Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

ISO/IEC JTC1/SC36 Rouen Mtg. / ICT Connect 21技術標準化WG

1.664 visualizaciones

Publicado el

デジタル教科書の世界標準EDUPUB (第6回)
日本電子出版協会
2015-7-28

Publicado en: Internet
  • Sé el primero en comentar

ISO/IEC JTC1/SC36 Rouen Mtg. / ICT Connect 21技術標準化WG

  1. 1. ISO/IEC JTC1/SC36 Rouen Mtg. / ICT Connect 21技術標準化WG 上智大学 田村恭久 JEPAセミナー デジタル教科書の世界標準EDUPUB (第6回) 2015-7-28 @日本教育会館
  2. 2. SC36とは • Standardization subcommittee in JTC1 • Information Technology for Learning, Education and Training (ITLET) – WG1: Vocabulary – WG2: Collaborative Technology – WG3: Participant Information – WG4: Management and Delivery – WG5: Quality Assurance – WG6: Platform and Service – WG7: Culture and Language – WG8: Learning Analytics 2
  3. 3. SC36 Liaison Organizations • Advanced Distributed Learning (ADL) • Aviation Industry Computer-Based Training Committee (AICC) • Agence universitaire de la Francophonie (AUF) • Cartago Alliance • CEN TC 353, Information and Communication Technologies for Learning, Education and Training • CEN WS-LT, Workshop for learning technology • Dublin Core Metadata Initiative (DCMI) • IEEE LTSC, Learning Technology Standards Committee • IMS Global Learning Consortium • International Federation for Learning, Education, and Training Systems Interoperability (LETSI) • International Digital Publishing Forum (IDPF) • Infoterm • W3C:Indie UI, W3C Web Accessibility Independent User Interface • Schema.org 3
  4. 4. SC36 Meetings • 1999年設立、2000年初会合 (London) • Plenary (総会) – June 2015: Rouen, France – June 2014: Oslo, Norway – Sept. 2013: Moscow, Russia – Sept. 2012: Busan, Korea : • WG Meeting – Plenary に付随 – WG独自:年1〜3回 – WG 電話会議:随時 4
  5. 5. Rouen Meeting 日程    Building    Room   Monday  June   22nd   Tuesday   June  23rd   Wednesday   June  24th   Thursday   June  25th   Friday  June   26th   Saturday   June  27th   Track  A   Morning   14  r u e   Sakharov    W01       9-‐‐‐13  :   WG8/AdH G   9-‐‐‐13  :   WG4   9-‐‐‐13  :   WG1       Track  A   Afternoon   14  r u e   Sakharov    W01     14-‐‐‐ 18  :   AG/   BPC   14-‐‐‐ 18  :   WG4   14-‐‐‐ 18  :   WG1       Track  B   Morning     14  ru e   Sakharov    W13     9-‐‐‐13  :   WG3   9-‐‐‐13  :   WG5   9-‐‐‐13  :   WG6       Track  B   Afternoon   14  r u e   Sakharov    W13     14-‐‐‐ 18  :   WG3   14-‐‐‐ 18  :   WG5   14-‐‐‐ 18  :   WG6       Track  C   Morning     9  r u e  Sa k har ov   RUF1     9-‐‐‐13  :   WG2   9-‐‐‐13  :   WG7   9-‐‐‐13  :   WG7       Track  C   Afternoon   9  r u e  Sa k har ov   RUF1     14-‐‐‐ 18  :   WG2   14-‐‐‐ 18  :   WG7   14-‐‐‐ 18  :   WG7       Track  C   Evening   14  r u e   Sakharov    W13         18-‐‐‐20  :   Drafting   committee       Track  D   Morning     1  rue  Marconi   22A-‐‐‐B   9  -‐‐‐10.30:  New   participantsʼʼ  introduction   11-‐‐‐13:  H o D  &   Officers  Meeting         9-‐‐‐12  :   open  forum   Amphitheatr e   9.00-‐‐‐ 14.00  :   Plenary   Track  D   Afternoon   1  r u e  M arconi   22  A-‐‐‐B   14-‐‐‐18  :  P l en ary         14-‐‐‐ 17  :   open  forum   Amphitheatr e     5
  6. 6. Rouen Meeting 会場と総会の様子 6
  7. 7. Rouen Meeting 主なトピック • WG6 議論の進展 – e-Textbook Project: 従来中国のe-Schoolbag Project の紹介を元に作成 – 韓国提案でEDUPUBの概要・仕様を含めることに • WG8 (Learning Analytics) の発足 – Convener(議長):Yong-Sang Cho (KERIS) – ISO/IEC TR 20748 • WG8/N0010: Reference Model • WG8/N0011: System Requirements – Study Group • Systems governance for learning analytics • Data framework for learning analytics interoperability 7
  8. 8. Learning Analyticsの位置付け 8 Learner School Server (Campus) Delivery Server (Publisher) LMS (Material/Quiz) LRS (Learning Record Store) Learning Analytics Server Collect and transfer various activity data School Individual feedback Institutional research
  9. 9. Abstract Workflow of LA 9 ISO/IEC TR20748-1 Learning Analytics Interoperability: Reference Model
  10. 10. ICT Connect 21 技術標準化WG
  11. 11. ICT Connect 21(みらいのまなび共創会議) • 2015年2月発足の民間団体 – 目的:「学習・教育オープンプラットフォーム」に 関連する技術の標準などを策定し、その普及を図り、 教材コンテンツや教育ICTサービスなどの流通や利活 用を促進することで、誰もがいつでもどこでも多様 な学習・教育サービスを享受できる環境の実現を目 指し、利用者とサービス提供者双方の利便性の向上 ならびに教育の情報化の一層の進展に寄与するとと もに、社会の発展に貢献すること 11
  12. 12. 総務省 先導的教育システム実証事業 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/sendou.html 12
  13. 13. 幹事会 事務局 アドバイザリーボード 普及推進WG 技術標準化WG ビジョン委員会 ICT Connect 21の構成  自治体プロモーションSWG  ICONプロモーションSWG  学校・家庭・民間教育事業 者の連携ビジネス開発SWG  教育現場発!ニーズをシー ズへSWG 評価委員会  国際連携SWG  校務系ー学習系情報連携 SWG  ユーザー認証SWG  CBT SWG 13
  14. 14. ISO IEEE IMS GLC IDPF 文部科学省 総務省 W3C 規格・ガイドライン の引き継ぎ 既存規格調査、 規格マップの作成、 整合性の調整 業界団体等 利害関係者 Public Comment, 文書メンテナンス デジュール標準 として提案 あるべき標準化 の 姿の共有 技術標準化WGの活動(案) 14
  15. 15. 規格マップの例 15
  16. 16. リーダー 加藤泰久(NTT研究所) 検討内容 • 既存・策定中の標準規格やガイドライン(国際含 む)の調査 • 規格やガイドライン相互の整合性検討 • 国内で議論された仕様の国際規格への提案 成果イメージ 上記の調査結果や検討結果の開示、セミナー等による 啓蒙 参加者イメー ジ 標準規格(英文含む)と製品・サービス仕様を関連づ けできる方 活動概要 毎週〜隔月の定例会議を開催予定 国際連携SWG 16
  17. 17. リーダー 藤村裕一 (鳴門教育大学大学院) 検討内容 • 校務情報における各種標準規格やガイドラインの調 査 • 将来ICT Connect 21で扱う仕様とするための検討 • 連携すべき情報・学籍情報・仕様化の検討 成果イメージ 上記企画の結果開示、セミナー開催による啓蒙 参加者イメー ジ 標準規格と製品・サービス仕様を関連づけできる方 活動概要 毎週〜隔月の定例会議を開催予定 校務系ー学習系情報連携SWG 17
  18. 18. リーダー 山地一禎 (国立情報学研究所) 検討内容 • 全国レベルの「教育の情報化」に必要なID、属性の 管理や信頼関係の構築、運用といった技術、ポリ シーに関連した国内外の技術動向、標準規格、事例 の調査 • 上記の認証に関連する仕様の検討 成果イメージ 上記の調査結果、標準仕様案、ガイドライン等 参加者イメー ジ 学術機関におけるID、属性管理ポリシーに関する知識 がある方 教育コンテンツや教育ICTサービスのアクセス管理ポリ シーに関する知識がある方 認証に係わる標準規格の知識がある方 活動概要 毎週〜隔月の定例会議を開催予定 ユーザー認証SWG 18
  19. 19. リーダー 劉東岳 (学研教育総合研究所) 検討内容 • CBT (Computer-based Testing) に関する技術の調 査 • 関連する仕様の検討 成果イメージ 上記の調査結果、標準仕様案 参加者イメー ジ 標準規格と製品・サービス仕様を関連づけできる方 試験サービス全般の基本仕様を理解している方 試験の品質に関する基礎的な要求事項を理解している 方 活動概要 毎週〜隔月の定例会議を開催予定 CBT SWG 19
  20. 20. ご清聴ありがとうございました

×