Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

@KKDからのご報告

934 visualizaciones

Publicado el

2015/11/24、Agile Shimaneでの発表。Agile459の5年と、島根との出会いの5年、そしておまけのヘルシーハックをお話しました。

Publicado en: Estilo de vida
  • Sé el primero en comentar

@KKDからのご報告

  1. 1. @KKDからの ご報告 2015/11/24 Zensow Takeshi Kakeda
  2. 2. 懸田 剛Agile459 twitter: @kkd facebook: takeshi.kakeda blog: http://giantech.jp Zensow(ゼンソー) 3年のランニングの歩み 町内(3km) →10km →ハーフ →フルマラソン →60km(イマココ) (→100km →100マイル(予定)) KAKEDA Takeshi
  3. 3. Agile459が 5年目を 迎えました
  4. 4. 2010/11/21
  5. 5. 2011/04/15 Agile Japan 2011 愛媛サテライト 28 2011/06/25 アジャイル本読書会 in 松山 4 2011/07/30 アジャイル本読書会 in 松山 5 2011/08/27 アジャイル本読書会 in 松山 3 2011/09/24 アジャイル本読書会 in 松山 3 2011/10/29 Agile459セミナー ビジネス加速のためのアジャ イル 18 2011/11/17 Agile459 長沢さんを囲む会 7
  6. 6. 2012/01/19 アジャイル459 アジャイルとデータ管理 8 2012/03/16 AgileJapan2012 愛媛/瀬戸内サテライト 7 2012/04/04 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #2 6 2012/04/25 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #3 6 2012/05/23 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #4 6 2012/06/23 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #5 9 2012/07/28 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #6 5 2012/08/22 Agile459 呑みながらLTやろうよ in 松山 4 2012/09/01 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #7 5 2012/10/13 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #8 6 2012/11/18 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #9 7 2012/11/29 LT呑み会 松山 7 2012/12/08 Global Day of Coderetreat in Matsuyama 11 2012/12/22 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #10 3
  7. 7. 2013/01/19 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #11 7 2013/02/27 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #12 6 2013/03/12 JUnit勉強会 in 松山 - "REVIVAL" #season1 5 2013/03/27 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #13 4 2013/03/31 シマリスScrum 6 2013/04/24 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #14 3 2013/05/25 Agile Japan 2013 四国・愛媛サテライト 27 2013/06/18 Agile459を一緒に作りあげていきたい人募集 7 2013/07/13 Agile459 アジャイルサムライ読書会松山道場 #15 『ラストサムライ』 9 2013/08/24 Agile459 #16 コミュニティリファイメント 7 2013/09/13 Agile459 #17 ビジネスモデルキャンバス素振り会 10 2013/10/19 Agile459 #18 @ebackyさんと一緒に四国の未来を考える会 10 2013/11/08 Agile459 #19 二大アジャイリストに聞く「アジャイルを越えてこれからの 業界・エンジニアの生き方とは?」 24 2013/12/20 Agile459 #20 2013年忘年&LT大会 7
  8. 8. 2014/01/31 アジャイル型開発におけるプラクティス活用リファレンスガイドの勘所と 活用方法 21 2014/02/14 その対立、解決します!『僕らは、対立を越えて協働する』~TOC対立解消 図を使い倒す~ 11 2014/03/08 Agile459 #22 テスト駆動開発(TDD)入門 9 2014/04/19 Agile459 #23 プロダクトオーナーを学んで現場を成功に近づけよう 9 2014/05/24 Agile459 #24 月勉強会テーマブレスト&プランニング 7 2014/06/27 Agile Japan 2014 四国・徳島サテライト&産直セッション 17 2014/07/24 「『納品』をなくせばうまくいく」出版記念会 〜 ビール片手に倉貫さん と語る会 20 2014/08/30 Agile459 #25 エンジニアの幸せについて考えよう 7 2014/09/27 TOCを使って断れないほど魅力的な提案を作ろう!! 11 2014/11/14 Global Day of Coderetreat 2014 in Matsuyama 12 2014/12/26 Agile459 #28 大ふりかえり&忘年会 6
  9. 9. 2015/01/24 Agile459 #29 今年をアジャイルプランニング! 4 2015/03/01 #30 デザインスプリントを学んでみよう 9 2015/04/16 Agile Japan 2015 サテライト<愛媛>「自分につなげるア ジャイル」 16 2015/05/09 #32 日頃使ってる便利な開発ツールについて語り合う会(チ ェンジビジョン近藤さんを囲んで) 9 2015/07/25 コーディング道場でコーディング力UPを目指そう! 4 2015/09/05 ソフトウェア開発におけるフィードバック講座 4 2015/11/21 Agile459 5周年イベント 〜これまでの5年、これからの5 年〜 17
  10. 10. ちょっと分析
  11. 11. イベント回数(運営含む) 0 3.5 7 10.5 14 2010年 2011 2012 2013 2014 2015
  12. 12. 54
  13. 13. 参加延べ人数
  14. 14. 500
  15. 15. 53 0 0 1
  16. 16. ゆるくても 続けた 読書会は 継続しやすい 仲間で運営 広がりが… 大手の方が… 仲間で運営は 心が折れない ゲストの訪松 ありがたい 重複が… 息切れが… いいね うーん
  17. 17. ふりかえってみて ★ひとりよりも仲間とともに ★スプリントからマラソンへ ★より多様性をもつあつまりへ ★ジャンルを越えた広がりへ ★使命感から共有ビジョンへ
  18. 18. 500人の ひとたちに ありがとう
  19. 19. 最近こんなこと やってます
  20. 20. Message From KKD To Shimane
  21. 21. 島根と縁が できてから 同じく5年。
  22. 22. 2010年から 愛媛に1人。 そんな時に、
  23. 23. 片道6時間 以上の時間 をかけても
  24. 24. 会いたい 人と場が そこにあった。
  25. 25. 勇気づけられる 人々の 志の高さと熱量
  26. 26. 数歩先ゆく 学ばさせて頂く お手本として
  27. 27. 地方から いきいきさせる 同士として
  28. 28. 今後とも よろしく お願いします!
  29. 29. おまけ
  30. 30. ヘルシーハック 進行中
  31. 31. 体重 60 63 66 69 72 75 2012/6 2012/12 2013/6 2013/12 2014/6 2014/12 2015/6 2015/12
  32. 32. 「痩せすぎて 大丈夫?」
  33. 33. 大丈夫です!
  34. 34. 体年齢 25 30 35 40 45 2012/6 2012/12 2013/6 2013/12 2014/6 2014/12 2015/6 2015/12 実年齢 体年齢
  35. 35. 体年齢 25 30 35 40 45 2012/6 2012/12 2013/6 2013/12 2014/6 2014/12 2015/6 2015/12 実年齢 体年齢 食事の見直し運動の習慣化
  36. 36. 何をしたか?
  37. 37. • 無酸素運動よりも、有酸素運動を • マフェトンメソッド(180-年齢以下の心拍) • 動物質よりも、植物質を • 精製加工品よりも、未精製食品を • 加熱食品よりも、非加熱食品を • 朝はしっかり食べるより、果物+野菜を • 脳が求めるものより、腸が求めるものを
  38. 38. すべて 漸進的に 仮説検証
  39. 39. なぜやるのか?
  40. 40. • より速く楽に走るため • よりよい仕事をするため • まだ見ぬ自分に出会うため • 人間が本来もつ力を目覚めさせるため • 探求し仮説検証が単純に楽しいため
  41. 41. ワイルドに 生まれながらの英雄へ
  42. 42. おしまい

×