Se ha denunciado esta presentación.
Se está descargando tu SlideShare. ×

Amazon RDS/Azure SQL/Google Cloud SQL 対応DBが多様!異種DBへの移行・連携ならSyniti DR

Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio

Eche un vistazo a continuación

1 de 31 Anuncio

Amazon RDS/Azure SQL/Google Cloud SQL 対応DBが多様!異種DBへの移行・連携ならSyniti DR

下記セミナーのスライドを公開しております。
https://www.climb.co.jp/soft/webseminar/2022/1108/

年々、クラウドサービスを用いたデータベースの需要が高まっており、
・イニシャルコストを抑えた導入が可能
・場所や機器を問わずに利用可能
・セキュリティ管理が容易
といった理由で利用される方が多くなっております。

そのため、
・今オンプレミスで利用しているデータベースをクラウドへ移行したい
・BCP対策としてクラウドデータベースへデータを同期しておきたい
といった声もございます。

そんなご要望にお応えするソフトウェアが
簡単にデータのレプリケーションが可能な
「Syniti Data Replication(旧DBMoto)」となっております。

オンプレであればOracle、SQL Server、
MySQL、PostgreSQLといったデータベースに、
クラウドであればAmazon AuroraやAzure SQL Database、
Google Cloud SQL、IBM Db2 Warehouseなど幅広く対応しており、
異なるデータベースの組合せであってもレプリケーション可能となっております。

本セミナーでは、Syniti Data Replicationの特長の紹介に加え、
オンプレミス上のPostgreSQLからクラウドのAzure SQL Databaseへの
データベース移行/連携についてのデモも交えてご紹介いたします。

下記セミナーのスライドを公開しております。
https://www.climb.co.jp/soft/webseminar/2022/1108/

年々、クラウドサービスを用いたデータベースの需要が高まっており、
・イニシャルコストを抑えた導入が可能
・場所や機器を問わずに利用可能
・セキュリティ管理が容易
といった理由で利用される方が多くなっております。

そのため、
・今オンプレミスで利用しているデータベースをクラウドへ移行したい
・BCP対策としてクラウドデータベースへデータを同期しておきたい
といった声もございます。

そんなご要望にお応えするソフトウェアが
簡単にデータのレプリケーションが可能な
「Syniti Data Replication(旧DBMoto)」となっております。

オンプレであればOracle、SQL Server、
MySQL、PostgreSQLといったデータベースに、
クラウドであればAmazon AuroraやAzure SQL Database、
Google Cloud SQL、IBM Db2 Warehouseなど幅広く対応しており、
異なるデータベースの組合せであってもレプリケーション可能となっております。

本セミナーでは、Syniti Data Replicationの特長の紹介に加え、
オンプレミス上のPostgreSQLからクラウドのAzure SQL Databaseへの
データベース移行/連携についてのデモも交えてご紹介いたします。

Anuncio
Anuncio

Más Contenido Relacionado

Más de 株式会社クライム (20)

Más reciente (20)

Anuncio

Amazon RDS/Azure SQL/Google Cloud SQL 対応DBが多様!異種DBへの移行・連携ならSyniti DR

  1. 1. クライムとは • 弊社製品サイト https://www.climb.co.jp/soft/ • お問い合わせ 東京:03-3660-9336 大阪:06-6147-8201 https://www.climb.co.jp/soft/contact/contact.php • 主な事業内容 ソフトウェアの販売とサポート 海外ソフトウェアの日本語対応 2
  2. 2. クラウドDBの需要 クラウドサービスのDBの需要が高まっている Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 3 イニシャルコストを 抑えた導入 場所や機器を問わない セキュリティ管理が容易
  3. 3. クラウドDBの使い方 Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 4 データベースの連携先の1つに BCP対策用のデータベースとして 運用環境をクラウドに 移行
  4. 4. クラウドDB利用にあたっての心配事 • 用途に合わせて必要なテーブルやカラムのみを連携できるの? • 移行や障害発生時のDB停止時間をどれだけ抑えられるの? • 異種DB間だと文字化けしない? Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 5
  5. 5. Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 6
  6. 6. テーブル単位 Syniti Data Replicationとは Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 7 エージェントレス 片方向/双方向同期 異種DB対応リアルタイムレプリケーションツール 中間サーバ (Windowsマシン) 複製元DB 複製先DB
  7. 7. 自由な組み合わせ Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 8 オンプレ⇔オンプレ クラウド⇔クラウド オンプレ⇔クラウド
  8. 8. サポートするデータベース Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 9 IBM DB2 for i(AS/400) IBM DB2 for z/OS IBM DB2 for AIX, Linux, Windows Oracle MS SQL Server Gupta SQLBase IBM Informix SAP Sybase ASE SAP Sybase SQL Anywhere IBM PureData(Netezza) MySQL PostgreSQL SAP HANA SAP Sybase IQ Actian Vectorwise HP Vertica MS Access Firebird Ingres IBM SolidDB IBM dashDB Teradata Hadoop Tibero Apache Kafka SAP ECC CSV JSON XML
  9. 9. クラウド、DWHのサポート Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 10 Amazon Aurora MySQL Amazon Aurora PostgreSQL Amazon RDS for Oracle Amazon RDS for SQL Server Amazon RDS for MySQL Amazon RDS for PostgreSQL Amazon RDS for MariaDB Amazon Redshift Amazon DocumentDB Microsoft Azure SQL Database Microsoft Azure SQL Server Microsoft Azure for MySQL Microsoft Azure Data Lake Storage(Gen2含む) Microsoft Azure Synapse Analytics Google Cloud SQL MySQL Google Cloud SQL PostgreSQL Google BigQuery Db2 Warehouse on Cloud Oracle Autonomous Database Oracle Autonomous Data Warehouse Oracle Cloud MySQL Instance Snowflake クラウド上インスタンスにインストールされたDB
  10. 10. Synitiを利用してできること Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 11 データ連携 BCP対策 クラウドへの移行手段
  11. 11. 3つのレプリケーションモード Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 12 • リフレッシュ:全件転送 • バルクインサートで高速転送 • ミラーリング:片方向差分 • トランザクションログを参照 • 参照間隔:デフォルト60秒(変更可能) • シンクロナイゼーション:双方向差分 • コンフリクト(競合)回避 • 3台以上のマルチシンクロナイゼーションにも対応 ソース優先 ターゲット優先 更新時間の早い方 更新時間の遅い方 ユーザスクリプト
  12. 12. リフレッシュ Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 13 選択したテーブルの全レコードを転送 スケジュールによる定期実行も可能 バルクインサートによる高速転送 26 1282 0 200 400 600 800 1000 1200 1400 100万件レコード処理時間(秒) シングルインサート バルクインサート
  13. 13. ミラーリング DB2 AS/400 ジャーナル・レシーバー DB2 LUW ログ(プロシージャ経由) Oracle REDOログ・アーカイブログ SQL Server ログ(ディストリビュータ経由) MySQL バイナリログ PostgreSQL WALログ 参照するトランザクションログ トリガー対応DB ・DB2 z/OS, DB2 LUW ・Oracle ・SQL Server ・MySQL ・Informix ・PostgreSQL Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 14 片方向の差分レプリケーション 差分のためデータ量小、負荷小 DBのトランザクションログを参照 DBにトリガーを設定することも可能 参照サイクルは既定で60秒間隔(変更可能)
  14. 14. シンクロナイゼーション ソースを優先 ターゲットを優先 更新の早い方を優先 更新の遅い方を優先 ユーザスクリプト コンフリクト回避オプション Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 15 双方向の差分レプリケーション ミラーリングと同じ手法 切り戻しも兼ねた災害対策にも有効 コンフリクトの回避もご用意
  15. 15. 変更追跡方式 • ログリーダ:DBネイティブのログを直接参照 メリット:シンプルで安定 デメリット:ログの制限に依存 16 • ログサーバエージェント:DBネイティブのログを間接参照 メリット:パフォーマンス向上 デメリット:ログ制限、Syniti上で追加容量 • トリガーログ:トリガーで保持されるログテーブルを参照 メリット:ログの制限を回避 デメリット:DB上で追加容量、負荷 Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved.
  16. 16. クラウドDB利用にあたっての心配事 • 用途に合わせて必要なテーブルやカラムのみを連携できるの? • 移行や障害発生時のDB停止時間をどれだけ抑えられるの? • 異種DB間だと文字化けしない? Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 17
  17. 17. 必要なテーブルやカラムのみ連携 テーブル単位でジョブ作成 ジョブ一括作成も可能 カラム単位でマッピング Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 18
  18. 18. データのカスタマイズ・複雑な連携 関数を使用しマッピング可能 スクリプト: VB, C# ・条件付きレプリケーション 例:値が~を満たすとき 例:更新のみ反映、登録は無視 ・テーブルの結合 ・ユーザ関数の定義 API: VB, C#, C++ ・バッチ処理、パラメータ取得 123 株式会社クライム ␣Climb 20200829 00123 (株)クライム Climb 2020/08/29 2020/09/24 0埋め ユーザ関数 Trim ToDateTime Now Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 19
  19. 19. アプリケーションに合わせたデータ連携 Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 20 基幹データベース アプリケーションに合わせて 最適なDBへ簡単連携 分析・解析用 BI、データウェアハウス 社内システムの参照用 オープンソースDB等 外部アプリ用 クラウドDB等
  20. 20. クラウドDB利用にあたっての心配事 • 用途に合わせて必要なテーブルやカラムのみを連携できるの? • 移行や障害発生時のDB停止時間をどれだけ抑えられるの? • 異種DB間だと文字化けしない? Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 21
  21. 21. Synitiでのデータ移行方法 Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 22 新DB構築 全件 Export/Import 切 替 運用開始 新DB構築 切 替 運用開始 全件+差分 レプリケーション システム停止期間 システム稼働期間 通常のデータ移行
  22. 22. BCP対策にも活用 • 遠隔地でもクラウドでも • 低負荷 • 手間をかけず 23 運用データベース DR用データベース Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved.
  23. 23. BCP対策にも活用 • 遠隔地でもクラウドでも • 低負荷 • 手間をかけず 24 運用データベース DR用データベース  アプリケーション側で 切り替えるだけ Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved.
  24. 24. ターゲットテーブル作成 • ソーステーブル構成から自動的にCreateクエリを生成、発行 • 適切なデータ型を自動選定 • サイズ、PK、NOT NULL等を引継ぎ • 手動修正も可能 Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 25 テーブル構成抽出 Createクエリ発行
  25. 25. クラウドDB利用にあたっての心配事 • 用途に合わせて必要なテーブルやカラムのみを連携できるの? • 移行や障害発生時のDB停止時間をどれだけ抑えられるの? • 異種DB間だと文字化けしない? Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 26
  26. 26. 文字コード: Shift-JIS SQLクエリ生成 Unicode処理 Db2 IBMi 異種DB間対応:レプリケーションはすべてSQLクエリで処理 異種文字コード間対応:文字コードはUnicodeで処理 文字コード: EBCDIC 異種DB間対応・異種文字コード間対応 Unicodeへ変換 Unicodeから変換 SQLでデータ抽出 SQLでデータ抽出 Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 27 Azure SQL Database
  27. 27. クラウドDB利用にあたっての心配事 • 用途に合わせて必要なテーブルやカラムのみを連携できるの? • 移行や障害発生時のDB停止時間をどれだけ抑えられるの? • 異種DB間だと文字化けしない? Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 28 で対応可能、でも使いやすさは?
  28. 28. 使いやすい日本語GUI、便利機能も満載 • 日本語ローカライズ済み 日本語ドキュメントもあり • 比較、整合機能 • メール通知(アラート) • ユーザ権限管理機能 • 設定情報のバックアップ/リストア Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 29
  29. 29. まとめ Synitiでは、 • 多様なDBを自由な組み合わせでテーブル単位にレプリケーション • 使用用途によって必要なテーブルやカラムのみを転送可能 関数やスクリプトで細かいレプリケーション設定も可能 • 停止期間はDB切替時のみ • Unicodeに1度変換してから転送するため文字化けの心配なし Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 30
  30. 30. お気軽にお問い合わせください 製品ページ: https://www.climb.co.jp/soft/syniti/ 製品ブログ: https://www.climb.co.jp/blog_dbmoto/ お問い合わせフォーム: https://www.climb.co.jp/soft/syniti/contact/ 電話番号: 東京:03-3660-9336 大阪 06-6147-8201 Copyright(C)2022 Climb Inc. All Rights Reserved. 31

Notas del editor

  • オンプレDB利用している人でもクラウドDBも併せて利用
    自社で環境構築しておく必要がなく、サーバを用意するなどの設備費がかからない

    セキュリティパッチの更新や脆弱性診断などのセキュリティ対策を自社で実施する必要がない
  • オンプレミスのDBを使われている人でも
    オンプレとクラウドで使い分ける、オンプレではなくクラウドで今後運用しよう
  • プラットフォーム問わず利用できる
  • オンプレでインストールされているDBはもちろんクラウドに対してインストールされたものでもOK

  • Synitiサーバ
  • 各レプリケーションモードに分配
  • 複製先のデータベースに対してレプリケーションする際に、複製元のデータベースの運用を停止することなくレプリケーション可能
    バルクインサート方式を使えば大量のレコードがある場合でも初期同期を素早く行える
    複数レコードをまとめてインサートをおこなうもの

  • 差分レプリケーションにも対応している
    データベース側で提供されているトランザクションログを参照して変更点を見つけている
    トランザクションログが使えないような場合でもトリガーを設定して差分を見つけることが可能
  • 伝えたいポイント:
     シンクロナイゼーションは、双方向の差分転送モードです。複製元テーブルと複製先テーブルのデータの同期をとり、お互いのテーブルを同じデータにします。
  • 各機能について説明ができるかどうか
    ログリーダ
    AS/400であればジャーナルレシーバーであったり、OracleであればREDOログ、アーカイブログといったデータベースのネイティブログをSynitiが直接参照
    とてもシンプルで安定した変更追跡方法

    ログサーバエージェント
    ソースDBへの接続の最適化が行えるのでログリーダーよりも負荷を抑えて変更追跡が可能
    ログリーダのようにログをSynitiから直接参照するのではなく、
    ログサーバと呼ばれるWindowsのサービスを利用してトランザクションログを間接的に参照し、レプリケーションを行う
    これによってログリーダ方式ではレプリケーション単位で接続していたものを単一の接続で変更点を読み取ることが可能となり、DBへの接続数を最適化させパフォーマンスを向上させることが可能

    トリガー
    何らかの理由でトランザクションログを使用できない場合でも、変更追跡が可能
  • テーブル単位でジョブを作成できるので、ターゲットデータベース側に必要なテーブルのみを転送することが可能
    さらに多くのテーブルを転送予定で1つ1つやるのは面倒→スキーマ単位でまるっとレプリケーション設定して必要なテーブルを転送することも可能

    カラムのマッピング、ソースとターゲットのデータベースのカラムを紐づける際には、自由に紐づけが可能
    全部ではなく一部カラムのみ転送したい場合でも、ジョブ設定内で必要なものだけ紐づけることが可能

    連携の際に一部テーブル、一部カラムのみを転送可能
    クラウドのデータベースに必要なデータのみを保持しておくことも行える
  • 関数を利用してマッピングすることも可能
    データ転送時に加工して送ることが可能
    データ転送する際にTrim関数で空白を埋めるとかユーザー様側で関数を設定して組み込むことも可能

    スクリプトを利用して条件付きレプリケーション
    APIを利用して外部から行う
  • Synitiで一部テーブル、カラムのみを連携、細かく関数を設定いただくことで、
    1つの基幹データベースから
  • エクスポート、インポート処理の時間によってシステム停止期間が長くなってしまうのが心配
    旧DB側のシステムを止めることなくデータの転送が可能なので、停止期間は切替操作時となるので、切替の直前まで運用することが可能
  • Synitiでは運用しているデータベースを止めることなくレプリケーションが可能
    BCP対策として活用ができる
    常にデータ同期しておき、何かあったらアプリケーション側で切り替えるだけでする業務を再開可能
  • 万が一の時は、バックアップデータからリストア操作する必要はなく、
    アプリケーション側であらかじめレプリケーションしておいたDR用のデータベースに切り替えてすぐに業務再開することも可能
    短いRTOとRPOで業務再開することが可能
  • 言い回しを気をつける
    移行先のデータベースであったり、DR用のデータベースに対してソース側にあるテーブルと同じものをあらかじめ作る必要がある
    ターゲット側のテーブル作成もSynitiで作成可能
    SynitiではSynitiの管理画面からソーステーブル構成情報を抽出して最適な形でCreateクエリを発行してターゲット側のデータベースに対してテーブルを作成することが可能
    情報引継ぎされる、必要に応じて設定画面から修正も可能
  • 異なる文字コードであっても連携可能なのか
    Synitiはそのままデータ取得するのではなく、多くの文字にサポートしているUnicodeに変換してから取得します。
    その後ターゲットDBに対してUnicodeから変換することで文字化けすることなくデータを送ることが可能
    これらの処理は自動で行われている
  • 言い回しを考えておく
  • 統計情報ってなんですか
  • AS/400やSQL Server、PostgreSQLといったデータベースやAWS、Azure、Google Cloudといったクラウドサービスで提供されているデータベースなど

    移行やBCP対策として利用時には運用データベースのシステムを止めることなくデータの同期が可能なため、アプリケーション側でデータベースを切り替えるだけですぐに運用することが可能

×