Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
誰のためのリモートアクセスか?
株式会社D2C 金澤幸治
2015年10月9日(金)
2
自己紹介
名前   : 金澤 幸治(かなざわ こうじ)
所属   : 株式会社D2C
仕事   : 広告配信システムの開発・運用を担当している
                              部署のマネージャー。
       ...
3
今日のお話し
①リモートアクセス対応の歴史
②色々と考えたこと・思うこと
③最後に
4
①リモートアクセス対応の歴史
5
社員数	
  
(グループ全体)	
  
年度	
  
2005年	
   2010年	
   2015年	
  
100名	
  
400名	
  
社員数の変遷とトピックス
2011年 東日本大震災	
  
2008年	
  iPhon...
6
VPN
社員
条件付きで
会社PC
持ち出し可
社内
2005年	
  
スマートフォンアクセス
2010年	
  
メール/
スケジューラー
のみ利用可
社内PCへのリモートアクセス
2012年	
  
自宅PCからの
利用も可能
BIO...
7
②色々と考えたこと・思うこと
8
色々と考えたこと・思うこと
・ユーザーの要望は真に受けすぎない
 ⇒要望の裏にある真のニーズを探りましょう!
・誰にとってメリットがあるのか考え、社内で議論をする、巻き込
む、結果(効果)は共有する
 ⇒目的は?誰にメリットがあるの?セキュ...
9
③最後に
10
「金澤、情シスやめるってよ」
11
情シスにしろ、システム開発部門にしろ、
「ITにより事業と業務効率に貢献する」
という目的は同じ。
12
ありがとうございました!
Próxima SlideShare
Cargando en…5
×

誰のためのリモートアクセスか

  • Sé el primero en comentar

誰のためのリモートアクセスか

  1. 1. 誰のためのリモートアクセスか? 株式会社D2C 金澤幸治 2015年10月9日(金)
  2. 2. 2 自己紹介 名前   : 金澤 幸治(かなざわ こうじ) 所属   : 株式会社D2C 仕事   : 広告配信システムの開発・運用を担当している                              部署のマネージャー。         9月末まで情報システム部門のマネージャーでした。 ×
  3. 3. 3 今日のお話し ①リモートアクセス対応の歴史 ②色々と考えたこと・思うこと ③最後に
  4. 4. 4 ①リモートアクセス対応の歴史
  5. 5. 5 社員数   (グループ全体)   年度   2005年   2010年   2015年   100名   400名   社員数の変遷とトピックス 2011年 東日本大震災   2008年  iPhone3G登場   2007年 社内PC全台をノートPC化   2000年   250名   ⇒条件付きで社外持ち出し可能に   ⇒スマホ時代到来   ⇒BCP対策を見直す機会に  
  6. 6. 6 VPN 社員 条件付きで 会社PC 持ち出し可 社内 2005年   スマートフォンアクセス 2010年   メール/ スケジューラー のみ利用可 社内PCへのリモートアクセス 2012年   自宅PCからの 利用も可能 BIOSパスワード/ HDD暗号化 添付ファイル禁止/ MDMインストール 端末アクセス制御/ 自宅端末へのデータコピー禁止 やっていること
  7. 7. 7 ②色々と考えたこと・思うこと
  8. 8. 8 色々と考えたこと・思うこと ・ユーザーの要望は真に受けすぎない  ⇒要望の裏にある真のニーズを探りましょう! ・誰にとってメリットがあるのか考え、社内で議論をする、巻き込 む、結果(効果)は共有する  ⇒目的は?誰にメリットがあるの?セキュリティ的には?   人事制度的には?効果測定は? ・トライアルは部分から全体へ  ⇒一度広げた風呂敷はたたむのが難しいので ・常に最新の情報にアンテナを張る  ⇒情報収集してますか?   自分の会社に適用・導入したらどうなるか考えましょう。
  9. 9. 9 ③最後に
  10. 10. 10 「金澤、情シスやめるってよ」
  11. 11. 11 情シスにしろ、システム開発部門にしろ、 「ITにより事業と業務効率に貢献する」 という目的は同じ。
  12. 12. 12 ありがとうございました!

×