Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
UUID.js を移植してみた    フレームワークチーム
メンバーUUID 必要だよね UUID.js                     テスト∼移植すればいいんじゃdadoop 作りたかったけど心折れた。テスト書いた。あのrandom() 使ってUUIDとかないわー
作ったものUUID ライブラリ
使用技術• UUID 作成(独自実装)• ランダムジェネレータ(独自実装)• テスティングフレームワーク(独自実装)
UUID• RFC 4122 A Universally Unique  IDentifier (UUID) URN Namespace • Time-based (v1) • Name-Based MD5 (v3) • random(v4) •...
BDD TestFramework• JavaScriptのJasmineが好き• 同じ様な見た目のを作った• ServerにもClientにも使えるよ!
BDD TestFramework#import(./teaolive/teaolive.dart);#import(./teaolive/teaolive_html_reporter.dart);#import(./uuid/uuid.dar...
デモ
Próxima SlideShare
Cargando en…5
×

UUID.js を Dart に移植してみたついでに BDDなテスティングフレームワークもつけてみた

965 visualizaciones

Publicado el

2012/05/12 の Dart ハッカソンで、UUIDフレームワークを作成した際の資料です。

作成したコードは https://github.com/zaki50/uuid_dart にあります。

  • Sé el primero en comentar

UUID.js を Dart に移植してみたついでに BDDなテスティングフレームワークもつけてみた

  1. 1. UUID.js を移植してみた フレームワークチーム
  2. 2. メンバーUUID 必要だよね UUID.js テスト∼移植すればいいんじゃdadoop 作りたかったけど心折れた。テスト書いた。あのrandom() 使ってUUIDとかないわー
  3. 3. 作ったものUUID ライブラリ
  4. 4. 使用技術• UUID 作成(独自実装)• ランダムジェネレータ(独自実装)• テスティングフレームワーク(独自実装)
  5. 5. UUID• RFC 4122 A Universally Unique IDentifier (UUID) URN Namespace • Time-based (v1) • Name-Based MD5 (v3) • random(v4) • Name-based SHA-1(v5)
  6. 6. BDD TestFramework• JavaScriptのJasmineが好き• 同じ様な見た目のを作った• ServerにもClientにも使えるよ!
  7. 7. BDD TestFramework#import(./teaolive/teaolive.dart);#import(./teaolive/teaolive_html_reporter.dart);#import(./uuid/uuid.dart);void main(){ RegExp uuidPattern = new RegExp(^[0-9a-f]{8}-[0-9a-f]{4}-[0-9a-f]{4}-[0-9a-f]{4}-[0-9a-f]{12}$); describe("test pattern sanity", () { it("matches UUID syntax", () { expect(uuidPattern.hasMatch(f81d4fae-7dec-11d0-a765-00a0c91e6bf6)).toBe(true); }); }); describe("UUID test", () { it("suits UUID syntax", () { UUID uuid = new UUID_v0(); expect(uuidPattern.hasMatch(uuid.generate())).toBe(true); }); it("v1 suits UUID syntax", () { UUID uuid = new UUID_v1(); expect(uuidPattern.hasMatch(uuid.generate())).toBe(true); }); it("v4 suits UUID syntax", () { UUID uuid = new UUID_v4(); expect(uuidPattern.hasMatch(uuid.generate())).toBe(true); });
  8. 8. デモ

×