Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

cloudpack UG re:Invent 2015 アップデート

2.456 visualizaciones

Publicado el

2015.10.15に虎ノ門ヒルズフォーラムで行ったcloudpack UG Meetupで話したAWS re:Invent 2015でのアップデート講演資料

Publicado en: Tecnología
  • Sé el primero en comentar

cloudpack UG re:Invent 2015 アップデート

  1. 1. re:Invent 2015 アップデート アイレット株式会社 2015.10.15 cloudpack User Group Meetup 2015
  2. 2. re:Inventでの発表 ☁ Amazon QuickSight ☁ Amazon RDS for MariaDB ☁ AWS Database Migration Service ☁ AWS Schema Conversion Tool ☁ Amazon SnowBall ☁ AWS Config Rules ☁ Amazon Inspector ☁ Amazon Kinesis Firehose ☁ Amazon Kinesis Analytics ☁ New Instance Type: X1, t2.nano ☁ Amazon EC2 Container Registry ☁ AWS Lambda アップデート ☁ AWS Mobile Hub ☁ AWS IoT
  3. 3. クラウドベースのBIツール ☁ SPICEエンジンを使った高速なクエリ実現 • カラムナー型データストア • 4倍のデータ圧縮 • クエリーのコンパイル • マシンコードの生成 ☁ AWSのデータソースのオートディスカバリ ☁ 直感的なヴィジュアライゼーション
  4. 4. SPICEと連携可能なサードパーティ
  5. 5. RDSアップデート・新エンジン ☁ Aurora 東京リージョン ☁ RDS for MariaDB • Parallel replication • threadpool (dynamic/adaptive pool)
  6. 6. オンプレミスから AWSへの移行ツール ☁ 移行元のデータベースを運用しながら移行する事 が可能 • 移行後も同期をとり続けることも可能 ☁ 同一DBエンジン間(例 MySQL-MySQL)の移行に加 えて、 異種DBエンジン間への移行にも対応 • AWS Schema Conversion Toolを用いることでDBスキー マの移行が可能 ☁ US-Eastから開始
  7. 7. DBスキーマ変換ツール ☁ スキーマやストアドプロシージャを移行 • 移行元: Oracle, SQL Server • 移行先: MySQL / Aurora • Index, View, Trigger, 
 Constraint, Column, 
 Table, Schema, Procedure
  8. 8. 大規模データを移行するサービス ☁ スケールとスピード • 1セットあたり50TBの容量 • 10Gbps /1Gbps コネクティビティ • 複数台同時利用によりPBクラスの デー タを一週間で転送 ☁ セキュア • 耐タンパーエンクロージャー • End-to-Endセキュリティ ☁ US East, US West(Oregon)から開始 • 東京で必要な方はcloudpackのダイレク トインポート!
  9. 9. 構成ルールの監査機能 ☁ 構成変更において、守るべきルールを事前に設定 し、その内容に沿った構成変更が行われているかモ ニタリング • 全てのEBSボリュームが暗号化されていること • EC2インスタンスが適切にタグ付されていること • EIPがインスタンスにアタッチされていること ☁ 設定変更時または定期実行可能 ☁ カスタムルールをLamdbaで作成可能
  10. 10. 自動化された セキュリティ診断サービス ☁ ネットワーク、VM、OSに加えてアプリケー ションレベルで脆弱性、ベストプラクティス、 セキュリティコンプライアンスガイド ライン (例 PCI) からの乖離を診断、レポート化 ☁ APIにて制御することで、開発プロセスの中に 自動化して組 み込むことが可能 ☁ US West(Oregon)でプレビュー開始
  11. 11. ストリーミングデータの リアルタイムアップロードサービス ☁ データ取得とS3などへの配信をアプリ 作成・運用なしで実現 ☁ 最小1分間隔でバッチ処理・圧縮・暗号 化してデータ格納が可能 ☁ スループットに合わせたシームレスな スケーリング
  12. 12. ストリームデータの継続的な分析 ☁ ストリームデータにSQL実行 ☁ 1秒以下のレイテンシでリアルタイ ムアプリ実装 ☁ データスループットにあわせて自動 的にスケール
  13. 13. 新しいEC2インスタンスタイプ ☁ X1シリーズ (2016年前半) • 最大2TB 100以上のvCPU • エンタープライズ級の要件にマッチ • SAP HANA, Microsoft SQL Server, Apache Spark, Presto ☁ t2.nano (年内予定?) • 最小のフットプリント • 1vCPU 512MB
  14. 14. フルマネージド Docker Registryサービス ☁ 簡単にDockerのコンテナイメージを 保存、管理、配布、共同作業が可能 ☁ Shippable, CloudBess, CodeShip, Werckerなどのビルド・デプロイ自 動化のパ−トナー連携を強化
  15. 15. Lambdaアップデート ☁ Python 2.7サポート ☁ バージョニングとエイリアス ☁ VPCサポート ☁ タイムアウトが300秒に ☁ スケジュール実行可能に • 最短5分インターバル
  16. 16. モバイルアプリケーションの構築・ テスト・モニタリング ☁ AWSが提供する、各種のサービスを組み合わ せて、モバイルアプリケーションを簡単に構築 するためのサービス ☁ ウィザード形式で必要とする機能を選択し、ア プリケーションを作成するためのベースとなる コードのテンプレートを生成する事が可能 ☁ コード作成後のテストを実行する事も可能
  17. 17. コネクテッドデバイス向け
 クラウドサービス ☁ Device Gateway • MQTT, セキュアな通信 ☁ Rules • ルールに基づいてメッセージを引き渡すさービス ☁ Shadow • モノのステータスをトラックする ☁ Device SDK • C, JavaScript, Arduino
  18. 18. まとめ
  19. 19. まとめ ☁ Enterprise All-in(囲い込み)戦略 • DBマイグレーション、スキーマ変更 ☁ クラウド型アーキテクチャ正常進化 • リアルタイムデータ、イベント駆動、コン テナ ☁ IoT対応サービス
  20. 20. 来年は皆さんもご一緒に!

×