1分でわかるKPT (KPT in one minute)

2.047 visualizaciones

Publicado el

Publicado en: Empresariales

1分でわかるKPT (KPT in one minute)

  1. 1. KPTは改善のためのフレームワークです。 継続的な改善を促進すること、悪いことだけではな く良いことも改善すること、手軽に始め、続けること ができるという特徴があります。 1分でわかるKPT Eiichiro Ogura KPTを使うと何が起こるのか ♪ 働く KPTで振り返る 仕事が KPTで振り返る 仕事が 少し良くなる もっと良くなる KPTの使い方・手順 KPTのテーマを 書きます テーマ Keepには 良かったこと 続けたいこと を書きます Problemには 問題を 書きます Keep Try 良かっ たこと うまくいったTryはKeepに移 動させ、継続できるようにし ます Tryには Keepをもっと良くする方法 問題の改善方法 挑戦してみたいこと その他 を書きます Problem Keep, Problemに 対応するTryを 考えます 使うもの ふせん 模造紙(大きめの紙) ペン KPTの流れ 1. 個人でふせんにKeep, Problem, Tryを書きます。 ※個人のものでも、チームのものでも、なんでもかまいません 2. 1人1枚ずつ、内容を説明しながら大きな紙に貼ります。 ※話を聞いて更に気づいたことがあれば、自分の順番にそれを貼ります 振返り毎に新しいKPTを作るのではなく、テー マ毎に1つのKPTを作り、それを継続して使用 します。そうすることにより、継続的に問題意識 の擦り合わせや改善を行うことができます。 3. TryがないKeep, Problemがあれば、Tryを作れないか考えます。 4. 次の振り返りまでに、どのTryを行うのか決めます。 ※2回目以降は、次の作業も行います。 今までに出ているKeep, Problem, Tryのメンテナンスと、前回~今回までの振り返りを行います。 ・Keep : チームに定着したり、仕事のやり方が変わったりして、必要なくなったものを外します ・Problem : Tryしていないけど解決しているものを外します ・Try ; Tryする必要がなくなったものを外します。TryしてうまくいったものをKeepに動かします KPTをうまくやるポイント 責任よりも仕組みや行動の改善 うまくいったTryはKeepに 必要なくなったKeep, Problem, Tryは外す KPTに出てくるものは他人事ではなく自分事 発言時間は参加者でなるべく平等に分ける … 参考文献 天野勝 (2013) 『これだけ!KPT』 すばる舎

×