Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

「俺の背中について来い」アジャイルチームを一気に立ち上げる方法

5.346 visualizaciones

Publicado el

企業内でアジャイルを始めようとすると様々な障壁が見えてきます。その壁を越え、企業活動との融和を目指すためのアジャイルチームの立ち上げ方を、ゼンアーキテクツのNAISEI Build-up programでの活動を例に挙げて解説します。
【DevLove甲子園2015東日本大会MVP受賞講演】

Publicado en: Software
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí

「俺の背中について来い」アジャイルチームを一気に立ち上げる方法

  1. 1. 「俺の背中について来い」 アジャイルチームを一気に立ち上げる方法 2015/12/12 株式会社ゼンアーキテクツ 岡 大勝 Enterprise Agile in-house project to considerbefore launching "Three things".
  2. 2. ⾃自⼰己紹介 • 第⼀一勧銀情報システム(現:みずほ情報総研) • VOS3  COBOL&MS-‑Cプログラマ • ⽇日本DEC • 主に⽣生保・損保・銀⾏行向けの • 資産運⽤用システムに携わる。 • ⽇日本HP • ⾦金融機関向けのシステムアーキテクチャ設計、 • 開発プロセス設計、運⽤用プロセス設計を⾏行う。 • ⽇日本ラショナルソフトウェア • 開発プロセス(RUP)および オブジェクト指向分析設計⼿手法 の導⼊入コンサルティング。 • ゼンアーキテクツ • 2003年よりIT設計事務所として活動。お客さまのIT投資の最適化を ⽬目指し、アーキテクチャ中⼼心のプロセス改善を推進。 岡 ⼤大勝 (おか ひろまさ) 株式会社ゼンアーキテクツ CEO/チーフアーキテクト プロフィール
  3. 3. 著作 /  翻訳
  4. 4. 私たちのアジャイルへの取り組み アジャイル + アーキテクチャ 企業システムの アプリケーション開発“内製化”⽀支援
  5. 5. • ラッセルチーム(※)で内製⽂文化の垂直⽴立ち上げ • 実績:9社11システム (2013/6〜~) • 業種:⾦金融、製造、⼈人材サービス、医療 • 5社7システムで⽀支援継続中 Powered  by Team  with マイクロソフト株式会社 クロスプラットフォーム開発パートナー アトラシアンエキスパート(正規販売代理理店) https://www.microsoft.com/ja-­‐jp/server-­‐cloud/Solutions-­‐Cross-­‐Platform-­‐Apps-­‐Partners.aspx https://ja.atlassian.com/resources/experts/?tab=find-­‐an-­‐expert&expertName=ZEN (※)ラッセル=登⼭山で、深い雪をはらいのけ道を開きつつ進むこと。
  6. 6. まっさらな企業に アジャイルチームを立ち上げる
  7. 7. まっさらな企業に アジャイルチームを立ち上げる しがらみの多い
  8. 8. コンプライアンス PMO 予測型(ウォーターフォール型)の事業活動の管理統制機構 事業計画 ガバナンス 品質保障 ステアリング コミッティ 業務規約 ROI アジャイル チーム 取締役会 情報セキュリティ 企業活動 に準備なく アジャイル を放り込むと、、
  9. 9. アジャイル チーム コンプライアンス PMO 予測型(ウォーターフォール型)の事業活動の管理統制機構 事業計画 ガバナンス 品質保障 ステアリング コミッティ 業務規約 ROI 取締役会 情報セキュリティ 様々なギャップから軋轢が発生
  10. 10. もはや、 何と戦っているのかすら 分からなくなる
  11. 11. アジャイル チーム コンプライアンス PMO 予測型(ウォーターフォール型)の事業活動の管理統制機構 事業計画 ガバナンス 品質保障 ステアリング コミッティ 業務規約 ROI 取締役会 情報セキュリティ 企業活動と融和すべく うまく 立ち上げる
  12. 12. 試みが失敗に終わると...
  13. 13. その戦いの後の数年間、 社内で アジャイル という言葉を耳にする ことはありませんでした。
  14. 14. エンタープライズ =“ややこしい環境” シンプルなアジャイル(Scrum)をそのまま受 け⼊入れることが難しい環境
  15. 15. 企業システムも基本はScrum • シンプルなScrumで回せればベスト Scrum
  16. 16. Scrum Scaleさせるべきパラメータは、組織や 環境によって異なる Scrum チームサイズ 品質 統制組織
  17. 17. 企業でアジャイルを⽴立ち上げるために 不可⽋欠な2つの活動 ü プロダクト⽣生産活動 ü 企業活動との融和
  18. 18. ビジョン 継続的 リリース計画 エンタープライズ アジャイル チーム スコープ コントロール 新しい アイディア 継続的な 製品化 新たな施策 ⽣生産活動の透明性 ⽬目的軸 フローコントロール 事業としてのプロダクト⽣生産活動 事業での 結果 エンタープライズアジャイルの ⽬目指すべき姿 プロダクト生産活動 企業活動との融和
  19. 19. 企業活動との融和 重いテーマです。 詳しくは下記資料をご覧下さい。 http://www.slideshare.net/hiromasaoka/ss-­‐56007035 SlideShareにアクセスできない環境では、こちらからダウンロードできます。 http://zenarchitects.co.jp/enterprise-­‐agile-­‐3things-­‐201512/
  20. 20. 今日の本題
  21. 21. プロダクト生産活動
  22. 22. 2つの成功条件 安定した生産 透明性 揃って実現できれば、企業活動として認められる。
  23. 23. 2つの成功条件 安定した生産 透明性
  24. 24. だらだらしてたら即終了 垂直立ち上げが必須
  25. 25. 必要なのは、 圧倒的成功のみ
  26. 26. 社内の人でも、 社外の人でも、 状況は同じ
  27. 27. Process Architecture Tool Engine Team
  28. 28. Azure  WebApp ASP.NET5  WebAPI Azure  SQL  Database Entity  Framework SPA/MSA AngularJS TypeScript Bootstrap SASS/SCSS SendGrid ZENStackEnterprise2015 gulp Visual  Studio  2015 Karma KendoUI Azure   Operational   Insights JIRA  Agile Confluence Bitbucket/SourceTree HipChat Disciplined   Agile   Delivery  (DAD) ZENCore2015 Availableto  use Azure  Active  Directory   (AAD) Identity  Framework Cucumber Selenium  WebDriver Smartek SWAT Microsoft  TFS/VSO Enterprise  Architect RaQuest Rational  Unified   Process OOAD DDD Knockout.js jQueryUI Nginx Windows  Server  2013 Redis Cache Ubuntu  Linux  Server ASP.NET  MVC6 OAuth2 OpenID Connect Amazon  Route  53 ADD/ATAM Scrum CurrentryPrepareing/Candidate  2016  Core ReactJS Azure  DataFactory Azure  DataLake Node.js ECMAScript6 Machine  Learning JIRA  PortfolioFront-­‐EndBack-­‐EndOperationDevelopment Azure  DataWarehouse Project-­‐MgmtProcess Large-­‐Scale  Scrum Scaled  Agile   Framework  (SAFe) BDD Event  Hub Stream  Analytics SQL  Server   2015 Cucumber Selenium  WebDriver Smartek SWAT Microsoft  TFS/VSO Enterprise   Architect RaQuest Rational  Unified   Process Knockout.js jQueryUI Nginx Windows  Server  2013 Redis Cache Ubuntu  Linux  Server ASP.NET   MVC6 OAuth2 OpenID Connect Amazon  Route  53 Scrum JIRA  Portfolio SQL  Server  2015 Cucumber Selenium  WebDriver Smartek SWAT Microsoft  TFS/VSO Enterprise  Architect RaQuest Rational  Unified  Process Knockout.js jQueryUI Nginx Windows  Server  2013 Redis Cache Ubuntu  Linux  Server ASP.NET   MVC6 OAuth2 OpenID Connect Amazon  Route  53 Scrum JIRA  Portfolio SQL  Server  2015 Architecture
  29. 29. Client Side WebBrowser (Presentation) View   (HTML) JavaScript FrameWork User   Event View   Model WebSocket Driver Validation ViewModel Server  Side Server <PaaS> App Service ASP .NET ASP .NET Application MVC Controller WebAPI Controller (REST   API) Service Identity (Authn/Authz) Business Model View   Model View Model Redis Cache SQL  Database Application Insights Business Object  A Business Object  B Send  Grid Validation Create HTML  Docs API  call (HTTP) WebSock et JSON Entry WebJobs Web  Apps Send  Mail Logging   & Notification JSON response MVC Controller Web  API Controller (REST  API) ZEN Stack Reference Architecture Azure  AD/AD Architecture
  30. 30. Process Tool Team Lifecycle
  31. 31. Engine 三宅 和之 株式会社ゼンアーキテクツ CTO 兼 共同代表
  32. 32. 内製チーム<New>ラッセルチーム Team ・技術を知っている ・走り方も知っている ・ルールに従って、 真面目に製造できる 普通の開発者集団 ・技術を知らない ・走り方も知らない ・素直さにあふれる 将来の内製メンバー
  33. 33. 一式、持ち込む。
  34. 34. Engineが駆動する。
  35. 35. その日から生産開始。
  36. 36. 開発プロジェクトの4種類のリスク •スキルリスク •技術リスク •要求リスク •政治リスク プロダクト生産活動 企業活動との融和
  37. 37. ・いつもの技術 ・いつもの回し方 ・いつものエンジン リ ス ク 試行錯誤を極小化
  38. 38. 絶対に負けない確信を持って 始める
  39. 39. メンバーの⼿手が動かなくても、 最悪、⾃自分が引き取る覚悟で臨む。 他⼈人に依存した時点で終了。 元銀⾏行行員
  40. 40. ⽴立立ち上げプロセス Agile  Project  Initiation企画検討結果 業務フロー 機能⼀一覧 既存システム プロダクトビジョン 初期のプロダクトバックログ 初期のリリース計画 最初に⻑⾧長期計画 いつ、何が、いくらで Team Engineインセプション (スプリントゼロ) スプリント1 シードストーリー ・いちばんの興味 ・実装上のリスク きっちりスプリント計画 いきなり作る 初期のベロシティ Build Deploy Architecture リファレンス アーキテクチャ スプリント1デモ
  41. 41. 企画検討結果 業務フロー 機能⼀一覧 既存システム プロダクトビジョン 初期のプロダクトバックログ 初期のリリース計画 Team Engineインセプション (スプリントゼロ) スプリント1 シードストーリー ・いちばんの興味 ・実装上のリスク 初期のベロシティ Build Deploy Architecture リファレンス アーキテクチャ スプリント1デモ ⽴立立ち上げプロセス Agile  Project  Initiation 最初に長期計画 いつ、何を、いくらで いきなりスプリント 最初から全力で作る いきなりフロントエンド一式 いきなりデプロイ
  42. 42. ・最初から長期計画を持て ・いきなり固いバックログ管理 ・いきなり全力で作る ・いきなりフロントエンド一式 ・顧客がいちばん欲しいものを見せる ・いきなりプロジェクト安定稼働 プロの仕事であること 俊敏であり続けること
  43. 43. 最初からコードにこだわれ ü プロダクト品質の安定 ü ベロシティの安定 ストーリーの粒を揃えろ 常にチームの状態を把握しろ
  44. 44. 企画検討結果 業務フロー 機能⼀一覧 既存システム プロダクトビジョン 初期のプロダクトバックログ 初期のリリース計画 Team Engineインセプション (スプリントゼロ) スプリント1 シードストーリー ・いちばんの興味 ・実装上のリスク 初期のベロシティ Build Deploy Architecture リファレンス アーキテクチャ スプリント1デモ ⽴立立ち上げプロセス Agile  Project  Initiation
  45. 45. ツール=プロの道具 ・手に馴染んでいれば何でもいい ・その日から回し始められるか ・ITのプロなら道具は毎年見直せ
  46. 46. 最初から長期計画を持て
  47. 47. 常にチームの状態を把握しろ バーンダウン ストーリーの粒粒度度が⼤大きい タスクの質と粒粒度度 精度度の予実
  48. 48. 絶対に負けない確信はあるか
  49. 49. 自信がないなら、 プロジェクトを始める前に やることがある。 ⽴立ち上げプロセス/Agile Project Initiation http://www.slideshare.net/hiromasaoka/ss-­‐50864954
  50. 50. 自信がある。 よし、プロジェクト開始だ。 最初から全力で走る。
  51. 51. そして淡々と、走り続ける。
  52. 52. 俺の背中について来い。 そう言える日が来るはずだ。 本資料は、株式会社ゼンアーキテクツの NAISEI  build-‑up  program の活動内容を解説したものです。 みなさまのコンテキストに読み換えてご活⽤用ください。
  53. 53. 54 zenarchitects.co.jp facebook.com/zenarchitects

×