Se ha denunciado esta presentación.
Se está descargando tu SlideShare. ×

【セッション資料】サイボウズのチームリーダーと学ぶ、チーム作りの舞台裏_Cybozu Days 2022

Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio

Eche un vistazo a continuación

1 de 45 Anuncio

【セッション資料】サイボウズのチームリーダーと学ぶ、チーム作りの舞台裏_Cybozu Days 2022

Descargar para leer sin conexión

2022年11月11日に実施した、Cybozu Days2022 における「サイボウズのチームリーダーと学ぶ、チーム作りの舞台裏」セッションの資料です。

2022年11月11日に実施した、Cybozu Days2022 における「サイボウズのチームリーダーと学ぶ、チーム作りの舞台裏」セッションの資料です。

Anuncio
Anuncio

Más Contenido Relacionado

Más de Cybozucommunity (20)

Más reciente (20)

Anuncio

【セッション資料】サイボウズのチームリーダーと学ぶ、チーム作りの舞台裏_Cybozu Days 2022

  1. 1. サイボウズの チームリーダーと学ぶ、 チーム作りの舞台裏 # 写真・SNSシェア歓迎です
  2. 2. 2 ⻘野 誠 ⻘野 誠 ○ ⻘野 誠 ○ ⼈事本部 部⻑ ○ 今年、サイボウズの舞台裏やチーム 運営⽀援チームを⽴ち上げるなど
  3. 3. 3 ○ 登壇者の紹介 ○ イントロ ○ チーム運営事例① サイボウズ式編集チーム ○ チーム運営事例② 営業本部 公共グループ ○ 質疑応答 ○ まとめ 本⽇の流れ
  4. 4. 4 サイボウズ式 編集⻑ 藤村 能光 登壇者紹介 営業本部 営業戦略部 公共グループ リーダー 蒲原 ⼤輔 チームビルダー ⻄⽥ 七海
  5. 5. 5 ○ 社内の各チームリーダーの良い取り組みを共有し 合う⽬的で2022年に社内で試験的に開催 ○ 「忙し度アプリ」「感謝を伝え合う⼯夫」など、 各チームでチーム作りの⼯夫が⾒られた 「リーダーBAR」の取り組み
  6. 6. サイボウズ社内の マネジャー/リーダー 権限と責任 権限と責任 人材 マネジメント 業務 マネジメント A:本部長・部長・室長 C:チームリーダー E:プロジェクトマネジャー D:プロダクトマネジャー
  7. 7. 7 ○ コーポレートブランディング部 副部⻑ ○ 兼 サイボウズ式編集⻑ 藤村能光
  8. 8. 8 サイボウズ式 | 新しい価値を生み出すチームのメディア https://cybozushiki.cybozu.co.jp/
  9. 9. 9 サイボウズ式 編集チーム体制 神保 鮫島 深⽔ 団 ⽵内 藤村 Alex 穂積 穂積︓業務リーダー 神保︓HRリーダー 藤村︓マネージャー
  10. 10. 10 タックマンモデルと成⻑ステージ 規範期 変態期 2018〜19年 2019〜20年 2020〜21年 2022年〜 試⾏錯誤期 時間 成果 形成期
  11. 11. 11 チーム結成時から振り返りを継続 成果 時間 2018〜19年 2019〜20年 2020〜21年 2022年〜 仕事の進め⽅の振り返り 朝会 PJ憲章・取説 KPT イシュー レイジング もくもく会 理想への向き直り リソース共有
  12. 12. 12 課題感 業務に 忙殺されがち ⽬標を ⾒失いがち 仕事の意義を 忘れがち
  13. 13. 13 「個⼈の仕事」と「チームの成果」 に対する貢献を振り返り、 ネクストアクションにつなげる仕組み 振り返りとは何か︖
  14. 14. 14 2つの振り返り 仕事の進め⽅の振り返り KPT
  15. 15. 15 仕事の進め⽅の振り返り
  16. 16. 16 仕事の進め⽅の振り返りとは︖ 1)よかったことを 共有 2)不安なことを 共有 3)共感が集まった 不安を議論 4)ネクストアクション 設定
  17. 17. 17 個⼈の不安をチームで議論 個⼈の不安 チームで話し合い
  18. 18. 18 ネクストアクション設定
  19. 19. 19 KPT (Keep/Problem/Try)
  20. 20. 20 KPTとは︖ 1)Keepを共有 2)ProblemとTryを 共有 3)ProblemとTryを チームで議論 4)Tryを設定し 学びをまとめる
  21. 21. 21 KPTアプリで議論
  22. 22. 22 KPTまとめ
  23. 23. 23 2つの振り返りの共通点 1)チームの心理的 安全性の担保 2)個人の不安を 出し合う 3)チームで 課題解決 4)次の行動を 設定
  24. 24. 24 話しやすく、助け合い、挑戦へ 多様な意⾒を「秒でジャッジ」って傲慢じゃないですか︖ ⽯井遼介さんに聞く⼼理的安全性の⾼いチームのつくりかた | サイボウズ式 https://cybozushiki.cybozu.co.jp/articles/m005885.html
  25. 25. 25 振り返りとは何か︖ 個⼈の 仕事と思い チームの ⽬標・成果 常に問い直し ⾏動する
  26. 26. 26 振り返りとは何か︖ チームの学び直し
  27. 27. 27 ○ 営業本部 営業戦略部 公共グループ ⾃⼰紹介 蒲原 ⼤輔(チームリーダー) ⻄⽥ 七海(チームビルダー) 2016年⼊社 2021年からリーダー 2020年⼊社 2021年に兼務でジョイン
  28. 28. 28 公共グループ体制 ○ 2021年に5名で発⾜後、2022年には10名に規模拡⼤
  29. 29. 29 メンバーからの成⻑に対する不安感 チームのサイクルの中で⼤胆な⽬標を設定し、チャレンジできる仕組み 他メンバーからのフィードバックをもらいやすい仕組み
  30. 30. 30 OKRの導⼊ 30 チームが「⼤胆な⽬標」を達成するための フレームワーク ・O(Objectives)︓⽬標 …定性的でワクワクするもの ・KR(Key Results)︓主要な成果指標 …定量的で測定可能なもの クリスティーナ・ウォドキー. 『OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で⼤胆な⽬標を達成する⽅法』. ⽇経BP社. 2018年 発案
  31. 31. 31 ○ ここから紹介するのはOKRの⼿法を参考にした公共Gでの 取り組みの⼀例です。 ○ そのため、本来のOKRフレームワークとは少し異なる⽅法で 実践している内容もございます。 【注意】
  32. 32. 32 OKRの進め⽅ 公共グループ全体のOKR ※⻑期(8年)・中期(4年)・1年 チームOKR ※1年、四半期 チームOKR ※1年、四半期 チームOKR ※1年、四半期 グループ全体のOKRを 全員で議論して決定 各チームごとにOKR案を作成 全員からのフィードバックを 経てFIX 1 2
  33. 33. 33 公共G全体のOKR 公共Gの⽅向性を決定
  34. 34. 各チームのOKR ⾃信度が「10段階で5前後」に なるように⽬標を設定する →おのずと⼤胆な⽬標になる OKRのポイント 年間・四半期OKRを 設定する
  35. 35. 35 1⽉ 4⽉ 7⽉ 10⽉ 合宿 年間OKR 合宿 合宿 合宿 四半期OKR 四半期OKR OKRの運営⽅法 タスク 計画 実行 振り返り フィード バック 2週間の サイクル ①定期的なOKR計画・振り返りと ②OKR達成のための2週間のサイクル が必要 主で運営
  36. 36. 2週間のOKRサイクル 楽しい雰囲気で︕ 相互コミュニケーションが できるように⼯夫しています。
  37. 37. 37 事前に2週間の振り返りと計画を OKRサイクルアプリに登録 四半期のOKRから逆算して 2週間の計画を⽴て、振り返る
  38. 38. OKRサイクルアプリの中⾝
  39. 39. 39 メンバーからのフィードバック
  40. 40. 40 uよく⽬に⼊る場所にOKRを記⼊し、常に意識する u⼀年や四半期のOKR達成から逆算して、直近2週間のタスクを⽴てる uOKRサイクル発表タイムで2週間の活動の振り返り、計画を発表 uOKRサイクルに対するフィードバックはアプリに記⼊ OKRを形骸化させないための⼯夫 ⽬標の形骸化を防ぎ、ストレッチしたタスクを着実に進める︕
  41. 41. 41 成⻑に対する不安はどう解決した︖ ①チームとして「⼤胆な⽬標」が設定され、チャレンジできる仕組み p OKRのKR(定量指標)では⾃信度5/10の⽬標を設定する ②他メンバーからのフィードバックをもらいやすい仕組み p 定例やアプリでメンバーからのフィードバックをもらうことができる ⾃ずと⼤胆な⽬標が設定され、 新たな視点を武器に ⽬標達成に向けて活動ができる メンバーの成⻑
  42. 42. 42 チームで継続的に改善を進める ⼼理的安全性 情報共有 ⼤胆なチャレンジ (OKR) 振り返り会を通じて、ベースとなる信頼関係の 醸成ができた 2022年から伸ばしてきたポイント フィードバック⽂化 これまで積み上げてきたもの OKRを通じて、チームの⽬標と思考をストレッチ お互いに伸ばし合うチームに。 ストレッチされた⽬標を達成しよう チームの拡⼤に合わせたスペースの再設計 議事録アプリなどの運⽤開始
  43. 43. 43 宣伝 note : サイボウズの舞台裏でチーム作りのノウハウ発信中
  44. 44. 44 サイボウズ式 10周年
  45. 45. サイボウズの チームリーダーと学ぶ、 チーム作りの舞台裏

×