Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

Cloud formation デザイナーで捗ろう

1.566 visualizaciones

Publicado el

Developers.IO 2016 in 札幌 #cmdevio2016

Publicado en: Software
  • Sé el primero en comentar

Cloud formation デザイナーで捗ろう

  1. 1. CloudFormation デザイナーで 捗ろう クラスメソッドAWSコンサルティング部 阿部 洸樹
  2. 2. 自己紹介 • 阿部 洸樹 http://dev.classmethod.jp/author/abe-koki/ • クラスメソッドAWSコンサルティング部 • Twitter @AbeIka • 好きなAWSサービス CloudFormation デザイナー
  3. 3. アジェンダ • CloudFormationの基本を振り返る • CloudFormationデザイナーで捗る  サンプルテンプレートを試してみる  1からテンプレートを作ってみる • CloudFormationデザイナーのデメリット • まとめ
  4. 4. アジェンダ • CloudFormationの基本を振り返る • CloudFormationデザイナーで捗る  サンプルテンプレートを試してみる  1からテンプレートを作ってみる • CloudFormationデザイナーのデメリット • まとめ
  5. 5. AWS CloudFormationとは? CloudFormation:テンプレートに基づき、AWSの環境を自動構築 JSONのテキスト
  6. 6. CloudFormationの主なメリット 環境の複製 すぐに作ってすぐに消せる
  7. 7. CloudFormationの活用例 • 標準テンプレートの作成  組織内で統一された環境構築  統一的な命名、セキュリティグループルール  自分でテンプレートをつくるパターン • ISVベンダー提供のテンプレートの利用  AWS上で製品を展開するベンダー  Create Stackで製品を試せる  他人のテンプレートを利用するパターン
  8. 8. 利用料金 • CloudFormation自体は無料 • テンプレートで構築されたリソースに対して、課金  EC2,ELB などの利用料金
  9. 9. アジェンダ • CloudFormationの基本を振り返る • CloudFormationデザイナーで捗る  サンプルテンプレートを試してみる  1からテンプレートを作ってみる • CloudFormationデザイナーのデメリット • まとめ
  10. 10. ここから 面白くなります! @AbeIka
  11. 11. 簡単そうなテンプレートで試してみる http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/sample-templates-services-us-west-2.html “表示”を選択して、テンプレートを確認してみる
  12. 12. テンプレートの表示 適当なテキストエディタにコピー&ペースト このまま参照、編集してもOK
  13. 13. 206行
  14. 14. 206段の石段
  15. 15. 206行とか辛い シンプルな構成でも 数百行のテンプレートになりがち
  16. 16. CloudFormation デザイナーがあるよ @AbeIka
  17. 17. これからやること • サンプルテンプレートの参照 • 編集 • バリデーション • 保存 • Create Stack
  18. 18. テンプレートを表示してみる(デザイナー) http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/sample-templates-services-us-west-2.html “デザイナーで表示”を選択してみる
  19. 19. CloudFormationデザイナーが起動 画面上部:Canvas、下部:テキストエディタ
  20. 20. テキストエディタ 項目ごとにタブ表示 206行中、 140行がMappings
  21. 21. リソースのプロパティを確認 ・Canvas でリソースを選択 → テキストエディタに表示される
  22. 22. リソースのプロパティを編集 [EC2の削除保護の有効化] 1.リファレンスを開き 2.EC2::Instance開き 3.プロパティ名,書式の確認
  23. 23. テキストエディタの便利機能 – リファレンスへのリンク リソースを右クリック > リファレンスがOpen
  24. 24. テキストエディタの便利機能 – ショートカット キー 操作 Ctrl+Space リソースで使用可能なプロパティを表示 Ctrl+F 検索 Ctrl+ テキストのフォーマット Ctrl+Shift+ 空白を削除 Windows https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/working-with-templates-cfn-designer-json-editor.html Mac http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/cfn-designer-macos-auto-complete-not-working/ ショートカット
  25. 25. 編集の反映 Validate template(構文チェック) デザイナーのツールバー
  26. 26. 編集の反映 Undo, Redo デザイナーのツールバー
  27. 27. 編集の反映 ローカル or S3バケットに保存 デザイナーのツールバー
  28. 28. 編集の反映 Create Stack デザイナーのツールバー
  29. 29. Create Stack パラメータやオプションを入力し、Create Stack!!
  30. 30. @AbeIka
  31. 31. デザイナーの捗りポイント① • テンプレートの可視化  Canvas • 便利機能  リファレンスへのリンク  ショートカット  Validate 他人が書いたテンプレートでも、デザイナーにかかれば捗る!
  32. 32. アジェンダ • CloudFormationの基本を振り返る • CloudFormationデザイナーで捗る  サンプルテンプレートを試してみる  1からテンプレートを作ってみる • CloudFormationデザイナーのデメリット • まとめ
  33. 33. ゴール テンプレートでVPC,EC2インスタンス,セキュリティグループを作成 Canvasで絵を描く プロパティの入力 論理名の変更
  34. 34. Canvasで絵を描く ドラッグ ドロップ
  35. 35. Canvasで絵を描いた成果 Canvasの操作が、エディタに反映された
  36. 36. 論理名の編集 鉛筆マークを選択し、わかりやすい名前に変更
  37. 37. Canvusで絵を描く その2 ドラッグ VPC上にドロップ
  38. 38. リソースの関連付け Canvasの操作でリソースの関連付け出来た!
  39. 39. Canvasの完成系 EC2とセキュリティグループの関連付けは、線で結ぶ
  40. 40. プロパティの入力 • VPC  CIDR • EC2  AMI ID  インスタンスタイプ • (オプション)Parameterなどの設定 Create Stack時に入力する値  必須ではない
  41. 41. @AbeIka
  42. 42. デザイナーの捗りポイント② • 直感的な操作 Canvasで絵を描く  リソースの作成  リソースの関連付け Canvasで絵を描く プロパティの入力 論理名の変更
  43. 43. アジェンダ • CloudFormationの基本を振り返る • CloudFormationデザイナーで捗る  サンプルテンプレートを試してみる  1からテンプレートを作ってみる • CloudFormationデザイナーのデメリット • まとめ
  44. 44. デメリット • テンプレートにメタデータが入る  リソースのサイズ、位置情報をメタデータとして持つ  テンプレートサイズが大きくなる • デメリット?  テンプレートの自動整形  改行やインデントが自動で入る
  45. 45. CloudFormationデザイナー以外の選択肢 • AWS CloudFormation Template Editor for Eclipse  Eclipse から直接、スタックを作成/更新  入力補完  構文ハイライト  バリデーション機能 • 普段使いのエディタ  Vim  Emacs  Atom  メモ帳  Etc..
  46. 46. Emacsの場合 http://dev.classmethod.jp/devenv/emacs-edit-json-cloudformation/ Emacs + json-mode → シンタックスハイライト、リアルタイム文法チェック
  47. 47. Atomの場合 http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/atom-settings-for-creating-a-cfn-template/ Atom + cform → 補完機能
  48. 48. @AbeIka
  49. 49. アジェンダ • CloudFormationの基本を振り返る • CloudFormationデザイナーで捗る  サンプルテンプレートを試してみる  1からテンプレートを作ってみる • CloudFormationデザイナーのデメリット • まとめ
  50. 50. まとめ • CloudFormationは便利だが、つらい • デザイナーは捗る  グラフィカルな画面  ショートカット  バリデーション • お好きなエディタでどうぞ  テキストエディタであればOK • デザイナーを始めたい  ウォークスルーで覚えましょう  https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/CHAP_Using.html

×