Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

Watson Build Challengeに参加してみた

613 visualizaciones

Publicado el

BMXUGつきじ#2発表資料です。
Watson Build Challengeに参加したストーリーを簡単にご紹介しています。

当日の発表資料もご覧ください
https://www.slideshare.net/NIC-SOL-INFO/quinee-81095637

Publicado en: Tecnología
  • Sé el primero en comentar

Watson Build Challengeに参加してみた

  1. 1. Watson Build Challengeに 参加してみた 2017.11.16 BMXUGつきじ#2 日本情報通信 小山航
  2. 2. • 自己紹介 • Watson Build Challengeってなに? • どんなチャレンジだったのか • こんなアプリケーションです • (せっかくのBMXUGなので)IBM Cloudに対して思ったこと 本日のお品書き November 17, 2017 2
  3. 3. ■名前 小山航(こやま わたる) ■普段の業務 ソフトウェアの提案・構築をやってます 最近、Watson APIの業務を始めました ■こんな人・趣味 • 土日は大学院で研究員やってます (人を含めたさまざまな環境からみた都市の研究) • ブラタモリみたいな街歩きをたまにしてます • 建築学とか、文化人類学、哲学、心理学、自然科学etc…が好き • 動物(とくに猫)が好き 自己紹介 November 17, 2017 3
  4. 4. 「IBM Watson Build」コンテスト概要 コグニティブ・ビジネスに取り組む企業が、その成果を競う時代になりました。 日本 で、世界で、さまざまな企業がWatsonを活用し自らを変革しつつ、新しいビジネス価 値の創造を成し遂げています。 「IBM Watson Build」では、コグニティブ・ビジネス実現の核となるAIプラット フォームであるWatsonおよび、クラウド環境で先進的かつ迅速なアプリケーションの 開発・展開を支えるIBM Bluemix*を活用した新たなサービスやアプリケーションの創造 にチャレンジいただくコンテストです。当コンテストを通してIBMビジネス・パート ナー様に新しい価値創出の具体的な方法を体験し、実践いただく場を提供いたします。 cf. https://www-356.ibm.com/partnerworld/wps/servlet/ContentHandler/pw_com_watsonbuild-challenge *2017年11月よりIBM Cloudに変更されました。 Watson Build Challengeってなに? November 17, 2017 4
  5. 5. IBM Cloud使って、 デザイン思考とアジャイル開発の手法で、 「破壊的イノベーションを起こす」ソリューション を考えよう、というコンテスト ざっくり言うと、、、 November 17, 2017 5
  6. 6. Round1 • コグニティブ・ビジネスを学ぶ (デザイン思考ワークショップ) • コグニティブなサービス、 アプリケーションのデザイン • ビジネスプランシートの作成 こんなスケジュール November 17, 2017 6 Round2 • プロトタイプ作成 • ブラッシュアップ Round3 • プレゼンテーション 5 月 30 日 〆 切 10 月 1 日 〆 切 10 月 5 日 発 表 6 月 結 果 通 知
  7. 7. • チームメンバーが開発未経験 どんなチャレンジだったのか November 17, 2017 7 したいしたい! 何かチャレンジしたい! 部長 同期 (2年目、営業) 伝わる わたし (2年目、開発未経験) おもしろいやんけ (と言ったかは不明) アサインします アサイン えっ!? えっ!? 先輩 (4年目、開発未経験)
  8. 8. • チームメンバーの多様性は十二分(*個人の感想です) どんなチャレンジだったのか November 17, 2017 8 同期 (2年目、営業) わたし (2年目、開発未経験) 先輩 (4年目、開発未経験) 超感覚派、曰く 「Don’t think. Feel!」 巻き込まれた派、曰く 「板挟み!!」 理屈屋、曰く 「人間は考える葦である」 初顔合わせ
  9. 9. • チームメンバーがハッカソン未経験 どんなチャレンジだったのか November 17, 2017 9 とりあえずデザイン思考 アプリってどうやって 考えるの? てかスケジュールは? 同期 (2年目、営業) わたし (2年目、開発未経験) 先輩 (4年目、開発未経験)
  10. 10. • チーム結成から一次〆切まで8営業日 どんなチャレンジだったのか November 17, 2017 10 えっ!? えっ!? えっ!? 同期 (2年目、営業) わたし (2年目、開発未経験) 先輩 (4年目、開発未経験)
  11. 11. • 弊社初のAR技術を利用(*どちらかというとHELPメンバーのチャレンジ) どんなチャレンジだったのか November 17, 2017 11 AR使いたい!! 使いたい! いいね! 同期 (2年目、営業) わたし (2年目、開発未経験) 先輩 (4年目、開発未経験)
  12. 12. どんなチャレンジだったのか November 17, 2017 12 ビジネスプラン どうしよう システム構成 むずかしい そもそもIBM Cloudの サービスがわからん 同期 (2年目、営業) わたし (2年目、開発未経験) 先輩 (4年目、開発未経験) • その他もろもろ、いろいろ
  13. 13. • さすがに全てはできなかったので、、、 どんなチャレンジだったのか やったー 先進的技術を扱うチーム と 新規ビジネス考える人 (ベテラン勢) 助けに来たよ!! (行けと言われたよ) November 17, 2017 13
  14. 14. デモをごらんください こんなアプリケーションです November 17, 2017 14
  15. 15. • サービス構成(ver. 1.xx) こんなアプリケーションです November 17, 2017 15
  16. 16. • サービス構成(ver. proto) こんなアプリケーションです November 17, 2017 16
  17. 17. • 私が主に担当した部分 →Watson Personality Insights • 何に苦労したか →出力されるJsonが(初心者には) 結構複雑だった。 For文回すの大変でした 値を比較するのも大変でした 技術的に苦労した点(一応少しは触れないと…) November 17, 2017 17
  18. 18. IBM Cloudに対して思ったこと November 17, 2017 18 「Hello Worldまで5分!」 ド素人の本音: 正直な話・・・凄さがわからない(かった) ハンズオンで作業するだけならそりゃそうだよな 意味も分からずやるだけだし。 しかし後に別案件でインフラ構築を行ったことで、 IBM Cloudの便利さを身を以て味わうことになる…
  19. 19. IBM Cloudに対して思ったこと November 17, 2017 19 「色々なサービスを選び放題!」 ド素人の本音: 量がありすぎて意味が分からん 選ぶ基準が自分の中にないから混乱 うわっ…私の知識、少なすぎ…?
  20. 20. IBM Cloudに対して思ったこと November 17, 2017 20 でも、裏を返せば、、、 ド素人の本音: これってイチから(ゼロから?)やろうとすると もっと大変だったんだよなぁ やっぱりスピード感のある開発には最適なのか!
  21. 21. IBM Cloudに対して思ったこと November 17, 2017 21 技術の過渡期に来ている!! あたかも、 スマホが当たり前すぎて、 その凄さがわからない世代のように。
  22. 22. テックブログを書きました http://www.niandc.co.jp/sol/tech/date20171022_740.php November 17, 2017 22 ご参考
  23. 23. End of Slide. Thank you for your kind attention.

×