Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

Edge Computing と k8s でなんか話すよ

2.026 visualizaciones

Publicado el

アジェンダ
- たまおき的関心事項
- MEC + GPU コンピューティング

Publicado en: Tecnología
  • Sé el primero en comentar

Edge Computing と k8s でなんか話すよ

  1. 1. Edge Computing と k8s でなんか話すよ 日本仮想化技術株式会社 VitrualTech.jp たまおき のぶゆき 2017/12/05 1
  2. 2. Who is • 日本仮想化秘術ではなく日本仮想化技術 • OpenStack/NFVでご飯を食べる人 • Googleで”OpenStack”を検索すると高い確率で 「OpenStack最新情報セミナー」の資料にHit 2
  3. 3. 今日のゴール 「Edge Computing と k8s 一緒に遊びたい人、 手を挙げてー!!」 3
  4. 4. 今日のお題 ① たまおき的関心事項 ② MEC + GPUコンピューティング 4
  5. 5. ① たまおき的関心事項 • OpenStack -> NFV -> その次 • Edge Computing + GPU になるといいな • HPE Moonshot System 2台をゲット • BBT西野さんDMM高嶋さんと推進している「OpenStack共 同検証ラボ」でサーバを増強してもらいました • 大規模Containerクラスタ&GPUの提案が増えてます • GKE 最高ー!! • コンテナおよびコンテナインフラの運用ノウハウ蓄積 • みんなが困ることはコミュニティの中で集約したいですね 5 • Edge Computing の定義が人によって違う、 Mobile Edge Computing だとなおさら • ネットワーク網なのか • コンピュートなのか • 場所を指しているのか • AI や Deep Learning の具体的な利活用が求められている
  6. 6. 参考)GPUインフラの選択 • 機密情報などのデータを扱いたい 。最新の GPU を使いたい。 • インフラを集中管理し、簡単に使えて、GPU リソースを有効活用 GPU on OpenStack が GPU インフラの候補に 6 パブリッククラウド プライベートクラウド 規模 ② 専用のHPCクラスタ ④ GPU搭載のワークステー ション ① パブリッククラウドの GPUインスタンス ③ GPU on OpenStack 自由度
  7. 7. ① たまおき的関心事項 • OpenStack -> NFV -> その次 • Edge Computing + GPU になるといいな • HPE Moonshot System 2台をゲット • BBT西野さんDMM高嶋さんと推進している「OpenStack共 同検証ラボ」でサーバを増強してもらいました • GKE 最高ー!! • コンテナおよびコンテナインフラの運用ノウハウ蓄積 • みんなが困ることはコミュニティの中で集約したいですね • 大規模Containerクラスタ&GPUの提案が増えてます 7 • わらしべ長者的に検証サーバが増えてます • HPE Moonshot System 2台(45台×2)のコンピュート で何をしようかニヤニヤしています
  8. 8. ① たまおき的関心事項 • OpenStack -> NFV -> その次 • Edge Computing + GPU になるといいな • HPE Moonshot System 2台をゲット • BBT西野さんDMM高嶋さんと推進している「OpenStack共 同検証ラボ」でサーバを増強してもらいました • GKE 最高ー!! • コンテナおよびコンテナインフラの運用ノウハウ蓄積 • みんなが困ることはコミュニティの中で集約したいですね • 大規模Containerクラスタ&GPUの提案が増えてます 8
  9. 9. 参考)OpenStack on GKE GKE上でOpenStackのコントローラノードを稼働 9 ホストOS + KVM Cloud SQL オーケストレーション コンピュート コンピュート コンピュート サーバ サーバ ホストOS + KVM ホストOS + コンテナエンジン RabbitMQ RabbitMQ RabbitMQ Keystone Keystone Keystone Nova Nova Nova LB LB Static IP (OpenStackだとFloating IP) GCP/GKEで稼働 自社DCで稼働 GCP: Google 社のインフラで KVM および関連サービスを提供する GKE: Google 社のインフラで Docker と Kubernetes および関連 サービスを提供する
  10. 10. ① たまおき的関心事項 • OpenStack -> NFV -> その次 • Edge Computing + GPU になるといいな • HPE Moonshot System 2台をゲット • BBT西野さんDMM高嶋さんと推進している「OpenStack共 同検証ラボ」でサーバを増強してもらいました • GKE 最高ー!! • コンテナおよびコンテナインフラの運用ノウハウ蓄積 • みんなが困ることはコミュニティの中で集約したいですね • 大規模Containerクラスタ&GPUの提案が増えてます 10
  11. 11. 参考)自宅 k8s-er の悩み • コンテナインフラのセットアップ方法 • 外部からのインターネットアクセス • コンテナインフラの監視 • コンテナおよびコンテナインフラのセキュリティ • コンテナインフラの仮想ネットワーク • コンテナインフラのストレージ • コンテナインフラのバージョンアップやパッチ適用 • コンテナインフラのバックアップ 11
  12. 12. ① たまおき的関心事項 • OpenStack -> NFV -> その次 • Edge Computing + GPU になるといいな • HPE Moonshot System 2台をゲット • BBT西野さんDMM高嶋さんと推進している「OpenStack共 同検証ラボ」でサーバを増強してもらいました • GKE 最高ー!! • コンテナおよびコンテナインフラの運用ノウハウ蓄積 • みんなが困ることはコミュニティの中で集約したいですね • 大規模Containerクラスタ&GPUの提案が増えてます 12
  13. 13. 今日のお題 ① たまおき的関心事項 ② MEC + GPUコンピューティング 13
  14. 14. MEC (Mobile Edge Computing) + GPUコンピューティング について 日本仮想化技術株式会社 VitrualTech.jp 2017/12/05 14
  15. 15. MECについての理解 15
  16. 16. MEC を取り巻く状況 外的要因 • 5G ネットワークの立ち上がり • Edge Throughput が 100Mbps • Latency が 1ms • Peak Data Rate が 20Gbps • Connected Carやスマートスピーカーな どの新領域のアプリケーションの登場 内的要因 • 運用コスト削減への圧力 • Software Defined Infrastructure の本格検討 • NFVやSD-WANを商用インフラで検討 • 機械学習や深層学習の業務への活用検討
  17. 17. MECを理解する① MEC のユースケースによって 必要な要素(テクノロジー、品質、 ビジネス要件)が異なる MBB: Mobile Broadband mMTC: massive Machine Type Communications Dense Inf Society Connected vehicles VR office/factory/tactileThroughput Latency Reliability Availability Energy Efficiency User/Device density Implications of 5G RAN and IoT on OpenStack based edge computing. より引用 [ OpenStack Summit にて AT&T, Ericsson 発表 ] https://www.openstack.org/videos/sydney-2017/implications-of-5g-ran-and-iot-on-openstack-based-edge-computing
  18. 18. Disaggregated CoreDisaggregated RAN MECを理解する② AT&T の MEC Architecture 5G Application Ecosystem IoT Connected Car MBB RU DU UPF UPF Macro Radio & Small cell Antennas 5G Base Stations Edge Cloud Centralized Cloud CCF Internet CU-CP CU-UP NFV MANO (Management & Orchestration) CU: Centralized Unit CP: Control Plane UP: User Plane UPF: User Plane Function CCF: Core Control Function RU: Radio Unit DU: Digital Unit Implications of 5G RAN and IoT on OpenStack based edge computing. より引用
  19. 19. MECを理解する③ • Docker / Kubernetes でコントローラを構成する • ゼロタッチ・プロビジョニングが鍵 • 数千ロケーションに展開することを想定 • エッジノードにて新しい技術を即座にサポート (GPU, SmartNIC, FPGA, など) • NFVやSDNなど他のプロジェクトとの連携を想定 AT&TのMECプロジェクトを推進する上での気づき
  20. 20. MEC+GPUコンピューティング 20
  21. 21. MEC+GPUコンピューティング • Docker / Kubernetes を使用したMEC環境の構築 • ゼロタッチ・プロビジョニングを見越した、MEC環境の構築・構成 変更 • サーバOSのインストールからコンテナアプリの設定まで • 仮想ネットワークと仮想ストレージも視野に • エッジノードでGPUの活用 POC(Proof of Concept)で実証したいこと
  22. 22. Container nodes MEC+GPUアーキテクチャ NFV MANO Edge Controllers Physical Provisioning Application Provisioning SDN / SDS Monitoring / Alerting Orchestrator GPU Hi speed networking General purpose Low energy Hi speed storage GPU Server GPU Server Storage Server Storage Server Object Storage Servers w/t SmartNIC Servers Edge Cloud のスコープ ServerServer Server
  23. 23. Edge Computing で必要な構成要素 前ページのMEC+GPUアーキテクチャの図示した構成要素以外 で必須・任意の構成要素を列記 必須要素 • Edge Cloud のオーケストレータ • Kubernetes を想定 • Edge Cloud 内のリソースを操作するための End Point • Kubernetes API を想定 任意要素 • Edge Cloud 内の構成情報・資産情報の管理 23
  24. 24. Container nodes POC#1のスコープ想定 NFV MANO Edge Controllers Physical Provisioning Application Provisioning SDN / SDS Monitoring / Alerting Orchestrator GPU Hi speed networking General purpose Low energy Hi speed storage GPU Server GPU Server Storage Server Storage Server Object Storage Servers w/t SmartNIC Servers Edge Cloud のスコープ ServerServer Server
  25. 25. コンテナ/ハイパーバイザー についての整理 25
  26. 26. GPUノードにおける整理 Hypervisor/Container でGPUを動かすために • HypervisorではPCI パススルー で、Containerでは nvidia docker で利用可能 • PCI パススルーはOpenStackコンピュートノードに設定が必要 • KVM ベースの GPU インスタンスに GPU を割り当てる • nvidia dockerは特別なハードウェア設定なしに使用できる • OpenStackから Kubernetes や Docker コンテナを操作するた めの仕組みを導入する必要がある 26
  27. 27. GPUノードにおける整理 どちらを選択するのがよいのか? PCI パススルー nvidia docker 強み 多目的(VDI/HPC/DL) で利用可能 環境構築が簡単 弱み 特別な環境設定が必要 • HPCやDLの用途に限定 • リソース競合の懸念 • OpenStackとの連携に課題 27 用途に合わせて選択するのがよいと考えます。 OpenStack + nvidia docker については NTT コミュニケーションズ様 が調査を行い発表しているので参考するとよいです。 https://www.slideshare.net/VirtualTech-JP/gpu-container-as-a-serviceoss-openstack-20177
  28. 28. General purposeノードにおける整理 コンテナ技術が注目される理由 トレンドについての説明 • アプリケーション開発者の熱狂的な支持 • 「作って、壊せる」環境の手軽さ • クラウド・ネイティブ・アプリケーションの増加 • DevOps や Immutable Infrastructure の推進 • 通信事業者でのコンテナ技術の採用の流れ • NFV領域やサービスプラットフォームなどでの適用検討 現時点においてHypervisorとContainerのどちらを選択してもよ いが、今後Containerを採用するユースケースが増加すると想定 Hypervisor上にContainerを乗せることはできるが、ベアメタル サーバ上にContainerを乗せる方式が一般的になると予想 28
  29. 29. 参考情報)OpenStack Summit Boston 2017 での発表 AT&T’s Container Strategy and OpenStack‘s Role in it 29 Today: • OpenStack on コンテナ (OpenStackのコントローラノードを コンテナ上で稼働) 2018-19: • コンテナアプリケーションの増加と ハイパーバイザー型アプリケーションの 減少 • NFVでのVNFアプリケーションのコンテ ナ化(POCレベル) 2019+: • VNFアプリケーションのコンテナ化が 一般的に
  30. 30. コンテナ/ハイパーバイザーについての整理 • GPUノードにおける整理 • 用途に合わせて選択する • HypervisorでGPUを使用するために特別なH/W設定が必要なので、1 台のGPUサーバでHypervisor/Containerを混在することはできない • General purposeノードにおける整理 • 現時点においてHypervisorとContainerのどちらを選択してもよいが、 今後Containerを採用するユースケースが増加すると想定 • Hypervisor上にContainerを乗せることはできるが、ベアメタルサーバ 上にContainerを乗せる方式が一般的になると予想 30
  31. 31. 構成案 31
  32. 32. Container nodes POC#1の構成案(ハードウェア) Edge Controllers • Physical Provisioning • Monitoring /Alerting • Application Provisioning • Orchestrator • SDN POC#1のControllersの多重化は行わない想定 • GPU • General purpose
  33. 33. Container nodes POC#1の構成案(ソフトウェア) Edge Controllers • Physical Provisioning • Monitoring /Alerting • Application Provisioning • Orchestrator • SDN POC#1のControllersの多重化は行わない想定 • GPU • General purpose MAAS/Juju Prometheus / Grafana Kubernetes vMX nvidia docker docker Contrail Contrail vRouter
  34. 34. Appendix 34
  35. 35. Vehicle(s) Vehicle ServicesCarrier(s) Connected Car solution overview 35 Sensor & Vison & GPS Steering ECU TCU ECU: Electric Control Unit TCU: Telematic Control Unit Brake ECU Suspension ECU Driveline ECU Controller Smart Highway Infra Other VehiclesNF Comm- unication / Radio Internet Services Connected Vehicles Services 4G / 5G Connected Vehicles Services • Mobility Management • Vehicle Management • Safety • Entertainment • Driver Assistance Autonomous Vehicles Services 4G / 5G Autonomous Vehicles Services • Safety Record

×