Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

オープンソース・ソフトウェアとコミュニティについて

321 visualizaciones

Publicado el

アイクラフトで2019/4/10に開催した新人研修向け資料です。

Publicado en: Software
  • Inicia sesión para ver los comentarios

  • Sé el primero en recomendar esto

オープンソース・ソフトウェアとコミュニティについて

  1. 1. 榎 真治 (enoki@icraft.jp) in アイクラフト新人研修 2019-04-10 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 Unported License. オープンソース・ソフトウェアとコミュニティについて -LibreOffice を始めとして -
  2. 2. 自己紹介:榎真治 ● フリーランスで、アイクラフトと一緒にLibreOfficeな どのサポートビジネスを提供 ● LibreOffice日本語チームメンバー(2011-) ● The Document Foundationメンバー(2014-)
  3. 3. このセッションのゴール ● オープンソースソフトウェアとは何かが分かる ● オープンソースを参加/活用するためのとっかかりを得 る
  4. 4. オープンソース・ソフトウェアはどんなもの? ● Linux ● LibreOffice ● Nextcloud ● ....
  5. 5. 他にどんなソフトウェアがオープンソース? ● 知っているものはありますか?
  6. 6. Linuxディストリビューション ● 様々なオープンソースを便利に使えるようにパッケー ジ化したもの ● 各自のオープンソースは、まったく別に開発されてい ることが多い ● 利用者は何も考えずに便利につかえる https://ja.wikipedia.org/wiki/Linuxディストリビューション
  7. 7. Linuxディストリビューションもいろいろ ● Debian系 – Debian – Ubuntu ● Red Hat系 – Red Hat Enterprise Linux (RHEL) – Fedora ディストリビューションの系譜
  8. 8. GithubでGPLで検索したら... もちろん、 GPL 以外のオープンソースも多いです
  9. 9. クラウド/コンテナの世界でもOSS ● ホットなエリアの1つ。変化も激しい ● ここでもオープンソースが中心 ● 最近はKubernetesブーム
  10. 10. CNCF Cloud Native Interactive Landscape
  11. 11. AIやブロックチェーンの世界もOSS ● ブロックチェーンはオープンソースの世界 ● AIもオープンソースのエコシステムによって支えられ ている部分もあるらしい
  12. 12. で、オープンソースって何? ● ソースコードが公開されていたらオープンソース? ● 言ったもん勝ち? ● →オープンソースの定義がある
  13. 13. オープンソースの定義 ● Debianのフリーソフトウェアガイドラインを元に策 定 ● Open Source Initiativeという団体が管理 ● 10項目からなる https://opensource.jp/osd/osd-japanese.html
  14. 14. オープンソースの定義:抜粋 ● 再頒布の自由:ソフトウェアを自由に配布できること ● ソースコード:ソースコードが入手可能なこと ● 派生ソフトウェア:派生ソフトを作ることやそれを再 配布できること ● 個人やグループに対する差別の禁止 ● など10項目
  15. 15. 歴史を振り返る1:Unixの歴史 ● 1969 年から AT&T のベル研究所で開発 – 当時は大型マシン全盛 – 比較的小型のミニコン PDP-7 向けに開発。様々なマシンへ移植 – 自由にコピーが出回り、様々な派生が生まれた – カリフォルニア大学バークレー校の BSD ● 広く普及 – TCP/IPがアメリカ政府の支援で実装され、インターネットの初 期には中心的な役割を果たした
  16. 16. https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/77/Unix_history-simple.svg
  17. 17. 歴史を振り返る2:フリーソフトウェア運動 ● ソフトウェアが価値を持ち始め、ソフトウェアを自由にコ ピーしたり、改良して配布する文化が危機に ● リチャード・ストールマン – 著作権を逆手にとって、ライセンスで自由を担保する作戦 – 1983 年 GNU プロジェクトを開始 – 自由な UNIX 互換 OS の開発に着手 – フリーソフトウェアの定義(4つの自由)
  18. 18. 歴史を振り返る3:オープンソースの誕生 ● 1998 年、 Netscape がソースコードを公開してオー プンソースへ(後の Firefox ) ● Internet Explorer にシェア争いで壊滅的打撃をうけ ていたため、起死回生の策として採用された ● その際に、フリーソフトウェア・コミュニティの一部 メンバによって、ブランド戦略としてオープンソース という言葉と定義が生み出された
  19. 19. オープンソースコミュニティ ● オープンソースを開発するコミュニティ ● オープンソースのユーザ同士の情報共有コミュニティ ● 開発とユーザのコミュニティが一体になっていること も多い
  20. 20. コミュニティとは? ● 日本語では共同体 ● 地域的な共同体を指すことも多かった ● PTA 、自治会などもコミュニティ ● 会社であっても、コミュニティ的な部分も
  21. 21. オープンソースの開発コミュニティ ● OSS を開発するために集まったもの ● 開発は 1 人からスタートすることも多いが、 コミュニティを形成して、開発規模や利用を広げる ● 通常インターネット上で活動する
  22. 22. フィードバックループを早くする 使う 不具合など 課題の発見 課題の修正
  23. 23. クレイ・シャーキーのTEDでのビデオ ● 「組織というシステムと協力というシステム」 ● 協調モデルで運営
  24. 24. 開発スタイル ● プロジェクト、コミュニティによって開発スタイルも異 なる ● Linux Kernel:自律分散モデル – これを支えるためにLinusはGitを開発した ● LibreOffice:集中と分散モデル – gitを使った中央リポジトリ、誰でもコミットはでき る
  25. 25. 伽藍とバザール ● Eric S. Raymondによる開発モデルについての論文 ● FSF(リチャード・ストールマン)などの伽藍モデル とLinuxなどのバザールモデルの比較 https://cruel.org/freeware/cathedral.html
  26. 26. エコシステムの例 開発コミュニティ サポートベンダ ユーザ組織 ユーザコミュニティ サポート サービス サポート費用 開発に参加 / フィードバック 情報提供や質問 回答 / 他のユーザのノウハウ
  27. 27. LibreOfficeでの 不具合修正の流れ 開発者 (誰でも OK ) 修正プログラムを開発 ベテラン開発者 ソースコードレビュー ソースコード管理 git リポジトリ 修正プログラムを投げる 修正プログラムを見る 取り込むか、 コメントを返す ユーザ 不具合に遭遇 不具合 データベース Bugzilla 自動ビルド システム ダウンロードして 利用 Web サイト 報告する 修正したい不具合を 見つける
  28. 28. 自律的な組織として ● モチベーション3.0 ● ティール組織 ● とか流行りですが....
  29. 29. 31 OSSのビジネスモデル例 KA 主要活動 VP 価値提案 CR 顧客との 関係 CS 顧客 セグメント C$ コスト構造 R$ 収益の流れ KR リソース CH チャネル KP パートナー 便利な OSS を 安心安定して使える 法人ユーザー 営業 Web 信頼関係 サポート コミュニティで 活躍する開発者 人件費 ベンダロックイン 脱却 コスト低減 ( 場合による ) OSS コミュニティ サポート 開発 / QA パッチの開発 コンサルティング / トレーニング 販売パートナー
  30. 30. 32 The Document Foundation のモデル KA 主要活動 VP 価値提案 CR 顧客との 関係 CS 顧客 セグメント C$ コスト構造 R$ 収益の流れ KR リソース CH チャネル KP パートナー 自由なオフィス スイートを使える ユーザー Web から ダウンロード 開発基盤の維持 サーバインフラ サーバー費用 人件費 スポンサーの年会費 / 寄付 デジタルデバイド の解消 開発に参加できる 母語の文化をサポート できる 世界中の貢献者 無料で配布マーケティング ソフトウェア提供 サポートベンダ 相互サポート やフィードバック ML やフォーラム
  31. 31. コミュニティに貢献する ● 自分の使うソフトが改善される ● 自分自身の学びになる – 技術的なことだけでなく、仕事のやり方でも – 情報源にいるので、どんどん詳しくなる ● 誰かの役に立てる ● 信用になる – OSS での実績は公開されているので、転職時にも使える – 会社としての信用も蓄積される(ただし信用は主に人につく)
  32. 32. 開発での貢献 ● 不具合を修正する ● 欲しい機能を開発する ● テストコードを書いて品質を安定させる ● 効率的・効果的に開発出来るよう、インフラを整える
  33. 33. 非開発者の貢献できる点も多い ● ドキュメントを書く(使い方など) ● 周りのユーザーを助ける(フォーラム、ML、身の回 り) ● 翻訳に参加する(UI/Help, 様々なドキュメント) ● 不具合を報告する/修正を確認する
  34. 34. オープンソースイベントの紹介 ● オープンソースカンファレンス – 日本各地で開催される様々なOSSコミュニティと企業が 集まる場 – アイクラフトも大阪と京都は出展している ● 関西オープンフォーラム – ボランティアベースで毎年秋に大阪で開催。ここも出展 ● 様々な勉強会、カンファレンス
  35. 35. 東京で初のLibreOffice Asia Conference ● 日時:2019/05/25(土)-26(日) ● 場所:サイボウズ株式会社東京オフィス ● 毎年LibreOffice kaigiとして日本のカンファレンスして いるが、今回は初めてAsiaCon ● 台湾、韓国、インド、インドネシア、アルバニアあたり から参加想定 ● https://conf.libreoffice.jp/ ●
  36. 36. まとめ ● オープンソースはますます様々な分野でイノベーショ ンを支える存在になってきている ● オープンソースソフトウェアとは、オープンソースラ イセンスを適用されたソフトウェアのこと ● オープンソースの定義がある ● オープンソースコミュニティのやり方は参考にできる

×