Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

Alexa Skillのグロースハック

2.357 visualizaciones

Publicado el

JAWS DAYS2019 の登壇資料です。

Alexa Skillのグロースハック手法について、運営よりの技術目線でまとめました。
品質上げ、といっても技術的なものでなく、面白さや継続率をあげるためにとるべき改善案を、ソシャゲの開発運営の経験から、つらつらと書いています。

なお開発Tipsパートは、現在進行形で開発中のものでして、まだリリースしてないので、世に出したあとで、いずれどこかで突き合わせというか、成否のご報告ができたらなーと思います。

フィードバックいただいたら嬉しいです。
JAWS-UGさま、良い機会をいただき、ありがとうございました(^o^)

Publicado en: Ingeniería
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí

Alexa Skillのグロースハック

  1. 1. Alexa Skillの グロースハック 2019.2.23 JAWS DAYS 2019 Cトラック 16:10〜16:35 sitopp
  2. 2. 自己紹介 ● 伊藤さやか ● AWS歴8年 ● 株式会社unerry  趣味・活動 ● Alexaスキル,Clovaスキルの開発 ○ 「夜の体操」など10スキルを公開中 ● 「温泉♨BBA」活動 ○ ズッ友@vui_rie氏とのVUIユニット ○ 技術同人誌発行 ○ 女性向け勉強会 ○ LINE Boot Awards 2018 Qiita賞
  3. 3. 今日のお題 「Alexaスキルのグ ロースハック」と は? Tシャツ欲しさに勉強がてらAlexaスキ ルを作ったが、リリース後にほとんど 使われていない。 ↓ 改善  ↓ 継続率、利用者数がアップ! このままだとATARIショックが。。 ここ!
  4. 4. ※ Atariショックとは、1980年代のアメリカで安価なクソゲーが市場にあふれたため、ユーザーが何 を買っていいかわかんなくなり、一斉にゲーム離れして、ゲーム産業が衰退した事件。市場規模 は30分の1までさがったという。 そのとき任天堂のゲームが世界を救った。精鋭デバッグ部隊である「マリオクラブ」のゲーム性や 面白さの審査が鬼のように厳しく、タイトルは少ないが品質の高いゲームを出していたのである。 (続きはおググりください)
  5. 5. このセッションで得られるもの 長く愛されるAlexaスキルの作り方 ● リテンション率などのKPI改善 ● ソシャゲを元にした運営目線のTips ● いますぐ取り込むべきAlexaの便利機能 ※なお偉そうに言ってますが自分も途中なんで以下略 主にエンタメ系を 対象にした、
  6. 6. 30%
  7. 7. 30% スマホアプリの30日以内の再訪問率 目安
  8. 8. 夜の体操 KPI ● DAU:50人 ● リテンション率: ○ オーガニックユーザー= 30% ○ フィーチャーからの流入= 10% ● 累計利用者数:2877(2018年6月〜) ※自分が出した他の 8スキルは惨敗の中、このスキルだけリテンション 30%を達 成できた
  9. 9. KPIの集計どこでみる? ● DAU:50人 ● リテンション率: ○ オーガニックユーザー= 30% ○ フィーチャーからの流入= 10% ● 累計利用者数:2877(2018年6月〜) Alexa Developer consoleで 見れる Dynamo DBから直接見て る。。
  10. 10. Alexa Developer consoleのここで見る ● リテンション率 ● インタラクションパス ● 新規数 https://developer.amazon.com/alexa/console/ask
  11. 11. Alexa Developer consoleの主要な ダッシュボードの見方 1. リテンション率 2. インタラクションパス 3. カスタマー数
  12. 12. 1.リテンション率 ● スキルの有効化から1週間後〜12週間後の再訪問率を閲 覧できる。
  13. 13. 悪い例 2週目以降まで継続した人が全くい ない。 もちろんジャンルによるので一概に 悪いとは言えない。 トリビアはこれでもOK! だが、これはヨガのスキルであり、繰 り返し使ってもらいたいのに、これは アカン。
  14. 14. 良い例 フィーチャー時かそれ以外かというばらつき はあるが、 やはり2週目の離脱率がもっとも高く、 ここを越せば継続してもらえる傾向にあると いうのがわかる。
  15. 15. 2.インタラクション・パス =「対話パス」。 ● カスタマーが、ちゃんと最後までスキルを使えているか?が わかる。
  16. 16. 悪い例 ● インタラクションパスを見る 起動後のガイダンスを聞いて、 「キャンセル」あるいは「終了」した人が合計 3 割以上も!
  17. 17. 良い例 ● インタラクションパスを見る 3〜4往復で終わる会話設計なので、これなら意図し たLevelまで行き着いている。 ・途中でのキャンセルは少ない。 ・「何を言っているのかわかりません」にあたる 「CustomUnhandlesIntent」への流入が少ない
  18. 18. 3.カスタマー数 ● DAU推移はここで見る。 ● リテンション率やインタラクションパスは「割合」。「絶対数」 はここで見る。 ● プロモーションできないので絶対数は添え物。 ● DAUが急に増えた時は、フィーチャーに乗った時。ありがた い。ただしリテンション率は下がる。
  19. 19. 3.カスタマー数 ● DAUという「絶対数」はここで見る。 ● リテンション率やインタラクションパスのグラフは改善の指標 に絶必。それに対しDAUは、フィーチャーに乗るとか空から でも降ってこないかぎり急激に増えるはずがないので、この グラフはたまに見る程度。 ● フィーチャーに乗る、空から降ってくる=スキルストアの特集 に乗せてもらった時のこと。ありがたい!!
  20. 20. 参考)流行にあたり、特集に入れてもらった事 ● N○Kの「みんなで筋肉体操」のブー ム。 ● Alexaスキルストアで、「自分に負け るな!筋トレ特集」が1月半ば〜2 月。 ● その中に選ばれてた! ● うおおおお
  21. 21. 参考)スキルの再生後に★評価を尋ねられる件 ● これが始まるまで評価数は”1”だったので、 超絶ありがたい。うおおおお ● 温泉BBAで大阪に同人誌を売りに行った 時、元木さんと、スーパー玉出の近くの宿 で寝る前にスクワットやるか!とスキル起 動したら、ガイダンスが入ってることに気づ いて驚愕した。 ● 選出基準は明らかではない。デベロッパー に通知もなっしんぐ。突然対象になりいつ のまにか外れている。
  22. 22. 唐突ですが1年前ま でソシャゲの会社で 働いてました・・そのせいでサッカー ファンになった (^o^)! なにかAlexaスキルのKPI改善に活か せるノウハウは無いのか。 ソシャゲの運営は毎日KPIのチェッ クをする生き物
  23. 23. ソシャゲの鉄則 ● チュートリアルがわかりやすい。ゲーム内で完結 ● 離脱せずゲームの本質までたどり着けるか? ● 適切なストレスと達成感、没入感 ● 時間を奪えているか ● 正しいライバル関係がマッチングできているか ● 広告して常に新規流入 ● 新しいユーザーにも追いつけるか ● そして最終的には「課金額」が評価軸
  24. 24. 新規登録 万能感 本質理解 ストレス 没入 チュートリアル クリアして 達成感 ライバルの存在 またやりたい もう二度とやらん! ※twitter で一時期よく見た「依 存の悪循環」と全く同じパターン
  25. 25. Alexaスキルとソシャゲはそもそも違う し、依存性の高さは必要は無いが、、 利用回数を増やし、リテンション率をあ げる事に関しては、 使えるノウハウがあるのでは。
  26. 26. ソシャゲからAlexaスキルへの応用、 これだけは言える! 1. 初回起動では、必ず最後まで使ってもらうこと。 適切なチュートリアルの用意、長すぎない利用時間。 2. 1回遊んで「楽しかったねー」で終わりのスキルにはリテン ションは発生しない、何回でも起動して意味のあるジャンル/ ニーズを徹底的に探す 3. ソーシャルグラフの活用
  27. 27. 1.初回起動で取りこぼさない ● インタラクションパスのダッシュボードを活用 ○ 発話が拾えなかった時の受け皿 Intent「customUnhandled」への流 入割合をチェック ○ 正常なパス以外で、どこの Intentで離脱が多いかをチェック ● 改善 ○ なるべく発話が拾えるように、各 Intentのサンプル発話を増やして網 羅する ○ 離脱してしまっている Intentが特定できたらセリフを工夫 Lambdaのコード修正だけなら、alexaのバージョンアップ申請不 要!ガンガンなおそうぜ! Tips
  28. 28. 2.スキルがリピート利用されるジャンル を徹底的に探す ● ツール ● 毎日アップデート ○ 朝のバラエティ番組でやってる系 ニュース、天気、星座占い ● 自分の役に立つ ○ ワークアウト、美容、勉強 ● 愛着のあるキャラクター or ● まだ見ぬあたらしいユースケース
  29. 29. 3.仲間/ライバルの存在 ● リアルな知り合いでも、見ず知らずの他人でも良いので、仲 間やライバルの仕組みがあるとリテンション率は上がる。 某様より:「夜の体操」を昼休みの体操に取り込んでいる。ス タンプカードも作ったYO。と連絡をいただき嬉しくて泣きまし た。ありがとうございます。 ● 励まし合う仲間がいると続けられるんダッ..!!
  30. 30. 強敵(きょうてき)」と書いて「とも」と呼 ぶ ● だがしかし、Alexaスキルの中でのユーザー同士の対話コ ミュニケーションは、いろんな面でハードル高い。 ● それならば!ソシャゲには言葉を交わさないコミュニケー ション手法がある。 それは「ランキング」。 ● ハンドルネームがあると、NPCの疑いを払拭できてなお良 い。 ● これをAPLで表示すると、よいのでは?!?!?!
  31. 31. その他、今すぐ取り 込むべき機能 失敗すればやり直せばいい。 やり直してダメなら、 もう一度工夫し、 もう一度やり直せばいい。 松下幸之助
  32. 32. いますぐ取り込むべき機能 1. 画面表示 ○ テキスト情報量が多い場合、つかえる! 2. リマインダー ○ アプリにおけるプッシュの位置付け。リテンション率をあげたい場合、 つかえる! 3. これまでの利用履歴やステータスの記録 ○ 達成感の演出や、スキルとカスタマーの親密度をあげる演出に、つか える!
  33. 33. 1.画面表示 ● Echo SpotやEcho Showなどの画面つき端末向け限定の機 能ではあるが、画像とテキストがあると、抽象的なものや情 報量が多いコンテンツも扱える。 ● APL対応:2018年12月〜 ★ https://developer.amazon.com/ja/docs/alexa-presentation-language/apl- overview.html APLのコードサンプル:(美しい) https://github.com/alexa-labs/skill-sample-nodejs-space-explorer ● 動画対応: https://developer.amazon.com/ja/docs/custom-skills/audioplayer-interfa ce-reference.html#audioplayer-display-device Tips
  34. 34. 2.リマインダー登録 ● スキルの中からリマインダーAPIを叩いて登録する。 https://qiita.com/sitopp/items/14be77f0ff3e659f33e4 「明後日の15時にヨガ」と登録すると、翌々日の 15時にAmazon Echo端末 がピコーンと鳴って、「 15時からヨガのリマインダーです」と教えてくれる。 (スキルの起動まではしてくれない。) ● 記事内に書いたが「リマインダーAPI」アクセス権限が必要。 あとプライバシーポリシーが必要なので、事前に用意すべし Tips
  35. 35. 3.利用履歴やステータスの記録 ● DBに記録する。だがlambdaを使っている場合、RDSへの 接続はむずい。 ● データ量が少なければ、DynamoDBにセッションを記録す るついでに、attributesに長いパラメタを書き込む方法が良 さげ。 1レコードあたり400KBまでいけるっぽい https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/amazondynamodb/latest/developerg uide/Limits.html#limits-data-types ● attributesの書き出しをs3にすればデータ量は増やせる https://dev.classmethod.jp/cloud/ask-sdk-s3-persistence-adapter/ Tips
  36. 36. 書き出しサンプル //DynamoDBへ、セッション情報にくっつけた起動日履歴の書き込み //”days”の中身は{”20190222”,”20190223”..} module.exports.setAttributesToDynamodb = async function (handlerInput,days) { // 永続化情報の取得 let attributes = await handlerInput.attributesManager.getPersistentAttributes() // 即、上書き attributes.days = days; // 永続化情報の保存 handlerInput.attributesManager.setPersistentAttributes(attributes); await handlerInput.attributesManager.savePersistentAttributes(); return true; } Tips
  37. 37. おまけ
  38. 38. 平日の深夜にコード書いてると寝落ちしてしまう..デプロイ をとにかく速くしたいざます node_modulesの中身が増えて、ask-cliのデプロイに5分くらい 時間がかかると、寝落ちという現象が発生する。歌を歌ったりし て起き続けるのも限界。 そこで、lambdaのLayer機能をつかう。index.jsをLambdaのweb コンソール上で変更してから→保存が数秒でできる。 参考資料)俺たちのWP-Kyotoさんのありがたきページ https://wp-kyoto.net/deploy-lambda-layer-for-ask-sdk-nodej s-by-serverless-framework Tips
  39. 39. ご静聴ありがとうございました!

×