20140401 cfkanagawa mtg資料

332 visualizaciones

Publicado el

Code for Kanagawa Meeting April 1, 2014

Publicado en: Tecnología
  • Sé el primero en comentar

  • Sé el primero en recomendar esto

20140401 cfkanagawa mtg資料

  1. 1. ともに考え、ともにつくる Code for Kanagawaミーティング April 1, 2014 ともに考え、ともにつくる
  2. 2. ともに考え、ともにつくる 工夫する、やり方を変える (イノベーション) 行政、民間企業、学者、個人 (多様性) 創発、プログラミング (ゼロから1を)
  3. 3. Code for Kanagawa設立について • Code for Kanagawaの目的 – 共に地域を創る、経済・文化の両面から価値創造 • Code for Kanagawaのミッション• Code for Kanagawa 1. 「ICTを活用した産・官・学・民連携による地域課題解決 と新たな事業創造」 2. 「行政と大手中小企業が連携する産業活性」 3. 「それらを支える次世代のITエンジニア育成」
  4. 4. 今日のお話はここから
  5. 5. Code for Kanagawaの目的とミッションを実 現するための機能定義、組織定義につ いて 今日皆さんと擦り合せしたいこと 叩き台を作りましたので、ご意見、反論下 さいm(._.)m
  6. 6. Code for Kanagawaの機能案 1. 県下のCode for X他コミュニティ情報連携 目的:コミュニティ連携、企業連携の基礎作り 訪問ベースの情報交換、インタビュー、Facebookでの情報発信 県下企業訪問、巻き込み、プロモーション 2. 行政、企業、個人コミュニティ運営 「ワイガヤ」2. 行政、企業、個人コミュニティ運営 「ワイガヤ」 目的:参加者の敷居を下げる、アイデア創造のためのワイガヤ 個人参加者の人脈ベースの情報交換の場、最初は言葉合わせ 行政の課題、地域の課題についてライトに話し合う 3. サービス開発、アプリケーション開発 目的:モノヅクリ、実績を生む 課題をプロジェクトベースで推進 ホットチームで価値ある成果を出すことを優先
  7. 7. Code for Kanagawaの機能案 1. 県下のCode for X他コミュニティ情報連携 目的:コミュニティ連携、企業連携の基礎作り 訪問ベースの情報交換、インタビュー、Facebookでの情報発信 県下企業訪問、巻き込み、プロモーション 2. 行政、企業、個人コミュニティ運営 「ワイガヤ」 営業機能=情報収集営業機能=情報収集営業機能=情報収集営業機能=情報収集 企画機能=アイデア創造企画機能=アイデア創造企画機能=アイデア創造企画機能=アイデア創造2. 行政、企業、個人コミュニティ運営 「ワイガヤ」 目的:参加者の敷居を下げる、アイデア創造のためのワイガヤ 個人参加者の人脈ベースの情報交換の場、最初は言葉合わせ 行政の課題、地域の課題についてライトに話し合う 3. サービス開発、アプリケーション開発 目的:モノヅクリ、実績を生む 課題をプロジェクトベースで推進 ホットチームで価値ある成果を出すことを優先 企画機能=アイデア創造企画機能=アイデア創造企画機能=アイデア創造企画機能=アイデア創造 開発機能=開発・製造開発機能=開発・製造開発機能=開発・製造開発機能=開発・製造 【【【【アイデアアイデアアイデアアイデア】】】】 この3つの機能を連携させると上手く流れるのでは?この3つの機能を連携させると上手く流れるのでは?この3つの機能を連携させると上手く流れるのでは?この3つの機能を連携させると上手く流れるのでは?
  8. 8. 進め方案 Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成 Day 1 キックオフ •顔合わせ、価値/観合わせ •目的・目標合わせ Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成 Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成•推進コアメンバー結成 Day 3以降 気軽にワイガヤ 新しい人もWelcome! テーマ別勉強会 •推進コアメンバー結成 Day 3 行政訪問 コミュニティ訪問 企業訪問 •推進コアメンバー結成 Day 3 プロジェクト準備 •プロジェクト目的・目標決定 •マイルストーン 営業機能営業機能営業機能営業機能 企画機能企画機能企画機能企画機能 開発機能開発機能開発機能開発機能 Day 4 プロジェクト A推進 Day 4 プロジェクト B推進
  9. 9. 進め方案 Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成 Day 1 キックオフ •顔合わせ、価値/観合わせ •目的・目標合わせ Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成 Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成•推進コアメンバー結成 Day 3以降 気軽にワイガヤ 新しい人もWelcome! テーマ別勉強会 •推進コアメンバー結成 Day 3 行政訪問 コミュニティ訪問 企業訪問 •推進コアメンバー結成 Day 3 プロジェクト準備 •プロジェクト目的・目標決定 •マイルストーン 営業機能営業機能営業機能営業機能 企画機能企画機能企画機能企画機能 開発機能開発機能開発機能開発機能 Day 4 プロジェクト A推進 Day 4 プロジェクト B推進 情報 情報 企画へのインプット企画へのインプット企画へのインプット企画へのインプット アイデア・課題 開発へのインプット開発へのインプット開発へのインプット開発へのインプット アイデア・課題 成果物 成果物
  10. 10. 進め方案 Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成 Day 1 キックオフ •顔合わせ、価値/観合わせ •目的・目標合わせ Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成 Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成•推進コアメンバー結成 Day 3以降 気軽にワイガヤ 新しい人もWelcome! テーマ別勉強会 •推進コアメンバー結成 Day 3 行政訪問 コミュニティ訪問 企業訪問 •推進コアメンバー結成 Day 3 プロジェクト準備 •プロジェクト目的・目標決定 •マイルストーン 営業機能営業機能営業機能営業機能 企画機能企画機能企画機能企画機能 開発機能開発機能開発機能開発機能 Day 4 プロジェクト A推進 Day 4 プロジェクト B推進 情報 情報 企画へのインプット企画へのインプット企画へのインプット企画へのインプット アイデア・課題 開発へのインプット開発へのインプット開発へのインプット開発へのインプット アイデア・課題 成果物 成果物 集めて 創って 作る
  11. 11. 進め方案 Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成 Day 1 キックオフ •顔合わせ、価値/観合わせ •目的・目標合わせ Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成 Day 2 チームビルディング •推進コアメンバー結成•推進コアメンバー結成 Day 3以降 気軽にワイガヤ 新しい人もWelcome! テーマ別勉強会 •推進コアメンバー結成 Day 3 行政訪問 コミュニティ訪問 企業訪問 •推進コアメンバー結成 Day 3 プロジェクト準備 •プロジェクト目的・目標決定 •マイルストーン 営業機能営業機能営業機能営業機能 企画機能企画機能企画機能企画機能 開発機能開発機能開発機能開発機能 Day 4 プロジェクト A推進 Day 4 プロジェクト B推進 将来的に ブリゲイドに昇格 【ブリゲイド】 自治体を中心としたIT活 用の地域コミュニティ作り 将来的に フェローシップに昇格 【フェローシップ】 自治体へのIT技術者の 派遣サービス
  12. 12. ホットチーム ビルディング • アイデアソン、ハッカソンでは使える成果が出ない • 確実な成果を出すよう「プロジェクト化」して進める プロジェクト 最もやりたい テーマ プロジェクト 化 ・スケジュー アプリ実装 •明確成果 進め方案 マネタイズ ・スポンサー ・業務定着プロジェクト オーナー コーダー デザイナー 「和」の 海外発信 企業活性 国際交流 ・スケジュー ル ・想定アウト プット アイデ アソン ハッカ ソン 外部の力(人脈、参加者、アイデア)を借りたいとき にスポットでアイデアソン、ハッカソン ・業務定着 支援 ・運用委託
  13. 13. プロジェクトテーマ候補リスト # カテゴリーカテゴリーカテゴリーカテゴリー テーマ名テーマ名テーマ名テーマ名 ゴールゴールゴールゴール 活動内容活動内容活動内容活動内容 1 観光 みなとみらい・鎌倉・箱 根ブランディング アジアからの観光客増加 サイトからの情報発信 イベントとコラボし留学生への 告知など 2 インド交流 インド、日本間での相互の 情報発信の仕組みを作る インドへの日本文化情報発信 プロジェクトテーマイメージ 情報発信の仕組みを作る 日印女子会とコラボでイベント 開催 3 IT/IT教育 SPARQL勉強会 Code for でSPARQLの使い 方が共有される 井戸端会議/もくもく会 定期ミーティング 4 産業活性 オープンイノベーション 県下企業と大手の事業創 出 公共課題テーマのアイデアソ ン開催 •プロジェクト毎にクラウドファインディングor企業スポンサーから資金を獲得する •つまり、魅力が無いと資金は集まらない •稼ぐプロジェクトと、稼げないが必要となるプロジェクトについて優先順位、劣後順位を 付けて戦略を練りましょう
  14. 14. ロゴをつくりましょう。。。 今日皆さんと擦り合せしたいこと
  15. 15. 経済・文化から価値創造 www.facebook.com/CodeForKanagawa

×