Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
穀物のシルクロード
~Over the Gap of Food Supply~
◆食料危機
2050年までに、人口は90億人を超えるという予測(国連)
◆国連のリアクション
→国連ミレニアム開発目標にて言及。
「極度の飢えと貧困を撲滅」すべく、改善に向けた
取り組みを各組織に強く呼びかけている
◆「飢餓」と「肥満」のギャッ...
◆食糧安全保障
→2件の国連組織(食糧関連)で、ともに資金援助金額上位国。
世界の食糧危機改善に大きく貢献するリーダーとしての存在。
・WFP(国際連合世界食糧計画)拠出額世界第5位(2011-2015)
・FAO(国際連合食糧農業機関)分担金...
「カネ」と「モノ」に加えて、「情報」の面からも
積極的なサポートを展開していきたい。
◆アクション
国際的支援のアプローチの多様化を実現することで、
「食糧の過不足のギャップ最小化」に向けた情報
プラットフォームを構築。
◆目的
未来の国際社会...
画面イメージ
◆利活用しているオープンデータ
・国の位置情報
・穀物データ
・人口データ
・穀物の輸出量
・人口推移
→過去の推移と現状の確認、
未来の簡単なシミュレーションが可能。
◆国ごとの飢餓/肥満度
計算式: (生産量+輸入量-輸出量)/人口
=~2...
持続可能性
◆評価軸(KPI)
外部メディア掲載件数(空中戦の成果)
アクセス数(地上戦の成果)
◆今後の発展可能性
海水面温度の上昇によって生じる食糧生産影響を反映させる
Próxima SlideShare
Cargando en…5
×

穀物のシルクロード-The Silk Road of Crops-

2.476 visualizaciones

Publicado el

NASA主催のハッカソンイベント、ISAC(International Space Apps Challenge)にて考案したアプリの説明資料です。

世界中の穀物の収穫、輸送、消費の流れを可視化(見える化)したアプリケーションです。

既にプロトタイプは作成済でして、実現に向けた人的リソースもある程度確保しつつあります。ご興味のある方はitaru.nagata@gmail.comまでご連絡ください。

This slide explains detailed information about an application we developed during ISAC, a hackathon event organized by NASA.
This application visualizes harvest, transfer and consumption of all crops over the world to identify a best solution for a gap of nations suffering from starving/obesity

Publicado en: Alimentación
  • Inicia sesión para ver los comentarios

穀物のシルクロード-The Silk Road of Crops-

  1. 1. 穀物のシルクロード ~Over the Gap of Food Supply~
  2. 2. ◆食料危機 2050年までに、人口は90億人を超えるという予測(国連) ◆国連のリアクション →国連ミレニアム開発目標にて言及。 「極度の飢えと貧困を撲滅」すべく、改善に向けた 取り組みを各組織に強く呼びかけている ◆「飢餓」と「肥満」のギャップ →世界では8億人が飢餓状態(FAO)。 しかし世界では21億人が肥満状態(ワシントン大学)。 ◆NASAが実現したいこと-CHALLENGE 食料の自給自足の実現に向けた、 各国の生産量や可能性の割り出しと可視化 背景
  3. 3. ◆食糧安全保障 →2件の国連組織(食糧関連)で、ともに資金援助金額上位国。 世界の食糧危機改善に大きく貢献するリーダーとしての存在。 ・WFP(国際連合世界食糧計画)拠出額世界第5位(2011-2015) ・FAO(国際連合食糧農業機関)分担金拠出額世界第2位(2014-2015) ◆発展途上国へのモノの援助 →食糧安全保障と同様、援助額上位国。 ・ ODA (政府開発援助)世界第4位(2013) →これまでの日本は「カネ」や「モノ」 にフォーカスした援助だった。 日本国による 国際貢献の実情
  4. 4. 「カネ」と「モノ」に加えて、「情報」の面からも 積極的なサポートを展開していきたい。 ◆アクション 国際的支援のアプローチの多様化を実現することで、 「食糧の過不足のギャップ最小化」に向けた情報 プラットフォームを構築。 ◆目的 未来の国際社会を担う世代の子ども達を中心に、 食糧危機に対するさらなる認知度(awareness)の向上。 穀物のシルクロード
  5. 5. 画面イメージ
  6. 6. ◆利活用しているオープンデータ ・国の位置情報 ・穀物データ ・人口データ ・穀物の輸出量 ・人口推移 →過去の推移と現状の確認、 未来の簡単なシミュレーションが可能。 ◆国ごとの飢餓/肥満度 計算式: (生産量+輸入量-輸出量)/人口 =~20→飢餓 ~40→やや飢餓 ~250→標準 ~350→やや肥満 それ以上→肥満 ヴィジュアルデータ概要
  7. 7. 持続可能性 ◆評価軸(KPI) 外部メディア掲載件数(空中戦の成果) アクセス数(地上戦の成果) ◆今後の発展可能性 海水面温度の上昇によって生じる食糧生産影響を反映させる

×