Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

What's RancherJP

FUJITSU Knowledge Integration Base PLY

  • Inicia sesión para ver los comentarios

  • Sé el primero en recomendar esto

What's RancherJP

  1. 1. FUJITSU Knowledge Integration Base PLY 2018.10.10 © 2018 cyberblack28 What’s Rancher JP ?
  2. 2. Profile Twitter:cyberblack28 Hatena Blog:https://cyberblack28.hatenablog.com/ Job Educational Solution Architect Developer Advocate/Technical Evangelist Infrastructure Engineer Frontend Engineer Community Hobby1: Music,Live,FES !! Hobby2: Take a picture !! https://www.flickr.com/photos/cyberblack ISBN-10: 4798155373 ISBN-13: 978-4798155371 I wrote the Chapter 6 Rancher 2.0 part. Release on March 15, 2018 #rancherjp #kujiraya #deepcn
  3. 3. AP Communications Co., Ltd
  4. 4. Agenda 1. What’s Rancher ? 2. Story of Community 3. Introduction of RancherJP 4. Next Challenge 5. Information
  5. 5. What’s RancheR ?
  6. 6. What’s Rancher ? • クラウド、オンプレミス問わずコンテナー環境の構築、運用するため のコンテナー管理プラットフォーム • ホスト(ノード)とコンテナーの管理、アプリケーションのデプロイ、 オーケストレーション環境の自動構築を実現 • 開発はRancher Labs(http://rancher.com/) • オープンソースソフトウェア(サポート付の有償版あり)
  7. 7. What’s Rancher ? Kubernetes Clusters Create Import EKS GKE AKS vSphere Bare Metal Create,Import,Manage Kubernetes Clusters !! Manage
  8. 8. Story of community
  9. 9. Story of Community 昨今のコンテナー界隈の状況は、パブリッククラウ ドが騒がれ始めた時期によく似ています。 クラウドの時代にはコミュニティがエンジニアの成長を支えていくのではないか Publickey 2014年2月21日 この記事のクラウドの部分をコンテナーに置き換え ると当てはまります。
  10. 10. Story of Community コンテナー関連の技術は、社内や仕事を通して学べ る範囲を超えている • 会社の上司が、こうした新技術を包括的に教えてくれますか? • コンテナー基盤におけるDev/Ops,BigData,Machine Learning,IoT等、多岐にわたる分野を教えられる人はいますか? • 「できます、やります、頑張ります!」には限界がありませんか?
  11. 11. Story of Community “社内に一人でも最新の技術をキャッチアップして、 実践して、反映できる人がいれば良いのですが、現 状のIT企業、特に中小企業や最新技術とは縁遠い部 署などでは、最新技術のキャッチアップや技術取得、 社内育成において困難な状況にあります。” 実際の声
  12. 12. Story of Community コンテナー時代の様々な技術を学ぶために社外へ出て 行き、情報収集、情報発信、情報共有を実践してスキ ルアップや社内にフィードバックして育成を計る。 コミュニティがエンジニアの成長のための大事な場所に • 国内外カンファレンス • ミートアップ • 勉強会 • もくもく会 • ハンズオンイベント • ハッカソン • アイディアソン • コミュニティ運営 • 技術書籍 • メーリングリスト • 技術ブログ • SNS(Twitter,Facebook等) • Slack • Qiita • 技術系動画(Webiner含む)の閲覧、配信(YouTube、 CrashAcademy等) • 執筆(IT系の情報雑誌、技術書典の出展) イベントへの参加 情報収集、発信、共有
  13. 13. Introduction of rancher jp
  14. 14. Introduction of RancherJP • Meetup(懇親会含む)の開催(札幌、東京、大阪、京都、広島、福岡) • 定期的なもくもく勉強会、ハンズオン勉強会の開催 • SNS活動(Facebook,Twitter,Youtube) • Slack活動 • イベント出展(オープンソースカンファレンス) #rancherjp
  15. 15. Introduction of RancherJP https://twitter.com/rancherjp/ https://www.facebook.com/rancherjp/ http://slack.rancher.jp/ https://rancherjp.connpass.com/ https://www.youtube.com/channel/UCkczjoJXD_jRffogLZ-ilLg https://crash.academy/
  16. 16. Introduction of RancherJP 開催会場
  17. 17. Introduction of RancherJP Connpass RancherJP Member 1,186 About Two Years
  18. 18. Introduction of RancherJP Rancher Meetup Tokyo #15 (Storage & Persistent Volume) 2018.10.18 (Thu) https://rancherjp.connpass.com/event/99327/ #ranchermeetup
  19. 19. Introduction of RancherJP メリット デメリット • 最新技術、事例等のキャッチアップ • 人とのつながり • スキル、プレゼンテーション、コミュニケーション能力の向上 • 社内フィードバックからの育成 • レベルが高すぎて、ついて行けない • 発表者の徒労に終わってしまう場合もある
  20. 20. Introduction of RancherJP 一部の声 “最新の技術をどんどん取り入れて、実践している人達の話は 参考になりますが、レベルが高くてついていけない。結局何か ら始めてよいのか分からない。” “発表するまでに労力と時間をかけたが、あげるだけで得られ るものが無いと思う時がある。”
  21. 21. Next challenge
  22. 22. Next Challenge #deepcn#kujiraya
  23. 23. Next Challenge 一部の声 “入門者向けのハンズオン勉強会は、入りやすく、有識者に質 問や相談することができるので非常にありがたい。自分のスキ ルアップだけでなく、社内へのフィードバック、育成への良い きっかけとなる。” “登壇者と参加者という形式ではなく、グループディスカッ ションにより色々な意見が飛び交い、同じ悩みを持つ者同士で 改善策や情報共有できて、持ち帰って次に生かせる。”
  24. 24. information
  25. 25. JAPAN CONTAINER DAYS V18.12 2018.12.04-05 @ sola city Conference Center rancherjp30 deepcn30
  26. 26. JAPAN CONTAINER DAYS Training Register 2018.12.03 (Mon) @impress seminar room https://eventregist.com/e/containerdays1812training Docker基礎 1.Docker <座学編> ・サーバ仮想化について ・Dockerの基礎技術~Linuxコンテナー~ ・Dockerとは? ・Dockerの基礎技術~Dockerイメージ~ <ハンズオン編> ・Dockerハンズオン~WordPressの環境作成~ ・参考図書・資料 ・仮想マシンの作成 ・Dockerのインストール ・Docker Hubからコンテナーイメージのpull ・コンテナーの起動 ・起動したコンテナーの確認 ・コンテナーとホストLinuxとの切替 ・コンテナーの起動と停止 ・DockerfileからWordPress環境作成 ・コンテナーのcommit ・コンテナーイメージをDocker Hubにpush ・コンテナーのライフサイクル 2.Docker Compose <座学編> ・複数コンテナー <ハンズオン編> ・Docker Compose ・docker-compose.ymlの内容 ・.envファイルの内容 ・主なコマンド ・コンテナーオーケストレーション Kubernetes(オーケストレーション) 1.Kubernetes ・kubernetesについて Worklad~Podについて~ Network~Serviceについて~ Storage~Volumeについて~ Storage~PersistentVolume(PV)とPersistentVolumeClaim(PVC)について~ Storage~StorageClass~ Storage~ConfigMapについて~ Storage~Secretについて~ オブジェクト識別~LabelとLabel Selectorについて~ オブジェクト識別~Namespaceについて~ ・ハンズオン環境について ・RKE(Rancher Kubernetes Engine)について ・仮想マシン作成とRKEインストール準備 ・RKEのインストール ・RKEでkubernetesクラスターの構築 ・kubectlについて ・kubectlのインストール ・Helmについて ・Helmのインストール ・Prometheusについて ・Prometheusのインストール ・PrometheusとGrafana連携 ・weavescopeについて ・weavescopeのデプロイ ・Guestbookアプリケーションについて ・Guestbookアプリケーションのデプロイ ・Ingressについて ・Ingressの設定追加 ・kubernetes dashboardについて ・kubernetes dashboardのデプロイ 2.Rancher & Kubernetes on CloudGarage <座学編> ・Rancherについて <ハンズオン編> ・Rancher2.0でkubernetesクラスターの構築
  27. 27. Thank you for your attention !!

×