Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

ドキュメントライブラリに画像認識機能を追加する 20171103

2.306 visualizaciones

Publicado el

SharePoint Online のドキュメントライブラリに画像認識機能を追加するデモを通じて、Flow、Cognitive Service、Azure Function の説明をしています。

Publicado en: Tecnología
  • Inicia sesión para ver los comentarios

ドキュメントライブラリに画像認識機能を追加する 20171103

  1. 1. ドキュメントライブラリに 画像認識機能を追加する アドバンスド・ソリューション株式会社 及川 紘旭 2017年11月3日 Japan SharePoint Group in 東京
  2. 2. 目次 はじめに 自己紹介 このセッションのゴール デモの説明 今回のデモ 画像認識タグ付け機能 アーキテクチャ ランニングコスト 現時点 (2017/11/3) のランニングコスト Flow のクォータ Custom Vision API のクォータ 構築のポイント Flow のポイント Azure Function のポイント Custom Vision API のポイント まとめ 2 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp
  3. 3. はじめに セッションの本題に入る前に。 3
  4. 4. 自己紹介 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 4  及川 紘旭 (おいかわ ひろあき)  Microsoft MVP for Office Servers and Services 2007年10月~2016年9月 for Office Developer 2016年10月~  アドバンスド・ソリューション株式会社 SharePoint 開発担当  ブログ SharePoint Developer (http://sharepoint.orivers.jp)  Twitter @HiroakiOikawa  Qiita https://qiita.com/HiroakiOikawa
  5. 5. このセッションのゴール SharePoint Online の機能拡張における アーキテクチャの一例を理解する。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 5
  6. 6. デモの説明 今回作るデモをご紹介します。 6
  7. 7. 今回のデモ 画像認識タグ付け機能  ドキュメントライブラリにアップした画像を識別し、自動的にタグ付けする。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 7 画像をアップロード すると・・・ キーワードを自動 的に更新! 秘 スマホに通知!
  8. 8. アーキテクチャ デモの裏側の仕組みをご紹介します。 8
  9. 9. アーキテクチャ © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 9 Flow 画像解析 ①画像アップで Flowが起動 ②ドキュメントライブラリから バイナリデータ取得 Azure Blob Storage ③バイナリデータをBlob に保存、公開 Azure Function GetTag() Custom Vision API ④Function 経由で Custom Vision API 呼び出し ④’ 画像解析 AI で 画像を識別し、 タグを返却 ⑤タグをアイテムのキーワードに登録 ⑥解析結果をスマホに通知 秘
  10. 10. ランニングコスト でも、お高いんでしょう? 10
  11. 11. 現時点 (2017/11/3) のランニングコスト © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 11 Office 365 E3 Flow Custom Vision API Azure Function 0円 ※O365は契約している前提 0円 ※O365に含まれる 0円 ※Preview 版のため 0.53円 ※500Call 辺り
  12. 12. Flow のクォータ  Office 365 に含まれる Flow にはクォータ制限があります。  クォータ制限を超えて利用する場合は追加コストが発生します。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 12 Microsoft 公式情報より抜粋 https://japan.flow.microsoft.com/ ja-jp/pricing/ Flow の最大実行数は 「ユーザー単位の最大実行数 x ユーザー数」で、 テナントの全ユーザーでシェアし、 ユーザーごとのクォータはありません。
  13. 13. Custom Vision API のクォータ  Custom Vision API にはクォータ制限があります。  Preview 版のため、GA後クォータや価格は変更の可能性大 です。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 13 1 日 1000 Call まで
  14. 14. 構築のポイント 構築時のポイントをハイライトでお届け 14
  15. 15. Flow のポイント  条件分岐大事 - 無駄を省くためにも条件分岐は入れましょう。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 15
  16. 16. Azure Function のポイント  Flow から Azure Function の呼び出しはひと手間必要 ① Azure Function の開発 ② API 定義の手直しと、API の公開 自動生成された API 定義は、そのままだと Flow で使用するには 支障あり。 operationId 属性の変更と、parameters 属性の追加。 ③ Flow で接続の追加 新しい接続の追加ボタンから、②で作成した API を追加し、 API Keyを登録して接続。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 16 API Key は Azure Function 側で生成し、 接続の追加の際にセットする。
  17. 17. Custom Vision API のポイント  たくさん鍛錬してから公開へ - とにかくたくさんデータを投入し、精度を高めることが重要。 目標は 90% - 公開は Prediction URL から。使用は JS から。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 17
  18. 18. まとめ 本日のセッションのまとめ。 18
  19. 19. まとめ  Flow をフル活用 - Flow を使うことであらゆるサービスを連携させることができる。 - Flow そのものは非常に低コスト。 - SharePoint との親和性も高い。  足りない機能のみ補う - Flow から直接呼び出せない機能や、Flow が備えていない機能は、 Azure Function を、API 連携のためのハブとして活用する。 © SharePoint Developer sharepoint.orivers.jp 19

×