Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

Speed Up Web 2012

1.197 visualizaciones

Publicado el

「エンジニアサポート新年会2012 CROSS」での LT 資料です

Publicado en: Tecnología
  • Sé el primero en comentar

  • Sé el primero en recomendar esto

Speed Up Web 2012

  1. 1. Web 高速化 @2012村地 彰 aka hebikuzure
  2. 2. about hebikuzure  村地 彰 aka hebikuzure  hebikuzure@hebikuzure.com  @hebikuzure  http://www.hebikuzure.com/  http://hebikuzure.wordpress.com/  http://d.hatena.ne.jp/hebikuzure/  Microsoft MVP (Client Operating System, Internet Explorer)2 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  3. 3. Web はどんどんリッチになっている クライアント/サーバー間の 通信量の増大 クライアントが処理するコード の増大 複雑なレンダリングの繰り返し3 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  4. 4. 結果として…どんどん遅くなってヤバいんじゃない??4 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  5. 5. そこで… Web 高速化テクノロジー へのニーズが高まっている5 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  6. 6. 通信 レンダリング Web 高速化 ユーザー コード実行 エクスペリエンス6 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  7. 7. 通信の高速化 HTTP プロトコルの改善/置換 SPDY HTTP 2.0 データ転送の効率化 Web Sockets Web RTC7 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  8. 8. SPDY  Google が提唱している新しい Web プロトコル  1サーバーに対するすべてのリクエスト/レスポンス を単一のHTTPS コネクション内に収容し、高速化を 図る  Chrome / Firefox で実装済み(既定では無効)  Amazon の Kindle Fire 上の Silk ブラウザーで利 用されている( Silk は EC2 上のサービスとのみと 接続するため)  http://dev.chromium.org/spdy8 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  9. 9. Web RTC  Web ブラウザーから端末のメディア デバイ ス(カメラ、 マイクなど)を制御したり、そのデータを P2P で転送するための JavaScript API  今の所 Opera 開発ビルドでのみ実験的に 実装されている  Chrome でも実装の準備が進んでいるらしい  http://www.webrtc.org/9 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  10. 10. コード実行の高速化 JavaScript の高速化 実行エンジンの高速化 並列処理 (Web Workers) ネイティブ コードのブラウザー 内実行 NaCl / PNaCl10 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  11. 11. NaCl / PNaCl  NaCl は「Native Client」の略  ブラウザー上で CPU ネイティブ コードを実行 できるサンドボックス メカニズム  Google が提唱、Chrome に実装済み (デフォルト無効)  CPU ネイティブではなく中間コードを実行する 「 Portable Native Client」( PNaCl )を 開発中  http://code.google.com/p/nativeclient/11 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  12. 12. レンダリングの高速化 ハードウェア アクセラレーション Web GL12 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  13. 13. ハードウェア アクセラレーション  Internet Explorer 9 ではレンダリング エンジ ンが Direct X を利用して描画する  Direct X はハードウェア アクセラレーション を利用するので、IE8 以前に比べてレンダリン グが高速化された  問題点 プラットフォーム依存の機能を利用する事に なるので、クロス プラットフォームのブラ ウザーでは実装が難しい13 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  14. 14. Web GL  ブラウザーから Open GL を呼び出して 3D グラ フィックスを描画するための仕様  IE 以外の各ブラウザーで対応  問題点  セキュリティー上の懸念がある(ビデオ ドライ バーのセキュリティホールを衝ける、など)  上記のセキュリティー上の問題を理由に、 Microsoft が実装をする可能性がほとんどない (IE では利用できない)14 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  15. 15. UX の高速化  ユーザー インターフェイスの改良などで、ユー ザーの「見た目」「体感」での高速化を図る ページ内要素すべての読み込みやレンダリン グが完了していなくても、アプリケーション としての機能が利用できるようにする 動的なメニューやダイアログの表示で、内容 の列挙を待たずにフレームの描画を開始する スムーズなズーム イン/ズーム アウト15 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27
  16. 16. まとめ 高速化テクノロジーは日進月歩 古いブラウザーと新しいブラウザー では作業効率が違ってくる ブラウザーは最新版を使いましょう16 hebikuzure @ エンジニアサポート新年会2012 CROSS 2012/1/27

×