Se ha denunciado esta presentación.
Se está descargando tu SlideShare. ×

フリップボード・ブレスト(Online版)

Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Anuncio
Cargando en…3
×

Eche un vistazo a continuación

1 de 23 Anuncio

フリップボード・ブレスト(Online版)

Descargar para leer sin conexión

ブレスト技法の説明スライドです。

<<NEWS!>>(2020年12月9日)

この内容が、書籍になりました。
 
『すごいブレスト』(2020年12月、フォレスト出版)
https://amzn.to/34EBPiX
 
「やり方をじっくり読みたい」「確かな出典として書籍が欲しい」という方は、ぜひご覧ください。この技法のほかにも、ブレストをする人に役立つ情報を沢山書いておきました。

ご感想があれば、ぜひ、TwitterやFacebookで #すごいブレスト でお知らせください。

ブレスト技法の説明スライドです。

<<NEWS!>>(2020年12月9日)

この内容が、書籍になりました。
 
『すごいブレスト』(2020年12月、フォレスト出版)
https://amzn.to/34EBPiX
 
「やり方をじっくり読みたい」「確かな出典として書籍が欲しい」という方は、ぜひご覧ください。この技法のほかにも、ブレストをする人に役立つ情報を沢山書いておきました。

ご感想があれば、ぜひ、TwitterやFacebookで #すごいブレスト でお知らせください。

Anuncio
Anuncio

Más Contenido Relacionado

Similares a フリップボード・ブレスト(Online版) (20)

Anuncio

Más de Rikie Ishii (20)

Más reciente (20)

Anuncio

フリップボード・ブレスト(Online版)

  1. 1. オンライン・ブレスト技法・シリーズ 1
  2. 2. 頭の中にあるアイデアが うまく伝わらず、ブレストが なかなか進まない時に 発言が苦手な人にも アイデア出しに 入ってほしい時に 2
  3. 3. 「リモートのブレストは、やりにくい!」 の原因 • ビデオ会議システムで、アイデアを 伝え合うことは、ストレスが多い。 (ノイズで途切れ、話が分からなくなる。) (身振り手振りで示していることも よく分からない。) • 図示すれば簡単に伝わることも、 言葉だけだと、時間がかかる。 3
  4. 4. 「一人の時間」 (アイデアを考えて、 フリップボードに書く) 「集団の時間」 (共有し、 ブレストする) を繰り返す
  5. 5. どう書けばいいの? 5
  6. 6. 文字だけで書くアイデア例 アイデアを一言で 表現したもの 詳細・補足を 3行ほど 挿絵もOK ○○○○○○ ・○○○○ ・○○○○○○ ・○○○○○ 太い線を引く 6
  7. 7. フリップボード マーカー 7
  8. 8. フリップボードの実際 100円ショップの スケッチブック A4の紙をクリップで 束ねたもの 大きめのメモ紙 8
  9. 9. ホワイトボード でもOK? •いいえ。 • 光沢があり、カメラ越しには、 見えづらく。 • 消しカスが出るので、消すのを ためらうようになります。 その2つをうまくクリア できる場合はOKです。 9
  10. 10. マーカー • • △ そこそこ、見える • 「上記の細字タイプ」 • 「サインペン」 × 細くて、見えない • 「ボールペン」 • 「シャーペン」 10
  11. 11. 手順 0.お題の設定 (1分+質問3分+定義1分) 1.一人の時間(考える&書く) (5分) 2.集団の時間(説明&ブレスト) (2分×N人) 3.“1と2”を、繰り返す(1~2回) 11
  12. 12. 0.お題の設定 (1分+質問3分+定義1分) 12
  13. 13. 1.一人の時間(考える&書く) (5分) 1案1枚の形式で書く 13
  14. 14. 2.集団の時間(説明&ブレスト) (2分×N人) 各人の持ち時間は2分。 説明し、その案について、皆で軽くブレスト。 盛り上がれば、時間は多少伸ばしてよい。 14
  15. 15. 3.“1と2”を、繰り返す(1~2回) 「一人の時間」では、 「新たに別の案」を書くのも良いし、 「共有した自分の案や他者の案を発展させた案」 を書くのもOK。 場で出たアイデアは皆の共有材。 15
  16. 16. 3.“1と2”を、繰り返す(1~2回) 「集団の時間」は、 合計で40分以内を目安にする(と疲れない)。 何処かで、ブレストが盛り上がれば、 そこの時間を伸ばして、深く話すなど臨機応変に。 そのかわりに、繰り返す回数を減らし、集中力の ある間に終了するようにすると良い。 16
  17. 17. FBSのコツ •軽い進行役を決めると 進みやすい(1名) •各ステップの時間は メンバーの発想の 状況次第で 伸ばす・縮めるを 調整しても良い。 17
  18. 18. まとめ 18
  19. 19. • 多様な人が参加するビデオ会議は、 他にITツールを使うと、大抵支障が出る。 • 紙とペンであれば、操作に慣れていない人や PCスペックのギリギリの人も実践できる。 • リモートの話し合いがうまくいかなくなったら、 ここのエッセンスを使ってみてください。 19
  20. 20. プラスα (高度編) 20
  21. 21. アイデアを 掲示する 1. 記録係を任命(推奨2名) 2. オンライン共有ファイル (Googleスライド)を作り、 URLをメンバーに通知。 3. 「集団の時間」では各人、 話し始め10秒間はフリップ ボードを大写しにする。 4. それをスクショを撮り、 共有ファイルに張り付け。 5. 「一人の時間」に見て、 アイデアのヒントにする。 21
  22. 22. 疑問: いっそのこと、 フリップボード もオンラインで 良いのでは? • ありです。 • 全員がWinなら、共有状態にした パワポもいいです。 • Win/Macの両ユーザに軽いのは Googleスライド。 • 更に、「アイデアの説明中」に、他の人が コメントを書き込むこともでき、便利です。 • しかし、 • 「スマホの人」か「ITに不慣れな人」が いる場合は、作業効率が落ちます。 • なので、これは皆の環境がそろっている ことが大前提です。 22
  23. 23. 23

×