Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

『コルク』コミュニティ型化まとめ

コルクでまとめたコミュニティ型化のまとめ資料です。
みなさんがコミュニティを作る上で、必要な要素をまとめました。
ぜひ皆さんでアップデートしてもらって、フィードバックもらえたらと嬉しいです。

  • Inicia sesión para ver los comentarios

『コルク』コミュニティ型化まとめ

  1. 1. コミュニティ型化まとめ 2018/6/28 コルク 萬⽥ ⼤作 1
  2. 2. アジェンダ 1. はじめに 2. 課題本要旨 Ø コミュニティ・オブ・プラクティス Ø グランズウェル Ø ウェブはグループで進化する Ø ファンベース Ø WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 3. まとめ 2©2018 Cork Inc.
  3. 3. 1.はじめに 3©2018 Cork Inc.
  4. 4. この資料の⽬的 n Why:イシューは? コルクのコアコンピタンスは「クリエイターのコミュニテ ィ・プロデュース」である。 しかしコミュニティを作る知⾒がないため、型化をする必 要がある。 n What:この資料のゴールは? コミュニティプロデュースを⾏う上で、最低限必要なもの が何か?をまとめること。 n How:どうやってやるか? コルクラボの運営経験や、コミュニティ・プロデュースに 関する本を読んで、エッセンスをまとめる。 4©2018 Cork Inc.
  5. 5. なぜコミュニティが⼤事なのか n 分⼈主義のススメ Ø 平野啓⼀郎さんの「分⼈主義」にかかれているが、⼈は⼼の安定のために分 ⼈が必要である n 所属コミュニティの限界 Ø 所属コミュニティができるのはだいたい5つまでと⾔われている p 家族/仕事/+3つ Ø 参考 p http://www.lapetition.com/page5.php n ⼈⽣において、コミュニティに所属しているほうが幸せという研究があ る Ø TED:What makes a good life? Lessons from the longest study on happiness p https://www.ted.com/talks/robert_waldinger_what_makes_a_good_life_l essons_from_the_longest_study_on_happiness 5©2018 Cork Inc.
  6. 6. コルクがつくるコミュニティで⼤事なこと n 学習型のコミュニティである ⾃らが教える教師型のコミュニティではない 教師型のコミュニティは、⻑続きしない ⽀援する⾵⼟が⼤事 n コミュニティには段階があることを前提に設計すべき コミュニティは育成するもの n コミュニティプロデューサーの役割はコーディネート ⾃らが動くのではない コミュニティをコーディネートすることが⼤事 6©2018 Cork Inc.
  7. 7. 2.課題本要旨 7©2018 Cork Inc.
  8. 8. 「コミュニティ・オブ・プラクティス」要旨 n コミュニティマネジメントでやること Ø 領域(テーマ)を定義する Ø コミュニティ(信頼と⼈間関係)を構築する Ø 実践(何を学ぶか)を作り出す n コミュニティ育成の7原則 1. 進化を前提とした設計を⾏う 2. 内部と外部それぞれの視点を取り⼊れる 3. さまざまなレベルの参加を奨励する 4. 公と私それぞれのコミュニティ空間を作る 5. 価値に焦点を当てる 6. 親近感と刺激とを組み合わせる 7. コミュニティのリズムを⽣み出す 8 <参加者には気持ちの度合いがある> <コミュニティには段階がある> ©2018 Cork Inc. 出典:”コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ 社会の新たな知識形態の実践”,翔泳社(2002)
  9. 9. 「グランズウェル」要旨 n グランズウェルとは 社会動向であり、 ⼈々がテクノロジーを使って、 ⾃分が必要しているものを企業などの伝 統的な組織ではなく、 お互いから調達するようになっていくこ とを指す 9 n 戦略の⽴て⽅ 2つの質問を考える p 顧客は、どんなテクノロジーを使う 傾向にあるか? p ⾃分の⽬的は何か? 計画を⽴てるフレームワーク「POST」 p ⼈間(People) p ⽬的(Objective) p 戦略(Strategy) p テクノロジー(Technology) n 5つのグランズウェル戦略 この中から最もあったものを選ぶ Ø ⽿を傾ける(傾聴戦略) p リサーチのため、あるいは顧客理解を深めるため Ø 話をする(会話戦略) p ⾃社のメッセージを伝えるため Ø 活気づける(活性化戦略) p 熱⼼な顧客をみつけ、彼らの影響⼒の最⼤化のため Ø ⽀援する(⽀援戦略) p 顧客が助け合えるようにするため Ø 統合する(統合戦略) p 顧客をビジネス・プロセスに統合するため n グランズウェルの本質 「テクノロジーではなく、関係に焦点を合わせ ること」 関係がすべて。 ⼈と⼈とがつながり、コミュニティを作る。 その形が⼒のバランスを変えていく。 ©2018 Cork Inc. 出典: "グランズウェル~ソーシャルテクノロジー による企業戦略", 翔泳社(2008)
  10. 10. 「ウェブはグループで進化する」要旨 <ポイント> Ø ビジネスを⼈中⼼型へ移⾏することが必要不可⽋ Ø 新しい知識体系が求められるようになる p ⼈の社会⾏動:常に⼈々の⾏動を理解するよう⼼がける p ネットワーク:ネットワークがどのように機能しているかを理解する p ⼈の思考回路:⼈は感情で意思決定する Ø 「独⽴した⼩規模な友⼈グループ」に焦点を当てる 10 n ウェブは発展の第3段階に⼊る 第1段階:⽂書がリンク 第2段階:他⼈とのコミュニケーション(いいね・コメント・シェア) 第3段階:⼈が中⼼にウェブサイトが構築される n ソーシャルには明確 な境界がある 親友…5⼈ 相談相⼿… 15⼈ 癒し⼿… 50⼈ 仲間… 150⼈ 協⼒者… 500⼈ n ⼈間の思考回路は 合理的ではない 意識をつかさどる理性的な 脳(意識脳)は処理能⼒が 限られており、無意識をつ かさどる感情的な脳(無意 識脳)に頼りながら私たち に指令を出している n 他⼈が先⼊観を与 える ü 他⼈の⾏動が私たちの ⾏動にも影響する ü 共通の要素を持つ相⼿ ほど強く影響される ü 他⼈から⾒られている 時、私たちは過去の⾏ 動に従おうとする 強い絆 強い絆 ©2018 Cork Inc. 出典: "ウェブはグループで進化する ", ⽇経BP社(2012)
  11. 11. 「ファンベース」要旨 n 社会背景 ⼈⼝減少/情報爆発/ネット中⼼で、ネットはパレートの法則が重要 n 類友こそが最強メディアであり、⾃分の家族や友⼈が信頼される n マーケティングはファンを中⼼に考えなければいけない時代になった n ファンとは 商品そのものではなく、商品が「⼤切にしている価値」を⽀持している⼈ n 重要な考え⽅ Donʻt Sell the Community / Sell Through the Community (ファンに売るな。ファンを通して外に売れ。) n ファンの⽀持を強くするための3ヵ条 l 「共感」を強くする l 「愛着」を強くする l 「信頼」を強くする n ファンの⽀持をより強くする3つのアップグレード l 共感→(価値⾃体を、もっとアップさせる)→熱狂 l 愛着→(もっと他に代えがたいものにする)→無⼆ l 信頼→(提供元の評価・評判を、もっとアップさせる)→応援 11©2018 Cork Inc. 出典: "ファンベース", 筑摩書房(2018)
  12. 12. 「WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE.」要旨 1. 現代の孤独 l インターネットによって、世の中はなめらかな社会に、リンク・ フラット・シェアに、ゆるやかに変化している l コミュニティを持たない⼈は孤独になっていく。 l 社会とのつながりを持つことが、現代⼈の最重要課題となるだろ う。 2. 持続可能な経済圏のコミュニティ l 社会の経済活動(=会社の活動)が、マスメディア中⼼の消費社 会から、⼈中⼼のコミュニティ社会に変わっている l 宇宙兄弟のファンクラブからファンコミュニティの変化を経験し 、ビジネス活動の変化を感じた 3. 安全・安⼼とは何か? l 安全・安⼼からしか熱狂=コミュニティはうまれない。 l まずは仲間を信頼し、⼀⼈ひとり⼿渡しで情報交換する l その後にリアクション・役割・イベントを設計する l リアルとオフラインの両⽅がつながりを作る 4. コミュニティを編集する l 編集という⾏為が本というクリエイティブを作るだけの⾏為から、 コミュニティを作る⾏為へ変わった。 l 今後は、納品主義ではなくアップデート前提で考えることが⼤事。 l ⾃分を知り、⾃分の物語を語り、アップデートし付けなければいけ ない。Beの肩書(何が好きで、何がしたいか)が⼤事。 12©2018 Cork Inc. 出典: "WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE.", 幻冬舎(2018)
  13. 13. まとめ 13©2018 Cork Inc.
  14. 14. まとめ n 前提 ウェブの第3段階になると、SNS中⼼ではなく、コミュニティを介して、情報 が伝達する。 なぜなら、⼈は論理的な意思決定をベースにするのではなく、感情的な意思決 定をするから。 したがって、類友をベースにコミュニティを⼤きくする意識が⼤事。 n 要件定義 まずやるべきことは、そのコミュニティの領域/コミュニティ/実践を定義す ること n 運⽤段階でやるべきこと ① 安全・安⼼の構築 ② 共感・愛着・信頼を作る ③ 共感→熱狂、愛着→無⼆、信頼→応援を作る ※コミュニティには段階があるため、コミュニティが成熟ししても、常に安全 ・安⼼の構築は必要 14©2018 Cork Inc.
  15. 15. コミュニティ運営の流れ 要件定義 •領域 (テーマ) •コミュニティ (⼈との関係性) •実践 潜在・結託 •安全安⼼の確保 •リアル •ネット 結託・成熟 •共感 •A.ファンの⾔葉を傾聴し、 フォーカスする •B.ファンであることに⾃信を もってもらう •C.ファンを喜ばれる。新規より 優先 •愛着 •D.商品にストーリーを纏わせる •E.ファンとの接点を⼤切にし、 改善する •F.ファンが参加できる場を増やし、 活気づける •信頼 •G.それは誠実なやり⽅なのか、 ⾃分に問いかける •H.本業を細部まで⾒せ、丁寧に 紹介する •I.社員の信頼を⼤切にし、最強の ファンにする 成熟・維持向上 •熱狂 •J.⼤切にしている価値をより全⾯ に出す •K.⾝内として扱い、共に価値を あげていく •無⼆ •L.忘れられない体験や感動をつく る •M.コアファンと共創する •応援 •N.⼈間をもっと⾒せる。等⾝⼤ の発信を増やす •O.ソーシャルグッドを追求する。 ファンの役に⽴つ 15©2018 Cork Inc.
  16. 16. CommitterCommitterCommitter コルクの熱狂マップ(最新) 16 Committer Acceptor Liker User Everyone 共感の壁 愛着・信頼の壁 ⽀援の壁 伝導の壁 対象者 :SNSフォロワー/書籍購⼊者 Pの仕事:①共感を作る 対象者 :エンゲージメントの⾼い SNSフォロワー Pの仕事:①愛着・信頼を作る 対象者 :グッズ購⼊/有料メルマ ガ・有料ファンクラブ参加 Pの仕事:①安全安⼼の確保 ②共感・愛着・信頼を作る 対象者 :作家・作品の伝道師 Pの仕事:①安全安⼼の確保 ②共感→熱狂、愛着→無⼆、 信頼→応援を作る ©2018 Cork Inc.

×