Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

RS485(Modbus) -LoRaWANコンバーター RS485-LN 日本語マニュアル

435 visualizaciones

Publicado el

RS485(Modbus) -LoRaWANコンバーター RS485-LN 日本語マニュアル

Publicado en: Tecnología
  • Sé el primero en comentar

  • Sé el primero en recomendar esto

RS485(Modbus) -LoRaWANコンバーター RS485-LN 日本語マニュアル

  1. 1. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 1 / 29 RS485-LN -- RS485 -LoRaWAN コンバーターユーザーマニュアル Document Version: 1.0.1 Image Version: v1.1 Version Description Date 1.0 Release 2019-Dec-8 1.0.1 Improve product photos and network structure 2019-Dec-30 1.0.2 Add AT Command to set UART parity 1.0.2-JP 日本語訳 2020-Feb.14
  2. 2. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 2 / 29 1. イントロダクション................................................................................................................................................4 1.1 RS485-LN RS485 -LoRaWAN コンバーターとは?...............................................................................4 1.2 仕様.............................................................................................................................................................................5 1.3 特長.............................................................................................................................................................................5 1.4 アプリケーション ........................................................... エラー! ブックマークが定義されていません。 1.5 ファームウェア変更ログ ......................................................................................................................................7 2. デバイス電源オン...............................................................................................................................................7 3. オペレーションモード......................................................エラー! ブックマークが定義されていません。 3.1 どのように動作するか?.....................................................................................................................................8 3.2 LoRaWAN ネットワークにジョインする例 ......................................................................................................8 3.3 データ読み込みのためのコマンド設定......................................................................................................11 3.4 アップリンクペイロード.......................................................................................................................................14 3.5 ダウンリンクペイロード(RS485 デバイス制御)........................................................................................15 3.6 ボタン................................................................................ エラー! ブックマークが定義されていません。 4. AT コマンド使用 ................................................................................................................................................18 4.1 AT コマンドアクセス ...........................................................................................................................................18 4.2 共通 AT コマンドシークエンス......................................................................................................................20 4.2.1 マルチチャンネル ABP モード(PG1301{SX1301}/LG308 使用) .........................................20 4.2.2 シングルチャンネル ABP モード(LG01/LG02 使用)................................................................20 5. FAQ.......................................................................................................................................................................21 5.1 イメージファイルをどうアップグレードするか? ......................................................................................21 5.2 LoRa 周波数帯域/リージョンをどう変更するか?...............................................................................23 5.3 RS485-LN を他の 8 チャンネルモード US915, AU915, CN470 でどう設定するか?...............24 5.4 RS485-LN をシングルチャンネルゲートウェイでどう設定するか?..............................................25 6. トラブルシューティング ....................................................................................................................................28 6.1 ダウンリンクが動作しない場合、どう解決するか?..............................................................................28 6.2 何故、TTN in US915 /AU915 でジョインできないか?..........................................................................28 7. 注文情報.............................................................................................................................................................28
  3. 3. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 3 / 29 8. パッケージ情報...............................................................................................................................................28 9. サポート .............................................................................エラー! ブックマークが定義されていません。 10. 参照 ......................................................................................................................................................................29
  4. 4. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 4 / 29 ・イントロダクション 1.1 RS485-LN RS485 -LoRaWAN コンバーターとは? Dragino RS485-LN は RS485 to LoRaWAN コンバーターです。 RS485 信号を LoRaWAN ワイヤ レス信号に変換し、IoT システム構築を簡素化し、インストール/維持コストを削減します。 RS485-LN を使えば、ユーザーは、RS485 デバイスを監視/制御し、非常に長い距離まで到達す ることができます。消費電力を最小限に抑えながら、超長距離スペクトラム拡散通信と高い干 渉耐性を提供します。 灌漑システム、スマートメータリング、スマートシティ、スマートフォン検出、 ビルディングオートメーションなどのプロフェッショナルなワイヤレスセンサーネットワークアプリ ケーションを対象としています。 データアップリンクの場合、RS485-LN は、ユーザー定義コマンドを RS485 デバイスに送信し、 RS485 デバイスからリターンを取得します。 RS485-LN は、ユーザー定義ルールに従ってこれ らの返答処理し、最終的なペイロードを取得して LoRaWAN ネットワークサーバーにアップロード します。 データダウンリンクの場合、RS485-LN は、LoRaWAN クラス C で実行されます。LoRaWAN ネット ワークサーバーからダウンリンクコマンドがあると RS485-LN はコマンドを LoRaWAN ネットワー クサーバーから RS485 デバイスに転送します。
  5. 5. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 5 / 29 1.2 仕様 ハードウェアシステム:  STM32L072CZT6 MCU  SX1276/78 Wireless Chip  Power Consumption (exclude RS485 device):  Idle: 32mA@12v  20dB Transmit: 65mA@12v インターフェース:  RS485  Power Input 7~ 24V DC. LoRa 仕様:  Frequency Range:  Band 1 (HF): 862 ~ 1020 Mhz  Band 2 (LF): 410 ~ 528 Mhz  168 dB maximum link budget.  +20 dBm - 100 mW constant RF output vs.  +14 dBm high efficiency PA.  Programmable bit rate up to 300 kbps.  High sensitivity: down to -148 dBm.  Bullet-proof front end: IIP3 = -12.5 dBm.  Excellent blocking immunity.  Low RX current of 10.3 mA, 200 nA register retention.  Fully integrated synthesizer with a resolution of 61 Hz.  FSK, GFSK, MSK, GMSK, LoRaTM and OOK modulation.  Built-in bit synchronizer for clock recovery.  Preamble detection.  127 dB Dynamic Range RSSI.  Automatic RF Sense and CAD with ultra-fast AFC.  Packet engine up to 256 bytes with CRC. 1.3 特長:  LoRaWAN Class A & Class C protocol (default Class C)  Frequency Bands: CN470/EU433/KR920/US915/EU868/AS923/AU915/IN865/RU864  AT Commands to change parameters  Remote configure parameters via LoRa Downlink  Firmware upgradable via program port  Support multiply RS485 devices by flexible rules
  6. 6. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 6 / 29  Support Modbus protocol 1.4 アプリケーション:  スマートビルディング&ホームオートメーション  物流&サプライチェーンマネージメント  スマートメーター  スマート農業  スマートシティ  スマートファクトリー
  7. 7. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 7 / 29 1.5 Firmware Change log RS485-LN Image files – Download link ↓ http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=RS485-LN/ Image v1.1 (NOT RELEASE YET)  AT コマンドを追加して UART パリティを設定 2. デバイス電源オン RS485-LN は、7〜24V DC 電源で駆動できます。下記のような接続となります。  電源 VIN から RS485-LN VIN +  電源 GND から RS485-LN VIN- 電源が投入されると、RS485-LN がオンになります。
  8. 8. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 8 / 29 オペレーションモード 2.1 どのように動作するか? RS485-LN は、デフォルトで LoRaWAN (OTAA)クラス C モードとして設定されます。 ネットワー クに参加するための OTAA 鍵情報が必要です。 ローカルの LoRaWAN ネットワークに接続する には、ネットワークサーバーに OTAA キーを入力し、RS485-LN の電源を入れるだけです。 OTAA を介してネットワークに自動的に参加します。 ユーザーがネットワークサーバーに OTAA キーを設定できず、サーバーの既存のキーを使用す る必要がある場合、ユーザーは AT コマンドを使用してデバイスにキーを設定できます。 2.2 LoRaWAN ネットワークに参加する例 The Things Network に参加する方法の例を示します。下記は、ネットワーク構成例です。ここで は、8 チャンネル LoRaWAN ゲートウェイ LG308 を使用します。 この例の RS485-LN は、デモ用に 2 つの RS485 デバイスに接続されていますが、ユーザーは同 じ方法で他の RS485 デバイスを接続できます。 接続は下記のとおりです。
  9. 9. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 9 / 29 LG308 は、既に The Things Network に接続するよう設定されています。 したがって、今必要な のは、The Things Network を構成することだけです。 ステップ1:: RS485-LN からの OTAA キーを使用して The Things Netowk でデバイスを作成しま す。それぞれの RS485-LN には、固有のデバイス EUI 付きのステッカーが付属しています。
  10. 10. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 10 / 29 ユーザーは、The Things Networkサーバーコンソール画面でこのキーを入力できます。 以下は The Things Network のスクリーンショットです。 アプリケーションメニューで APP EUI を追加します: APP KEY と DEV EUI を追加します: ステップ2: RS485-LN の電源を入れると、The Things Network に自動的に参加します。 参加 に成功すると、The Things Network へのメッセージのアップロードが開始され、ユーザーは、コン ソールパネル上に表示、確認できます。
  11. 11. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 11 / 29 2.3 データを読み取るためのコマンド設定 市場には、既に多数の RS485 デバイスがあり、各デバイスには有効なデータを読み取るための 異なるコマンドがあります。 これらのデバイスを柔軟にサポートするために、RS485-LN は柔軟 なコマンドセットをサポートしています。 ユーザーは、AT コマンドを使用してサンプリングごとに RS485-LN が送信するコマンドと RS485 デバイスからの出力の処理方法を構成できます。 AT コマンド例: ATATコマンド Description 内容 Exa コマンド実行例 AT+BAUDR RS485デバイスと通信するためのボーレートを 設定します。 デフォルト値は 9600 です。 AT+BAUDR=9600 Options: (1200,2400,4800,14400,19200,115200) AT+PARITY UART パリティを設定 AT+PARITY=0 Option: 0: no parity, 1: odd parity, 2: even parity AT+CFGDEV このコマンドは、RS485 デバイスを構成するた めに使用されます。 サンプリング中には使用 されません。 AT + CFGDEV = xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx、m m:0:CRC なし、1:このコマンドの最後に CRC-16 / MODBUS を追加します。 AT+CFGDEV=xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx,m AT+COMMAND1 このコマンドは、各サンプリング中に RS485 デ バイスに送信されます。 AT + COMMAND1 = xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx、m m:0:CRC なし、1:このコマンドの最後に CRC-16 / MODBUS を追加します。
  12. 12. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 12 / 29 AT+DATACUT1 COMMAND1 から有効なデータを取得する AT + DATACUT1 = a、b、c: a:戻り文字列の全長。 b:有効な文字列の開始位置。 c:有効な文字列の停止位置。 If return1 is: 01 02 01 20 a0 00 AT+DATACUT1=6,4,4 will get the 4th byte, which is 0x20 AT+COMMAND2 このコマンドは、各サンプリング中に RS485 デ バイスに送信されます。 AT + COMMAND2 = xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx xx、m m:0:CRC なし、1:このコマンドの最後に CRC-16 / MODBUS を追加します。 AT+DATACUT2 COMMAND2 から有効なデータを取得する AT + DATACUT2 = a、b、c: a:戻り文字列の全長。 b:有効な文字列の開始位置。 c:有効な文字列の停止位置。 If return2 is: 01 01 01 00 a0 00 AT+DATACUT2=6,4,4 will get the 4th byte, which is 0x20 AT+DATAUP Command1 と Command2 の結果を接続します。 AT + DATAUP = x [:pre [:suf]]、y [:pre [:suf]] x、y:コマンド x、y からの有効なペイロード pre:プレフィックスを追加 suf:サフィックスを追加 コマンド 1 の有効なペイロードが EF の場合 コマンド 2 からの有効なペイロードが AB の場合 次に、最終的なペイロードは次のとおりです。 Command Final Payload for sampling AT+DATAUP=1,2 EF AB AT+DATAUP=1:12,2:56 12 EF 56 AB AT+DATAUP=1:12:34,2:56:78 12 EF 34 56 AB 78 AT+DATAUP=1::34,2::78 EF 34 AB 78 AT+PAYLOAD PAYLOAD バージョンの設定(サイズ:1 バイト) Command1 および Command2 は、各アップリンクの前に自動実行されます。 この例では、command1 を使用して RS485 IO の DI ステータスを取得し、command2 を使用して RS485 IO の DO ステータスを取得します。 ここで使用する RS485 I / O は、Modbus RTU を使用して通信します。
  13. 13. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 13 / 29 ここで使用する RS485 I / O は、Modbus RTU を使用して通信します。  DI ステータスを取得するコマンドは次のとおりです。0102 00 40 00 08 78 18. 01 02 00 40 00 08 は、DI ステータスを保存したレジスタ 00 40 を読み取る Modbus コマンドです。 78 18 は、 手動で計算する CRC-16 / MODBUS です。また、RS485 I / O は 01 02 01 20 a0 00 を返し ます。ここで 20 は DI ステータスの値です。  DO ステータスを取得するコマンドは、01 01 00 20 00 08 3C 06 です。0101 00 20 00 08 は、 DI ステータスを保存したレジスタ 00 20 を読み取る Modbus コマンドです。 3C 06 は、手動 で計算する CRC-16 / MODBUS です。RS485 I / O は、01 01 01 00 51 00 を返します。00 は DO ステータスの値です。 RS485 IO から DI ステータスと DO ステータスを取得して LoRaWAN サーバーにアップロードした い場合、異なる RS485 デバイスに接続し、異なる RS485-LN を使用するため、LoRaWAN サーバ ーの接続デバイスとして異なるペイロードを使用しながら通知することをお勧めします。 下記は、RS485-LN で設定する必要があるコマンドです: AT+PAYVER=2 //ペイロードバージョンを 2(0x02)に設定します AT+COMMAND1=01 02 00 40 00 08,1// RS485 ネットワークに 01 02 00 40 00 08 を送信し、最 後に CRC-16 / MODBUS を追加します AT+DATACUT1=6,4,4//リターンから 6 バイトを取得し、コマンド 1 の有効なペイロードとして 4 番目のバイトを選択します。 AT+COMMAND2=01 01 00 20 00 08,1// RS485 ネットワークに 01 01 00 20 00 08 を送信し、最 後に CRC-16 / MODBUS を追加します。 AT+DATACUT2=6,4,4 //リターンから 6 バイトを取得し、コマンド 2 の有効なペイロードとして 4 番目のバイトを選択します。 AT+DATAUP=1,2//有効なペイロード 1 と有効なペイロード 2 をリンクします。 アップリンクする最終ペイロードは次のとおりです。 PAYVER + CMD1 VALID RETURN + CMD2 VALID RETURN
  14. 14. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 14 / 29 スクリーンショットの例: The Things Network コンソールのアップリンクスクリーンショットは次のとおりです。 2.4 アップリングペイロード サイズ (bytes) 1 長さはコマンドからの戻り値に依存 値 PAYLOAD_VER 有効なペイロードが長すぎて、サーバーの最大サポートペイロ ード長を超える場合、LoRaWAN サーバーで提供されていない ペイロードを表示します。 AT+DATAUP=1,2
  15. 15. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 15 / 29 2.5 ダウンリングペイロード(RS485 デバイス制御) ダウンリンクタイプ コード ダウンリンクペイロード (バイト TDC (Transmit Time Interval) 01 4 RESET 04 2 Poll a uplink 08 2 RS485 制御コマンド(AT + CFGDEV と同じ) A8 mm xx xx xx xx xx mm:1:CRC-16 / MODBUS を追加します; 0:CRC な し xx:コマンド送信 A8 Not fix Command1 を設定(AT + COMMAND1 と同じ) A9 mm xx xx xx xx xx mm:1:CRC-16 / MODBUS を追加します; 0:CRC な し xx:送信する command1 A9 Not fix カットコマンド 1(AT + DATACUT1 と同じ): AA mm nn kk mm:全長 nn:start kk:end AA 4 Set Command2(AT + COMMAND2 と同じ) A9 mm xx xx xx xx xx mm:1:CRC-16 / MODBUS を追加します; 0:CRC な し xx:送信する command1 AB Not fix カットコマンド 2(AT + DATACUT2 と同じ): AA mm nn kk mm:全長 nn:start kk:end AC 4 Cat コマンド(AT + DATAUP と同じ) AD mm nn(3 バイト) AD mm プレサフィックス nn プレフィクスサフィックス (7 バイト) mm:コマンド番号 nn:コマンド番号 AD 3 or 7 PAYLOAD_VER(AT + PAYVER と同じ) AE kk KK:バージョン AE 2
  16. 16. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 16 / 29 ペイロードが 0100003C の場合、タイプコードが 01 である間に、END ノードの TDC を 0x00003C = 60(S)に制御することを意味します。 The Things Network コンソール画面でのダウンリングスクリーン画面 Type Code 0x04 ペイロード= 0x04FF の場合、RS485-LN がリセットされます。 Type Code 0x08 ペイロード= 0x08FF の場合、RS485-LN はすぐにアップリンクを送信します。
  17. 17. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 17 / 29 Type Code 0xA8 0xA8 ダウンリンクコマンドを使用して、LoRaWAN 経由で RS485 デバイスを制御できます。 例えば、ここで使用する RS485 アラームは、Modbus RTU を使用して通信します。  アクティブなアラームへのコマンドは、0A 05 00 04 00 01 4C B0 です。 ここで、0A 05 00 04 00 01 は、DI ステータスを保存したレジスタ 00 40 を読み取る Modbus コマンドです。 4C B0 は、手動で計算する CRC-16 / MODBUS です。  アラームを無効にするコマンドは、0A 05 00 04 00 00 8D 70 です。ここで、0A 05 00 04 00 00 は、DI ステータスを保存したレジスタ 00 40 を読み取る Modbus コマンドです。 8D 70 は CRC-16 / MODBUS で、手動で計算します。 そのため、ユーザーがダウンリンクコマンドを使用して RS485 アラームを制御したい場合、以下 を使用できます: A8 01 0A 05 00 04 00 01 : RS485 アラームをアクティブにする A8 01 0A 05 00 04 00 00: S485 アラームを無効にする A8 はタイプコードで、01 は CRC-16 / MODBUS を最後に追加することを意味します。 2.6 ボタン コマンド Featu 内容 ACT RS485 がネットワークに参加している場合、このボタンを1秒以上押 すと、RS485 がパケットをアップロードし、SYS LED が青色に点滅し ます。 RST RS485 をリブートします。 PRO イメージファイルのアップロード使用。イメージファイルの更新方法 を 4.1 FAQ のイメージファイルの更新方法を参照ください。 2.7 LED コマンド EDs Featu 内容 eature PWR 電源がある場合常にオン SYS デバイスの電源がオンになると、SYS が緑色で 5 回高速点滅しま す。つまり、RS485-LN が LoRaWAN ネットワークへの参加を開始し ます。 参加に成功すると、SYS は 5 秒間緑色になります。 SYS は アップロードごとに青色で点滅し、ダウンリンクメッセージを受信す ると緑色で点滅します。
  18. 18. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 18 / 29 3. AT コマンド使用 3.1 AT コマンドアクセス RS485-LN は AT コマンドセットをサポートします。 以下のように、USB TTL アダプターと 3.5mm プログラムケーブルを使用して RS485-LN に接続し、AT コマンドを使用できます。 PC では、ユーザーは RS485-LN のシリアルコンソールにアクセスするためにシリアルツール (putte、SecureCRT など)のボーレートを 9600 に設定する必要があります。 参照用の出力は 次のとおりです。
  19. 19. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 19 / 29 AT コマンドマニュアルの詳細については、AT コマンドマニュアルを参照してください。
  20. 20. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 20 / 29 共通 AT コマンドシークエンス 3.1.1 マルチチャンネル ABP モード (SX1301/LG308 LoRaWAN ゲートウェイ使用) *デバイスがまだネットワークに参加していない場合: AT+FDR AT+NJM=0 ATZ *デバイスがネットワークに参加している場合: AT+NJM=0 ATZ 3.1.2 シングルチャンネル ABP モード(LG01/LG02 LoRa ゲートウェイ使用) AT+FDR パラメータを工場出荷時のデフォルトにリセット、キーを予約 AT+NJM=0 ABP モードに設定 AT+ADR=0 アダプティブデータレートをオフ設定 AT+DR=5 データレートを設定 AT+TDC=60000 送信間隔を 60 秒に設定 AT+CHS=868400000 送信周波数を 868.4Mhz に設定 AT+RX2FQ=868400000 RX2 周波数を 868.4Mhz に設定(サーバーからの結果に応じ て) AT+RX2DR=5 サーバーからのダウンリンク DR に一致するように RX2DR を設定。 下記 参照 AT+DADDR=26 01 1A F1 デバイスアドレスを 26 01 1A F1 に設定します。この ID は LoRaWAN サーバーポータルで確認できます。 ATZ MCU のリセット 注記: 1. LoRaWAN サーバーのデバイスが ABP モードに設定されてることを確認ください。 2. LG01 / 02 ゲートウェイの RX 周波数が AT + CHS 設定とまったく同じであることを確認 してください。 3. LG01 / LG02 の SF /帯域幅の設定が AT + DR の設定と一致していることを確認してく ださい。 このリンクを参照して、DR の意味を確認してください。 4. コマンド AT + RX2FQ および AT + RX2DR は、ダウンリンクを機能させるためのもので す。 正しいパラメーターを設定するために、ユーザーは実際に使用されるダウンリン クパラメーターを確認できます。 以下のように。 RX2FQ が 868400000 を使用し、 RX2DR が 5 であることを示します。
  21. 21. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 21 / 29 4. FAQ 4.1 イメージファイルをアップグレードするには? RS485-LN LoRaWAN コントローラには 3.5mm ケーブルが同梱されており、このケーブルを使用 して RS485-LN にイメージファイルをアップロードします。:  新機能がサポート  バグフィックス  LoRaWAN 周波数の変更 以下は、RS485-LN に画像をアップロードする方法のハードウェア接続を示しています。 ステップ 1:フラッシュローダー.をダウンロード https://www.st.com/content/st_com/en/products/development-tools/software-development-to ols/stm32-software-development-tools/stm32-programmers/flasher-stm32.html ステップ 2:LTイメージファイルをダウンロード. http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=LT_LoRa_IO_Controller/LT33222-L/image/ ステップ 3:: フラッシュローダーを開きます。 更新する正しい COM ポートを選択してください. PRO ボタンを押したまま、RST リセットボタンを一瞬押すと、SYS LED が OFF から ON に変わり ます。SYSLED が赤色に点灯している間は、RS485-LN をプログラムする準備ができています。
  22. 22. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 22 / 29 Board detected HOLD PRO then press the RST button, SYS will be ON, then click next
  23. 23. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 23 / 29 注記:ユーザーがプログラムケーブルを紛失した場合、 ユーザーは 3.5mm ケーブルから手作 りのものを作ることができます。 ピンマッピングは次のとおりです。 4.2 LoRa 無線周波数とリージョンを変更するには? ユーザーは、イメージをアップグレードする方法に従うことができます。 イメージをダウンロード するときに、ダウンロードに必要なイメージファイルを選択します。
  24. 24. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 24 / 29 4.3 US915、AU915、CN470 バンドで他の 8 チャネルモードで動作するように RS485-LN を設定する方法? デフォルトでは、周波数帯 US915、AU915、CN470 は 8〜15(CHE = 2)の周波数で動作します。 ユーザーは、AT + CHE コマンドを使用して、他のチャネルで動作するように周波数を設定でき ます。 例えば:, US915 バンドでは、周波数表は次のとおりです。 デフォルトでは、エンドノードは OTAA ジョインプロセスにすべてのチャネル(8〜15)を使用します。 OTAA が参加すると、エンド ノードはこれらのチャネル(8〜15)を使用してアップリンクパケットを送信します。 CHE US915 Uplink Channels(125KHz,4/5,Unit:MHz,CHS=0) 0 ENABLE Channel 0-63 1 902.3 902.5 902.7 902.9 903.1 903.3 903.5 903.7 Channel 0-7 2 903.9 904.1 904.3 904.5 904.7 904.9 905.1 905.3 Channel 8-15 3 905.5 905.7 905.9 906.1 906.3 906.5 906.7 906.9 Channel 16-23 4 907.1 907.3 907.5 907.7 907.9 908.1 908.3 908.5 Channel 24-31 5 908.7 908.9 909.1 909.3 909.5 909.7 909.9 910.1 Channel 32-39 6 910.3 910.5 910.7 910.9 911.1 911.3 911.5 911.7 Channel 40-47 7 911.9 912.1 912.3 912.5 912.7 912.9 913.1 913.3 Channel 48-55 8 913.5 913.7 913.9 914.1 914.3 914.5 914.7 914.9 Channel 56-63 Channels(500KHz,4/5,Unit:MHz,CHS=0) 903 904.6 906.2 907.8 909.4 911 912.6 914.2 Channel 64-71 ユーザーが The Things Network を使用する場合、US915 の周波数帯域は次のとおりです。  903.9 - SF7BW125 to SF10BW125  904.1 - SF7BW125 to SF10BW125  904.3 - SF7BW125 to SF10BW125  904.5 - SF7BW125 to SF10BW125  904.7 - SF7BW125 to SF10BW125  904.9 - SF7BW125 to SF10BW125  905.1 - SF7BW125 to SF10BW125  905.3 - SF7BW125 to SF10BW125  904.6 - SF8BW500
  25. 25. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 25 / 29 ユーザーがホッピングしたい場合は、すべてのチャネルです。ユーザーは、AT コマンド経由で デバイスにアクセスし下記を実行できます。 AT+CHE=0 ATZ すべての 72 チャネルモードで動作するようにエンドノードを設定します。 AU915 も同様です。 以下は、AU915 アップリンクチャネルです。 CHE AU915 Uplink Channels(125KHz,4/5,Unit:MHz,CHS=0) 0 ENABLE Channel 0-63 1 915.2 915.4 915.6 915.8 916 916.2 916.4 916.6 Channel 0-7 2 916.8 917 917.2 917.4 917.6 917.8 918 918.2 Channel 8-15 3 918.4 918.6 918.8 919 919.2 919.4 919.6 919.8 Channel 16-23 4 920 920.2 920.4 920.6 920.8 921 921.2 921.4 Channel 24-31 5 921.6 921.8 922 922.2 922.4 922.6 922.8 923 Channel 32-39 6 923.2 923.4 923.6 923.8 924 924.2 924.4 924.6 Channel 40-47 7 924.8 925 925.2 925.4 925.6 925.8 926 926.2 Channel 48-55 8 926.4 926.6 926.8 927 927.2 927.4 927.6 927.8 Channel 56-63 Channels(500KHz,4/5,Unit:MHz,CHS=0) 915.9 917.5 919.1 920.7 922.3 923.9 925.5 927.1 Channel 64-71 4.4 LG01 / LG02 などのシングルチャネルゲートウェイで動作するように RS485-LN を設定する方法は? この場合、ユーザーは A485 モードで動作し、1 つの周波数のみで送信するように RS485-LN を 設定する必要があります。現在、周波数 868400000 で動作している LG02 があると仮定します。 以下がその手順です。 ステップ 1: The Things Network にログインし、アプリケーションで ABP デバイスを作成し、デバイ スからネットワークセッションキー(NETSKEY)、アプリセッションキー(APPSKEY)を入力します。
  26. 26. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 26 / 29 注記:ユーザーは上記の 3 つのキーが一致することを確認する必要があります。ユーザーは The Things Network またはデバイスで変更して一致させることができます。The Things Network では、NETSKEY と APPSKEY はユーザーが設定ページで構成できますが、Device Addr は、 The Things Network によって生成されます。 ステップ 2: AT コマンドを実行して、LT を単一周波数および ABP モードで動作させます。 AT コ マンドは次のとおりです。 AT+FDR パラメータを工場出荷時のデフォルトにリセット、キーを予約 AT+NJM=0 ABP モードに設定 AT+ADR=0 アダプティブデータレートをオフに設定 AT+DR=5 データレートの設定(915 バンドに AT + DR = 3 を設定) AT+TDC=60000 送信間隔を 60 秒に設定 AT+CHS=868400000 送信周波数を 868.4Mhz に設定 AT+DADDR=26 01 1A F1 デバイスアドレスを 26 01 1A F1 に設定 ATZ MCU をリセット
  27. 27. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 27 / 29 下記を参照ください。
  28. 28. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 28 / 29 5. トラブルシューティング uble Shooting 5.1 ダウンリンクが機能しないのですが、それを解決するには? デフォルトでは、LT はアップリンク後にダウンリンクメッセージを取得するために 2 つの RX ウィ ンドウを開きます。 サーバーの無線パラメーターがダウンリンクの無線パラメーターと一致しな い場合、ダウンリンクメッセージは届きません。 LT への UART アクセスでは、ユーザーには次 のメッセージが表示されます。: txDone rxTimeout rxTimeout ユーザーが以下の出力を見る場合: txDone rxDone rxTimeout これは、ダウンリンクメッセージが到着するが解析されないことを意味します。 この場合、ユー ザーはダウンリンクメッセージのサーバー側で FPORT = 2 を設定する必要があります。 5.2 The Things Network で US915 / AU915 バンドに参加できないのはなぜです か? 4.3チャネルマッピングのリンクを参照してください。 6. 注文情報 Part Number: RS485-LN-XXX XXX:  EU433: 周波数帯域 EU433  EU868: 周波数帯域 EU868  KR920: 周波数帯域 KR920  CN470: 周波数帯域 CN470  AS923: 周波数帯域 AS923  AU915: 周波数帯域 AU915  US915: 周波数帯域 US915  IN865: 周波数帯域 IN865  CN779: 周波数帯域 CN779 7. パッケージ情報 下記の内容物が含まれます:
  29. 29. www.dragino.com RS485 to LoRaWAN Converter User Manual 29 / 29  RS485-LN x 1 個  スティックアンテナ t x 1 個  プログラムケーブル x 1 本 Dimension and weight:  寸法 13.5 x 7 x 3 cm  重量: 105g  パッケージサイズ/箱 : 14.5 x 8 x 5 cm  全体重量/箱 : 170g 8. サポート  あなたの質問がすでにウィキで回答されているかどうかを確認してください。wiki.  サポートは、月曜日から金曜日の 09:00 から 18:00 GMT + 8 まで提供されます。 タイムゾー ンが異なるため、ライブサポートを提供できません。 ただし、あなたの質問は前述のスケジ ュールでできるだけ早く回答されます。.  お問い合わせに関して可能な限り多くの情報を提供し(製品モデル、問題を正確に説明 し、問題を再現する手順など)、E メールで送信して下さい。 support@dragino.com 9. 参照情報  RS485-LN の商品サイト http://www.dragino.com/products/lora-lorawan-end-node/item/154-rs485-ln.html  イメージダウンロード http://www.dragino.com/downloads/index.php?dir=RS485-LN/Firmware/

×