Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
フレンゼル-ファタ 耳抜き法 実践講座: 
(Frenzel-Fattah Equalizing Workshop:) 
フリーダイバとスキュのため最適な耳抜きのステップガイド 
著作権エリック・ファタ2001、2006 
(編集ピータ・スコッ...
フレンゼル・テクニック実践 
1 
紹介 : 
エリック・ファタは、レンゼルテニを説明するために「フレンゼル・ァタ均衡化文 書」を初めて書きました 。 
これは残肺気量(80m+)以下でうまく耳抜きするにするための戦略で。 
インターネット上の...
フレンゼル・テクニック実践 
2 
ません。 通常、準備なしでより深くフリーダイビングすることは危険なので、新しい深さにあた がトライする際は注意してください! 
横隔膜による強い耳抜きは、耳と肺の気圧傷害の可能性を増やすかもしれません。 
機...
フレンゼル・テクニック実践 
3 
そしてれは傷害が生じる恐あります。 
注意:耳抜きが効果的でないダイバーが潜行時、残肺気量少ない深さで耳また肺に気圧傷害を生 じる恐れがあります。 
ハンズフリー法(耳管を自由意志で開くこと) 
説明:潜行の...
フレンゼル・テクニック実践 
4 
この技術は一部ダイバーが彼ら耳管小さいサイズのために熟達するが難しか、 
不可能です。 
より遅い降下速度が効果的な均衡化のために必要である場合がります。 
通常はダイバーの残肺気量が少なくても問題い場合、効...
フレンゼル・テクニック実践 
5 
利点:すべての深さで信頼きる。 
迅速な降下は簡単です。 
残肺気量が少ない深さのダイビング効果的 
(制限は口-一杯だけのサイズです) 
耳管圧の低下が決して起こらないとを意味、定は維持されるできます。 
...
フレンゼル・テクニック実践 
6 
もう一つのバリエーション(セスチャ・ムラット)が、あります: 
鼻洞をあふれさせるとき、水が耳管に入るのを防ぐため表面方へ頭後ろ傾けてください。 このバリエーションは海水が耳管に入るときの問題または炎症または...
フレンゼル・テクニック実践 
7 
パート1:均衡化(耳抜き)の生理学 
下図が人間の頭断面です。 
肺に通じる路は、気管(Trachea)と呼ばれてい ます。 
それは、喉頭蓋によって開閉さることができま す。 
胃に通じる路は、食道(Eso...
フレンゼル・テクニック実践 
8 
パート2:フレンゼル・テクニッ(Frenzel Technique) 
下図がフレンゼル・テクニッをした時の人間頭断面図です。 
舌は、ピストンの働きをします。上後方へ押ことによって全ノドの空間は、 
鼻はク...
フレンゼル・テクニック実践 
9 
押しつぶされます。すると空気は何処かに行なければらい。 
空気は肺に行こうとするが喉頭蓋閉じられてい、空気は胃に行こうとするが食道閉じて いる、空気は鼻を経由して外に出ようとするが指で閉じられている。 
空気...
フレンゼル・テクニック実践 
10 
3.軟口蓋を中立位置の方へ動 かしてください。 
“鼻音 ンヌ (発音記号: /n/)を発声するイメージ” 
noonのnを発音する。 
4.喉頭蓋を閉じてください。 
“唾を呑みこむイメージ” 
5.舌を...
フレンゼル・テクニック実践 
11 
残念なことに、大部分の人々はどよう喉頭蓋か軟口を支配するべきついてわり ません、そして大部分の人々はピストンと舌を使う方法知り。 
この文書目的は、上記ステップ各々を学ぶため手順を記述することになっていま。...
フレンゼル・テクニック実践 
12 
『中程度の頬一杯』をするために、彼らがちょうどふくみ始まであなの頬満し てください。 
『あなたの口をほんわずか空気で満す』と私が言う時、『中程度の頬一杯』の事です。 
ステップ2:喉頭蓋をコントロールする...
フレンゼル・テクニック実践 
13 
1. あなたの口を開いてくださ、そしれ大きておいくださ。 
2. 吸引、しか少の空気もあなた肺に入るを許ま せん 
3. 言い換えると『あなたのどを閉じて』、たのどに対して吸い 込んでくださ4. あなたが喉...
フレンゼル・テクニック実践 
14 
1. あなたの口を閉じてください 。 
2. あなたの鼻を通して吸い込んでくだ さい 。 
3. あなたの鼻を通して息吐き出ください 。 
4. あなたの鼻を通して吸い込んでくだ さい 。 
5. あなたの...
フレンゼル・テクニック実践 
15 
10. 一旦あなたが鼻か口を通して呼吸す ることができ確信すならば、 
(口を開いておく)、 
次のステップまで進行してください。 
11. 深く吸い込んでださ。 
12.口を大きく開いてそれ維持しださい。...
フレンゼル・テクニック実践 
16 
(上がってもいなく、下で) 
ステップ4:『舌ブロック』を当てること学んでください 
今、あなたは舌だけで気流をふさぐことを学ばなけれりません 
1. あなたの口を通して息吐き出始めください 
2. あなた...
フレンゼル・テクニック実践 
17 
10. あなたが空気を舌で口から流れ出るのを止めことができま、上記ステップ繰り返 し続けてください。 
11. あなたが喉頭蓋を閉じるか、口ことによって不正行為しい確認ください。あなたの唇は、開いてるまでけ...
フレンゼル・テクニック実践 
18 
8. 言い換えると空気をシュノーケルで吸って、そし『舌ブロック』適用ください。 
空気をのどと肺に押し込むため、後ろあな舌上げてください。 
9. この時、あなたの臼歯によってあなたの舌側はあなたの口上であ...
フレンゼル・テクニック実践 
19 
フレンゼル・テクニッをするために、軟口蓋中立位置保ってい間あなは喉頭閉じることを学ばなけれりません。 
これは全く難しい場合があり、学ぶために時間かます。 
そして、れはば全技術で最も難い部分す。 
1. ...
フレンゼル・テクニック実践 
20 
10. あなたがまだ上記の運動に熟達することできいらば、以下をめしてくさ: 
11. もう一度、優しくあなたの鼻をつまんでださい。 
12. あなたの口から空気90%を吐き出してください。 
13. あなた...
フレンゼル・テクニック実践 
21 
18. あなたが頬を満すことができるま、上記のエクサイズを実践し続けてください。 
あなたの喉頭蓋を閉じて、あ頬しぼっ鼻から空中に気をし出てく ださい。 
あなたがそうするとき、喉頭蓋は閉じられま。 
そし...
フレンゼル・テクニック実践 
22 
(もちろん、鼓膜にダメージを与えないでくださ!) 
6.あなたが、鼻をふさぐことによって『ポンと鳴る』こができま、フレゼル・テ クニッを陸地に行い続けてくださ。 
ステップ8:水の中でそれをテストしてくださ...
フレンゼル・テクニック実践 
23 
一定の深さで、突然、もはや十分な空気がフレンゼル・テクニッを実行するために彼のど にないことが、フリーダイバはわかります。 
フリーダイバがフィートァス(足潜行)時にも起こります。 
しか、頭ら下るときヘッ...
フレンゼル・テクニック実践 
24 
しか、横隔膜フレンゼルでさえ肺の残り空気ボリュームが口とどを満たすこきないくら少る深さは来ます。その深さ後、横隔膜フレンゼルえ失敗します。 
さらに耳抜きを続ける唯一の方法は その深さに達する前十分な空気を...
フレンゼル・テクニック実践 
25 
以下のガイドランは、あなたが最適深さを学ぶに役立つかもしれません: 
・吸ってダイブしてくださいー 100mまでダイビングする為の20-30m間 
・機能的残気量 ダイブ: ―60mまでのダイビングする為の...
フレンゼル・テクニック実践 
26 
7. 空気があなたの口と頬にればもっと多くの時間、耳抜きすることができはず。 
8. あなたは、口の空気でマスクを均衡気圧にすることもできま。 
そうするために、フレンゼル役立ってくださいしかあなの鼻をふが...
フレンゼル・テクニック実践 
27 
付録A:パッキング方法 
注:パッキングは、フレゼル・テクニをマスターするのに役に立つ技術です、しか、過度 のパッキングは、めまい意識喪失肺気圧傷害と身体的な怪我原因るこがありす。 
めまいたは苦痛が伴うほ...
フレンゼル・テクニック実践 
28 
12. ストローを取り出してください 
13. あなたの肺にそ空気を押し戻すめ、頬使ってください 。 
14. ストローを使うことなく、あたの口で空気吸引(Suck)してください。 
15. あなたの肺にそ...
Próxima SlideShare
Cargando en…5
×

図解 フレンゼル法(フレンツェル法) 耳抜き法 Revised edition by Japanese

3.939 visualizaciones

Publicado el

ネットで公開してあるフレンゼル(フレンツェル法) 耳抜き法 を参考にイラストを挿入してわかりやすいドキュメントを作成。英語版もあり
関連サイト:ダイビングファン
http://divingfan.net/

ダイビングツアー、ライセンス、事故、歴史、種類、目的から潜水技術までわかりやすく説明。

Publicado en: Deportes
  • Sé el primero en comentar

図解 フレンゼル法(フレンツェル法) 耳抜き法 Revised edition by Japanese

  1. 1. フレンゼル-ファタ 耳抜き法 実践講座: (Frenzel-Fattah Equalizing Workshop:) フリーダイバとスキュのため最適な耳抜きのステップガイド 著作権エリック・ファタ2001、2006 (編集ピータ・スコット(2006)) コメント、質問と将来の改訂へ提案は歓迎します! 電子メールを送って、私たちに知らせください。mailto:info@liquivision.ca 無断改訂しないかぎり限、この文書配布、翻訳は自由です。 あなたが翻訳したならば、関連ウェブサイトLiquivisionにリンクできるよう 著者に連絡してください。http://www.liquivision.ca/ Frenzel.doc. 声明文:すべてのフリーダイバ、素潜りおよびスキューバダイビング・トレニは、 資格のあるダイビング仲間またはストラクターとしなければなりません。 常に、仲間とこのワークショップで記述される技術を行ってくだい! この文書は、レクーションまたは参考を目的だけとしす。 目次 1. 前書き 2. 主要な均衡化(耳抜き)技術の概要 3. 均衡化(耳抜き)の生理学 4. フレンゼル・テクニッ実践 5. フレンゼル・ァタ マウスフルテク ニッステップ 6. 付録A:パッキング技術
  2. 2. フレンゼル・テクニック実践 1 紹介 : エリック・ファタは、レンゼルテニを説明するために「フレンゼル・ァタ均衡化文 書」を初めて書きました 。 これは残肺気量(80m+)以下でうまく耳抜きするにするための戦略で。 インターネット上の利用可能なで、彼のガイドからフレンゼル法とフレンゼル・ァタ法(マウ スフル法)でこの5年で少なくとも1万人は利益を得ました。 フレンゼル法とフレンゼル・ァタ法(マウスフル法)を学ぶ主な利点は、「鼻摘みと息む事」に よる耳抜『バルサ法』の労力と健康リスクを減らすこで。 この文書で説明される技術を良く学ぶならば、あたは最後には耳抜きすることができはずす。キーポイントはリラックスとムダのないイビングです。 スキューバダイもフレンゼル・テクニッを学ぶことから利益得るできます。 耳抜きに要する多くの時間と空気を供給する間、「鼻摘みと息む事」は内耳、鼓膜または肺のもろ い組織に外傷を引き起こす可能性がありえます。 フレンゼル法による耳抜きは、瞬間的で非常り安全す。 フレンゼル・ァタ法(マウスフル)はアプローチも空の肺または機能的残気量(Functional Residual Volume)で潜水をします(FRVは FRCの別名)実用的な潜水スタイルです。 マウスフル法を使うことは、訓練されたフリーダイバがレクリエーションの制限を越えてより深 い深さに達するのを可能とします。 鼻洞と内耳を海水または食塩で浸す(リスクが高い技術です)そのようなダイビングは可能で す。 あなたのダイビング制限深さが現在耳抜きによって制限されるならば、その対策技術はこの文書 で説明しまた、 もしは、きちんと学べば短い時間にあなたの潜水深さを劇的に増やすかもしれ
  3. 3. フレンゼル・テクニック実践 2 ません。 通常、準備なしでより深くフリーダイビングすることは危険なので、新しい深さにあた がトライする際は注意してください! 横隔膜による強い耳抜きは、耳と肺の気圧傷害の可能性を増やすかもしれません。 機能的残量または、空の肺でダイビングすること、肺気圧傷害ブラックアウトや溺死の 恐れがあります。 耳抜きの改訂は、以下の変更を含みます: ビデオ・モン ストレーショ追加 さらなる内容 ―主要な均衡化(耳抜き)技術の概要 ―フルマウステクニッ改善のための戦略 主要な均衡化技術の概要 バルサ法(鼻を摘み、息む) 説明:内耳とマスクを均衡化(耳抜き)するために、あなの指で閉じられる両方鼻孔をつまん でください。 そして、息を吐く、腹部の横隔膜と胸筋肉収縮。 空気は耳管に押し込まれす。そて、外部の水圧と均衡化します。 利点:簡単に学べる。 短所:たくさんの空気を浪費します。 速く潜行している場合、完全に両耳を均衡化するために、減速必要があります。 より深いさへ潜行は腹部と胸に大きな労力を必要とします。
  4. 4. フレンゼル・テクニック実践 3 そしてれは傷害が生じる恐あります。 注意:耳抜きが効果的でないダイバーが潜行時、残肺気量少ない深さで耳また肺に気圧傷害を生 じる恐れがあります。 ハンズフリー法(耳管を自由意志で開くこと) 説明:潜行の間、耳管を囲んでいる筋肉変形することよって、あなたの耳管を「開放します」 しか耳管は、実開きません。 しか、筋肉が増加した水圧で耳管が縮むのを防ぎます。 これは、肺から耳管まで空気の変化を促進しす。 このようにして、均衡化を維持します。 利点:合理的な理想の方法であり無駄なエネルギーを消費しません。 正しく実行されるとき、他の技術より安全。 耳管のまわり筋肉のトレーニングを必要とします。 バルサ法
  5. 5. フレンゼル・テクニック実践 4 この技術は一部ダイバーが彼ら耳管小さいサイズのために熟達するが難しか、 不可能です。 より遅い降下速度が効果的な均衡化のために必要である場合がります。 通常はダイバーの残肺気量が少なくても問題い場合、効果は少ないです。 フレンゼル法(横隔膜) 説明:空気を口に入れて、喉頭蓋閉じ軟開け舌頬で圧力高めること により、耳管を押し開かせる。 利点:便利である バルサ・テクニッより安全でFluid Goggles(液体ゴーグル)とノーズ・クリップが着けて ダイビングする場合の理想的で合理的な方法です。 急速降下度時に潜行を緩和してくれる。 フレンゼルは、胸部と郭の適当なトーニグ適応で残肺気量を越えての深さの潜行に効果的 です。 度を越さない迅速潜行が可能である。 短所:広範囲なトレーニングと軟口蓋、声門、舌の筋肉調整を必要とします。 注意:簡単に個人の制限を越えてしまうために肺または気管に気圧傷害を起こる恐れがあります。 フレンゼル・ァタ マウスフル法 説明:特定の深さではフレンゼル・テクニッと同一ある。 マウスフル法は一度だけ実行されて、ダイビングの残り間、維持されます。 増加している外部の水圧に対恒常的な均等力を提供すため、開喉頭蓋と舌、あご頬の圧力は、維持されます。
  6. 6. フレンゼル・テクニック実践 5 利点:すべての深さで信頼きる。 迅速な降下は簡単です。 残肺気量が少ない深さのダイビング効果的 (制限は口-一杯だけのサイズです) 耳管圧の低下が決して起こらないとを意味、定は維持されるできます。 短所:広範囲なトレーニングと軟口蓋、声門舌の筋肉調整を必要します。 食塩水/海水 “ウェツト” 圧力均等(耳抜き)法 普通のダイバーは液体ゴグル、またはマスクを着用してダイビングす。 ノーズクリップをしている時、彼らがもはや空気で耳抜きすることがでなく、ダイバーは 水を彼らの鼻洞をあふれさせるためにそ取り除きます。 ダイバーは、さらに耳の空域を減らすために水内耳に押し込むためフレンゼル舌ピストンを 使用することを選ぶかもしれません。 鼻洞と耳管の中海水または食塩液エアースペを減らし、さらに均衡化するため必要な空 気を除去します。 食塩水/海水 “ウェツト” 圧力均等(耳抜き)法
  7. 7. フレンゼル・テクニック実践 6 もう一つのバリエーション(セスチャ・ムラット)が、あります: 鼻洞をあふれさせるとき、水が耳管に入るのを防ぐため表面方へ頭後ろ傾けてください。 このバリエーションは海水が耳管に入るときの問題または炎症または感染症を防止するめに役立ちます。 利点:可能な限りの迅速な潜行。 残りの肺気量が少ない時に効果的 短所:内耳と鼻洞の感染可能性ある。 注意:肺に水が入る誤嚥を防ぐトレーニングに要求します。 下記の危険性を含みます: 内耳管の外水からめまい ブラックアウトによる溺死のリス増加 /運動機能制御の低下; 残りの残気量が少なくても、個人の能力簡単に越えてうまくいために 肺または気管に気圧傷害が 起こる恐れがあります。
  8. 8. フレンゼル・テクニック実践 7 パート1:均衡化(耳抜き)の生理学 下図が人間の頭断面です。 肺に通じる路は、気管(Trachea)と呼ばれてい ます。 それは、喉頭蓋によって開閉さることができま す。 胃に通じる路は、食道(Esophagus)と呼ばれて います。 それは開閉さることができます、しか嚥下 の行為以外は、それ常に閉じらます。 肺から流れている空気は、軟口蓋によっコントロールさます。 軟口蓋が中立位置(上で示されるように)あならば、空気は鼻と口の中を流れます。 軟口蓋が上るならば、鼻腔は閉め切れます、そして、空気は口の中だけを流れることがで きます。 軟口蓋が降ろされるならば、は切り離ますそして空気鼻の中だけを流ことできます。 耳管への開始は、鼻腔です耳を均衡化する鍵は、空気に管押し込むことで。 画像出典先:エルメッド エーザイ株式会社オフシャルサイト
  9. 9. フレンゼル・テクニック実践 8 パート2:フレンゼル・テクニッ(Frenzel Technique) 下図がフレンゼル・テクニッをした時の人間頭断面図です。 舌は、ピストンの働きをします。上後方へ押ことによって全ノドの空間は、 鼻はクリップし軟口蓋は中間位置、喉頭蓋 は閉じ、舌は後方に強く押し突けます。 圧縮された空気は耳管に押し込まれす。
  10. 10. フレンゼル・テクニック実践 9 押しつぶされます。すると空気は何処かに行なければらい。 空気は肺に行こうとするが喉頭蓋閉じられてい、空気は胃に行こうとするが食道閉じて いる、空気は鼻を経由して外に出ようとするが指で閉じられている。 空気は耳管だけに行けます、耳管に押し込まれる空圧は舌の強さよって制限。 舌は、信じられないほど強いです。 舌は、鼓膜を断裂するのに十分な気圧を提供することができます。 フレンゼル技術を実行します。 1. あなたの鼻をつまんでください。 2.あなたの口をほんわずか空気で満してくだ さい。 “アーと言ってから少し息を吸い込む感じ。”
  11. 11. フレンゼル・テクニック実践 10 3.軟口蓋を中立位置の方へ動 かしてください。 “鼻音 ンヌ (発音記号: /n/)を発声するイメージ” noonのnを発音する。 4.喉頭蓋を閉じてください。 “唾を呑みこむイメージ” 5.舌を使ってピストンのよう に、あなたの咽喉後方 へ、空気を押してください。 “鼻音 ン (発音記号: /ŋ/)を発声するイメージ” king、Longの ngの発音 画像出典:「日本人のため英語発音完全教」 公式サイト:http://www.ace-schools.co.jp/index.html 発音記号:/n/ 日本語ではあんがいのンヌ 画像出典:「日本人のため英語発音完全教」 公式サイト:http://www.ace-schools.co.jp/index.html 発音記号:/ ŋ / king、Longの ngの発音
  12. 12. フレンゼル・テクニック実践 11 残念なことに、大部分の人々はどよう喉頭蓋か軟口を支配するべきついてわり ません、そして大部分の人々はピストンと舌を使う方法知り。 この文書目的は、上記ステップ各々を学ぶため手順を記述することになっていま。 個々のステップをマターすれば、成功は保証さま。 学ばれなけらい個々のステップは、以下通りに区分されることができます: 1. 口を空気で満たすこと学んください。 2. 喉頭蓋を支配すること学んでください 。 3. 軟口蓋を支配すること学んでください 。 4. 『舌ブロック』を使用する事を学んでください 。 5. ピストンとして舌を使うこ学んでください。 6. 独立して喉頭蓋と軟口を支配することを学んでください 。 7. 同時に全てを実行しください。 8. 水の中でそれをテストしてください 。 9. 先進のバリエーションを学んでください。 ステップ1:口を空気で満たすこと学んください 風船のようにあなた頬を満たしてください、 そして、23秒の間空気を保持ください。 それから、あなたの頬を使って肺に空気押し戻ください。 あなたが自由自在にそれをすることができま、数回繰り返してください。 『完全に頬一杯』をするために、完全に膨れるまで、あなたの頬を満してください。
  13. 13. フレンゼル・テクニック実践 12 『中程度の頬一杯』をするために、彼らがちょうどふくみ始まであなの頬満し てください。 『あなたの口をほんわずか空気で満す』と私が言う時、『中程度の頬一杯』の事です。 ステップ2:喉頭蓋をコントロールすることを学んでください 喉頭蓋をコントロール方法はいくつかあります、実践的な個々の練習たが完全にそれら の筋肉を完全にコントールすること保証します。 方法1:うがい水または薬 1. 一口の水を飲みます。 2. あなたの頭を後ろへ傾けます、しか水がどに流れる事を許さないでくだ。 水を飲みこまないでくださ。 3. あなたが喉頭蓋を閉じているので、水はあなたのどに入りません。 方法2:空気を吐き出して、止めること 1. あなたの口を開いてくださ、そしれ大きお。 2. 息を吐き出してください、か少の空気も漏れるを許さないでくだ。 3. 言い換えると、『あなたのどを閉じて』たのどに対して息を吐き出ください 。 4. あなたが喉頭蓋を閉じので、空気は出ません。 方法3:空気を吸入して、止めること
  14. 14. フレンゼル・テクニック実践 13 1. あなたの口を開いてくださ、そしれ大きておいくださ。 2. 吸引、しか少の空気もあなた肺に入るを許ま せん 3. 言い換えると『あなたのどを閉じて』、たのどに対して吸い 込んでくださ4. あなたが喉頭蓋を閉 じたので、空気はあな肺に入りません。 方法4:喉頭蓋ミュージック 1. 方法2のように、あなた閉じど対して息を吐き出くださいそ吹続けください。 2. 瞬間的に、空気を通してくださいそもう一度れ止め。 それは、おかしな詰まった音を立てなければりません。 3. 何度も、空気を逃して、それ止めできるだけ速くようにます。 4. あなたがコントロールしている筋肉は、喉頭蓋です。 方法5:喉頭蓋ミュージック (吸うとき) 方法4のように、しか吸い込んで空気を止めてそれ通らせに通らせてください。 あなたが喉頭蓋に熟達するまで、方法4と 5を練習し続けてください。 ステップ3:軟口蓋を支配すること学んでください
  15. 15. フレンゼル・テクニック実践 14 1. あなたの口を閉じてください 。 2. あなたの鼻を通して吸い込んでくだ さい 。 3. あなたの鼻を通して息吐き出ください 。 4. あなたの鼻を通して吸い込んでくだ さい 。 5. あなたの口を開い てくださ。 6. あなたの鼻を通してだけ息吐き出 してください。 空気は、あなたの口から出てきい けません 。 7. あなたの鼻を通してだけ吸い込んで ください、空気はあなたの口に流れ込 ん ではいけませ8. あなたの口を開い ておる間、鼻だけ通し呼吸続くさ9. すぐに、どんな空気でもあたの鼻中を流れいちょっと口通して呼吸てください 。
  16. 16. フレンゼル・テクニック実践 15 10. 一旦あなたが鼻か口を通して呼吸す ることができ確信すならば、 (口を開いておく)、 次のステップまで進行してください。 11. 深く吸い込んでださ。 12.口を大きく開いてそれ維持しださい。 13. あなたの口だけを通してゆっくり息吐き出始めさい。 14.静かに息を吐き出す。あなたの口を大きく開けてお、鼻通しだ息吐出 してください。 15.静かに息を吐き出す。もう一度切り替えてあなたの口だけ通しくさい。 16.できるだけ速く鼻と口を切り替えてゆっくり息を吐き出し続けてださい。 17. 吸い込む時も同じ事をためしてくださいー口を大きく開けて、迅速に鼻と切り替えゆ っくり息を吸い続けてください。 18. 切り替えているにつれ、あなたは動咽喉の上後方部に柔らくて肉質もを感じ でしょう。 それは、軟口蓋です。 あなたは口を通して呼吸するめに軟蓋上げま、鼻だけに軟口蓋を降ろします。 19. あなたが自由に軟口蓋を『上げる』、降ろすことできま記のエクサイズ繰り返し続けてください。 20. あなたが口と鼻を通して息吐き出す 、軟蓋は中間位置にりま
  17. 17. フレンゼル・テクニック実践 16 (上がってもいなく、下で) ステップ4:『舌ブロック』を当てること学んでください 今、あなたは舌だけで気流をふさぐことを学ばなけれりません 1. あなたの口を通して息吐き出始めください 2. あなたの口を閉じることによって、気流止めください (あなたの頬は瞬間的に一杯らければりません) 3. もう一度吸い 込んで、息を吐き出し始めてくださ4. 喉頭蓋を閉じることによって、気流止めください。 5. これで、空気が口から流出るのを防ぐ2つの方法を、あなたはすでに学びまし。 あなたは喉頭蓋を閉じることができて、ま同様に口す。 6. 現在、あなたは空気が口から流れ出るのを止め第3の方法を学ばなけれりません。 7. 『theatre』という語の音節『th』ように発声しながら、あた の口を通してゆっくり吸い込んで、息吐き出ださ。 8. ちょうどあなたの前歯後で舌先端を口上側に接触させて、あなたの舌をそ位置きます。 9.舌をシールに替えることよりあなたの舌を通り越して流れる 空気を止めてください。 あなたの舌先端は、前歯後のあなた口上側で触れます。 あなたの舌側は、臼歯口上で触れます。 画像出典:「日本人のため英語発音完全教」 公式サイト:http://www.ace-schools.co.jp/index.html 発音記号:/θ/ 日本語ではススのような摩擦音
  18. 18. フレンゼル・テクニック実践 17 10. あなたが空気を舌で口から流れ出るのを止めことができま、上記ステップ繰り返 し続けてください。 11. あなたが喉頭蓋を閉じるか、口ことによって不正行為しい確認ください。あなたの唇は、開いてるまでければりせん。 あなたのごは、ほとんど閉じられますそあなたの前歯(上下)が十分に触れること ができるほど閉じらています。 12. 一旦あなたが空気に舌でふさぐこと熟達するらば、を忘れいください。—それは、『舌ブロック』と呼ばています。 ステップ5:ピストンとして舌を使うこ学んでください 1. あなたが肺を詰め込む方法(Packing)をまだ知らないば、付録『A』を参照してくださ い 2. 一旦あなたが簡単に、そして無意識に肺を詰め込むことができるならば、次のステップま で進行してください。 3. シュノーケルを探してください 4. シュノーケルをあなたの口に入れ てください 5. あなたの鼻をつまんでください。 6. シュノーケルであなたの肺に空気 を詰め込んでください 7. あなたは、頬でパッキングを使う ことができません、それは、働きません。 あなたは、舌を使わければりません
  19. 19. フレンゼル・テクニック実践 18 8. 言い換えると空気をシュノーケルで吸って、そし『舌ブロック』適用ください。 空気をのどと肺に押し込むため、後ろあな舌上げてください。 9. この時、あなたの臼歯によってあなたの舌側はあなたの口上であなたの歯茎に触れます あなたの舌先端は、口天井側に触れます。 一旦あなたが舌で『シール』を作製しならば、あたのすべて歯は外『空気室』にり ます、そしてあなたの舌後べ空気は『部室』で。 あなたの舌がこ位置にるとき、息を吐出すでません。 舌は、空気をブロックします。 10. 一旦あなたがシュノーケルによってパッキングができるならばあたは、『ピストンとして 舌を使う』ことに熟達しまた。 現在、あなたは舌を使って空気肺に押し込む方法知います。 ステップ6:独立して喉頭蓋と軟口を支配するこ学んでください 残念なことに耳が連系している意味で喉頭蓋と軟口はます。 1つの耳と別を動かすは難しいで。 1つの眉と別を動かすは難しいで。 1つの眉と別を動かすこができるならば、あたはそれ2つの筋肉『連系を外し ました』あなは、独立てそれらの2つの筋肉をコントロールすることができま。 喉頭蓋と軟口は、連系しています。 喉頭蓋を閉じるとき、あなたはほぼ間違いく鼻を通しての気流防止為に 軟口蓋を上げます、これが問題です。
  20. 20. フレンゼル・テクニック実践 19 フレンゼル・テクニッをするために、軟口蓋中立位置保ってい間あなは喉頭閉じることを学ばなけれりません。 これは全く難しい場合があり、学ぶために時間かます。 そして、れはば全技術で最も難い部分す。 1. あなたの人さし指と親指を鼻孔の下に置いてください、あなたの鼻がとても優しくふされ るように。 2. それはあなたの鼻を通して息吐き出すことが可能にま、孔広らけばなりません。 3. 彼らが爆発するまで、完全にあなたの頬を満してください。 4. 喉頭蓋を閉じてください。 5. あなたの頬をしぼって、鼻から空中押つけようとください。 6. あなたは、空気が人さし指と親の上を通過するようければりません。 そして、あなたの鼻孔は広がらければりません。 7. 空気が消える、そしてあなた の鼻孔広らいばは肺に戻りまあなたは、喉頭蓋を閉じていけませんでした。 8. 空気がどこかに行ないで、 ちょう動くるらばそれはあなたの軟口蓋が上ることを意味します。そて、れはあなたの鼻腔ブロックい筋肉感覚 を得るために、軟口蓋の運動やり直してください。 9. 中間位置を保持して軟口蓋に集上記のステップ繰り返ください、軟口蓋が NEUTRAL位置にあるならば、たが頬をしぼことできて鼻か空中押つけとができる唯一の方法す。
  21. 21. フレンゼル・テクニック実践 20 10. あなたがまだ上記の運動に熟達することできいらば、以下をめしてくさ: 11. もう一度、優しくあなたの鼻をつまんでださい。 12. あなたの口から空気90%を吐き出してください。 13. あなたの口を閉じてください。そし、頬に空気最後10%を吐き出 します。 14. 喉頭蓋を閉じてください。 15. あなたの肺は完全に空です、そしてあなたの頬はいっぱでければりません。たの喉頭蓋が閉じられるので、空気はあなた口密さています。 16. すぐに、あなたの閉じど対して吸い込んでくださ。当然ことながら、喉頭蓋閉じられるので、空気はあなた肺に流ません。その代わりに、あなたは肺で不快真空 をつくります。 17. 肺真空をキープしてください。 すぐに、あなたの頬をしぼって押鼻から空中に空気を出すようしてく ださい、 軟口蓋に集中してください。 リラックスしてそれを中立位置に保っください。 あなたが成功するらば、 空気は、あなたの鼻を急いで出て来ます。 空気をあなたの肺に流さいでくだ。
  22. 22. フレンゼル・テクニック実践 21 18. あなたが頬を満すことができるま、上記のエクサイズを実践し続けてください。 あなたの喉頭蓋を閉じて、あ頬しぼっ鼻から空中に気をし出てく ださい。 あなたがそうするとき、喉頭蓋は閉じられま。 そして、軟口蓋は中立位置にあります。 それは、あなたが覚えていけばら筋肉状態です。 独立して喉頭蓋と軟口を支配するこ学ぶもう一つの方法は、あなた鼻通たの肺をpackingすることで。 言い換えれば、あなたの口を閉じて肺に空気詰め込むこと学ぼうしくださ い。あなたは、空気を鼻で『吸う』なければりません。 ステップ7:同時に全てを行ってください。 1. あなたの鼻をふさいでくだ。 2. ちょっと、あなたの頬を膨らましてください。 3. 学んだように喉頭蓋を閉じて、軟口中立位置に保っください 4. 舌ブロックを適用してください。 シュノーケルでパックキングしたときのように、空気をあなたのど後ろに移動してくだ さい。 空気は、 肺に入ることができませんしか、その代わりにれは鼻腔流込みます しか、あなたの鼻がふされているで空気は耳管に押し込まれす。そて、耳が『ポ ンと鳴ります』 5. 一旦耳がポンと鳴るならば、あたは舌で圧力を印加し続けることができます。そて、 外へあなたの鼓膜を押し出ます。 実際、舌で十分な圧力を印加するらばまあた自身の鼓膜(外向きの)が怪我した ようにあなたは感じければりませ
  23. 23. フレンゼル・テクニック実践 22 (もちろん、鼓膜にダメージを与えないでくださ!) 6.あなたが、鼻をふさぐことによって『ポンと鳴る』こができま、フレゼル・テ クニッを陸地に行い続けてくださ。 ステップ8:水の中でそれをテストしてください 1. 少なくとも10フィート(3m)の深さプルに行ってください。 2. 耳抜きなしで10-12フィートへ、逆さまに潜行してくだい。 あなたの耳は、少しに痛くなるでしょう。 3. すぐに、あなたの鼻を塞いで耳抜きをしてください! あなたは、すぐ耳 がポンと鳴るはずです。 4. 耳(鼓膜)が外へ押さえていると感じるまで、あなたの舌圧力を印加し続けてくださ い。 5. 湖または海で同じ事をためしてください。 パート3:ステップ毎のフレンゼル・テク ニッマウスフル フレンゼル・テクニッを実行します、 エアー・スペがのどでなければりません。 そのエアー・スペに対してピストンのよう舌をプッシュしなければりません 。 エアー・スペがのどでないらば、 テクニッは実行されることができません。 フリーダイバが潜行すると、彼の肺は圧縮します。 身体が反転している時、残りの圧縮空気量は肺に上がます。
  24. 24. フレンゼル・テクニック実践 23 一定の深さで、突然、もはや十分な空気がフレンゼル・テクニッを実行するために彼のど にないことが、フリーダイバはわかります。 フリーダイバがフィートァス(足潜行)時にも起こります。 しか、頭ら下るときヘッドファースト(頭潜行)はより非常にすぐ起こりま。 『失敗深さ』はダイバーに依存します。 私は25メートルの浅さで、それが起こるのを聞きました。 * Depth of ‘failure’=『失敗深さ』均衡化(耳抜き)が不可能になる潜行の事。 『失敗深さ』を過ぎて耳抜き続けるために、空気のどに持ち込まれなけばりせん。 胃を引き入れて、閉じた口に対し力強く息吐出すことよっは簡単でま す。 そして、れは頬が膨らむ原因になる場合ありま今、空気は口と頬ですが肺に流れ込む前喉頭蓋ぐ閉じらなけばりませ ん。一旦喉頭蓋が閉じられるなば、空気はのどで込めますそしてフレンゼル実行されることができます。 上記のテクニッは、 『横隔膜フレンゼル』としば呼れていますそして、れがほとんどの深く潜行するフリーダイバよって使われます。 残りの圧縮空気量は肺に上がます。
  25. 25. フレンゼル・テクニック実践 24 しか、横隔膜フレンゼルでさえ肺の残り空気ボリュームが口とどを満たすこきないくら少る深さは来ます。その深さ後、横隔膜フレンゼルえ失敗します。 さらに耳抜きを続ける唯一の方法は その深さに達する前十分な空気を口と頬保管こです。 こにひとつのマニュアルがあります、『フレンゼル・ァタ』テクニッを呼び。 1. 横隔膜フレンゼル・テクニッであなたの『失敗深さ』を見つけてください。 ヘッドファースト(頭潜行)とき、それは多分50と 90メートルの間にどこかなければら ないでしょう。 失敗深さがXメートルであると仮定してください。 あなたのマウスフル深さは、通常あなたの目標に応じて0-30mの間にあります。 あなたのダイビングウォッチのアラームをこの深さにセットしてくだい。 マウスフル法はどんな深さでも実行れることがきます。 胃を引き入れて、閉じた口に対し力強く 息を吐き出すことによって、口に空気を キープする。
  26. 26. フレンゼル・テクニック実践 25 以下のガイドランは、あなたが最適深さを学ぶに役立つかもしれません: ・吸ってダイブしてくださいー 100mまでダイビングする為の20-30m間 ・機能的残気量 ダイブ: ―60mまでのダイビングする為の10-15m間 ・フルに吐いてダイブしてください:30mまでのダイビングため0-5m間 *特に注意すべきは吐く潜行(exhale Dive)です。 3. あなたのダイビングを開始してください。 4. アラーム音を聞いたら、 わずかに前屈んで、あなたの胃を引き入れてください そして、あなたの口にすべ可能性がる空気を吐き出ください。 あなたの頬は、完全に一杯らければりません。 空気は唇中から漏れたいので、あな口を閉じておくことは難しす。 Quicktimeビデオ・モンストレーショを視聴してください: http://www.liquivision.com/equalizing.php 5. 喉頭蓋をすぐに閉じてください。 そして、れを残りの潜行のために閉じておいくださ。 あなたは、閉じ喉頭蓋に対して『吸い込む』ことが役立つわかるもれません。 それは閉じておくのを助けます。 6. 軟口蓋を中立位置に保ちます。 あなたは、フレンゼル・テクニッで耳抜きし続けることができます。 あなたは、喉頭蓋を閉じておき続ければりません。
  27. 27. フレンゼル・テクニック実践 26 7. 空気があなたの口と頬にればもっと多くの時間、耳抜きすることができはず。 8. あなたは、口の空気でマスクを均衡気圧にすることもできま。 そうするために、フレンゼル役立ってくださいしかあなの鼻をふがで。 『フレンゼル・ァタ』テクニッはプーで練習されることがきます、しかそ海れを実行するのと同じくらい危険であ、なたにはパートナがけばりません! 注: プールまたは海での陰圧ダイビング、肺気傷害になることがありす。 あなたがこの種ダイビングをれまで経験がないらば、あなたが50%または75%まで吐き出す空 気の量を減らしてください。 目標は、吐き出される空気量ゼロです。 しか、あなたが肺ら空気を不注意に吸い込んでこと確認するだけ。 あなたは、これを陸地に行うこともできます (それはより安全です) 肺圧の急落とはいえ、けがの原因となるこもできます。(逆パッキング) 1. 少なくとも10フィート深いプルに行ってくださ。 2. あなたの体を弛緩させて、自分身準備しくだい。 3. 適当な呼吸パターンの後、あた空気95%を吐き出してください。 4. あなたの口を閉じてください。 5. あなたの口に空気最後5%を吐き出し続けてください あなたの頬は、完全に一杯らければりません。 6. 喉頭蓋をすぐに閉じてください。 7. プールの底へ下がってください。 8. あなたの口を均衡化してください。 同じ技術は、湖また海で練習されることがきす。 あなたのパートナが全てのダイビングためにあな後を追って、見える範囲にいことを確 認してください。
  28. 28. フレンゼル・テクニック実践 27 付録A:パッキング方法 注:パッキングは、フレゼル・テクニをマスターするのに役に立つ技術です、しか、過度 のパッキングは、めまい意識喪失肺気圧傷害と身体的な怪我原因るこがありす。 めまいたは苦痛が伴うほど、あなたの肺を決してパッキングいでくださ。 あなたが異常を感じるならば、ゆっくり息吐き出して地面の近にかがんでださい。 1. あなたの口を閉じてください 2. あなたの頬を満して、閉じ口に対息吐き出ください。 3. あなたの頬をしぼって、肺に空気押戻ください。 4. あなたが頬を満すことできて、簡単に肺空気押し戻るま何度も1-3を 繰り返してください。 5. ストローを準備してください。 6. ストローをあなたの口に入れてください。 7. ストローで空気を吸引してください 。 (吸引=Suck) 8. ストローによって息を吸い 込んでくださ。(吸息=Inhale) 9. ストローによる吸引(Such)と吸息(Inhale)との違い に気がつてくださ。 10. ストローによってあなたの最大限吸い込んでくださ。(吸息=Inhale) 11.ストローとおして口に空気を吸引してください。(=Suck)
  29. 29. フレンゼル・テクニック実践 28 12. ストローを取り出してください 13. あなたの肺にそ空気を押し戻すめ、頬使ってください 。 14. ストローを使うことなく、あたの口で空気吸引(Suck)してください。 15. あなたの肺にその空気を押し戻すため、あな頬使ってください。 (あなたの胃に空気を呑みこまいでくださ) 16. 1つの吸引/プッシュ・サイクルは、1つの『パック』と呼ばれています 。 17. ストローなしで、やり直てください。 18. あなたの肺を満すめに、パックしてください。 肺を満たすにはどれくらいのパックが必要か回数を数えてください。 19. できるだけ速く、それを繰り返してください。 オーバパックしないでくださ! ストローによる吸引(Suck)と吸息(Inhale) の違いに気が付いてくださ。

×