Se ha denunciado esta presentación.
Se está descargando tu SlideShare. ×

ビジネスプロセスマップ作成講座概要2:計画立案と事前準備

Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Cargando en…3
×

Eche un vistazo a continuación

1 de 4 Anuncio

ビジネスプロセスマップ作成講座概要2:計画立案と事前準備

ビジネスプロセスマップ作成講座のカリキュラムの一部をピックアップしてご紹介します。

https://ayatori.co.jp/business-process-map/open-course/

ビジネスプロセスマップ作成講座のカリキュラムの一部をピックアップしてご紹介します。

https://ayatori.co.jp/business-process-map/open-course/

Anuncio
Anuncio

Más Contenido Relacionado

Más reciente (20)

Anuncio

ビジネスプロセスマップ作成講座概要2:計画立案と事前準備

  1. 1. 30 Copyright©AYATORI. Confidential Confidential 30 Copyright©AYATORI. 目的設定、対象領域設定、参加メンバー選定、作成手順計画 Why 作成目的 課題背景 少子高齢化のなかで業界全体の市場規模は減っていくことは明白になってきている インターネットの普及によってコロナ禍によって、顧客との接点が劇的に変わってきている このことをふまえると、従来の前提を取っ払って、マーケティングプロセスやサービス提供プロセスを見なおす必要がある 組織やサービスの壁を超えて、顧客視点でサービス提供の在り方を見直すことで 顧客と⾧期的(30年~)に良い関係を築き、世代をつないで頼っていただけるようになるためにビジネスプロセスを可視化する What For 活用方法 ビジプロを作ることで、その後取り組みたいことは2つ。 ひとつ目は、新規顧客開拓(契約獲得)におけるマーケティングや営業プロセスを時代に合ったものに変革する ふたつ目は、既存顧客へのアフターサービスでのデジタル活用を進め、業務効率改善と満足度向上を図り、追加契約を増やす 【サンプル】 ローカル住宅工務店 【2】講義:ビジプロ作成計画 What 作成対象とする ビジネス領域 「新築戸建住宅の販売 ~ 設計施工 ~ アフターサポート ~ リフォーム」まで Who 参加メンバー マーケティング部:1名、営業部:2名(1名営業企画、1名営業担当) 設計部:1名、本社総務:1名(電話受付担当) Others 進めていくうえでの 注意点・配慮点 • 仕事のしかたを変えることに抵抗意識を持ったスタッフもいるので、変革の重要性をトップから発信する機会を設ける • 過去の成功体験や仕事のしかたに引っ張られないよう、若手職員を参加メンバーに加える • 「現状ビジプロ」の模造紙は本社会議室に常に掲示しておき、メンバー以外でも意見の書き込みができるようにしておく(付箋 でコメントを貼ってもらう) • 「変更ビジプロ案」はExcelで作成し、経営会議で承認が得られるまでは参加メンバーと役員のみが閲覧可とする How ワークショップ の実施手順 ① メンバーで現状ビジプロを作成(模造紙をつかって実施) ② ①をもって社内各部署に現状課題をヒアリング ③ ②をもとに現状ビジプロに課題と改善策をディスカッション ④ メンバーで変更ビジプロ案を作成(デジタルデータ化) ⑤ 変更ビジプロの実現に向けたアクションプランをまとめ、優先順位付け ⑥ ビジプロとアクションプラン表を経営会議と営業会議で発表する
  2. 2. 35 Copyright©AYATORI. Confidential Confidential 35 Copyright©AYATORI. 〔事前準備〕 ①ステークホルダーマップの作成 【3】講義:事前準備 参考サイト:https://uxdaystokyo.com/articles/glossary/stakeholder-map/ ステークホルダーマップとは 特定の事業・サービスに影響を与える利害関係者を洗い出して、その関係性視覚化したもの。その事 業・サービスに関係する要素の因果関係や価値提供の流れを俯瞰することで、その業界や経済圏に 潜む課題、しがらみ、慣習とその要因などから、顧客への価値提供を高めるための改善点を導き出す ことができる。 使用場面 事業に影響を与える利害関係者 を俯瞰整理したいとき ペルソナやカスタマージャーニーマップ、 ビジネスプロセスマップを作るにあ たって作成対象者を検討したいと き 【バックステージ】 顧客には存在を認識されて いない、もしくは認識されてい るが接点は持たずに裏方と してフロントステージに立つス テークホルダーを支える関係 者 【フロントステージ(間接)】 オンライン等で顧客と間接的 に接点を持つことがあるス テークホルダー 顧客には存在を認識されて いる 【フロントステージ(直接)】 顧客と場を共有した状態で 接点を持つことがあるステー クホルダー 会社、組織、立場などの単 位で利害関係者を記載する ステークホルダー間の代表的 なやり取りを矢印で描く
  3. 3. 37 Copyright©AYATORI. Confidential Confidential 37 Copyright©AYATORI. 〔事前準備〕 ②ペルソナの作成 【3】講義:事前準備 ■人物ペルソナ ■会社ペルソナ/組織ペルソナ ペルソナとは ターゲットとなる架空の人物像を設定し、その人物像に対してサービス開発を行う手法。リサーチで得ら れたエビデンスに基づき、氏名や年齢、居住地、職業、年齢、価値観やライフスタイル、該当サービス に関するリテラシーや反応などを具体的に設定する。 ペルソナを作成することで、関係者間での意思疎通を円滑化させたり、ターゲットユーザー像の指針を 定めることに役立つ。BtoBビジネスの場合、人物単位だけでなく、会社単位や組織単位でのペルソナ を作ることも有効である。 ※ペルソナはもともとは心理学の用語で、スイスの心理学者カール・グスタフ・ユング氏が考案した概念 使用場面 ターゲットとなる顧客像がはっきり しておらず、人物像を可視化して 整理したいとき。 プロジェクトメンバー間で顧客像の イメージに関して意見が割れてい てすり合わせをしたいとき。
  4. 4. 44 Copyright©AYATORI. Confidential Confidential 44 Copyright©AYATORI. ステークホルダーマップ ステークホルダーマップとプロトペルソナの作成 プロトペルソナ ①セルフワークで各自作成をします ②小グループに分かれ、グループ内でディスカッションします ③全体でディスカッション結果の共有をおこないます 【3】演習:ステークホルダーマップ作成/プロトペルソナ作成

×