Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

US K-12における ICTの活用 石坂氏

1.848 visualizaciones

Publicado el

日本電子出版協会
2016.04.27

Publicado en: Internet
  • Sé el primero en comentar

US K-12における ICTの活用 石坂氏

  1. 1. US K-12における ICTの活用 石坂芳実 2016.4.27
  2. 2. 本日のアジェンダ 2 自己紹介ときょうの流れ 石坂 USのK-12の教育制度と最近の動向のさわりだけ 石坂 Common Core State Standardsと定義ファイル 石坂 CBTであるSBACのデモ 石坂 Q&A 休憩 会社/自己紹介とJAPET海外調査部会のご紹介 中駄さん JAPET&CECの米国訪問調査の報告 中駄さん 生徒情報システム (Student Information System) 石坂 Schools Interoperability Framework (SIF) 石坂 Q&A
  3. 3. 自己紹介 • ICT CONNECT 21の事務局で技術標準化 WGを担当しています • 以前は、マイクロソフトでソフトウェア開発/ロー カライズの仕事に20年ほど従事していました • Bookshelf, Encarta • Education Product Group • 公共経営/公共政策の勉強も 3
  4. 4. ICT CONNECT 21 4 ICT CONNECT 21のコンセプト紹介ビデオ https://youtu.be/TMz906dzdh4
  5. 5. 最初に結論めいたことを • 個に適した学びが当たり前 : その要求から blended learningが広がっている • Web, クラウド, device independent • 想像以上に相互運用性は確保されている • まず、情報を整理して人が判断しやすくする見 える化、その延長線上に、AI/ビッグデータ /Learning Analyticsなどの自動化 • 行政と学校、民間が協力して標準規格を制定 5
  6. 6. 公式な海外教育調査レポート 6 文部科学省の出版物 http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/main_b7.htm
  7. 7. USにおける公教育 • United States of America : 州が連合し ている国家 • 連邦法に規定のない事柄は州に権限 ⇒ 教育は州の責任 • 学制、教育内容、etc. • 州教育庁、学区 (School District)、チャータース クール、etc. 7
  8. 8. USにおける公教育 • 州によって、学区によって、学校によって、 教育内容も到達度も異なる ⇒ 卒業してもレベルはバラバラ • 留学生が多くを占める世界最高レベルの高等 教育に比較して、初等中等教育のレベルを上 げる必要性 8
  9. 9. USの以前からの傾向 • 全体的な低レベルと、極端な学習格差への対 応 • 集団より個人ベース • クラスを進度や特性に合わせて小グループに 分けて授業を展開 : イギリスと同じ • チャータースクールに代表される、特性を持っ た学校教育のニーズ • データを重視 : アカウンタビリティ 9
  10. 10. USの教育事情 文科省 都道府県教委 市区町村教委 学校 先生 児童生徒/保護者 連邦政府 州教育庁 School District 学校 先生 児童生徒/保護者 10
  11. 11. USの最近の動き • Common Core State Standardsの成 立とCBTによる共通テストの開始 • No Child Left Behindに代わる連邦法であ るEvery Student Succeeds Actの施 行 • Khan AcademyやEdmodoなどの EdTechの台頭 • Blended learning : face to faceで行う 学びと、オンラインで行う学びのブレンド 11
  12. 12. プログラミング学習 • 2016/1/30にオバマ大統領は “Computer Science For All” 政策を発表 • デジタルエコノミーで成功するために必要なコン ピューターサイエンスのスキルをすべてのアメリカ の生徒たちに • $4 billionを州に、$100 millionを学区に • 教員のトレーニング, 高品質の教材へのアクセス, 効果的な地域のパートナーシップの構築 12
  13. 13. 13
  14. 14. プログラミング学習 • 調査に協力した親のうち、10人中9人は、彼ら の子どもの通う学校でコンピューターサイエン スを教えてほしいと回答している • 現在、全米の約1/4の学校でレベルの高いコ ンピューターサイエンスの授業が行われてい るにすぎず、22の州では高校卒業単位にカウ ントされない • National Science Foundation (NSF) と Corporation for National And Community Service(CNCS) が協力 14
  15. 15. Every Student Succeeds Act • 2015/12/10に、オバマ大統領は教育に関す る新しい連邦法であるEvery Student Succeeds Act (ESSA) にサイン • ブッシュ政権時に成立したNo Child Left Behind Act (NCLB) を置き換えるため、超 党派で成立 • 地方に教育/学校改善の裁量を拡大 • 3-8年の年間テストの義務は変わらず 15
  16. 16. 16
  17. 17. Common Core State Standards • 州が共同して作った、州に共通するK-12向け のカリキュラム 17 Common Core State Standardsの紹介ビデオ https://www.youtube.com/watch?v=9IGD9oLofks
  18. 18. Common Core State Standards • 当面は 英語 (English language arts/Literacy : ELA) と 数学 (Mathematics) の2教科 • 別に理科 (Science) に関する策定も進んでいる • 英語にキーボード入力に関する規定はあるが筆 記体に関する規定はない 18
  19. 19. Common Core State Standards • 次の2つの組織がスポンサーとなり、 Common Core State Standards Initiativeを設置 (http://www.corestandards.org/) • National Governors Association (NGA : 全米州知事会) • Council of Chief State School Officers (CCSSO : 州教育長協議会) • 習得すべき知識の内容と程度の規定であり、 教え方や教材の規定ではない 19
  20. 20. 採用している州 20
  21. 21. 州の対応状況 • 当初、46の州およびワシントン特別区が採用 を表明 • ネブラスカ, テキサス, バージニアなどは当初 から加わらず • 採用を表明していた州のうち、少なくとも12州 で撤退や延期の州法/条例を制定 • インディアナ, オクラホマ, サウスカロライナな どは離脱 21
  22. 22. カリキュラムの内容 • 2種類の基準 • College and career readiness standards : 各学年の終わりにできるようになっているべきこと • K-12 standards : 各学年で学ぶ内容, 知識 • 学年ごと、教科ごと、分野ごとに構造化されて 規定され、単元ごとにIDが振られている • 誰でも利用可能なように、XMLフォーマットで オープンデータとして公開されている 22
  23. 23. IDを含むXMLの例 23 http://www.corestandards.org/developers-and-publishers/
  24. 24. Common Education Data Standards (CEDS) • P-20W (未就学児教育から企業内研修まで) の すべての教育機関で、共通のデータ標準を規定 するための全米規模のプロジェクト • https://ceds.ed.gov/ • 教育機関でデータを共通に利用するための、主 に用語 (vocabulary) を規定 • 未就学、K-12、高等教育、企業/生涯学習の4つ のグループに対し、連邦教育省、州政府、教育機 関、研究所などから数十人の代表が参加して検 討 • 現在version 5 24
  25. 25. 25 https://ceds.ed.gov/
  26. 26. CBTを使ったアセスメント • 各学年末と年間を通した測定 • Computer上でのテスト : 準備が間に合わ ない学校では一部紙のテストも • 実際には2つのグループに分かれて開発 • PARCC RttT Assessment Consortium (“Partnership for Assessment of Readiness for College and Careers” “Race to the Top”) • Smarter Balanced Assessment Consortium (SBAC) 26
  27. 27. PARCC • Through a competitive bid process, the PARCC states awarded the contract to Pearson and a group of subcontractors, including ETS, WestEd, Measured Progress and Caveon (Press release, 2014/5) • The PARCC summative tests in reading, writing and math will cost $23.97 per student for computer-based administration of the assessment, plus a small administrative fee. • “The days of multiple-choice-only tests are over”. • The contract includes: development of test items and forms; delivery of the tests in paper-based and computer-based formats; reporting of results to states, districts, schools, educators, parents and students; analysis of scores to ensure they reflect college- and career-readiness; and coordination with the states in the development of cut scores (performance standards) to establish performance levels. 27
  28. 28. PARCC PARCC紹介ビデオ https://youtu.be/ag2epMVpDpk 28
  29. 29. SBAC • SBACはadaptive : IRT (項目応答理論) により、それまでの回答から出題を変える • 21州とヴァージン諸島が2014春にフィー ルドテストを実施 • Practice Test (updated in May 2014) 教師、生徒、保護者やその他の関係者がアセ スメントの方法を理解するためのサンプル。 • Training Test (released in February 2014) 生徒がテストの方法に慣れるためのサンプル 29
  30. 30. テストの環境 • 9.5インチ以上, 1024x768以上 • ヘッドセットまたはヘッドフォン, 物理キーボー ド, ポインティングデバイス • 1人当たり最低20Kbpsの帯域幅 (テストツー ルあり) • “Secure Browsers” : テスト中に生徒がほ かのWebサイトを見に行かないように、OSご とに専用のブラウザーがリリースされている 30
  31. 31. テストの環境 31
  32. 32. SBACのCBTのデモ 32 SBAC Practice and Training Tests http://www.smarterbalanced.org/assessments/practice-and-training-tests/
  33. 33. Q&A 休憩
  34. 34. 生徒情報システム • Student Information System (SIS) • 生徒に関するあらゆる情報を保持して管理するた めのシステム • 氏名、住所、連絡先などの基本的な情報 • 所属クラスや時間割 • 出席や宿題の提出、テスト結果など : grade book • 家庭に関する情報 • 給食サポート、スクールバス • 通常は学校や学区 (school district) 単位で運 用 34
  35. 35. 生徒情報システム • SISは一般に、LMSに相当する学習系のシス テムと相互にデータをやり取りする機能を持つ • 生徒のリストや属性情報、時間割などをLMSに • 生徒のテスト/アセスメントの結果や宿題の提出状 況などをSISに • SISを活用して個々の生徒の学習指導を行な うだけでなく、指導方法、クラスや学校の運営、 学区や州の教育政策などの改善を指向 • 企業におけるERP (Enterprise Resource Management) に相当する性格を持つ 35
  36. 36. 生徒情報システム 36 SISの概念図
  37. 37. 生徒情報システム • 教員、学校管理者、児童生徒、保護者、学区 や州の担当者など、立場に応じたアクセス制 御と表示のカスタマイズが可能 (ダッシュボー ド機能) • SIS上に蓄積されたデータを分析するツール が進化し、傾向の把握やつまずきの発見だけ でなく、中退防止などさまざまに活用 • その延長上にadaptive learningの考え方 が出てきた 37
  38. 38. 生徒情報システム 38 教師用ダッシュボードの分析例 保護者用ダッシュボードの成績例
  39. 39. Schools Interoperability Framework (SIF) • K-12から生涯学習までのさまざまな教育機関 でデータをやり取りするための規格 • 相互運用性を確保して、次のようなソリューションを もたらす : Open Standard, Vendor Neutral, Platform independent • USから始まり、カナダ、UK、オーストラリア、イ ンドなどで広く浸透 39
  40. 40. Schools Interoperability Framework (SIF) • 2つの構成要素 • 地域ごとに定義されている、教育関連データのモデ ルのためのXMLの規定 (北米, UK, オーストラリ アの3地域のバージョン) • 地域に関わらず共通の、教育機関の間でデータを やり取りするためのService-Oriented Architecture (SOA) 40
  41. 41. Schools Interoperability Framework (SIF) • 教育委員会、州、企業、NPO、さまざまな 政府機関など1000を超えるメンバーで構成 されるAccess For Learning Community (A4L) が規格を制定して運営 (https://www.a4l.org/) • 多くの教育委員会がシステムの提供企業に 対してSIFに準拠するように要求して普及 • オクラホマなどの州は州法で準拠を 義務化 41
  42. 42. 42 Access For Learning Community https://www.a4l.org/
  43. 43. 視察した全体的な印象 • 相互運用性の確保 • 各社が独自に教材やサービスを提供するだけでなく、 標準的な規格に基づいて相互運用性 (interoperability) を確保し、連動して動作 • 例 : McGraw HillのLMSであるengradeには、 McGraw Hillの提供するコンテンツだけではなく、 Discovery ChannelやKahn Academyなどの教材 を連動可能であり、QTIやLTIに対応している教材であ ればテスト結果の連携も可能 • 例: 教材会社であるtriumphlearningのコンテンツは、 knowtonの分析ツールを用いてリコメンデーションを 提供 43
  44. 44. 視察した全体的な印象 • 徹底したデータ収集と分析 • 各レベル/教科のテスト, さまざまな評価視点 • 州や学区のカリキュラムやルーブリックをSISに設定 • 生徒, 保護者, 教師, 学校長, 管理者などさまざま なstakeholder向けのdashboard • 教育におけるERPのようなWebアプリ • 分析ツールの充実 • 自動ではなく人に提示 : 見える化 • データを元にした改善 • Data-driven improvement, evidence-based education 44
  45. 45. 参考情報 • Infinite Campus USでNo.2のSIS vendor https://www.infinitecampus.com/company • Aeries カリフォルニア州で50%以上のシェアを持つSIS vendorで、テキサス州に進出 中 分析ツールに自信 http://www.aeries.com/ • Family Educational Rights and Privacy Act (FERPA) 生徒の教育的な記録のプライバシーに関する連邦法 http://www2.ed.gov/policy/gen/guid/fpco/ferpa/index.html 45

×