Se ha denunciado esta presentación.
Se está descargando tu SlideShare. ×

2022IMCJ_アーティストの成長におけるKPI設定と、データ活用とは

Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Próximo SlideShare
Digital strategy in Japanese
Digital strategy in Japanese
Cargando en…3
×

Eche un vistazo a continuación

1 de 37 Anuncio

Más Contenido Relacionado

Similares a 2022IMCJ_アーティストの成長におけるKPI設定と、データ活用とは (20)

Más reciente (20)

Anuncio

2022IMCJ_アーティストの成長におけるKPI設定と、データ活用とは

  1. 1. アーティストの成⻑におけるKPI設定と、データ活⽤とは Todayʼs Theme
  2. 2. 本⽇のゴール 「アーティストの成⻑」を⽬的にした時に、 1. 何を最重要要因とするか? 2. 最重要要因はどう数値化、マネジメントか? コチラを明らかにします 2
  3. 3. ⾃⼰紹介 Twitter note 職歴 レコード会社:宣伝担当 ↓ 代理店:コミュニケーションプランナー ↓ プラットフォーム2社⽬:⾊々 趣味 トレイルラン ↓ サウナ ↓ ホルモン&ビール 3
  4. 4. KPIってそもそも何なんw 4
  5. 5. CSF ⽬標到達における、最重要要因の数値化 現状 ⽬標 / KGI 戦略 📝 KPI ⽬標とKPI 5
  6. 6. CSF ⽬標到達における、最重要要因の数値化 現状 ⽬標 / KGI 戦略 📝 KPI ⽬標とKPI:筋トレ的な話だと 6 ワガママバディ ⽬標の体 筋トレメニュー? ⾷事メニュー? データは⾒るためじゃなく、活かすために活⽤するもの。 ⽬標の体を⽬指すために、どういうダイエットを⾏うか? 筋トレなのか?⾷事制限なのか? その場合は何をトラッキングするか?
  7. 7. ここで先に結論
  8. 8. 8 これだけ⾒ましょう! ① 総再⽣者数 ② 総フォロワー数 ⽐率 #週間 #⽉間 #週間 #⽉間
  9. 9. 9 いっぱいデータ取れるのに、 何⾔うとんねん、コイツー!!
  10. 10. 10 データ分析の落とし⽳ ① Too Late to Start ② Too Hard to Operate ③ Too Difficult to Understand 「できるだけ正確に!」「みんなが驚く分析を!」と志を⾼く過ぎると続かない。 分析項⽬が多かったり⼿間がかかると、運⽤できない。 分析者しかわからないデータ分析には意味がない。伝えて初めて意味がある。 by 樫⽥光 | Hikaru Kashidaさん
  11. 11. 11 KISSの法則 Keep It Short and Simple データ全てを網羅しようとすると、地獄が待っています 『地獄からの脱出』を図りましょう
  12. 12. 12 Physical SNS 総合 / etc Digital アーティストや楽曲にまつわるデータ類 by 溝江⼒也さん(EVIL LINE RECORDS)
  13. 13. 13 STEP 1 STEP 2 STEP 3 分析項⽬ ①総再⽣者数 ②総フォロワー数 と、その⽐率 分析項⽬ ①owned SNS・ファンクラブ ②フィジカル・ストリーミング 分析項⽬ ①ソーシャルリスニング ②外部データ データ分析のSTEP 外部データ
  14. 14. 14 STEP 1 STEP 2 STEP 3 分析項⽬ ①総再⽣者数 ②総フォロワー数 と、その⽐率 分析項⽬ ①owned SNS・ファンクラブ ②フィジカル・ストリーミング 分析項⽬ ①ソーシャルリスニング ②外部データ データ分析のSTEP 外部データ 今⽇ココ!
  15. 15. 15 改めて!まずはコレだけ! ① 総再⽣者数 ② 総フォロワー数 ⽐率 #週間 #⽉間 #週間 #⽉間
  16. 16. 16 何故、これだけでいいのか?
  17. 17. 17 今回の⽬的は、「アーティストの成⻑」 ⽬的の解像度を⾼めよう ちょいとフワッとしてる。 解像度⾼める
  18. 18. 18 今回の⽬的は、「アーティストの成⻑」 ⽬的の解像度を⾼めよう 解像度⾼めた例: 1. 指名聴きユーザー最⼤化の継続 2. 特定ジャンルでの、第⼀想起獲得 3. 特定ジャンルでの、TOP◯位の認知 ちょいとフワッとしてる。 解像度⾼める
  19. 19. 19 今回の⽬的は、「アーティストの成⻑」 ⽬的の解像度を⾼めよう 解像度⾼めた例: 1. 指名聴きユーザー最⼤化の継続 2. 特定ジャンルでの、第⼀想起獲得 3. 特定ジャンルでの、TOP◯位の認知 オススメはコチラ ちょいとフワッとしてる。 解像度⾼める
  20. 20. 20 アーティストの成⻑ = 指名聴きユーザー最⼤化の継続 ブレないために、定義する 1. フォロワー(SNS / YT / Streaming) 2. フィジカル・グッズ購⼊者 3. Own Playlist and Library的データ 4. etc …
  21. 21. 21 指名聴きのケース例
  22. 22. 22 指名聴きのケース例 いろんなケースあるけど、フォローがレコメンドにも効いてくるし 「フォロワー」を指標にしましょう! データ取るの瞬殺だし!
  23. 23. 23 アーティストの成⻑ = 指名聴きユーザーの最⼤化継続 ブレないために、定義する 1. フォロワー(SNS / YT / Streaming) 2. フィジカル・グッズ購⼊者 3. Own Playlist and Library的データ 4. etc … コチラにします!
  24. 24. 24 SNSのフォロワー数(Twitter / Instagram / facebook) + 映像系のフォロワー数(YouTube / TikTok) + ストリーミング系のフォロワー数(Spotify等) 総フォロワー数 シンプルに、指名聴きユーザー = 総フォロワー数とします 総フォロワー数
  25. 25. 25 重複してるのに、なんで⾜してるねん!
  26. 26. 26 デメリット • 共有しやすい • 分かりやすい • 運⽤が楽 メリット • 重複しているため、本当の指 名聴きユーザー数が分からぬ →どうせわからん! • フォロワー増加施策に⾛って しまいかねない(不⽑) →気をつけましょ! メリットとデメリット < メリットの⽅が多いから! 楽だし、みんなわかる!
  27. 27. 27 KISSの法則 Keep It Short and Simple データ全てを網羅しようとすると、地獄が待っています 『地獄からの脱出』を図りましょう
  28. 28. 28 改めて ① 総再⽣者数 ② 総フォロワー数 ⽐率 #週間 #⽉間 #週間 #⽉間 ここ⼤事!ってお話でした→
  29. 29. 29 総再⽣者数を、なぜ指標とするのか? アーティストの成⻑過程から考えます。
  30. 30. 無料 有料 FC アーティストのグロースループ 視聴 離脱 キッカケ 継続視聴 好意形成 フォロー 習慣化 体験満⾜度 費⽤対満⾜ 興味形成 解像度向上 キッカケ キッカケ 充⾜ コミュニティ 優位性 体験・精神 ⼈⽣の⼀部化 指名聴きユーザー 過去の視聴の複利 離脱
  31. 31. 無料 有料 FC アーティストのグロースループ 視聴 離脱 キッカケ 継続視聴 好意形成 フォロー 習慣化 体験満⾜度 費⽤対満⾜ 興味形成 解像度向上 キッカケ キッカケ 充⾜ コミュニティ 優位性 体験・精神 ⼈⽣の⼀部化 過去の視聴の複利 離脱 ここがないと始まらない! ここは総再⽣者数と⾔える 指名聴きユーザー ※継続視聴者も含むけど
  32. 32. 32 これだとちょっと分かりづらい…という⽅には
  33. 33. 33 リーチ数 × 視聴率(アーティスト・楽曲⼒・⽂脈) × 継続視聴率 = 総再⽣数 SNS・⼝コミ 想起⼒ 楽曲の総再⽣数を式でも
  34. 34. 34 リーチ数 × 視聴率(アーティスト・楽曲⼒・⽂脈) × 継続視聴率 = 総再⽣数 SNS・⼝コミ 想起⼒ 楽曲の総再⽣数を式にすると 総再⽣者数
  35. 35. 35 改めて ① 総再⽣者数 ② 総フォロワー数 ⽐率 #週間 #⽉間 #週間 #⽉間 ここ⼤事!ってお話でした→
  36. 36. 36 まとめ
  37. 37. 37 1. 総再⽣者数・総フォロワー数・⽐率をデータマネジメントしましょう 2. 無理しない!シンプルに!みんなに伝わるデータ分析を! 3. 余裕や、更なる興味が⽣まれればもっと掘り下げて分析しましょう! まとめ

×