Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
webを利⽤した
通学路の交通安全
⼟⽊計画学研究発表会 平成27年6⽉6⽇
国⼟交通省 国⼟技術政策総合研究所(国総研)
稲野 茂
1
注意事項
①市町村の通学路の交通安全対策
を効率化する実務⼿法の提案
②個⼈主観を含む研究段階のもの
③国⼟交通省として決まったもの
ではない
2
通学路の交通安全
3つの課題
① 対策が必要な課題箇所の抽出
– どこで、どんな対策をすべきか?
– 予算が少ない中、どう調査するのか?
② 住⺠との合意形成
– 対策提案に反対されるケースもある
③ ⾏政側の⼈員・予算不⾜
3
① 課題箇所抽出と対策⽴案が容易
② 合意形成がスムーズ
③ 少ない⼈員・予算で調査可
4
効率的・効果的に交通安全対策
webを⽤いて
住⺠意⾒を調査
1.事例箇所の概要
2.Web調査の概要
3.対策の概要
4.考察
5
つくば市内
要(かなめ)⼩学校の通学路
6
⼩学校周辺の通学路の実態
⻄側を通⾏
東側を通⾏
⻄側を通⾏
北側を通⾏
N
8
9
急ブレーキデータの活⽤
埼⽟県の事例
10
急ブレーキ多発地点(⻘マーク)
幹線道路に5箇所のみ
⼩学校周辺道路にはゼロ
11
本⽥技研⼯業㈱ SAFETY MAP
幹線道路と⽣活道路
交通安全対策について
幹線道路
交通量 多い
事故データ等の
サンプル数が多い
既存データに基づく
対策が有効
12
⽣活道路
交通量 少ない
現状、事故データ等の
サンプル数が少ない
既存データに基づく
対策が困難
交通量が少ない⽣活道路
課題箇所の抽出⽅法
事故データや急ブレーキデータ
サンプル数が少ない。
13
住⺠意⾒を調査
例えば、アンケート調査、ワークショップ
アンケート調査の課題
調査票の設計、配布・回収、集計・分析
労⼒・コストがかかる
電⼦メールでも
たいして変わらない
14
ワークショップの課題
近年、参加者が集まりにくい
集まるのは⾼齢者が中⼼
⾏政の負担⼤
住⺠の負担⼤
15
住⺠意⾒をwebで調査
HondaのSAFETY MAP
Webサイトを活⽤して
住⺠⽬線による
交通安全の課題箇所を調査
16
SAFETY MAPとは、「急ブレーキ多発地点」や「事故の多いエリア」
そして、「みんなが追加した地点」などを、確認することができる地図サービスです。
(HONDA SAFETY MAP のwebページより引⽤ )
17
SAFETY MAP
• 本⽥技研⼯業㈱によるwebサイト
• 交通安全の課題箇所と内容を、
誰でも投稿・閲覧(共有)
• 利⽤は、無料
• 事故多発エリア(警察等の情報)と急ブレーキ
多発地点(インターナビ情報)を地図上に提⽰
• ストリート...
1.事例箇所の概要
2.Web調査の概要
3.対策の概要
4.考察
19
調査から対策までの流れ
⼩学校を通じて保護者へ
通学路の課題箇所のweb⼊⼒を依頼
20
現地踏査・状況確認
⼊⼒された情報に基づき対策を⽴案
関係者へ対策案を説明
web(SAFETY MAP)へ
⼊⼒を依頼した結果
21
依頼から約1ヶ⽉後
29箇所(195件)の情報が⼊⼒
つくば市との調整により
対策実施は⼩学校周辺
11箇所(136件)に絞り込む
対策を⾏う11箇所
22
11箇所に⼊⼒された意⾒
23
道
路
が
狭
い
・
歩
道
が
な
い
ス
ピー
ド
が
出
て
い
る
車
が
多
い
見
通
し
が
悪
い
歩
行
者
・
自
転
車
の
飛
出
し
が
多
い
ハ
ン
プ
狭
さ
く
シ
ケ
イ
ン...
意⾒に対応した
対策⽴案の考え⽅
24
1. 道路が狭い
– 路肩のカラー化
2. スピードを出している⾞が多い
– ハンプ、スムース横断歩道、狭さく
3. ⾒通しが悪い
– ⽀障物除去、カーブミラー
4. その他全般
– 路⾯表⽰や看板による...
25
住⺠へ説明
問題なく合意形成
11箇所、136件の意⾒情報
現地踏査・状況確認
つくば市と調整の上、対策を⽴案
対策を実施
1.事例箇所の概要
2.Web調査の概要
3.対策の概要
4.考察
26
実施した対策
スムース横断歩道
27
実施した対策
ハンプ+狭さく+路肩カラー化
28
実施した対策
路肩カラー化+路⾯注意喚起
29
実施した対策
スリムハンプ
30
実施した対策
交差点狭さく+路肩カラー化
31
実施した対策
ゾーン30表⽰と様々な注意喚起
32
実施した対策
路肩のカラー化
33
1.事例箇所の概要
2.Web調査の概要
3.対策の概要
4.考察
34
事例をざっくりまとめると
35
① ⼩学⽣の保護者に対して、
Web(SAFETY MAP)調査を依頼
② 交通安全の課題箇所の情報が得られる
③ 現地踏査・状況確認の上、⼊⼒された情
報に基づき交通安全対策を⽴案
④ 合意形成がスムーズ
⑤ ...
考察1 web調査は成功
36
⼩学校の保護者に対して、
Web(SAFETY MAP)を⽤いて、
通学路の課題箇所の情報⼊⼒を依頼
必要な情報が得られた。
調査コストは ゼロ
対策⽴案が容易
考察2 web調査は好評
37
Web(SAFETY MAP)調査に対して
保護者のナマの声
好きな時間に⾃宅のPCで
他者の意⾒を参考に簡単に意⾒を⼊⼒
わざわざ集まる必要がなくて、便利❤
web調査成功の要因推測
38
調査対象者の選定
• 依頼した⼩学⽣保護者のパソコンスキル
が、必要⽔準にあった
• 仮に、⾃治会等を窓⼝に依頼することを
想定すると、⾃治会⻑等は⾼齢者が多く、
パソコンスキルは低いと想定され、調査
を受け⼊れ...
Webを使えない⼈対策
39
案1
昔の⾮効率な⼿法に戻す。
全員が使えるものしか認めない。
案2
近くの⼈が⼿助けする。
効率的なweb調査を基本とする。
考察3 合意形成への影響要因
40
合意形成がスムーズに進んだ要因
1. ⽩紙状態から保護者の意⾒を調査し、
これに基づき進めたこと
2. 個別の対策内容が、⽤地買収を伴わない
内容であったこと
3. ハンプに近接した⼈家が無い
仮説 合意形成
41
⽩紙状態から住⺠の意⾒を調査し
これに基づき対策を提案
合意形成がスムーズに進む
⼀つの事例に過ぎないが、
⼿応えとして、多くの箇所で同じ展開になるかも
ネガティブ意⾒は杞憂
42
⽩紙状態から、住⺠意⾒を調査・活⽤する
ことに対するネガティブ意⾒
① 対応困難な意⾒が出され、その実施を強
く求められたらどうするのか
② 苦情的内容がほとんどで、対策⽴案に使
える情報は得られない
取り越し苦労、...
今回の特徴
43
⽩紙状態から住⺠の意⾒を調査し
これに基づき対策を提案
事故データや交通挙動データ
実質的に使わず対策⽴案
研究の過程として、念のため参照したが、
実質的な対策⽴案時には、データは⼀切使っていない。
市町村による
⽣活道路の交通安全
計画調査
44
多額な予算、⼿間を要する⼿法は
実⾏されない。
少ない予算、省⼒化された⼿法で
なければ、実⾏されない
45
評価1
⾮常識、⾮科学的、教科書に書いてない
交通量が少ない⽣活道路の交通安全
住⺠意⾒だけに基づき対策⽴案
事故データや交通挙動データは、
基本的に調べない、使わない。必要に応じて参照程度
評価2
従来常識を超えた新たな効率的⼿法
機能を削って⼤ヒット
46
⼩学6年⽣のパソコン授業で
SAFETY MAPを活⽤
47
仮説 より効果的な交通安全
当事者である⼩学⽣の参画
48
1. 地域の課題解決には当事者の参画が重要
2. 通学路の交通事故の当事者は、⼩学⽣と
運転者等
3. ⼩学⽣を当事者として参画させることで、
交通安全がより効果的になるかも
4. 例...
情報共有と更新のメリット
49
1. 交通安全の課題箇所の情報共有だけで、
注意喚起による効果が期待される。
2. ヒヤリ・ハットマップ作成も基本同じ
3. Webは常に最新情報が得られるメリット
あり
4. ヒヤリ・ハットマップは、作成労⼒が...
⾒⽅を変えると
今回の事例の位置付けは..
50
インターネットPC,スマホなど
IT機器普及と活⽤スキルアップ
地域の課題解決に向けて
ICTを活⽤した住⺠参加
地域(⽣活空間)の課題解決・改善には、住⺠参加が不可⽋
この際、ICT活⽤調査は...
異分野の事例と⽐較
51
同じ発想で交通安全を推進
⾷べログ
価格コム掲⽰板
⾷べログ
52
1. 飲⾷店利⽤者が、料理やサービス等の感
想を投稿
2. 他者は、投稿を閲覧・参考に、どの飲⾷
店に⾏くか検討する。
3. 飲⾷店側は、投稿を閲覧して、メニュー
やサービス改善の参考にする。
価格コム 掲⽰板
53
1. 製品の購⼊者等が、製品に対する感想等
を投稿
2. 他者は、投稿を閲覧・参考に、当該製品
の購⼊を検討する。
3. 製品の開発担当者は、投稿を閲覧して、
次期製品の開発・改良の参考にする。
web を利⽤した交通安全
54
1. 地元住⺠が、交通安全上の課題箇所の情
報をweb(SAFETY MAP)に投稿
2. 他者は、投稿を閲覧・参考に、道路を利
⽤する。皆が危ないと投稿された場所で
は、特に注意する。
3. ⾏政(道路管理者...
総括 webの活⽤
55
1. 交通量が少ない通学路の交通安全を効率
的・効果的に進める可能性がある。
2. 住⺠の意⾒聴取が容易となり、新たな住
⺠参画の⼿法として、様々な展開・効果
が期待される。
やってみなはれ
やらなわからしまへんで
56
サントリー創業者 ⿃井信治郎 の⾔葉
⼩理屈を並べても、物事は運ばない。
とにかく実⾏して、そこから学びながら、
次のアクションを考えたらええ。
Próxima SlideShare
Cargando en…5
×

web を利用した通学路の交通安全

2.976 visualizaciones

Publicado el

通学路 生活道路 交通安全 SAFETYMAP

  • Sé el primero en comentar

web を利用した通学路の交通安全

  1. 1. webを利⽤した 通学路の交通安全 ⼟⽊計画学研究発表会 平成27年6⽉6⽇ 国⼟交通省 国⼟技術政策総合研究所(国総研) 稲野 茂 1
  2. 2. 注意事項 ①市町村の通学路の交通安全対策 を効率化する実務⼿法の提案 ②個⼈主観を含む研究段階のもの ③国⼟交通省として決まったもの ではない 2
  3. 3. 通学路の交通安全 3つの課題 ① 対策が必要な課題箇所の抽出 – どこで、どんな対策をすべきか? – 予算が少ない中、どう調査するのか? ② 住⺠との合意形成 – 対策提案に反対されるケースもある ③ ⾏政側の⼈員・予算不⾜ 3
  4. 4. ① 課題箇所抽出と対策⽴案が容易 ② 合意形成がスムーズ ③ 少ない⼈員・予算で調査可 4 効率的・効果的に交通安全対策 webを⽤いて 住⺠意⾒を調査
  5. 5. 1.事例箇所の概要 2.Web調査の概要 3.対策の概要 4.考察 5
  6. 6. つくば市内 要(かなめ)⼩学校の通学路 6
  7. 7. ⼩学校周辺の通学路の実態 ⻄側を通⾏ 東側を通⾏ ⻄側を通⾏ 北側を通⾏ N
  8. 8. 8
  9. 9. 9
  10. 10. 急ブレーキデータの活⽤ 埼⽟県の事例 10
  11. 11. 急ブレーキ多発地点(⻘マーク) 幹線道路に5箇所のみ ⼩学校周辺道路にはゼロ 11 本⽥技研⼯業㈱ SAFETY MAP
  12. 12. 幹線道路と⽣活道路 交通安全対策について 幹線道路 交通量 多い 事故データ等の サンプル数が多い 既存データに基づく 対策が有効 12 ⽣活道路 交通量 少ない 現状、事故データ等の サンプル数が少ない 既存データに基づく 対策が困難
  13. 13. 交通量が少ない⽣活道路 課題箇所の抽出⽅法 事故データや急ブレーキデータ サンプル数が少ない。 13 住⺠意⾒を調査 例えば、アンケート調査、ワークショップ
  14. 14. アンケート調査の課題 調査票の設計、配布・回収、集計・分析 労⼒・コストがかかる 電⼦メールでも たいして変わらない 14
  15. 15. ワークショップの課題 近年、参加者が集まりにくい 集まるのは⾼齢者が中⼼ ⾏政の負担⼤ 住⺠の負担⼤ 15
  16. 16. 住⺠意⾒をwebで調査 HondaのSAFETY MAP Webサイトを活⽤して 住⺠⽬線による 交通安全の課題箇所を調査 16
  17. 17. SAFETY MAPとは、「急ブレーキ多発地点」や「事故の多いエリア」 そして、「みんなが追加した地点」などを、確認することができる地図サービスです。 (HONDA SAFETY MAP のwebページより引⽤ ) 17
  18. 18. SAFETY MAP • 本⽥技研⼯業㈱によるwebサイト • 交通安全の課題箇所と内容を、 誰でも投稿・閲覧(共有) • 利⽤は、無料 • 事故多発エリア(警察等の情報)と急ブレーキ 多発地点(インターナビ情報)を地図上に提⽰ • ストリートビューとの連動 18
  19. 19. 1.事例箇所の概要 2.Web調査の概要 3.対策の概要 4.考察 19
  20. 20. 調査から対策までの流れ ⼩学校を通じて保護者へ 通学路の課題箇所のweb⼊⼒を依頼 20 現地踏査・状況確認 ⼊⼒された情報に基づき対策を⽴案 関係者へ対策案を説明
  21. 21. web(SAFETY MAP)へ ⼊⼒を依頼した結果 21 依頼から約1ヶ⽉後 29箇所(195件)の情報が⼊⼒ つくば市との調整により 対策実施は⼩学校周辺 11箇所(136件)に絞り込む
  22. 22. 対策を⾏う11箇所 22
  23. 23. 11箇所に⼊⼒された意⾒ 23 道 路 が 狭 い ・ 歩 道 が な い ス ピー ド が 出 て い る 車 が 多 い 見 通 し が 悪 い 歩 行 者 ・ 自 転 車 の 飛 出 し が 多 い ハ ン プ 狭 さ く シ ケ イ ン 路 側 帯 整 備 路 面 表 示 ま た は 看 板 そ の 他 ① 4 3 3 2 △ ○ ② 4 6 7 2 見通しが悪く、左折する車にひかれそうになった 3 ○ ○ 植栽の剪定 ③ 2 2 2 0 県道からスピードを出して曲がってくる車が多い 1 ○ ④ 1 1 0 0 狭いが交通量が多く車同士すれ違いの際は歩行者が危険 1 ○ ⑤ 7 6 7 3 ○ 植栽の剪定 ⑥ 0 0 2 0 ○ ○ 植栽の剪定 ⑦ 7 7 8 4 変速十字路のためと、カーブミラー等がない 1 ○ ○ 植栽の剪定 ⑧ 0 2 1 0 ○ ⑨ 6 6 6 3 ○ ⑩ 0 0 0 0 私物が道路上に出ていて、すれ違いの際危険である 1 路上占用物の撤去 ⑪ 3 4 6 1 以前あった停止線が工事で消えたままになっている 1 ○ 停止線の設置 対策(案) 地点 そ の 他 みんなの意見(人) ※Safety Mapの入力情報は、10月20日時点ものである。
  24. 24. 意⾒に対応した 対策⽴案の考え⽅ 24 1. 道路が狭い – 路肩のカラー化 2. スピードを出している⾞が多い – ハンプ、スムース横断歩道、狭さく 3. ⾒通しが悪い – ⽀障物除去、カーブミラー 4. その他全般 – 路⾯表⽰や看板による注意喚起
  25. 25. 25 住⺠へ説明 問題なく合意形成 11箇所、136件の意⾒情報 現地踏査・状況確認 つくば市と調整の上、対策を⽴案 対策を実施
  26. 26. 1.事例箇所の概要 2.Web調査の概要 3.対策の概要 4.考察 26
  27. 27. 実施した対策 スムース横断歩道 27
  28. 28. 実施した対策 ハンプ+狭さく+路肩カラー化 28
  29. 29. 実施した対策 路肩カラー化+路⾯注意喚起 29
  30. 30. 実施した対策 スリムハンプ 30
  31. 31. 実施した対策 交差点狭さく+路肩カラー化 31
  32. 32. 実施した対策 ゾーン30表⽰と様々な注意喚起 32
  33. 33. 実施した対策 路肩のカラー化 33
  34. 34. 1.事例箇所の概要 2.Web調査の概要 3.対策の概要 4.考察 34
  35. 35. 事例をざっくりまとめると 35 ① ⼩学⽣の保護者に対して、 Web(SAFETY MAP)調査を依頼 ② 交通安全の課題箇所の情報が得られる ③ 現地踏査・状況確認の上、⼊⼒された情 報に基づき交通安全対策を⽴案 ④ 合意形成がスムーズ ⑤ 効率的・低コストに実施できた ⑥ 対策を施⼯
  36. 36. 考察1 web調査は成功 36 ⼩学校の保護者に対して、 Web(SAFETY MAP)を⽤いて、 通学路の課題箇所の情報⼊⼒を依頼 必要な情報が得られた。 調査コストは ゼロ 対策⽴案が容易
  37. 37. 考察2 web調査は好評 37 Web(SAFETY MAP)調査に対して 保護者のナマの声 好きな時間に⾃宅のPCで 他者の意⾒を参考に簡単に意⾒を⼊⼒ わざわざ集まる必要がなくて、便利❤
  38. 38. web調査成功の要因推測 38 調査対象者の選定 • 依頼した⼩学⽣保護者のパソコンスキル が、必要⽔準にあった • 仮に、⾃治会等を窓⼝に依頼することを 想定すると、⾃治会⻑等は⾼齢者が多く、 パソコンスキルは低いと想定され、調査 を受け⼊れられない可能性も。
  39. 39. Webを使えない⼈対策 39 案1 昔の⾮効率な⼿法に戻す。 全員が使えるものしか認めない。 案2 近くの⼈が⼿助けする。 効率的なweb調査を基本とする。
  40. 40. 考察3 合意形成への影響要因 40 合意形成がスムーズに進んだ要因 1. ⽩紙状態から保護者の意⾒を調査し、 これに基づき進めたこと 2. 個別の対策内容が、⽤地買収を伴わない 内容であったこと 3. ハンプに近接した⼈家が無い
  41. 41. 仮説 合意形成 41 ⽩紙状態から住⺠の意⾒を調査し これに基づき対策を提案 合意形成がスムーズに進む ⼀つの事例に過ぎないが、 ⼿応えとして、多くの箇所で同じ展開になるかも
  42. 42. ネガティブ意⾒は杞憂 42 ⽩紙状態から、住⺠意⾒を調査・活⽤する ことに対するネガティブ意⾒ ① 対応困難な意⾒が出され、その実施を強 く求められたらどうするのか ② 苦情的内容がほとんどで、対策⽴案に使 える情報は得られない 取り越し苦労、杞憂(きゆう)
  43. 43. 今回の特徴 43 ⽩紙状態から住⺠の意⾒を調査し これに基づき対策を提案 事故データや交通挙動データ 実質的に使わず対策⽴案 研究の過程として、念のため参照したが、 実質的な対策⽴案時には、データは⼀切使っていない。
  44. 44. 市町村による ⽣活道路の交通安全 計画調査 44 多額な予算、⼿間を要する⼿法は 実⾏されない。 少ない予算、省⼒化された⼿法で なければ、実⾏されない
  45. 45. 45 評価1 ⾮常識、⾮科学的、教科書に書いてない 交通量が少ない⽣活道路の交通安全 住⺠意⾒だけに基づき対策⽴案 事故データや交通挙動データは、 基本的に調べない、使わない。必要に応じて参照程度 評価2 従来常識を超えた新たな効率的⼿法
  46. 46. 機能を削って⼤ヒット 46
  47. 47. ⼩学6年⽣のパソコン授業で SAFETY MAPを活⽤ 47
  48. 48. 仮説 より効果的な交通安全 当事者である⼩学⽣の参画 48 1. 地域の課題解決には当事者の参画が重要 2. 通学路の交通事故の当事者は、⼩学⽣と 運転者等 3. ⼩学⽣を当事者として参画させることで、 交通安全がより効果的になるかも 4. 例えば – ⾼学年には授業でweb調査と情報閲覧 – ⾼学年から下級⽣へ、登下校時の指導など
  49. 49. 情報共有と更新のメリット 49 1. 交通安全の課題箇所の情報共有だけで、 注意喚起による効果が期待される。 2. ヒヤリ・ハットマップ作成も基本同じ 3. Webは常に最新情報が得られるメリット あり 4. ヒヤリ・ハットマップは、作成労⼒が⼤ きく、更新されにくいデメリットあり
  50. 50. ⾒⽅を変えると 今回の事例の位置付けは.. 50 インターネットPC,スマホなど IT機器普及と活⽤スキルアップ 地域の課題解決に向けて ICTを活⽤した住⺠参加 地域(⽣活空間)の課題解決・改善には、住⺠参加が不可⽋ この際、ICT活⽤調査は、住⺠と⾏政双⽅にメリットあり
  51. 51. 異分野の事例と⽐較 51 同じ発想で交通安全を推進 ⾷べログ 価格コム掲⽰板
  52. 52. ⾷べログ 52 1. 飲⾷店利⽤者が、料理やサービス等の感 想を投稿 2. 他者は、投稿を閲覧・参考に、どの飲⾷ 店に⾏くか検討する。 3. 飲⾷店側は、投稿を閲覧して、メニュー やサービス改善の参考にする。
  53. 53. 価格コム 掲⽰板 53 1. 製品の購⼊者等が、製品に対する感想等 を投稿 2. 他者は、投稿を閲覧・参考に、当該製品 の購⼊を検討する。 3. 製品の開発担当者は、投稿を閲覧して、 次期製品の開発・改良の参考にする。
  54. 54. web を利⽤した交通安全 54 1. 地元住⺠が、交通安全上の課題箇所の情 報をweb(SAFETY MAP)に投稿 2. 他者は、投稿を閲覧・参考に、道路を利 ⽤する。皆が危ないと投稿された場所で は、特に注意する。 3. ⾏政(道路管理者等)は、投稿を閲覧し、 これを参考に交通安全対策を進める。
  55. 55. 総括 webの活⽤ 55 1. 交通量が少ない通学路の交通安全を効率 的・効果的に進める可能性がある。 2. 住⺠の意⾒聴取が容易となり、新たな住 ⺠参画の⼿法として、様々な展開・効果 が期待される。
  56. 56. やってみなはれ やらなわからしまへんで 56 サントリー創業者 ⿃井信治郎 の⾔葉 ⼩理屈を並べても、物事は運ばない。 とにかく実⾏して、そこから学びながら、 次のアクションを考えたらええ。

×