Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

Azureをフル活用したサーバーレスの潮流について

1.313 visualizaciones

Publicado el

2019.5.30 Microsoft de:code 2019 CD10トラックで講演した資料です。

Publicado en: Tecnología
  • Sé el primero en comentar

Azureをフル活用したサーバーレスの潮流について

  1. 1. Ask the Speaker 写真撮影 動画撮影 セッション資料 後⽇公開 Twitter ハッシュタグ CD10 Azure をフル活⽤したサーバーレスの潮流について 株式会社サイダス 取締役 CTO 吉⽥真吾 #decode19 #CD10
  2. 2. de:code 2019 CD10 Azure をフル活⽤したサーバーレスの潮流に ついて 株式会社サイダス 取締役 CTO 吉⽥ 真吾
  3. 3. About Me
  4. 4. SaaS CYDAS 経営陣 人事 現場
  5. 5. カスタマー AWS 東京リージョン VPC サブネット S3 CloudFront Amazon DynamoDB Lambda function Amazon API Gateway Amazon Cognito 認証・認可 SPA REST API Amazon ECR ECS container 2 VPC NAT gateway 外部連携サービス CodePipeline CodeBuild CodeDeploy 開発者
  6. 6. アジェンダ
  7. 7. 1) サーバーレスの特徴 トレンド総ざらい
  8. 8. サーバーレスとは サーバーレスの特徴 クラウドネイティブの観点 = IaaS/PaaS/機能型SaaSのパラダイムシフト イベント イベントドリブンな スケール イベント単位に 使った分だけ課⾦ サーバーを意識する必要 がない
  9. 9. サーバーレスにフィットしたアプリケーションとは Software Excellence の観点 n マイクロサービス指向 • ⼩規模で⾃律的なシステム • 1つの⽬的にフィットしている n イベントドリブンでリアクティブなアーキテクチャ • リクエストルーティング機能(バインド/トリガ/ファンアウト)/ランタイム(コンピュートリソース) /状態管理/永続ストレージを「分離」することでコードをメンテナンスしやすい状態に維持 し、⽣産性を向上する n 認証・認可にもとづくリソースアクセス • サービス間のアクセスは認証サービスから取得した委任トークンを⽤いて認可される (SAML / OpenID Connect) • JWTなどを引き回してドメインを跨いだセキュアなリソースアクセスを可能にする n DRY • 競争⼒を得られない汎⽤機能のアウトソース
  10. 10. サーバーレスとは トレンド
  11. 11. ユースケースの拡⼤ サーバーレスアーキテクチャのパターン別ユースケース 1. Webアプリケーション • SPA • REST API 2. 運⽤業務 3. ビッグデータ系 • ストリームデータ処理 • ETL処理、⼤規模クエリ処理 4. モバイル・IoTのバックエンド 5. アプリケーション連携のバックエンド • VUI • Chatbot
  12. 12. The All-New All-Different TOKYO 2019 FUKUOKA 2019 ■ ServerlessDays Tokyo 2019 10/21(⽉) : The Workshop Day @ DMM 10/22(⽕・祝) : The Conference Day @ TABLOID ■ ServerlessDays Fukuoka 2019 12/13(⾦) : The Workshop Day 12/14(⼟) : The Conference Day
  13. 13. Azureにおける サーバーレス
  14. 14. https://azure.microsoft.com/ja-jp/solutions/serverless/ Workflows and integration DevOps Monitoring AnalyticsStorage DatabaseAI and MLCompute
  15. 15. https://azure.microsoft.com/ja-jp/solutions/serverless/ Workflows and integration DevOps Monitoring AnalyticsStorage DatabaseAI and MLCompute
  16. 16. ...?
  17. 17. 2) サーバーレスの実践 今⽇からマネしたい
  18. 18. http://www.it-matsuri.net/
  19. 19. Perfomance Cloud:個人と組織のパフォーマンスを最大化
  20. 20. 思考の癖に関するオリジナル のナレッジベース
  21. 21. 段取り
  22. 22. デザイン
  23. 23. アーキテクチャ SPA (Vue.js) 診断ロジック データベース Azure版 AWS版
  24. 24. リモートでモブプロ (Zoom + Live Share w/ VS Code)
  25. 25. https://bit.ly/2XebbHT
  26. 26. アーキテクチャ SPA (Vue+Nuxt) 診断ロジック データベース Azure版 AWS版 ■ポイント • できるだけサーバーレスで始める • Functional SaaSで補完できる要件もある ■組織の成熟度へのケア • 壁打ち相⼿(モブプロ) • ナレッジ共有、テンプレート化 • XP, スクラムと相性がとても良い
  27. 27. アーキテクチャ ⼿を加えるとしたら SPA (Vue.js) 診断ロジック データベース Azure版
  28. 28. サーバーレスとNoOps トレードオフ http://www.slideshare.net/ServerlessConf/charity-hound-serverless-noops-the-tooth-fairy "In the glorious Future, we will be Serverless, and there will be NoOps. - thought leaders" n • • • • • n • •
  29. 29. Observability サービス全体の可視性の担保 n特徴 • FaaSはOSにアクセスできない • FaaSがスケーラブルなので監視基盤がスケールしないと意味ない nソリューション = ⽬的に応じて • Datadog • Epsagon, Thundra, Azure Monitor など
  30. 30. サーバーレスモニタリング
  31. 31. サーバーレスとエコシステム(Developer Experience) ベンダー、開発者、フレームワークやツール # 1 Serverless Framework (Node) 35 2 Apex Lambda (Node) 12 3 Lamvery Lambda (Python) 9 4 Swagger API 8 5 AWS Serverless Application Model(SAM) (CloudFormation) 7 6 Postman REST 7 7 Microsoft Visual Studio (IDE) 5 8 AWS CLI 5 9 Eclipse (IDE) 3 10 Python Serverless Microframework for AWS (chalice) (Python) 2 https://www.facebook.com/groups/813718382095265/
  32. 32. ...?
  33. 33. Durable Functions ステートフルなワークフローを Functionで作成できる Azure Functions の拡張機能
  34. 34. Durable Functions で実現可能な主なパターン 関数チェーン ファンアウト/ファンイン ⾮同期 HTTP API 監視 ⼈による操作 アグリゲーター
  35. 35. AzureでServerless初⼼者向けタッチ&トライ HTTPトリガ $ curl https://~ オーケストレーター ファンアウト&ファンイン オーケストレーター ⼤盛況でした!!
  36. 36. オーケストレーター
  37. 37. https://azure.microsoft.com/ja-jp/resources/azure-serverless-computing-cookbook/ 1. Function トリガーとバインディングをもちいたクラウド アプリケーションの構築 2. SendGrid と Twilio を使った通知 3. Azure Functions とその他のサービスの統合 4. Visual Studio Tools の Developer Experience を 理解しよう 5. Azure Functions のテストツールを試してみよう 6. Azure のサーバーレスなサービスの監視とトラブル シューティング 7. Durable Functions で 信頼性の⾼いサーバーレスア プリケーションを作る 8. Azure Durable Functions と Cosmos DB を使った データのバルクインポート 9. Azure Functions のベストプラクティス 10. サーバーレスアプリケーションの本番環境設定 11. Azure DevOps を使ったCI/CD おすすめ書籍
  38. 38. 3) サーバーレスの最近の潮流 知ってドヤろう 1. サーバーレスコンテナの普及 2. イベントの標準化
  39. 39. https://azure.microsoft.com/ja-jp/solutions/serverless/ Workflows and integration DevOps Monitoring AnalyticsStorage DatabaseAI and MLCompute
  40. 40. サーバーレスコンテナの普及
  41. 41. Knative の登場 https://github.com/knative/
  42. 42. Knative の登場 n Events https://github.com/knative/
  43. 43. CNCF Landscape
  44. 44. CloudEvents cloudevents.io n課題 各ベンダ独⾃のサービス間のイベントデータの連携 n解決 標準フォーマットを決めよう メタデータ(発⽣したイベントの説明)+データ本体
  45. 45. CloudEvents https://medium.com/@austencollins/introducing-cloudevents-a758c62c76bf
  46. 46. Event Grid Event Gateway Knative
  47. 47. まとめ AIやIoTが普及していく流れにおいても サーバーレスな基盤を使うことも ⽣産性を考慮するとあたりまえになる
  48. 48. The All-New All-Different TOKYO 2019 FUKUOKA 2019 ■ ServerlessDays Tokyo 2019 10/21(⽉) : The Workshop Day @ DMM 10/22(⽕・祝) : The Conference Day @ TABLOID ■ ServerlessDays Fukuoka 2019 12/13(⾦) : The Workshop Day 12/14(⼟) : The Conference Day
  49. 49. CYDASでは⼀緒に働きがいのあふれる世界を 作るエンジニアを募集しています サーバーレス好き集まれ!!
  50. 50. © 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容(添付⽂書、リンク先などを含む)は、作成⽇時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 © 2019 Microsoft Corporation. All rights reserved. 本情報の内容 (添付⽂書、リンク先などを含む) は、de:code 2019 開催⽇ (2019年5⽉29~30⽇) 時点のものであり、予告なく変更される場合があります。 本コンテンツの著作権、および本コンテンツ中に出てくる商標権、団体名、ロゴ、製品、サービスなどはそれぞれ、各権利保有者に帰属します。

×