Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

LoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアル

1.447 visualizaciones

Publicado el

LoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアル

Publicado en: Tecnología
  • Sé el primero en comentar

  • Sé el primero en recomendar esto

LoRa GPSトラッカー LGT92 ユーザーマニュアル

  1. 1. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 1 / 40 LGT-92 LoRa GPS トラッカー ユーザーマニュアル Document Version: 1.5.0 Image Version: v1.5 Version Description Date 1.0 Release 2018-Dec-12 1.0.1 Correct GPS payload format in TTN 2019-Jan-23 1.0.2 Add more info for 8-Channel Mode Description 2019-Feb-21 1.0.3 Add LED description, Buttons, correct accelerometer payload info 2019-Mar-29 1.4.0 Add LGT-92-AA board description and photo 2019-May-11
  2. 2. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 2 / 40 Add Software/hardware change log Change Payload to add Alarm flag 1.4.1 Correct payload format More description on the Payload 2019-May-14 1.4.2 FAQ:AT_ERROR, Battery Percentage info, FAQ for battery lift time, Video instruction for single channel mode. 2019-Jun-17 1.4.3 Improve description of Alarm button and Downlink , 2019-Jul-22 1.4.4 Add v1.4 hardware changelog, add USB port functions. Change power voltage. Add trouble shooting for empty payload. 1.5.0 Firmware update to v1.5. Add related manual for v1.5. V1.5 firmware has a big change compare to previous one. Please read chapter 2 for detail. 2019-Nov-15 1.5.1 Add work flow for v1.5 , LED status. 2019-Nov-28 1.5.2 Fix work flow error. Add new downlink payload in 1.5 2019-Nov-29 1.5.2 和訳 2019-Dec-03
  3. 3. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 3 / 40 1. イントロダクション ....................................................................................................5 1.1 LGT-92 LoRa GPS トラッカーとは? .......................................................................... 5 1.2 仕様..................................................................................................................... 6 1.3 特徴..................................................................................................................... 7 1.4 アプリケーション ..................................................................................................... 7 1.5 ハードウェア変更ログ .............................................................................................. 7 1.6 バリエーション........................................................................................................ 8 2. LGT-92 の LoRaWAN ファームウェア .........................................................................9 2.1 どのように動作するか? ............................................................................................ 9 2.2 LoRaWAN(OTAA)の接続ガイド ................................................................................ 9 2.3 アップリンクペイロード ........................................................................................... 13 2.3.1 ペイロード分析............................................................................................. 13 2.3.2 TTN ペイロードフォーマットの追加.................................................................. 15 2.4 ダウンリングペイロード........................................................................................... 17 2.5 LED ステータス.................................................................................................... 18 2.6 ボタン機能 .......................................................................................................... 18 2.7 USB ポート機能.................................................................................................... 18 2.8 ファームウェア変更ログ ......................................................................................... 18 3. AT コマンド使用................................................................................................... 19 3.1 AT コマンドアクセス .............................................................................................. 19 3.2 共通 AT コマンドシークエンス ................................................................................ 22 3.2.1 マルチチャンネル ABP モード(SX1301/LG308 使用) ......................................... 22 3.2.2 シングルチャンネル ABP モード (LG01/LG02 使用).......................................... 22 4. ファームウェアアップロード...................................................................................... 23 5. 開発者ガイド........................................................................................................ 25 5.1 ソースコード......................................................................................................... 25 5.2 ソースコードコンパイル.......................................................................................... 25 5.2.1 Keil コンパイル環境 ...................................................................................... 25 5.2.2 STM32L0 シリーズデバイスインストール ........................................................... 28 5.2.3 ソースコードコンパイル.................................................................................. 30
  4. 4. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 4 / 40 6. FAQ .................................................................................................................. 32 6.1 バッテリー寿命はどれくらい?.................................................................................. 32 6.2 何故、433/868/915 バージョン? ............................................................................. 32 6.3 LGT92 のファームウェアはどうやって確認? .............................................................. 32 6.4 LoRa 周波数帯域/リージョンはどうやって変更? ....................................................... 33 6.5 プライベイト LoRa プロトコルを利用できる? ............................................................... 33 6.6 US915, AU915, CN470 帯 LGT-92 を 8 チャンネルでどうやって利用?....................... 34 6.7 USB プログラムケーブルのピン配置は? ................................................................... 35 6.8 LGT-92 をシングルチャンネルゲートウェイ(LG01/LG02)で動作可能?........................ 37 7. トラブルシューティング ........................................................................................... 38 7.1 何故、US915 /AU915 帯を TTN でジョインできない? ................................................. 38 7.2 AT コマンド入力して AT_ERROR が表示? ................................................................ 38 7.3 何故、空のペイロードになる? ................................................................................. 38 8. 注文情報 ....................................................エラー! ブックマークが定義されていません。 9. 梱包内容 ............................................................................................................ 39 10. サポート.............................................................................................................. 39 11. 参照...........................................................エラー! ブックマークが定義されていません。
  5. 5. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 5 / 40 1. イントロダクション 1.1 LoRa GPS トラッカーLGT92 とは? LGT-92 は、長距離/低消費電力の LoRaWAN GPS トラッカーです。 LGT-92 は、GPS 衛星を介 してユーザーの位置情報を取得し、LoRaWAN ネットワークを介して IoT サーバーに送信します。 従来の GPS トラッカー(GPRS またはセルラーネットワークに基づく)と比較して、LGT-92 は非常 に低い電力消費を使用するため、長時間持続できます。 携帯電話サービスは必要ありません。 システムインテグレーターは、LoRaWANテクノロジーに基づいて追跡ネットワークを構築するか、 既存の LoRaWAN ネットワークにデバイスを参加させることができます。 LGT-92 は、STMicroelectoronics 社製 STM32l0x チップを使用します。STML0x は、ユニバー サルシリアルバス(USB 2.0 クリスタルレス)の接続能力と高性能 ARM®Cortex®-M0+ 32 ビット RISC を組み込んだ超低電力 STM32L072xx マイクロコントローラーです。 32 MHz 周波数で動 作するコア、メモリ保護ユニット(MPU)、高速組み込みメモリ(192 K バイトのフラッシュプログラム メモリ、6 K バイトのデータ EEPROM、20 K バイトの RAM)を搭載しております。 LGT-92 は、低電力 GPS モジュール動作検出用の 9 軸加速度計が含まれています。 両方の GPS モジュールの電力を MCU で制御して、さまざまなアプリケーションに最適なエネルギープロ ファイルを実現できます。 LGT-92 シリーズ製品には 2 つの主要なバリエーションが含まれます:  LGT-92-LI: 000mA の充電式 Li-on バッテリーと充電回路を搭載し、短いトラッキングアップ リンクでリアルタイムトラッキングをターゲットにします。  LGT-92-AA: 充電回路を無効にして、2 x 1.5v 単三電池で直接、最低の電力消費と電力 を取得します。 これは、毎日数回アップリンクするだけで済むため、アセットトラッキング用 に設計されています。 LGT-92 はオープンソースプロジェクトであり、STM32Cube HAL ドライバに基づいており、迅速な 開発のために多くのライブラリが ST 社サイトで公開されています。
  6. 6. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 6 / 40 1.2 仕様 マイクロコントローラー:  STM32L072CZT6 MCU  MCU: STM32L072CZT6  Flash:192KB  RAM:20KB  EEPROM: 6KB  Clock Speed: 32Mhz 共通 DC 特性:  Supply Voltage:  LGT92-LI: 5V via USB port or Internal li-on battery  LGT92-AA v1.3/v1.4: 2.84v ~ 3.6v via screw terminal.  Operating Temperature: -40 ~ 85°C LoRa 仕様:  Frequency Range,  Band 1 (HF): 862 ~ 1020 Mhz  168 dB maximum link budget.  +20 dBm - 100 mW constant RF output vs.  +14 dBm high efficiency PA.  Programmable bit rate up to 300 kbps.  High sensitivity: down to -148 dBm.  Bullet-proof front end: IIP3 = -12.5 dBm.  Excellent blocking immunity.  Low RX current of 10.3 mA, 200 nA register retention.  Fully integrated synthesizer with a resolution of 61 Hz.  FSK, GFSK, MSK, GMSK, LoRaTM and OOK modulation.  Built-in bit synchronizer for clock recovery.  Preamble detection.  127 dB Dynamic Range RSSI.  Automatic RF Sense and CAD with ultra-fast AFC.  Packet engine up to 256 bytes with CRC.  LoRaWAN 1.0.2 Specification バッテリー:  1000mA Li-on Battery power (for model LGT-92-LI)  2 x AA battery holder for 1.5v AA battery power (for model LGT-92-AA) 消費電力  Sleeping Mode: 77uA (for model LGT-92-LI), 17uA (for model LGT-92-AA)  LoRa Transmit Mode: 125mA @ 20dBm 44mA @ 14dBm  Tracking: max: 38mA
  7. 7. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 7 / 40 1.3 特徴  LoRaWAN 1.0.2 Class A,Class C  STM32L072CZT6 MCU  SX1276/78 Wireless Chip  Pre-load bootloader on USART1/USART2  MDK-ARM Version 5.24a IDE  Preamble detection  Frequency bands CN470/EU433/KR920/US915/IN865  EU868/AS923/AU915  Open source hardware / software  Regular/ Real-time GPS tracking  Built-in 9 axis accelerometer (MPU9250)  Motion sensing capability  Power Monitoring  Charging circuit via USB port (for model LGT-92-LI)  1000mA Li-on Battery power (for model LGT-92-LI)  2 x AA battery holder for 1.5v AA battery (for model LGT-92-AA)  Tri-color LED, Alarm button 1.4 アプリケーション  物流、サプライチェーンマネージメント、アセットトラッキング  人や車両行動追跡 1.5 ハードウェア変更ログ LGT-92 v1.4  Connect GPS 1pps to STM32 PA4  Change GPS antenna type to Active GPS  Add Bead and filter capacitor in the GPS VCC  Change LDO to ME6210A33PG to reduce the idle power consumption. LGT-92 v1.3:  Add C25,R1, used to support LGT-92-AA version.
  8. 8. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 8 / 40 1.6 商品バリエーション Part Number 概観写真 ハードウェア差異 アプリケーション LGT-92-LI --エンクロージャケース付き -- 1000mA li-バッテリ --充電回路対応 --FPC 内部 LoRa アンテナ -- USB ポート経由充電 --リアルタイム追跡 --短期間追跡 LGT-92-AA -- ケース無し -- (1.5v) 単三電池ホルダー --充電回路無し -- LoRa 髭アンテナ --USB ポート充電不可 --アセットトラッキング --長期間追跡
  9. 9. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 9 / 40 2. LGT-92 の LoRaWAN ファームウェア使用 2.1 どのように機能するか? LGT-92 にはファームウェアがプリロードされており、デフォルトで LoRaWAN OTAA クラス A モー ドとして構成されています。 LoRaWAN ネットワークに参加するための OTAA キーがあります。 ローカルの LoRaWAN ネットワークに接続するには、LoRaWAN IoT サーバーに OTAA キーを入 力し、LGT-92 の電源を入れるだけです。 OTAA を介してネットワークに自動的に参加(ジョイン) します。 ユーザーが LoRaWAN OTAA サーバーで OTAA キーを設定できず、サーバーのキーを使用す る必要がある場合。 ユーザーは AT コマンドを使用して LGT-92 のキーを設定できます。 2.2 LoRaWAN サーバー(OTAA)に参加(ジョイン)する手順 The Things Network(以後は TTN という) LoRaWAN ネットワークサーバー)に参加(ジョイン)す る方法の例を次に示します。 以下はネットワーク構造です。この例では、LG308 を LoRaWAN ゲ ートウェイとして使用します。
  10. 10. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 10 / 40 LG308 はすでに TTN ネットワークに接続するように設定されています。 あとは、このデバイスを TTN に登録する必要があります: Step 1: LGT-92 からの OTAA キーを使用して、TTN でデバイスを作成します。 各 LGT-92 には、下記のデフォルトデバイス EUI のステッカーが付属しています:
  11. 11. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 11 / 40 これらのキーを TTN のコンソール設定画面に入力します。 以下は TTN のスクリーンショットで す: アプリケーション設定画面でアプリケーション EUI を追加します。 次に APP KEY とデバイス EUI を入力します。
  12. 12. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 12 / 40 Step 2: オンボードスイッチを使用して、LGT-92 LoRaWAN GPS トラッカーの電源を入れます。 LGT-92-LI の場合、電源スイッチがオンでもオフでも、ユーザーは USB ケーブルで電源を供給 できます。 LGT-92-AA の場合、USB ポートはデバッグまたはファームウェアのアップロードにのみ使用さ れ、USB ポートはデバイスに電力を充電供給できません。 Step 3: LGT-92 は、TTN ネットワークに自動的に参加します。 参加に成功すると、LGT92 は TTN サーバーへのメッセージのアップロードを開始します。 ファームウェア v1.4: デフォルトでは、アップロード期間は 5 分です。 各期間の開始時に、LGT-92 は GPS 信号を取 得しようとし、緑色の LED が点滅します。 LGT-92 が GPS 情報を取得すると、バッテリー/ GPS 情報/ X、Y 軸情報を含む LoRa メッセージがアップロードされます。 LGT-92 が GPS 情報を 2 分以内に取得できない場合、メッセージはアップロードされますが、GPS 情報はすべて 00 になり ます。 ファームウェア v1.5: デフォルトでは、ファームウェア v1.5 は移動検出モード(AT + MD = 1)に設定されています。 こ のモードでは、トラッカーが静的な場合、1 時間ごとに位置情報をアップリンクします(KAT:キー プアライブタイム)。 トラッカーが移動すると、5 分(TDC 時間)ごとに位置情報がアップリンクさ れ、5 分間移動がない場合、トラッカーは静的モードになります。 各アップリンクパケットには、バ ッテリー、アラームステータス、位置情報が含まれます。デバイスが位置情報を取得できない場 合、位置フィールド(緯度と経度)はすべて 0x00 に設定されます。
  13. 13. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 13 / 40 2.3 アップリングペイロード このアップリンクペイロードは、v1.5バージョンのファームウェア用です。 v1.4 ファームウェアバー ジョンについては、ユーザーマニュアル(v1.4 ファームウェアユーザーマニュアル)を確認してく ださい。 2.3.1 ペイロード分析 デフォルトのアップリンクペイロードには、合計 11 バイトが含まれています。 (ユーザーは AT + SGM = 0 を使用して、モーションセンサーが加速度計から情報を回転/ピッチできるようにするこ とができます。加速度計情報が有効な場合、総ペイロードは15バイトになります。US915/ AU915 周波数帯の DR0 では 15 バイト) Size(bytes) 4 4 2 1 2 (optional ) 2 (optional) Value Latitude 緯度 Longitude 経度 Alarm & BAT アラーム&電力 FLAG フラグ Roll ロール Pitch ピッチ アラーム & BAT(電力): Size(bit) 1 bit 1bit 14 bits Value reserve Alarm Indicate BAT フラグ: Size(bit) 2 bits 1bit 5 bits Value MD LON Firmware version Example: Payload: 0x02863D68 FAC29BAF 4B45 60 04D2 FB2E
  14. 14. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 14 / 40 位置情報:  Latitude(緯度): 02863D68⇒ if (0x02863D68& 0x80000000 = 0 ): value = 02863D68 /1000000 = 42.351976  Longitude(経度): FAC29BAF ⇒ if (0xFAC29BAF & 0x80000000 = 1 ): value = (0xFAC29BAF – 0x 100000000)/1000000 =-87.909457 重要事項!: a) 電力が低い(<2.84v)場合、GPS は位置情報を取得できず、GPS 機能は無効になり、位置フ ィールドは 0x0FFFFFFF、0x0FFFFFFF で埋められます。 b) ファームウェアバージョン v1.5 では、Roll&Pitch はデフォルトで無効になっています。 c) 9軸モーションセンサーを有効にすると、ペイロードの合計は15バイトになりますが、US915 / AU915 DR0 は 11 バイトのペイロードのみを受け入れます。 この場合、TTN サーバー上の ペイロードは無視され、次のように表示されます: d) GPS は、タイムアウト(FTIME パラメーター)後に位置情報を取得できません。緯度と経度は すべて 0x00 で埋められます:  アラーム: 例: 0x4B & 0x40 >> 6 = 0x01  BAT: 例: 0x4B45 & 0x3FFF ⇒ 2885 (mV). バッテリー情報には、リチウム電池を搭載した LGT-92-LI バージョンの現在の電圧が表示 されます。 ユーザーは、以下のマッピングを使用しバッテリーをパーセンテージで示すこと ができます:  > 4.0v : 80% ~ 100%  3.85v ~3.99v: 60% ~ 80%  3.70v ~ 3.84v: 40% ~ 60%  3.40v ~ 3.69v: 20% ~ 40%  < 3.39v: 0~20%  MD: 動き検出モード: -- 0x00: 移動検出機能を無効にします。アップリンク間隔は TDC 時間と同じです。 -- 0x01: 動き検出モードを有効にします。 LGT92 は、移動時にはアップリンク間隔(TDC) が短く、移動しない場合にはアップリンク間隔(KAT:Keep Alive Time)が長くなります。 これは、 ファームウェア v1.5 のデフォルトの状態です。
  15. 15. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 15 / 40 -- 0x10: 動作検出を衝突検出に設定します。0x01 モードと同じ動作ですが、短いアップリ ンク間隔を入力できるようにするためのスレッドホールドが高くなっています。 -- 0x11: 動き検出スレッドのホールドを手動で設定します。 AT コマンドのマニュアルを参 照してください。  LON: アップリンクの LED アクティビティを有効/無効にします 0x00: LED インジケータを無効にします。 0x01: LED インジケータを有効にする(デフォルト値)  ロール: 04D2 = if (0x04D2 & 0x8000 = 0 ): value = 0x04D2 / 100 = +1234 ⇒ 12.34 degree  ピッチ: FB2E =if (0xFB2E & 0x8000 = 1 ): value =( 0xFB2E - 0x10000)/100(dec) ⇒ -12.34 degree 2.3.2 TTN 上のペイロードフォーマットを追加 TTN では、使用したいカスタムペイロードを追加できるため、わかりやすく表示できます。 TTN コンソール画面の Applications --> Payload Formats --> Custom --> decoder このリンクからデコーダーを追加します: LGT92-v1.5.0_decoder_20191128.txt http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LGT_92/Decoder/ 下記のようにアップリンクメッセージが解析される変更を保存します:
  16. 16. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 16 / 40
  17. 17. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 17 / 40 2.4 ダウンリングペイロード ダウンリンクコマンド FPort コード ペイロードサ イズ (bytes) 機能 TDC (Transmit Time Interval) Any 01 4 Set AT+TDC Ex: 0x0100012C (set time to 300s (0x12C)) Exit alarm Any 02 2 Exit Alarm Interrupt Ex: 0x0201 RESET Any 04 2 Reset Device Ex: 0x04FF Confirmed (Set AT+CONFIRM) Any 05 2 Example: 0x0501: AT+CFM=1 0x0500: AT+CFM=0 Set AT+CHE Any 07 2 Total bytes: 2 Example: 0x0702: AT+CHE=2 AT+MD (Movment Detect) Any A5 2 or 4 Total bytes: 2 or 4 Example: 0xA501: AT+MD=1 0xA5031904:AT+MD=3,25,04 AT+KAT (Keep Alive Time) Any A9 4 Example: 0xA9000258: Set AT+KAT=0x258=600S FPort no fix は、ペイロードが 0100003C の場合、タイプコードが 01 であ る間、END ノードの TDC を 0x00003C = 60(S)に制御することを意味し ます。 TTN でのダウンリンクペイロード設定の例:
  18. 18. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 18 / 40 2.5 LED ステータス 1) 電源オン:緑色の LED が 2 秒間点灯します。 イベント LED アクション AT+LON コントロール on/off AT+MLON コン トロール on/off 電源オン 緑色 2 秒点灯 N/A N/A ジョイン要求 青色高速点滅を 1 回(200 ミリ秒) Yes N/A ジョイン成功 紫色 1 秒点灯 N/A N/A 場所の修正 緑色毎秒 200 ミリ秒点滅 Yes N/A 修正後とアップリンク 青色 2 回点滅(1 点滅につき 200ms) Yes N/A 修正失敗とアップリング 赤色 2 回点滅(1 点滅につき 200ms) Yes N/A 警告とアップリンク 赤色 1 秒点灯 Yes N/A 警告終了 青色 1 秒点灯 Yes N/A ダウンリンク TDC 修正 緑色 1 秒点灯 Yes N/A 動作検出 赤色 500ms 点灯 N/A Yes 2.6 ボタン機能 リセットボタン: このボタンを押すと、デバイスが再起動します。 赤色ボタン: [アラーム]ボタンを 3 秒以上押し続けると、トラッカーはアップリンクパケットを送信し、60 個のアップリンクに対して 1 分ごとにパケットを送信します。 ダウンリンクを使用してアラームモードを終了しない限り、ペイロードのアラーム フラグは次の 60 パケットに対して設定されます。 2.7 USB ポート機能 LGT-92 の USB インターフェイスは、下記の機能があります:  デバイスの電源を入れます。  LGT-92 のバッテリーを充電します。  LGT-92 の UART コンソールにアクセスします。  LGT-92 のファームウェアをアップグレードします。 2.8 ファームウェア変更ログ
  19. 19. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 19 / 40 3. AT コマンド使用 3.1 AT コマンドアクセス LGT-92 は、格納ファームウェアで設定された AT コマンドをサポートします。 以下のように、AT コマンドを使用するために、ユーザーは USB to TTL アダプターを使用して LGT-92 に接続でき ます。 PC では、ユーザーは LGT-92 のシリアルコンソールにアクセスするためにシリアルツールのボー レートを 9600 に設定する必要があります。 LGT-92 は電源を入れるとシステム情報を出力し、ユ ーザーは AT コマンドを送信できるようになります:
  20. 20. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 20 / 40
  21. 21. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 21 / 40 下記は、使用可能なコマンドリストです。AT コマンドマニュアルの詳細については、AT コマンド マニュアルを参照してください。 AT+<CMD>? : Help on <CMD> AT+<CMD> : Run <CMD> AT+<CMD>=<value> : Set the value AT+<CMD>=? : Get the value General Command AT: Attention AT?: Short Help ATZ: MCU Reset AT+TDC: Application Data Transmission Interval Keys,IDs and EUIs management AT+APPEUI: Application EUI AT+APPKEY: Application Key AT+APPSKEY: Application Session Key AT+DADDR: Device Address AT+DEUI: Device EUI AT+NWKID: Network ID(You can enter this command change only after successful network connection) AT+NWKSKEY: Network Session Key Joining and sending date on LoRa? network AT+CFM: Confirm Mode AT+CFS: Confirm Status AT+JOIN: Join LoRa? Network AT+NJM: LoRa? Network Join Mode AT+NJS: LoRa? Network Join Status AT+RECV: Print Last Received Data in Raw Format AT+RECVB: Print Last Received Data in Binary Format AT+SEND: Send Text Data AT+SENB: Send Hexadecimal Data LoRa network management AT+ADR: Adaptive Rate AT+CLASS: LoRa Class(Currently only support class A AT+DCS: Duty Cycle Setting AT+DR: Data Rate (Can Only be Modified after ADR=0) AT+FCD: Frame Counter Downlink AT+FCU: Frame Counter Uplink AT+JN1DL: Join Accept Delay1
  22. 22. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 22 / 40 AT+JN2DL: Join Accept Delay2 AT+PNM: Public Network Mode AT+RX1DL: Receive Delay1 AT+RX2DL: Receive Delay2 AT+RX2DR: Rx2 Window Data Rate AT+RX2FQ: Rx2 Window Frequency AT+TXP: Transmit Power Information AT+RSSI: RSSI of the Last Received Packet AT+SNR: SNR of the Last Received Packet AT+VER: Image Version and Frequency Band AT+FDR: Factory Data Reset AT+PORT: Application Port AT+CHS: Get or Set Frequency (Unit: Hz) for Single Channel Mode AT+CHE: Get or Set eight channels mode, Only for US915, AU915, CN470 3.2 共通 AT コマンドシークエンス 3.2.1 マルチチャンネル ABP モード(SX1301/LG308 使用) デバイスが OTAA 経由でネットワークに参加していない場合 AT+FDR AT+NJM=0 ATZ デバイスがすでにネットワークに参加している場合: AT+NJM=0 ATZ 3.2.2 シングルチャンネル ABP モード(LG01/LG02 使用) https://www.youtube.com/watch?v=32eLnlYoLoI&t=207s
  23. 23. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 23 / 40 4. ファームウェアアップロード ユーザーは、LGT-92 の USB ポートを使用してファームウェアをアップグレードできます。 ファー ムウェアのアップグレードのハードウェア接続は下記のとおりです。 接続:  ST-LINK v2 5.0v <--> Dupont 赤色のピン  ST-LINK v2 GND <--> Dupont 黒色のピン  ST-LINK v2 SWCLK <--> Dupont 緑色のピン  ST-LINK v2 SWDIO <--> Dupont 白色のピン  LGT-92 の電源をオンまたはオフにできます。 Youtube 動画インストラクション: https://youtu.be/H-45v5-xI-U 下記のステップで行ってください: Step1: I 最初に PC に ST-LINK ドライバーをインストールしてから、ST-LINK ユーティリティをイン ストールします。 Step2: LGT-92 イメージファイルをダウンロードします。 Step3: Open ST- ST-LINK ユーティリティ、ファイル file -> open file ファイルを開いて、アップグ レードするイメージを選択します。 Step4: LGT92 の小さなリセットボタンを押し続けてから、ST-LINK の青いグローバル「設定」ボタ ンをクリックします。
  24. 24. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 24 / 40 Step5: ST-LINK アダプターの LED が点滅します。点滅が終了したら、LGT-92 のリセットボタン を放します。 Step6: ST-Link ユーティリティは、ダウンロードウィンドウをポップアップ表示します。 開始 (Start)ボタンをクリックして、イメージを LGT-92 にダウンロードします。
  25. 25. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 25 / 40 5. 開発者ガイド 5.1 ソースコード *ソフトウェア関連 https://github.com/dragino/LoRa_STM32/tree/master/STM32CubeExpansion_LRWAN *ハードウェア関連 https://github.com/dragino/Lora/tree/master/LSN50 5.2 ソースコードコンパイル 5.2.1 Keil 開発環境 Keil uVision5 がすでにインストールされていると仮定します。 以下の手順は、MDK サポートをインストールしてラ イセンスを取得する方法を示しています。 1:下記 URL でウェブサイトを開きます。 http://www2.keil.com/stmicroelectronics-stm32/mdk 2: keil をダウンロードします: 3: 管理者権限を持つアカウントでログインします。 4: µVision アイコンを右クリックし、コンテキストメニューから[管理者として実行...]を選択します。 5: [ファイル]-[ライセンス管理...]ダイアログを開き、[シングルユーザーライセンス]タブを選択します。
  26. 26. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 26 / 40 6: [インターネット経由で LIC を取得...]ボタンをクリックし、[OK]ボタンをクリックして製品を登録します。 この操作 により、Keil Web サイトのライセンス管理ページが開きます。 7: 連絡先情報とともに製品シリアル番号 4PPFW-QBEHZ-M0D5M を入力し、[送信]ボタンをクリックします。 数 分以内に、ライセンス ID コード(LIC)を含む電子メールが返信されます。 7-(1)
  27. 27. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 27 / 40 7-(2) 7-(3) 8:ソフトウェア製品をアクティブにするには、[ライセンス管理...]ダイアログの[新しいライセンスIDコード(LIC)]フィ ールドに LIC を入力し、[LIC の追加]をクリックします。 9:これで終了です。
  28. 28. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 28 / 40 5.2.2 STM32L0 シリーズデバイスのインストール 1:下記の URL をひらきます。 http://www.keil.com/dd2/pack/eula-container; 2: STMicroelectronics STM32L0 シリーズデバイスを見つけてダウンロードします;
  29. 29. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 29 / 40 3:ソフトウェアパックを見つけてインストールします; 4:デバイスを追加すると、プロジェクトを再構築できます。
  30. 30. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 30 / 40 注記:デバイスを追加しない場合、Keil はエラーを報告します。 5.2.3 ソースコードのコンパイル 1. ソフトウェアソースコードダウンロードサイトからソースコードをダウンロードします。 2. Keil を使用してプロジェクトファイルを開きます: STM32CubeExpansion_LRWAN/Projects/Multi/Applications/LoRa/DRAGINO-LRWAN(A T)/MDK-ARM/STM32L072CZ-Nucleo/Lora.uvprojx 3. Keil でサポートしている周波数帯域を確認できます。 4. 周波数を変更する場合は、プリプロセッサシンボルを変更します。 たとえば、EU868 を US915 に変更します。
  31. 31. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 31 / 40 5. 下記アイコンでコンパイル&ビルドします。
  32. 32. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 32 / 40 6. FAQ 6.1 バッテリー寿命とは? バッテリーの正確な寿命を取得することは困難です。バッテリーの実際の寿命は、バッテリーの 種類、GPS 信号強度、定期的なアップロード、使用環境(屋内/屋外)によって異なります。 たと えば、lgt-92 が屋内環境に配置されている場合、GPS の修正を取得しようとすると 150 秒かかり、 最終的には修正に失敗します。 LGT92を屋外に設置する場合、通常、最初の修正から10秒未 満で完了します。 消費電力とバッテリー寿命はかなり異なります。 LGT-92-LI のフル充電バッテリーの基準寿命:LGT 92 を屋外に設置し、定期的に送信する場 合は 5 分です。 デバイスの寿命は約 19 日間です。 これは GPS 信号強度の理想的なケースで あることに注意してください。 実際、バッテリーの使用時間は上記の多くの要因の影響を受けま す。 6.2 何故、433/868/915 バージョンがあるの? 各国によって、LoRaを使用するためのISMバンドのルールが異なります。 LoRaチップは広範囲 の周波数をサポートできますが、LoRa 部分で最適なチューニングを行うために異なるバージョン を提供しています。 そのため、異なるバージョンの LoRa を提供しています。 6.3 LGT92 のファームウェアを知るにはどうするの? LGT92 のファームウェアバージョンを確認する方法はいくつかあります。 1. アップリンクペイロードを分析し、v1.4 および v1.5 のペイロードデコーダーを配置してみてく ださい。適切なデコードがあるものを確認してください。 2. USB to TTL を使用して LGT92 にアクセスし、デバイスをリセットします。 出力情報にはファ ームウェアのバージョンが表示されます。
  33. 33. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 33 / 40 6.4 LoRa 周波数帯 /リージョンを変更するには? ユーザーは、イメージをアップグレードする方法の概要に従うことができます。 イメージをダウン ロードするときに、ダウンロードに必要なイメージファイルを選択します。 6.5 プライベイト LoRa プロトコルを利用できますか? ストックファームウェアは LoRaWAN プロトコルに基づいています。 ユーザーは、LGT-92 でプラ イベート LoRa プロトコルを使用できます。このセクションでは、ベース LoRa 転送の例を説明しま す。 これは参照/デモであり、このトピックに関するさらなるソフトウェア開発サポートは提供して いません。このデモでは、LoRa Shield とLGT-92の間の通信を示します。どちらも基本的なLoRa ライブラリを使用します。 LGT-92 は LoRa Shield にメッセージを送信し、LoRa Shield はそれをコ ンソールに出力します。 LoRa Shield + UNO: <LoRa Library>を使用して、LoRa_Receive スケッチを Arduino にアップロードします。 Arduino の シリアルモニターを開き、LoRa レシーバーとして機能し、周波数 868.3Mhz でリッスンします。 LGT92: <LoRa RAW コード>を使用します。 プロジェクトファイルは、MDK-ARM STM32L072CZ-Nucleo Lora.uvprojx にあります。 コンパイルして LGT-92 にアップロードすると、LGT-92 は周波数 868.3Mhz で転送されます。 Arduino コンソールで表示されます:
  34. 34. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 34 / 40 6.6 US915、AU915、CN470 バンドで 8 チャネルモードで動作するように LGT-92 をセットア ップする方法? デフォルトでは、周波数帯 US915、AU915、CN470 は 72 の周波数で動作します。 多くのゲート ウェイは 8 チャネルゲートウェイです。このような場合、OTAA 参加時間とアップリンクスケジュー ルは長く、予測できませんが、エンドノードは 72 種類の周波数でホッピングします。 ユーザーは、AT + CHE コマンドを使用して 8 チャネルモデルで動作するようにエンドノードを構 成できます。500kHz チャネルは常に OTAA に含まれます。 事例: US915 バンドでは、周波数表は次のとおりです。 デフォルトでは、エンドノードは OTAA Join プロセスにすべてのチャネル(0〜71)を使用します。 OTAA ジョインの後、エンドノードはこ れらすべてのチャネル(0〜71)を使用してアップリンクパケットを送信します。 CHE US915 Uplink Channels(125KHz,4/5,Unit:MHz,CHS=0) 0 ENABLE Channel 0-63 1 902.3 902.5 902.7 902.9 903.1 903.3 903.5 903.7 Channel 0-7 2 903.9 904.1 904.3 904.5 904.7 904.9 905.1 905.3 Channel 8-15 3 905.5 905.7 905.9 906.1 906.3 906.5 906.7 906.9 Channel 16-23 4 907.1 907.3 907.5 907.7 907.9 908.1 908.3 908.5 Channel 24-31 5 908.7 908.9 909.1 909.3 909.5 909.7 909.9 910.1 Channel 32-39 6 910.3 910.5 910.7 910.9 911.1 911.3 911.5 911.7 Channel 40-47 7 911.9 912.1 912.3 912.5 912.7 912.9 913.1 913.3 Channel 48-55 8 913.5 913.7 913.9 914.1 914.3 914.5 914.7 914.9 Channel 56-63 Channels(500KHz,4/5,Unit:MHz,CHS=0) 903 904.6 906.2 907.8 909.4 911 912.6 914.2 Channel 64-71 ユーザーが TTN を使用する場合、使用する US915 周波数帯域は:  903.9 - SF7BW125 to SF10BW125  904.1 - SF7BW125 to SF10BW125  904.3 - SF7BW125 to SF10BW125  904.5 - SF7BW125 to SF10BW125  904.7 - SF7BW125 to SF10BW125  904.9 - SF7BW125 to SF10BW125  905.1 - SF7BW125 to SF10BW125
  35. 35. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 35 / 40  905.3 - SF7BW125 to SF10BW125  904.6 - SF8BW500 エンドノードは現在 72 の周波数でホッピングしているため、デバイスが TTN ネットワークとアップ リンクデータに参加しにくくなります。 この問題を解決するには、ユーザーは AT コマンドを介し てデバイスにアクセスし、実行することができます: AT+CHE=2 ATZ 8 チャネルモードで動作するようにエンドノードを設定します。 デバイスは、OTAA の場合はチャ ンネル 8-15 および 64-71 で、アップリンクの場合はチャンネル 8-15 で動作します。 AU915 も同様です。 以下は、AU915 アップリンクチャネルです。 CHE AU915 Uplink Channels(125KHz,4/5,Unit:MHz,CHS=0) 0 ENABLE Channel 0-63 1 915.2 915.4 915.6 915.8 916 916.2 916.4 916.6 Channel 0-7 2 916.8 917 917.2 917.4 917.6 917.8 918 918.2 Channel 8-15 3 918.4 918.6 918.8 919 919.2 919.4 919.6 919.8 Channel 16-23 4 920 920.2 920.4 920.6 920.8 921 921.2 921.4 Channel 24-31 5 921.6 921.8 922 922.2 922.4 922.6 922.8 923 Channel 32-39 6 923.2 923.4 923.6 923.8 924 924.2 924.4 924.6 Channel 40-47 7 924.8 925 925.2 925.4 925.6 925.8 926 926.2 Channel 48-55 8 926.4 926.6 926.8 927 927.2 927.4 927.6 927.8 Channel 56-63 Channels(500KHz,4/5,Unit:MHz,CHS=0) 915.9 917.5 919.1 920.7 922.3 923.9 925.5 927.1 Channel 64-71 6.7 USB プログラムケーブルのピンマッピングとは?
  36. 36. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 36 / 40 Pin 番号 Color USB Pin UART pin ST-Link Pin 1 赤色 VCC N/A +5V 2 白色 D- (N/A) LGT-RXD SWDIO 3 緑色 D+(N/A) LGT-TXD SWCLK 4 ID (N/A) N/A 5 黒色 GND GND GND
  37. 37. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 37 / 40 6.8 LG01 / LG02 などのシングルチャネルゲートウェイで動作するように LGT-92 を設定する方法? この場合、ユーザーは ABP モードで動作し、1 つの周波数のみで送信するように LGT-92 を設 定する必要があります: https://youtu.be/32eLnlYoLoI ) Step1: TTN にログインし、アプリケーションで ABP デバイスを作成し、デバイスからネットワークセ ッションキー(NETSKEY)、アプリセッションキー(APPSKEY)を入力します。 注記:ーは上記の 3 つのキーが一致することを確認する必要があります。ユーザーは TTN またはデバイスのい ずれかを変更して一致させることができます。 TTN では、NETSKEY と APPSKEY はユーザーが設定ページで 構成できますが、Device Addr は TTN によって生成されます。 ユーザーは、The Things Network CLI を使用し て、TTN でデバイス ADDR を変更することもできます。 Step2: ATコマンドを実行して、LGT-92を単一周波数およびABP モードで動作させます。 以下 は AT コマンドです: AT+FDR Reset Parameters to Factory Default, Keys Reserve AT+NJM=0 Set to ABP mode AT+ADR=0 Set the Adaptive Data Rate Off AT+DR=5 Set Data Rate (Set AT+DR=3 for 915 band) AT+TDC=300000 Set transmit interval to 5 minutes AT+CHS=868400000 Set transmit frequency to 868.4Mhz AT+DADDR=26 01 1A F1 Set Device Address to 26 01 1A F1 ATZ Reset MCU
  38. 38. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 38 / 40 下記画面をご参照ください: 7. ドラブルシューティング 7.1 何故、US915 / AU915 バンドで TTN に参加できない? 6-6 のチャンネルマッピングをご参照ください。 7.2 コマンドを入力すると AT_ERROR が表示される? コマンドを入力すると、GPS通信がTTL入力と競合する可能性があるため、AT_ERRORが表示さ れます。 特に TDC 時間は短く、GPS は短期間で修正されます。 この問題を解決するには、下記のことができます: 1) テキストファイルにコマンドを入力してコンソールに貼り付け、コマンドの入力時間を短縮して ください。 2) 最初に AT + FDR を実行して、デバイスを工場出荷時のデフォルトおよびタイプにリセットし てください。 7.3 何故、空のペイロードを取得するの? LoRaWAN プロトコルによれば、モーションセンサーを含む場合の LGT-92 ペイロードは 12 バイト になります。 LoRaWAN サーバーは、AU915 / US915 バンドの DR0 でこのペイロードを破棄しま す。 したがって、DR0 で送信された各パケットは空のペイロードと見なされます。
  39. 39. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 39 / 40 8. 注文情報 下記のバリエーションをご参照ください: Part Number: LGT-92-XX-YYY XX: メジャーバリエーション  LI:リチウム電池バージョン  DE:単三電池バージョン YYY:デフォルトの周波数帯域のバリエーション  AS923: LoRaWAN AS923 band(日本周波数帯域)  AU915: LoRaWAN AU915 band  EU433: LoRaWAN EU433 band  EU868: LoRaWAN EU868 band  KR920: LoRaWAN KR920 band  US915: LoRaWAN US915 band  IN865: LoRaWAN IN865 band  CN470: LoRaWAN CN470 band 9. 梱包内容 下記内容が含まれます:  LGT-92 LoRa GPS トラッカー x 1 個  USB 充電およびプログラムケーブル x 1 個 寸法と重量:  Device Size: 85 x 48 x 15 cm  Device Weight: 50g 10. サポート  あなたの質問がすでにウィキで回答されているかどうかを確認してください。wiki.  サポートは、月曜日から金曜日の 09:00 から 18:00 GMT + 8 まで提供されます。 タイムゾー ンが異なるため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケジ ュールでできるだけ早く回答されます。.  お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に説明 し、問題を再現する手順など)、E メールで送信して下さい。
  40. 40. www.dragino.com LGT-92 LoRa GPS Tracker User Manual 40 / 40 11. FCC Warning This device complies with part 15 of the FCC Rules.Operation is subject to the following two conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received,including interference that may cause undesired operation

×