Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

【UDC2015】ソリューション 096 BODIKODCS

1.979 visualizaciones

Publicado el

UDC2015ソリューション部門作品

Publicado en: Servicios
  • Sé el primero en comentar

  • Sé el primero en recomendar esto

【UDC2015】ソリューション 096 BODIKODCS

  1. 1. BODIK ODCS BODIK Open Data Catalog Site 2016/2/27 UDC2015 BODIK(ビッグデータ&オープンデータ研究会in九州) 事務局:公益財団法⼈九州先端科学技術研究所 坂本 好夫
  2. 2. BODIKとは? 2 福岡市・福岡アジア都市研究所(URC)・九州先端科学技術研究所(ISIT)は、ビックデータとオープ ンデータに関する研究会であるビッグデータ&オープンデータ研究会in九州(BODIK)を設⽴しました。 本研究会では、以下の5つをミッションとして活動しています。 1 2 3 4 5 九州地域のビッグデータ、オープンデータに精通したエンジニアや、 データサイエンティストなどの⼈材育成 九州地域のIT企業、ユーザー企業へのビッグデータ、オープンデータ の最新技術情報や事例紹介等の情報提供による地域経済の活 性化 九州地域の地⽅⾃治体が保有するデータのオープン化を促進し、 公共サービスの向上、効率化に貢献 ビッグデータ、オープンデータに関連した国のプロジェクトやビジネスに 繋がるための基盤となる⼈的ネットワークの構築 ビックデータ(オープンデータ)にワンストップサービスでアクセスでき るWebサイトの構築
  3. 3. VLED オープンデータシンポジウム2015 in 福岡 3
  4. 4. 4
  5. 5. 5
  6. 6. BODIK⾃治体WG 6 オープンデータ化推進の課題を解決するための資料、技術、ノウハウを共有し、オー プンデータに取り組む⾃治体を増やすことで、地域の課題解決の促進、経済の活性 化に貢献する 上記⽬的を達成するために、以下の事項に取り組む。 1 市町村への技術⽀援(ノウハウ等の共有等) 2 データカタログサイト(CKAN)の共同利⽤ 【構成メンバー】 福岡県、北九州市、久留⽶市、福岡市、福岡アジア 都市研究所(URC)・九州先端科学技術研究所 (ISIT)の計6団体 ・平成27年6⽉2⽇設⽴ ・⽉1回のペースでWGを実施中 ・事務局はISIT ・データカタログサイトの共同利⽤については、まずWG 参加団体で取り組み。その後、福岡県内市町村、 九州の⾃治体へ範囲を広げることを⽬標とする
  7. 7. BODIK ODCS概要 • BODIK ODCS は九州・⼭⼝地域の地⽅⾃治体がオープン データを公開するためのデータカタログサイトを無償で提供するクラ ウドサービスです。 • BODIKの事務局である公益財団法⼈九州先端科学技術研 究所が運営しています。 • BODIK ODCSを利⽤する事で⾃治体で独⾃のオープンデータ カタログサイトを持つことが可能になります。 7 九州・⼭⼝地域のオープンデータ化を推進します
  8. 8. URLと利⽤しているソフトウェアについて 8 URLについて メインサイトのURLは以下になります。 http://odcs.bodik.jp/ 各⾃治体のオープンデータカタログサイトのURLは以下になります。 http://odcs.bodik.jp/+全国地⽅公共団体コード 例)久留⽶市の場合 http://odcs.bodik.jp/402036 利⽤しているソフトウェア BODIK ODCS ではオープンソース・ソフトウェアを利⽤しています。 ○CKAN データカタログサイトを構築するためのオープンソース・ソフトウェア。イギリスに本部を置くOpen Knowledge が開発したもの ○WordPress 世界中で最も多く利⽤されている、オープンソースCMS(Content Management Sysytem)
  9. 9. 2つのオープンソースソフトウェアを統合 9Wordpress CKAN メニューを統合 (ヘッダーとフッター をあわせる) 全体サイト ⾃治体毎 のサイト ⾊とロゴを 変更可能
  10. 10. BODIK ODCSの特徴 • 無償のクラウドサービス 無償でオープンデータカタログサイトが利⽤できるため、予算を確保する必要がなくオープンデータの取り組みを始め やすくなります。 • 雛形を⽤意 オープンデータに取り組み始める時の雛形を⽤意していますので、⼿間をかけずにオープンデータの取り組みを始め る事ができます。指針、利⽤規約、ライセンス、グループ、タグ、メタデータなど • 選べるデザイン ⾊とロゴを指定できるため、すでにある⾃治体のホームページと違和感のないデータカタログサイトが構築可能です。 • DATA.GO.JPとの連携 最初からDATA.GO.JPとの連携を想定した設計を⾏っているので、国からオープンデータのメタデータの提出を求 められた場合には、簡単に必要なデータを作成できます。 • 複数の⾃治体をまとめたサイトを構築可能 周辺の⾃治体と連携したサイト、政令指定都市をまとめたサイトなども構築可能です。 ⾃治体同⼠の連携を促進します。 • データセットを登録する担当者を複数登録可能 オープンデータ担当部署ではなく原課の担当者にデータセットの登録をしてもらうために、ユーザーアカウントを複数 設定可能です。 10
  11. 11. BODIK ODCSの特徴 11 • 利⽤者が使いやすいサイトを提供 – キーワード検索 登録したメタデータに対して全⽂検索が可能なためキーワード検索によりデータセットを⾒つけることが可能です。 – ファセットナビゲーション カテゴリ、タグ、ファイルフォーマット、ライセンスでドリルダウン式の絞込検索が可能です。 データセットの数が増えた場合に利⽤者がデータを⾒つけやすくなります。 – Web APIの提供 プログラマがデータセットを利⽤しやすいように、データセットのメタデータやファイルにアクセスするためのWeb APIを⽤意しています。 CSVやエクセルなどの表データはファイル全体でなく表の⼀部のデータを指定して取得する事も可能です。 – 複数のデバイスに対応 レスポンシブデザインになっているため、PCだけではなく、スマートフォンやタブレットで表⽰した場合も⾒易いサイ トになっています。 • ユーザーオリエンテットな開発 WordPress、CKANのカスタマイズをBODIKで内製化しており、利⽤する⾃治体のフィードバックを常に開発に反 映することが可能です。参加⾃治体が増えれば増えるほど⾼機能なデータカタログサイトになります。
  12. 12. 九州ポータルサイト(仮称) 福岡市CKANの共同利⽤ BODIK ODCSを利⽤ ⾃治体オープンデータサイト BODIK ODCS 九州・⼭⼝地⽅の全⾃治体をカバーする オープンデータポータルサイト 九州オープンデータポータルサイトの実現 CKAN以外のオープンデータサイト クローリング CKAN Harvesting その他のCKAN CKAN Harvesting 各⾃治体の オープンデータサイト ホームページのライセンスがCC BY Webスクレイピング BODIK⾃治体WG タグ、グループ、メタデータ、 データ・フォーマットなどを共通化 BODIK ODCSを九州 オープンデータのハブに!
  13. 13. 13
  14. 14. 14
  15. 15. 15
  16. 16. 16
  17. 17. 17 ~オープンデータの⾵を⻄から~
  18. 18. BODIK ODCS http://odcs.bodik.jp/ Coming soon !!! 18

×