Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
データソン
&ミニ・ハッカソン
LODチャレンジ実行委員会 関西支部長
/大阪大学 産業科学研究所
古崎 晃司
kozaki@ei.sanken.osaka-u.ac.jp
LOD Challenge Day KOBE
2015/09/12
利用するオープンデータ(例)
 「CSV形式」のファイルを利用します
 最初の1行に「データの項目」
2行目以降に各データが記入されているもの
 不要な行など,が入っているものは使えません
 利用できるオープンデータの例
 大阪市の「...
LODを公開するための作業
 1.公開するLODを用意する
 CSV形式のオープンデータをRDF形式に変換する
 外部のLODへのリンクを追加する
 2.RDFファイルをサーバにアップする
 方法(1):Webサーバに「単一のファイル...
既存データをRDF化する方
法
 RDFデータを作成するツールを使用
 Open Refine(http://openrefine.org/)+
RDF Refine(http://refine.deri.ie/)
 データを整備・公開す...
本日,利用するツール
 CSV2LOD~RDF変換支援ツール~
 今回のイベントのために,鋭意作成!
 プロトタイプなので,ご意見大歓迎!
 なんでもリンク
 任意のSPARQL Endpointを利用して,LOD間の
リンクを作る為...
ツール開発の動機
 Linked Dataの基本原則に沿ったLODを,誰でも,(ある程度)
簡単に作成できるツールを提供したい
 元データ(CSV)の編集を,極力,減らしたい
 データが更新されたら,すぐに再変換したい
 →元データと変...
使用するツール①
CSV2LOD~RDF変換支援ツール
~
2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 7
http://lodosaka.jp/tool/CSV2LOD/
使用するツール②
なんでもリンク
2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 8
http://link.lodosaka.jp/
CSV2LODの作業手順
 作業の手順
1. 元データ(CSV形式)を選択して読み込む
2. RDFが出力される(今回はTurtle形式のみ)
 Webサーバーに公開(こちらで作業します)
 RDFデータベースに登録(皆さんで作業)
3....
CSVファイルの読み込み
1. 「ファイルを選択」ボタンで,あらかじめ用意し
ておいたCSVファイルを選択する
2. 「CSVファイル読み込み・プレビュー」ボタンを
押し,正しく読み込めることを確認する
2015/9/13 LOD Challe...
CSVのプレビュー結果
(例)
2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 11
CSVファイル読み込み時の注意
 文字コードは自動判定されます
 USBに格納しているオープンデータについては動作
確認済み
 ファイルサイズが大きい(200KB以上?)と読
み込めない場合があります
 テキストエディタ等で開いて,「テ...
テンプレート作成①
メタデータの入力
 変換するデータに関する基本情報を入力する
2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 13
ベースIRI
:作成するRDFデータでIDに用いるIRI
(URI)の設定
ラ...
今日のハンズオンでは
 ベースIRI
 http://data.lodosaka.jp/lodc-
kobe2015/kobe/institution01_20141128 のように
http://data.lodosaka.jp/lodc...
ベースIRI(URI)とは,
 ベースIRIとは,
 RDFにおいてIDとするIRIを決める際に基準とするIRI
 例)DBpedia Japaneseの場合は
http://ja.dbpedia.org/resource/大阪府
↑この...
ベースIRI(URI)の決め方
 各データへはベースIRIによって決まるIRIでア
クセスされるので,
 データの公開者が管理している(できる)IRI
 データを公開する際に用いるIRI(URL)
を用いることが望ましい
 # と / ...
テンプレート作成②
プロパティ(語彙)の設定
2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 17
「プロパティ選択表示」ボタンを押すと,
RDF変換で用いる語彙の候補が推薦される
推薦に用いる
語彙の選択
推薦され...
語彙選択の考え方
 ID列
 CSVファイル内で「一意のID」となる項目があれば,「ID列」として選択する
 なければ「IDを自動付与」を選択する
 プロパティ
 適切な語彙が推薦されていたら選択
 それ以外の語彙を利用する場合は「...
共通語彙
Schema.org http://schema.org/docs/schemas.html
Schema.org(日本語訳サイト) http://schema-ja.appspot.com/
共通語彙基盤(IMI) http://i...
語彙の推薦について
 現状では,推薦できる語彙は「ごく一部」のも
のに限られています
 共通語彙基盤には未対応です.
 今後,対応する語彙は順次増やす予定です
2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 20
RDFファイルへの変換
2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 21
• 「テンプレート生成/更新」:設定した情報に基づい
てCSVをRDFに変換するテンプレートを作成する
• 「テンプレートのダウンロード」...
RDFファイルへの変換結果
2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 22
 変換結果は下記のように表示される
 「ファイル名」を入力し「RDFファイルのダウンロード」ボタンで
RDFをダウンロードできる
...
保存したRDFテンプレートの利
用
 ダウンロードした「RDF変換テンプレート」を読み込んで利
用することも可能
 同じ形式のCSVファイルが複数ある場合に有効
 設定画面へは反映されないため「テンプレート生成/更新」ボ
タンを押すと,読...
LOD公開①:Webサイト
 作成したRDFファイルをWebサイトで公開する
 今回は,イベント用のWebサイトに公開
 公開するURLは,
http://data.lodosaka.jp/lodc-kobe2015/自治体名/
※自治体...
LOD公開①:Webサイト
1. FTPクライアントへログイン
 https://webftp.heteml.jp/ を利用
 ユーザー名: ※試したい方はメールでお問い合わせ下さい
 パスワード: →kozaki@ei.sanken.o...
LODの閲覧
 ①Webブラウザでの閲覧
 WebブラウザのURL欄に
 http://data.lodosaka.jp/lodc-
kobe2015/kobe/institution01_20141128#1
 のように,IRIを入れ...
Webサーバの設定
 Webサーバの.htaccesファイルで
 RewriteCond %{REQUEST_URI} !/$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !.[^/.]+$
RewriteRule .* %{RE...
LODの公開②
DBへのRDFデータの登録
 DBにアクセス(本イベント限定のテスト用)
 http://lod.hozo.jp/repositories/lodosaka
 ※アプリ作成時には,これがSPARQL EndpointのUR...
RDFデータのダウンロード・公開
DBへのRDFデータの登録
2015/9/13 29
RDFを格納するGraph名の指定
Context:欄に
<http://data.lodosaka.jp/lodc-kobe2015/kobe/insti...
DBへ登録したRDFデータの確
認
2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 30
Query > new
でクエリ入力画面へ
SELECT ?s ?p ?o
FROM <http://data.lodosak...
外部LODとのリンク
1. なんでもリンクにアクセス
2. オープンデータ(CSV)を開き「名称」に相当する列をコ
ピー
3. なんでもリンクの入力欄にペースト
 「SPARQLエンドポイント」欄に記入すれば,任意のエンドポイ
ントを利用可能...
外部LODとのリンク
5. エクセル等で開き(文字コードの関係で開き方
に工夫がいるかも),元のオープンデータにマッ
ピング情報をコピー&ペースト
 項目名は「参照」としておくと良い
6. CSV2LODでオープンデータをRDFに変換
 マ...
簡単な可視化アプリ
 Leaflet Simple SPARQL (by上田洋さん)
 緯度経度を含む情報を,OpenStreetMap上に表示する.
 ソースコード&解説
https://github.com/uedayou/leafl...
可視化の手順
1. プログラムのダウンロード
 https://github.com/uedayou/leaflet-simple-sparql
から「Download ZIP」でソースファイルをダウンロードする
2. 設定ファイルの書き換え...
その他のSPARQLを使ったアプ
リ
 SPARQLクエリを書き換えるだけで、いろんな可視化が
できるツールの紹介
• 上田洋さんが作成されたSPARQLアプリ(※)
http://uedayou.net/sparql-mashup/#app...
参考資料
2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 36
SPARQLによるRDFの検索
 SPARQL
 RDFデータに対するクエリ言語
 「指定したグラフ構造」に一致するトリプルを検索する
 最も基本的な検索
select *
where {
?s ?p ?o .
}
LIMIT 100 ...
簡単なクエリ例
 すべてのデータを取得
 select * where {?s ?p ?o} LIMIT 100
 ?s と?pの組み合わせを取得
 select distinct ?s ?p where {?s ?p ?o} LIMI...
SPARQLの検索例①
 「東京都を主語(Subject)に含む」トリプルの述語(?p)
と目的語(?o)を取得する
select distinct ?p ?o
where {
<http://ja.dbpedia.org/resource/...
SPARQLの検索例②
 「ラベルが“大阪”と一致する」トリプルの主語(?s)
select distinct ?s where {
?s <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#label> "大阪"@j...
SPARQLの検索例③
 「ラベルに“大阪”を含む」トリプルの主語(?s)
select distinct ?s where {
?s <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#label> ?o
FILTE...
SPARQLの検索例④
 「ラベルが“大阪”と一致する」トリプルの主語(?s)
につながっている述語(?p)と目的語(?o)
select distinct ?p ?o where {
?s <http://www.w3.org/2000/0...
SPARQLの省略表現①
 PREFIXの利用
select distinct ?p ?o where {
?s <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#label> "大阪"@ja .
?s ?p ?o....
SPARQLの省略表現②
 主語が同じ時の省略表現
442015/9/13
PREFIX rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#>
select distinct ?p ?o where {
...
SPARQLの便利な検索機能
 SPARQLでマッシュアップ-LOD活用のための技
術紹介(by Hiroshi Ueda)
http://www.slideshare.net/uedayou/sparqllod
p.85~
 DBpedi...
Próxima SlideShare
Cargando en…5
×

CSVファイルをLODとして公開するデータソン

3.370 visualizaciones

Publicado el

第1回 LOD Challenge Day KOBE 2015
http://peatix.com/event/109163
で行った,「CSVファイルをLODとして公開するデータソン」のスライドです.

Publicado en: Tecnología
  • Dating direct: ♥♥♥ http://bit.ly/39pMlLF ♥♥♥
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí
  • Sex in your area is here: ♥♥♥ http://bit.ly/39pMlLF ♥♥♥
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí
  • DOWNLOAD TH1S BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK Here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB EBOOK Here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK Here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB EBOOK Here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc EBOOK Here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí

CSVファイルをLODとして公開するデータソン

  1. 1. データソン &ミニ・ハッカソン LODチャレンジ実行委員会 関西支部長 /大阪大学 産業科学研究所 古崎 晃司 kozaki@ei.sanken.osaka-u.ac.jp LOD Challenge Day KOBE 2015/09/12
  2. 2. 利用するオープンデータ(例)  「CSV形式」のファイルを利用します  最初の1行に「データの項目」 2行目以降に各データが記入されているもの  不要な行など,が入っているものは使えません  利用できるオープンデータの例  大阪市の「施設情報ポイントデータ(官公庁)」 (CC-BY:大阪市) http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu090/opendata/ mapnavoskdat_csv/mapnavoskdat_kankouchou.csv  神戸市の「市役所・区役所」(CC-BY:神戸市) http://www.city.kobe.lg.jp/information/opendata/img/inst itution01_20141128.csv  ハンズオンに利用するオープンデータ  https://goo.gl/DHDqm0 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 2
  3. 3. LODを公開するための作業  1.公開するLODを用意する  CSV形式のオープンデータをRDF形式に変換する  外部のLODへのリンクを追加する  2.RDFファイルをサーバにアップする  方法(1):Webサーバに「単一のファイル」として公開  方法(2):RDFデータベース(トリプルストア)を用いて 公開 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 3
  4. 4. 既存データをRDF化する方 法  RDFデータを作成するツールを使用  Open Refine(http://openrefine.org/)+ RDF Refine(http://refine.deri.ie/)  データを整備・公開するための多様な機能をサポート  Linked Data(http://linkdata.org/)  テーブルデータをRDFに変換して公開することができるサイト  SparqlEPCU(http://lodcu.cs.chubu.ac.jp/SparqlEPCU/)  LODの作成・活用のための支援サイト  CSVファイルをRDFとしての公開する機能もあり  StatLD(http://satolab.tiu.ac.jp/statld/)  統計Linked Dataの活用を中心としたツールを公開  一般のLinked Dataの作成にも使用可能  独自のプログラム用でRDFデータを作成 2015/9/13 4 LODチャレンジ2011 アプリケーション部門最優秀賞 LODチャレンジ2012 アプリケーション部門最優秀賞 LOD Challenge Day KOBE 2015
  5. 5. 本日,利用するツール  CSV2LOD~RDF変換支援ツール~  今回のイベントのために,鋭意作成!  プロトタイプなので,ご意見大歓迎!  なんでもリンク  任意のSPARQL Endpointを利用して,LOD間の リンクを作る為のツール  第5回LODハッカソン関西/インターナショナル・ オープンデータデイ大阪(2015年2月の成果 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 5
  6. 6. ツール開発の動機  Linked Dataの基本原則に沿ったLODを,誰でも,(ある程度) 簡単に作成できるツールを提供したい  元データ(CSV)の編集を,極力,減らしたい  データが更新されたら,すぐに再変換したい  →元データと変換情報のテンプレートは別ファイルに  足りない機能があれば,気軽に拡張したい  小規模なプログラムで開発+オープンソース化により改変を自由に  初心者から上級者まで使いやすいものを  汎用性の高いテンプレート(Turtleライクな形式)により,複雑なRDFモデル にも対応  初心者向けには,語彙選択支援など,簡単にテンプレートが作れる  動作環境  インストール不要,かつ,ネットがなくても使える→JavaScritptのみで開発  IE8にも,できれば対応したかったが…(現時点は×) 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 6
  7. 7. 使用するツール① CSV2LOD~RDF変換支援ツール ~ 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 7 http://lodosaka.jp/tool/CSV2LOD/
  8. 8. 使用するツール② なんでもリンク 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 8 http://link.lodosaka.jp/
  9. 9. CSV2LODの作業手順  作業の手順 1. 元データ(CSV形式)を選択して読み込む 2. RDFが出力される(今回はTurtle形式のみ)  Webサーバーに公開(こちらで作業します)  RDFデータベースに登録(皆さんで作業) 3. 公開したLODで簡単なアプリを作ってみる  ハンズオンの段取り  1回目は,同じデータで一通りの使い方を説明  2回目以降,各自,異なるデータを選んでLOD化  https://goo.gl/DHDqm0 に作業するデータを記入 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 9
  10. 10. CSVファイルの読み込み 1. 「ファイルを選択」ボタンで,あらかじめ用意し ておいたCSVファイルを選択する 2. 「CSVファイル読み込み・プレビュー」ボタンを 押し,正しく読み込めることを確認する 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 10
  11. 11. CSVのプレビュー結果 (例) 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 11
  12. 12. CSVファイル読み込み時の注意  文字コードは自動判定されます  USBに格納しているオープンデータについては動作 確認済み  ファイルサイズが大きい(200KB以上?)と読 み込めない場合があります  テキストエディタ等で開いて,「テキストボックスに入 力」の欄にコピー&ペースとして読み込むと,ある程 度のサイズのデータでも読み込めます.  「ファイルを選択」がうまく動かないとき  「テキストボックスに入力」を利用して下さい 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 12
  13. 13. テンプレート作成① メタデータの入力  変換するデータに関する基本情報を入力する 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 13 ベースIRI :作成するRDFデータでIDに用いるIRI (URI)の設定 ライセンス情報
  14. 14. 今日のハンズオンでは  ベースIRI  http://data.lodosaka.jp/lodc- kobe2015/kobe/institution01_20141128 のように http://data.lodosaka.jp/lodc-kobe2015/ + 自治体名/+本ファイル名(.csvは除く) とする  オプションは「一つのファイルで公開(#)」を選択  ライセンス  今回利用するデータは,すべてCC-BYで公開されて いるものなの,下記のように選択・入力する  クレジットで表示すべき名前:自治体名,作業者  ライセンスは,クリエイティブ・コモンズ(CC)の「CC-BY」 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 14
  15. 15. ベースIRI(URI)とは,  ベースIRIとは,  RDFにおいてIDとするIRIを決める際に基準とするIRI  例)DBpedia Japaneseの場合は http://ja.dbpedia.org/resource/大阪府 ↑この部分に相当  RDFファイルでは,Prefixがついていないリソース (データ)のIRIは,行頭にベースIRIが付加されるもの と扱われる  例)ベースIRIがhttp://test.data/とすると そのRDFファイルで<1>というリソースのIRIは <http://test.data/1>となる  ※Turtle形式の@baseには,#のIRIは使えない. 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 15
  16. 16. ベースIRI(URI)の決め方  各データへはベースIRIによって決まるIRIでア クセスされるので,  データの公開者が管理している(できる)IRI  データを公開する際に用いるIRI(URL) を用いることが望ましい  # と / の使い分けは,一般に,  1つRDFファイルでデータを公開するときは http://test/data#001 のように#を  データサイズが大きく,RDFデータベースを用いて 公開するときは http://test/data/001 のように/を使うことが多い 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 16
  17. 17. テンプレート作成② プロパティ(語彙)の設定 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 17 「プロパティ選択表示」ボタンを押すと, RDF変換で用いる語彙の候補が推薦される 推薦に用いる 語彙の選択 推薦された語彙 CSVの1行目 の項目名
  18. 18. 語彙選択の考え方  ID列  CSVファイル内で「一意のID」となる項目があれば,「ID列」として選択する  なければ「IDを自動付与」を選択する  プロパティ  適切な語彙が推薦されていたら選択  それ以外の語彙を利用する場合は「その他」の欄に入力  「推薦に用いる語彙」の一覧にあるprefixは利用可能  それ以外の場合は,語彙のIRIをすべて記載 →よく使われる語彙の一覧は次スライド参照.  CSVの項目名を利用するときは「bp:項目名」を選択する  bp: は「ベースIRI+/property#」を表すprefix  データ型は,できれば適切なものを選択する ※プロパティを複数選択することも可 →複数の語彙に対応したいときに利用(例:共通語彙基盤+Schema.org) 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 18
  19. 19. 共通語彙 Schema.org http://schema.org/docs/schemas.html Schema.org(日本語訳サイト) http://schema-ja.appspot.com/ 共通語彙基盤(IMI) http://imi.ipa.go.jp/ Linked Open Vocabularies (LOV) http://lov.okfn.org/dataset/lov/ DBPedia http://mappings.dbpedia.org/index.php/Main_Page Dublin Core http://dublincore.org/documents/dcmi-terms/ →解説 http://www.kanzaki.com/docs/sw/dublin-core.html Friend of a Friend (FOAF) http://xmlns.com/foaf/spec/ →解説 http://www.kanzaki.com/docs/sw/foaf.html 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 19
  20. 20. 語彙の推薦について  現状では,推薦できる語彙は「ごく一部」のも のに限られています  共通語彙基盤には未対応です.  今後,対応する語彙は順次増やす予定です 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 20
  21. 21. RDFファイルへの変換 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 21 • 「テンプレート生成/更新」:設定した情報に基づい てCSVをRDFに変換するテンプレートを作成する • 「テンプレートのダウンロード」で,作成したテンプ レートをダウンロードして再利用できる • 「CSV→RDFの変換実行」で,CSVファイルをRDF に変換する
  22. 22. RDFファイルへの変換結果 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 22  変換結果は下記のように表示される  「ファイル名」を入力し「RDFファイルのダウンロード」ボタンで RDFをダウンロードできる  うまくダウロードできない場合は,コピー&ペーストを利用する
  23. 23. 保存したRDFテンプレートの利 用  ダウンロードした「RDF変換テンプレート」を読み込んで利 用することも可能  同じ形式のCSVファイルが複数ある場合に有効  設定画面へは反映されないため「テンプレート生成/更新」ボ タンを押すと,読み込んだテンプレートが破棄されるので注意  テンプレートは,直接,画面上で編集することも可能  読み込んだテンプレートの修正や,設定からは生成できない 複雑なRDF変換用のテンプレートを生成するのに利用できる 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 23
  24. 24. LOD公開①:Webサイト  作成したRDFファイルをWebサイトで公開する  今回は,イベント用のWebサイトに公開  公開するURLは, http://data.lodosaka.jp/lodc-kobe2015/自治体名/ ※自治体名は以下のいずれか kobe, hyogo, osaka-city, osaka-pref, nara-city, wakayama-pref  アップする前に,RDFのファイル名がベースIRIで指 定したもの+.ttlになるように修正しておく 例)http://data.lodosaka.jp/lodc-kobe2015/kobe/ institution01_20141128 ならば institution01_20141128.ttl 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 24
  25. 25. LOD公開①:Webサイト 1. FTPクライアントへログイン  https://webftp.heteml.jp/ を利用  ユーザー名: ※試したい方はメールでお問い合わせ下さい  パスワード: →kozaki@ei.sanken.osaka-u.ac.jp  FTPクライアントを利用する場合は  ホスト名(アドレス) ftp187.heteml.jp  ※FTPS 接続 の場合は ssl187.heteml.jp (推奨) 2. FTPでアップロード  「ファイルを選択」ボタン →作成したRDF(****.ttl)を選択してアップロード ※上書き時には,「上書き」にチェック 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 25
  26. 26. LODの閲覧  ①Webブラウザでの閲覧  WebブラウザのURL欄に  http://data.lodosaka.jp/lodc- kobe2015/kobe/institution01_20141128#1  のように,IRIを入れるとWebブラウザで閲覧可能  ②LODブラウザでの閲覧  下記のLODブラウザのIRIの欄に入力する  Quick and Dirty RDF browser ※日本語IRIは文字化けする http://graphite.ecs.soton.ac.uk/browser/  (Yet Another) Linked Data Browser ※フォーマットでTurtleを選択する必要あり http://www.kanzaki.com/works/2014/pub/ld-browser 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 26
  27. 27. Webサーバの設定  Webサーバの.htaccesファイルで  RewriteCond %{REQUEST_URI} !/$ RewriteCond %{REQUEST_URI} !.[^/.]+$ RewriteRule .* %{REQUEST_URI}.ttl [L,R]  といったURLのRewriteルールを書くことで,  …/ファイル名#001 → …/ファイル名.ttl#001 という書き換えを行っている  厳密な設定については, Best Practice Recipes for Publishing RDF Vocabularies http://www.w3.org/TR/swbp-vocab-pub/ 等の資料を参照 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 27
  28. 28. LODの公開② DBへのRDFデータの登録  DBにアクセス(本イベント限定のテスト用)  http://lod.hozo.jp/repositories/lodosaka  ※アプリ作成時には,これがSPARQL EndpointのURLとなる.  ログインする  ID:****,PW:*****  試したい方はメールでお問い合わせ下さい →kozaki@ei.sanken.osaka-u.ac.jp  ※ClassicViewを利用する  Import RDF  from an uploaded file,Fileを選択,形式はTurtle でRDFファイルを登録 ※後日,アプリ開発に利用される場合は, -SPARQL EPCUを利用 -db.lodc.jpにアップ予定なので,そちらを利用 2015/9/13 28LOD Challenge Day KOBE 2015
  29. 29. RDFデータのダウンロード・公開 DBへのRDFデータの登録 2015/9/13 29 RDFを格納するGraph名の指定 Context:欄に <http://data.lodosaka.jp/lodc-kobe2015/kobe/institution01_20141128.ttl> のように、WebサーバーにアップしたURLを入力する LOD Challenge Day KOBE 2015
  30. 30. DBへ登録したRDFデータの確 認 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 30 Query > new でクエリ入力画面へ SELECT ?s ?p ?o FROM <http://data.lodosaka.jp/lodc- kobe2015/kobe/institution01_20141128.ttl> WHERE { ?s ?p ?o . }LIMIT 100 といったクエリで,データの中身を確認できる Contextに 入れたURL
  31. 31. 外部LODとのリンク 1. なんでもリンクにアクセス 2. オープンデータ(CSV)を開き「名称」に相当する列をコ ピー 3. なんでもリンクの入力欄にペースト  「SPARQLエンドポイント」欄に記入すれば,任意のエンドポイ ントを利用可能  DBpedia Japaneseが遅いときは,こちらを利用 http://lod.hozo.jp/repositories/dbpedia_jp_label 4. DBpediaのデータと一致するデータの一覧が表示され る(最初の10件) 5. 「ダウンロード」ボタンで結果をダウンロード 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 31
  32. 32. 外部LODとのリンク 5. エクセル等で開き(文字コードの関係で開き方 に工夫がいるかも),元のオープンデータにマッ ピング情報をコピー&ペースト  項目名は「参照」としておくと良い 6. CSV2LODでオープンデータをRDFに変換  マッピング情報には「rdfs:seeAlso」を使う 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 32
  33. 33. 簡単な可視化アプリ  Leaflet Simple SPARQL (by上田洋さん)  緯度経度を含む情報を,OpenStreetMap上に表示する.  ソースコード&解説 https://github.com/uedayou/leaflet-simple-sparql  サンプル http://uedayou.net/lodchallenge/map-sample-osaka-city/  使えるデータ  rdfs:label(名前),geo:lat(緯度), geo:long(経度)を含む データ  →CSV2LODで変換する際に,これらの語彙を選択しておく.  RDFに変換した後は,RDF-DBにアップして,SPARQLクエリが 使えるようにしておく. 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 33
  34. 34. 可視化の手順 1. プログラムのダウンロード  https://github.com/uedayou/leaflet-simple-sparql から「Download ZIP」でソースファイルをダウンロードする 2. 設定ファイルの書き換え  「config.js」を開き,以下の2箇所を書き換えて保存する var endpoint = "http://lod.hozo.jp/repositories/lodosaka"; var query = (function () {/* PREFIX geo: <http://www.w3.org/2003/01/geo/wgs84_pos#> PREFIX rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> select * FROM <http://data.lodosaka.jp/lodc-kobe2015/**********> where { ?uri rdfs:label ?title; geo:lat ?lat; 3. プログラムの実行  index.htmlを開く 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 34 SPARQLエンドポイントのURL RDF-DBにアップロードするときに,Contextと して指定したURL(GRAPH名)
  35. 35. その他のSPARQLを使ったアプ リ  SPARQLクエリを書き換えるだけで、いろんな可視化が できるツールの紹介 • 上田洋さんが作成されたSPARQLアプリ(※) http://uedayou.net/sparql-mashup/#app • d3sparql.js http://biohackathon.org/d3sparql/ • Sgvizler http://dev.data2000.no/sgvizler/  SPARQLを利用したプログラム入門 • JavaScriptを使ったSPARQL利用のミニマムサンプル http://lodosaka.jp/simple_sparql_2.html →可視化部分は「自分で自由に作成」 2015/9/13 35LOD Challenge Day KOBE 2015
  36. 36. 参考資料 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 36
  37. 37. SPARQLによるRDFの検索  SPARQL  RDFデータに対するクエリ言語  「指定したグラフ構造」に一致するトリプルを検索する  最も基本的な検索 select * where { ?s ?p ?o . } LIMIT 100 ←取得する数の制限 ←検索するグラフのパターン ←返す要素(*は全て) この例では「任意のトリプルの組み合わせ」 このパターンを変 えることで,欲しい データを取得する 372015/9/13 「.」(ピリオド) を忘れない LOD Challenge Day KOBE 2015
  38. 38. 簡単なクエリ例  すべてのデータを取得  select * where {?s ?p ?o} LIMIT 100  ?s と?pの組み合わせを取得  select distinct ?s ?p where {?s ?p ?o} LIMIT 100  プロパティを指定して取得  select * where {?s <http://schema.org/description> ?o} LIMIT 100 2015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015 38 シートにクエリ例を用意しています
  39. 39. SPARQLの検索例①  「東京都を主語(Subject)に含む」トリプルの述語(?p) と目的語(?o)を取得する select distinct ?p ?o where { <http://ja.dbpedia.org/resource/東京都> ?p ?o . } LIMIT 100 「東京都」を表すURI DBpedia Japanese http://ja.dbpedia.org/sparql での検索結果 ↑同じパターンは除外する 392015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015
  40. 40. SPARQLの検索例②  「ラベルが“大阪”と一致する」トリプルの主語(?s) select distinct ?s where { ?s <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#label> "大阪"@ja . }LIMIT 100 リテラルの指定 (※データの言語指定も含 めて一致が判定される) DBpedia Japanese http://ja.dbpedia.org/sparql での検索結果 402015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015
  41. 41. SPARQLの検索例③  「ラベルに“大阪”を含む」トリプルの主語(?s) select distinct ?s where { ?s <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#label> ?o FILTER(regex(str(?o), "大阪")) . }LIMIT 100 「文字列が含む」データでの絞り込み DBpedia Japanese http://ja.dbpedia.org/sparql での検索結果 412015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015
  42. 42. SPARQLの検索例④  「ラベルが“大阪”と一致する」トリプルの主語(?s) につながっている述語(?p)と目的語(?o) select distinct ?p ?o where { ?s <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#label> "大阪"@ja . ?s ?p ?o. }LIMIT 100 パターンを続けて書くと「AND条件」になる ※この例では,?p ?oを限定していないが… DBpedia Japanese http://ja.dbpedia.org/sparql での検索結果 422015/9/13 LOD Challenge Day KOBE 2015
  43. 43. SPARQLの省略表現①  PREFIXの利用 select distinct ?p ?o where { ?s <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#label> "大阪"@ja . ?s ?p ?o. }LIMIT 100 432015/9/13 PREFIX rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> select distinct ?p ?o where { ?s rdfs:label "大阪"@ja . ?s ?p ?o. }LIMIT 100 LOD Challenge Day KOBE 2015
  44. 44. SPARQLの省略表現②  主語が同じ時の省略表現 442015/9/13 PREFIX rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> select distinct ?p ?o where { ?s rdfs:label "大阪"@ja . ?s ?p ?o. }LIMIT 100 PREFIX rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> select distinct ?p ?o where { ?s rdfs:label "大阪"@ja ; ?p ?o. }LIMIT 100 LOD Challenge Day KOBE 2015
  45. 45. SPARQLの便利な検索機能  SPARQLでマッシュアップ-LOD活用のための技 術紹介(by Hiroshi Ueda) http://www.slideshare.net/uedayou/sparqllod p.85~  DBpedia Japaneseを対象としてクエリサンプル https://goo.gl/f9lSEQ 2015/9/13 45LOD Challenge Day KOBE 2015

×