕組み③ ・ご利用オプションによる割引(予約容量) – CloudFrontのリザーブドキャパシティ (リージョンごとに月間10TBから) – DynamoDBのリザーブドキャパシティ (リージョンごとに100ユニットから)
  19. 19. 時間課金部分の削減は効果大 ・一般的に、AWSご利用料金の中でEC2やRDSなどの 時間課金部分が大きいことが多い EC2 RDS データ転送量 その他 データ転送料金の割合が多い場合は、Cloudfrontのリザーブドキャパシティもご検討ください AWS ご利用料金 内訳例
  20. 20. 時間課金のお支払いオプション ・初期費用なし ・利用コミットなし ・従量課金 ・長期(1年or3年)利用コミットによる - 割引料金の適用 - キャパシティ予約(AZ指定の場合のみ) ・初期費用なし ・スポット価格(変動)による課金 ・ターミネートされるリスクあり オンデマンド インスタンス (デフォルト) リザーブド インスタンス (オプション) スポット インスタンス (オプション)
  21. 21. それぞれの想定ご利用シーン ・ピーク対応で増減するサーバ ・一時利用のキャンペーンサイト ・昼にしか使わない開発サーバ ・常時稼働しているサーバ - DB,キャッシュサーバ - (最低限必要の)Web/Appサーバ ・分散処理のタスクノード ・クローラ ・メディアプロセッシング等 オンデマンド インスタンス (デフォルト) リザーブド インスタンス (オプション) スポット インスタンス (オプション) AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon EC2 スポットインスタンス & Auto Scaling - http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt-tech-2015-amazon-ec2-auto-scaling
  22. 22. リザーブドインスタンス(RI)
  23. 23. リザーブドインスタンス(RI)概要 ・1年または3年の利用コミットによる料金割引 – 予約時にインスタンスタイプ、スコープ[リージョン/アベイラビリティ ゾーン(AZ)]、契約期間、お支払い方法、提供クラス[スタンダード/コ ンバーチブル]、プラットフォームなどの契約条件を指定 ・スコープがAZの場合(AZ指定した場合)は キャパシティも予約 ・権利の購入 – インスタンスIDの指定は不要 – 購入時のサーバ停止や再起動もない(無停止で適用可能)
  24. 24. リザーブドインスタンスの想定ご利用シーン ・常に起動しているDBやキャッシュサーバなど ・常に起動している分のWeb/Appサーバ – ピークに合わせてスケールアウトする分はオンデマンドで補う RI RI オンデマンド ピーク時通常時
  25. 25. EC2編 – リザーブ条件の指定 – コスト削減効果 – [スタンダードRI]リザーブ条件の変更(Modify) – [コンバーチブル]リザーブ条件の交換(Exchange) – RI使用状況レポート – Trusted Advisor
  26. 26. リザーブ条件の指定
  27. 27. (前提)リザーブドインスタンスの権利 ・購入時にインスタンスの停止や再起動は必要ない – まずはオンデマンド・インスタンスで始めて、 様子を見てからリザーブドインスタンスを適用することも可能 ・インスタンスIDを指定する必要はない – 条件に合致するインスタンスがあれば、自動的に適応される – m3.largeを3台起動中、1台分の権利を持っている場合は… *インスタンスタイプ以外の各条件も合致している必要あり m3.large オンデマンド料金×2 m3.large リザーブド料金×1で計算
  28. 28. リザーブドインスタンスの購入 (条件入力) ・マネージドコンソールから条件指定して購入 リザーブドインスタンスの購入方法 http://aws.amazon.com/jp/ec2/purchasing-options/reserved-instances/buyer/ 条件が合致するインスタンスについて、割引料金が適用される スコープ:AZ(AZ指定の場合)の場合は、キャパシティも予約される Update
  29. 29. リザーブドインスタンスの条件について アベイラビリティゾーン指定 -ap-northeast-1cなど -”Only show offerings that reserve capacity”をチェックした場合のみ ② アベイラビリ ティゾーン 専有インスタンスか否か? -デフォルト(共有) -ハードウェア専有 ③ テナンシー OSなどを指定 -Linux/UNIX -Windows -RHEL等 ① プラット フォーム 契約期間を指定 -1年 -3年 ⑥ 期間 お支払タイプを指定 -前払いなし -一部前払い -全前払い ⑦ お支払い方法 インスタンスタイプを指定 -m4.largeなど ⑤ インスタンス タイプ 提供クラスを指定 -スタンダード -コンバーチブル ④ 提供クラス Update この後②④⑦を もう少し詳しく説明
  30. 30. ②アベイラビリティゾーン(AZ)の指定 アベイラビリティゾーン指定 -ap-northeast-1cなど -”Only show offerings that reserve capacity”をチェックした場合のみ ② アベイラビリ ティゾーン 専有インスタンスか否か? -デフォルト(共有) -ハードウェア専有 ③ テナンシー OSなどを指定 -Linux/UNIX -Windows -RHEL等 ① プラット フォーム 契約期間を指定 -1年 -3年 ⑥ 期間 お支払タイプを指定 -前払いなし -一部前払い -全前払い ⑦ お支払い方法 インスタンスタイプを指定 -m4.largeなど ⑤ インスタンス タイプ 提供クラスを指定 -スタンダード -コンバーチブル ④ 提供クラス Update
  31. 31. ②アベイラビリティゾーン(AZ)の指定 ・”Only show offerings that reserve capacity”を チェックした場合のみAZ指定が必要 スコープ:Region スコープ:AZ Update
  32. 32. ②アベイラビリティゾーン(AZ)の指定 ・AZ指定すると該当AZにキャパシティが予約される (=AZ指定しないとキャパシティは予約されない) ・AZ指定 (キャパシティ予約)有無をスコープと表現 AZ指定あり:”Availability Zone” AZ指定なし:”Region” Update
  33. 33. ②スコープについて ・スコープによる価格差は無し ・キャパシティ予約をしたい場合 → ・起動インスタンスのAZを気にせず 割引価格を適用したい → スコープ:Region スコープ:AZ Update
  34. 34. ④2つの提供クラス アベイラビリティゾーン指定 -ap-northeast-1cなど -”Only show offerings that reserve capacity”をチェックした場合のみ ② アベイラビリ ティゾーン 専有インスタンスか否か? -デフォルト(共有) -ハードウェア専有 ③ テナンシー OSなどを指定 -Linux/UNIX -Windows -RHEL等 ① プラット フォーム 契約期間を指定 -1年 -3年 ⑥ 期間 お支払タイプを指定 -前払いなし -一部前払い -全前払い ⑦ お支払い方法 インスタンスタイプを指定 -m4.largeなど ⑤ インスタンス タイプ 提供クラスを指定 -スタンダード -コンバーチブル ④ 提供クラス Update
  35. 35. ④2つの提供クラス スタンダード [New] コンバーチブ ル ・RI権利の変更は基本的に出来ない →同一ファミリー内での「インスタンスタイプ分割/統合(Modify)」「スコープ/AZ変更」は可能 ・契約期間は1年または3年、対象は現行世代および旧世代 ・(3年の場合)高い割引率 ・ 期間中に、同等以上の価値を持つRIに交換(Exchange)が可能 →差額のお支払いにより「インスタンスファミリー」「インスタンスサイズ」 「プラットフォーム(OS)」「テナンシー」「支払方法」を変更することが可能 ・契約期間は3年のみ、対象は現行世代のみ ・割引率は3年スタンダートほど高くはない ・交換時の価格が適用される(価格改定にも対応出来る) ・契約期間中にRI権利の柔軟な変更(交換)が可能か Update
  36. 36. ④⑥提供クラスと契約期間(3年利用の場合) Update スタンダード 1年(×3) コンバーチブル 3年 柔軟性 ○ 台数増減も含めた1年ごとの見直し (1年の間も同一ファミリー内でのイ ンスタンスタイプ分割/統合は可能) △ 48%(契約期間内に価格改定があった 場合も、購入時の価格が適用される) ◎期間内は同等価値以上に 差額支払いで交換可能 ○ 53%(価格改定があった場合も、購入 時の価格が適用される。ただし交換 時は交換時点での価格を適用出来る) 割引率 利用シーン 長期利用は不確定であっ たり、構成変更などによ り利用台数減の可能性が ある 長期利用は予測される が、柔軟性とコスト削減 効果を両立させたい 割引率は、2016年10月11日現在、東京リージョン、Linux、m4.large、全前払いの例(オンデマンドとの比較) スタンダード 3年 △ 3年の間も同一ファミリー内でのイン スタンスタイプ分割/統合は可能 ◎ 64%(価格改定があった場合も、購入 時の価格が適用される) 安定的な長期利用を予測 しているので、コスト削 減効果を大きくしたい
  37. 37. ⑦3つのお支払い方法 アベイラビリティゾーン指定 -ap-northeast-1cなど -”Only show offerings that reserve capacity”をチェックした場合のみ ② アベイラビリ ティゾーン 専有インスタンスか否か? -デフォルト(共有) -ハードウェア専有 ③ テナンシー OSなどを指定 -Linux/UNIX -Windows -RHEL等 ① プラット フォーム 契約期間を指定 -1年 -3年 ⑥ 期間 お支払タイプを指定 -前払いなし -一部前払い -全前払い ⑦ お支払い方法 インスタンスタイプを指定 -m4.largeなど ⑤ インスタンス タイプ 提供クラスを指定 -スタンダード -コンバーチブル ④ 提供クラス Update
  38. 38. ⑦3つのお支払い方法 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) ・予約金なし ・割引単価での毎月のお支払い (割引率:低) →利用コミットによる割引単価適用 ・予約金あり ・割引単価での毎月のお支払い (割引率:高) →旧RIの”重度利用”と同じ考え方 ・予約金あり ・毎月のお支払いなし →年間時間課金分の一括前払い *前払いなしはスタンダード1年RI、コンバーチブル3年RIのみ選択可能 ・予約金、毎月のお支払い有無による3種類
  39. 39. 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) ・予約金なし ・割引単価での毎月のお支払い (割引率:低) →利用コミットによる割引単価適用 ・予約金あり ・割引単価での毎月のお支払い (割引率:高) →既存RIの”重度利用”と同じ考え方 ・予約金あり ・従量課金なし →年間時間課金分の一括前払い NEW 前払いなしおよび一部前払いについては、 契約期間中、毎月「割引単価×24時間×日数」をご請求します ⑦3つのお支払い方法
  40. 40. 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) 予約金 なし あり (割引率:低) 低 あり (金額:少) あり (割引率:高) 高 あり (金額:多) なし 高 毎月のお支払 割引率 ⑦3つのお支払い方法
  41. 41. ⑦具体的にm4.largeの場合は… 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) 予約金 $0 $79.57 37% $408 $34.31 46% $799 $0 48% 割引率 2016年10月11日現在、東京リージョン、Linux、1年スタンダードRIの場合。毎月のお支払は月別お支払額の平均です 毎月のお支払
  42. 42. ⑦どのタイプを選ぶべきか? 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) ・一時金無しに利用コミットによる割引 ・ただし割引率は低め ・大きな割引を受けたい ・一時金はおさえたい ・大きな割引を受けたい ・前払い一括で支払いたい ・キャッシュフローに合わせた選択を!
  43. 43. ご注意点① 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 全前払い (All Upfront) ・一時金無しに利用コミットによる割引 ・ただし割引率は低め ・大きな割引を受けたい ・一時金はおさえたい ・大きな割引を受けたい ・一括で支払いたい 「全前払い」についても、EBSやEIPなどを ご利用いただいた場合の従量課金は通常通りかかります (「前払いなし」「一部前払い」も同様)
  44. 44. コスト削減効果
  45. 45. EC2のコスト削減効果例(m4.large) 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 37% 46% スタンダード 1年 全前払い (All Upfront) 48% 2016年10月11日現在、東京リージョン、Linuxの価格 - 62% スタンダード 3年 64% 44% 52% コンバーチブル 3年 53% ・年間100%利用時の削減効果(対オンデマンド) Update
  46. 46. オンデマンドとの損益分岐点を考える 1年の 支払い額 オンデマンド インスタンス リザーブド インスタンス 1年 実際の 利用期間 年間コスト 削減効果48%なら 年間52% 約190日 70% これ以上使うなら RIがお得
  47. 47. 再掲:EC2のコスト削減効果例(m4.large) 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 37% 46% スタンダード 1年 全前払い (All Upfront) 48% 2016年10月11日現在、東京リージョン、Linuxの価格 - 62% スタンダード 3年 64% 44% 52% コンバーチブル 3年 53% ・年間100%利用時の削減効果(対オンデマンド) Update
  48. 48. EC2のコスト削減効果例(m4.large) 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) $0 $408 スタンダード 1年 全前払い (All Upfront) $799 2016年10月11日現在、東京リージョン、Linuxの価格 - $886 スタンダード 3年 $1,666 $0 $1102 コンバーチブル 3年 $2,157 ・ご参考までに前払い額 Update
  49. 49. EC2のコスト削減効果例(t2.large) 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 25% 27% スタンダード 1年 全前払い (All Upfront) 28% 2016年10月11日現在、東京リージョン、Linuxの価格 - 50% スタンダード 3年 53% 33% 34% コンバーチブル 3年 35% ・年間100%利用時の削減効果(対オンデマンド) Update
  50. 50. EC2のコスト削減効果例(c4.large) 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 24% 32% スタンダード 1年 全前払い (All Upfront) 33% 2016年10月11日現在、東京リージョン、Linuxの価格 - 49% スタンダード 3年 52% 32% 39% コンバーチブル 3年 40% ・年間100%利用時の削減効果(対オンデマンド) Update
  51. 51. EC2のコスト削減効果例(r3.large) 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 26% 35% スタンダード 1年 全前払い (All Upfront) 36% 2016年10月11日現在、東京リージョン、Linuxの価格 - 55% スタンダード 3年 58% 33% 42% コンバーチブル 3年 43% ・年間100%利用時の削減効果(対オンデマンド) Update
  52. 52. EC2のコスト削減効果例(x1.32xlarge) 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 31% 41% スタンダード 1年 全前払い (All Upfront) 42% 2016年10月11日現在、東京リージョン、Linuxの価格 - 70% スタンダード 3年 72% 38% 47% コンバーチブル 3年 48% ・年間100%利用時の削減効果(対オンデマンド) Update
  53. 53. [スタンダードRI] リザーブ条件の変更(Modify) スタンダードRI
  54. 54. 条件変更①インスタンスタイプの変更 ・(前提条件)EC2インスタンスのスペックと価格 – 同一インスタンスファミリーの場合、インスタンスタイプを 1つ上げる(下げる)と、スペックと価格は”ほぼ倍(半分に)”になる c3.large 2 vCPU 3.75 2×16 $0.128 メモリ インスタンス ストレージ 時間単価 (オンデマンド) *Linux/UNIXの場合 *c4.8xlargeとm4.10xlarge,16xlargeのぞく c3.xlarge 4 7.5 2×40 $0.255 c3.2xlarge 8 15.0 2×80 $0.511 c3.4xlarge 16 30.0 2×160 $1.021 c3.8xlarge 32 60.0 2×320 $2.043 スタンダードRI
  55. 55. 条件変更①インスタンスタイプの変更 ・ユニット数は、以下で計算 micro 0.5 small 1 medium 2 large 4 xlarge 8 2xlarge 16 4xlarge 32 8xlarge 64 10xlarge 80 nano 0.25 スタンダードRI
  56. 56. 条件変更①インスタンスタイプの変更 ・同インスタンスファミリー(m4,c4,r3など)内での ダウングレード(分割)が可能 – 分割後のユニット数が同じであること – 支払いタイプ・期間等も同条件となる – Linuxプラットフォームのみ対応 – 変更成功/失敗の通知は無いので、 しばらくしてからステータスを確認する必要あり Large Small Small Small Small http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ri-modification-instancemove.html スタンダードRI
  57. 57. 条件変更①インスタンスタイプの変更 ・同インスタンスファミリー(m4,c4,r3など)内での アップグレート(統合)が出来る – 同時に購入(同時刻で終了する)したもののみ統合可能 – 統合後のユニット数が同じであること – 支払いタイプなども同条件であること – Linuxプラットフォームのみ対応 – 変更成功/失敗の通知は無いので、 しばらくしてからステータスを確認する必要あり Large Small Small Small Small http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ri-modification-instancemove.html スタンダードRI
  58. 58. 条件変更①インスタンスタイプの変更 アップグレード ダウングレード スタンダードRI
  59. 59. 条件変更②AZおよびNetworkの変更 ・スコープ、AZおよび、Networkも変更可能 – こちらも変更成功/失敗の通知は無いので、 しばらくしてからステータスを確認する必要あり *Networkは、EC2-Classic(非VPC)が有効な場合のみ変更可能 スタンダードRI
  60. 60. [コンバーチブルRI] リザーブ条件の交換(Exchange) コンバーチブルRI
  61. 61. コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換 ・契約期間内にリザーブ条件の交換が可能 – 「インスタンスファミリー」「インスタンスサイズ」「プラット フォーム(OS)」「テナンシー」「支払方法」を変更可能 – ただし下位の支払い方法(一部前払い→前払いなし、全前払い→一部 前払い、全前払い→前払いなし)には変更できない コンバーチブルRI
  62. 62. コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換 ・契約終了日時は交換前のまま(購入時から3年間) – 交換前のRIは”retired”表記になる – 下記例はt2.nano→t2.small→t2.microに交換 コンバーチブルRI
  63. 63. コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換 ・必要に応じて差額のお支払① – 下記は「前払いなし」→「前払いなし」なので追加の一時金はなし 交換に必要な一時金はなし 交換後の時間単価が表示される コンバーチブルRI c4.xlarge(No Upfront)→r3.xlarge(No Upfront)の例
  64. 64. コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換 ・必要に応じて差額のお支払② – 下記は「前払いなし」→「全額前払い」なので、残期間に応じた一 時金支払いが必要 3年分の前払いは$6,021だが、 購入から時間が経過しているので, 残期間分の$6,020.084が交換に必要な金額となる コンバーチブルRI c4.xlarge(No Upfront)→r3.xlarge(All Upfront)の例
  65. 65. コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換 ・必要に応じて差額のお支払③ – ダウングレードの場合は、交換後の台数を増やして計算する コンバーチブルRI c4.xlarge(No Upfront)*1→t2.small(No Upfront)*7の例
  66. 66. コンバーチブルRIのリザーブ条件の交換 ・必要に応じて差額のお支払④ – ダウングレードでも前払いなし以外への交換は差額支払いが発生 Inctance Countは9インスタンス 不足分$98.699が差額支払額 コンバーチブルRI t2.small(Partial Upfront)*2→t2.nano(All Upfront)*9の例
  67. 67. EC2リザーブドインスタンス使用状況レポート
  68. 68. EC2リザーブドインスタンス使用状況レポート ・EC2のRI使用状況を確認できます – 事前に”請求明細レポート”を有効にする必要あり(有効にしてからの 情報が取得できます) – RIの利用率も確認可能です https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/usage-reports-ri.html
  69. 69. EC2リザーブドインスタンス使用状況レポート ・ Billing & Cost Managementから確認
  70. 70. Trusted Advisor (リザーブドインスタンスの最適化)
  71. 71. Trusted Advisor ・ご利用状況から自動的にRI利用を推奨 – AWSサポートのビジネスプラン以上にご加入の場合に利用可能 – 一括請求グループを組んでいる場合、支払いアカウントでの確認が必要
  72. 72. RDS, ElastiCache, Redshift編 – EC2 RIとの違い – リザーブ条件の指定 – コスト削減効果
  73. 73. リザーブ条件の指定
  74. 74. EC2 RIとの違い ・スタンダードRIのみ選択可能 – (=コンバーチブルRIはなし) ・インスタンスの統合/分割は出来ない ・ElastiCacheのみ支払いタイプが異なる – 現行タイプは重度使用の1種類(EC2等の「一部前払い」と同様)
  75. 75. RDSリザーブドインスタンスの購入方法
  76. 76. ElastiCacheリザーブドキャッシュノードの購入方法
  77. 77. Redshiftリザーブドインスタンスの購入方法
  78. 78. コスト削減効果
  79. 79. RDSのコスト削減効果例 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 37% 46% 1年 全前払い (All Upfront) 47% 2016年10月11日現在、東京リージョン - 61% 3年 64% ・年間100%利用時の削減効果(対オンデマンド) ・db.m4.large, MySQL, MultiAZ
  80. 80. RDSのコスト削減効果例 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 34% 43% 1年 全前払い (All Upfront) 44% 2016年10月11日現在、東京リージョン - 60% 3年 60% ・年間100%利用時の削減効果(対オンデマンド) ・db.r3.large, Aurora, MultiAZ
  81. 81. ElastiCacheのコスト削減効果例 重度使用 (Heavy Utilization) 43% 1年 2016年10月11日現在、東京リージョン 61% 3年 ・年間100%利用時の削減効果(対オンデマンド) ・cache.m4.large,
  82. 82. Redshiftのコスト削減効果例 前払いなし (No Upfront) 一部前払い (Partial Upfront) 20% 40% 1年 全前払い (All Upfront) 41% 2016年10月11日現在、東京リージョン - 74% 3年 76% ・年間100%利用時の削減効果(対オンデマンド) ・ds2.xlarge
  83. 83. リザーブドインスタンスまとめ
  84. 84. リザーブドインスタンス(RI)まとめ ・1年または3年の利用コミットによる料金割引 – 予約時にインスタンスタイプ、スコープ[リージョン/アベイラビリティ ゾーン(AZ)]、契約期間、お支払い方法、提供クラス[スタンダード/コ ンバーチブル]、プラットフォームなどの契約条件を指定 ・スコープがAZの場合(AZ指定した場合)は キャパシティも予約 ・権利の購入 – インスタンスIDの指定は不要 – 購入時のサーバ停止や再起動もない(無停止で適用可能)
  85. 85. リザーブドインスタンスの想定ご利用シーン ・常に起動しているDBやキャッシュサーバなど ・常に起動している分のWeb/Appサーバ – ピークに合わせてスケールアウトする分はオンデマンドで補う RI RI オンデマンド ピーク時通常時
  86. 86. 導入フロー ・オンデマンドインスタンスでのご利用にて インスタンスタイプや台数を決定 ・以下のようなインスタンスについてRIを購入 – 定常的に起動しているサーバやDB – オンデマンドとの損益分岐点を上回る利用率が ありそうなサーバやDB 権利の購入なので、無停止でRIに切り替え可
  87. 87. RI購入時の注意点 ・RI購入のタイミングでカードへ決済されます (月末締めの月々のご利用には合算されません) ・クレジットカードの限度額にご注意ください [導入に関しての問い合わせ] http://aws.amazon.com/jp/contact-us/aws-sales/ [課金・請求内容、またはアカウントに関するお問い合わせ] https://aws.amazon.com/jp/contact-us/
  88. 88. 一括請求(Consolidated Billing)とRI ・一括請求とは? – 複数AWSアカウントの費用を、1つにまとめて決済 – グループ内でRI権利を自動適用する 請求アカウント 子アカウント① 子アカウント② http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20140226-aws- meisterregeneratebillingpublic AWSマイスターシリーズ “AWS Billingについて”
  89. 89. コスト削減まとめ
  90. 90. AWSでのコスト削減 インスタンス台数/タイプの最適化 ストレージタイプの最適化 マネージドサービスの活用 運用自動化 リザーブドインスタンス スポットインスタンス Cloudfrontリザーブドキャパシティ DynamoDBリザーブドキャパシティ EBS, Snapshot, EIP等々… クラウド ネイティブな 設計 割引 オプションの 活用 細かい リソースの 無駄チェック 大きい 大きい 小さい 変更 必要 変更 不要 変更 不要 効果 構成 AWS Black Belt Online Seminar 2016 クラウドのためのアーキテクチャ設計 -ベストプラクティス- http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt-online-seminar-2016
  91. 91. 時間課金のお支払いオプション ・初期費用なし ・利用コミットなし ・従量課金 ・長期(1年or3年)利用コミットによる - 割引料金の適用 - キャパシティ予約(AZ指定の場合のみ) ・初期費用なし ・スポット価格(変動)による課金 ・ターミネートされるリスクあり オンデマンド インスタンス (デフォルト) リザーブド インスタンス (オプション) スポット インスタンス (オプション)
  92. 92. それぞれの想定ご利用シーン ・ピーク対応で増減するサーバ ・一時利用のキャンペーンサイト ・昼にしか使わない開発サーバ ・常時稼働しているサーバ - DB,キャッシュサーバ - (最低限必要の)Web/Appサーバ ・分散処理のタスクノード ・クローラ ・メディアプロセッシング等 オンデマンド インスタンス (デフォルト) リザーブド インスタンス (オプション) スポット インスタンス (オプション) AWS Black Belt Tech シリーズ 2015 - Amazon EC2 スポットインスタンス & Auto Scaling - http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-black-belt-tech-2015-amazon-ec2-auto-scaling
  93. 93. Q&A [導入に関しての問い合わせ] http://aws.amazon.com/jp/contact-us/aws-sales/ [既にご利用の方の課金・請求内容、アカウントに関するお問い合わせ] https://aws.amazon.com/jp/contact-us/
  94. 94. 詳しくは、http://aws.amazon.com/training をご覧ください メリット • AWS について実習や実践練習を通じ て学習できる • AWS を熟知したエキスパートから直 接 AWS の機能について学び、疑問の 答えを得られる • 自信をもって IT ソリューションに関 する決定を下せるようになる 提供方法 e ラーニングや動画 セルフペースラボ クラスルーム トレーニング AWSトレーニングでは様々な学習方法をご提供しています
  95. 95. 公式Twitter/Facebook AWSの最新情報をお届けします @awscloud_jp 検索 最新技術情報、イベント情報、お役立ち情報、 お得なキャンペーン情報などを日々更新しています! もしくは http://on.fb.me/1vR8yWm
  96. 96. お問い合わせ [導入に関しての問い合わせ] http://aws.amazon.com/jp/contact-us/aws-sales/ [既にご利用の方の課金・請求内容、アカウントに関するお問い合わせ] https://aws.amazon.com/jp/contact-us/
  97. 97. AWS Black Belt Online Seminar • 10月の配信予定 – 10月12日(水) 18:00-19:00 Elastic Load Balancing Update - Application Load Balancer – 10月18日(火) 12:00-13:00 AWS 上での Active Directory 構築 – 10月19日(水) 18:00-19:00 AWS IoT – 10月26日(水) 18:00-19:00 Amazon Elastic MapReduce • 申し込みサイト https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/webinars/ (もしくは「AWS イベント」で検索)
  98. 98. 画面に表示されるアンケートフォームに入力をお願いしま す。 • 皆様のご意見は、今後の改善活動に活用させて頂きます。 • コメント欄には1行で自由な内容を書き込み下さい。 例) - 本オンラインセミナーへのご意見 - 今後オンラインセミナーで取り上げて欲しい題材 - 発表者への激励 等々… ※Q&A同様に書き込んだ内容は主催者にしか見えませんアンケートフォームから 簡単に入力頂けます。 簡単なアンケートにご協力ください。
  99. 99. オンデマンドとの損益分岐点を考える 3年の 支払い額 オンデマンド インスタンスの コスト リザーブド インスタンス のコスト 3年 実際の 利用期間 3年間コスト 削減効果64%なら 3年間の36% 約395日 36% これ以上使うなら RIがお得

×