Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

webを活用した通学路の交通安全

253 visualizaciones

Publicado el

webサービス=SAFETY MAP を活用して、通学路の交通安全を効率的に進める手法の提案

  • Sé el primero en comentar

  • Sé el primero en recomendar esto

webを活用した通学路の交通安全

  1. 1. を活用した 通学路の交通安全 2018年8月2日 元 国土交通省国土技術政策総合研究所 稲野茂 (現 阪神高速道路株式会社) 1
  2. 2. 自己紹介と注意事項 ① 1987年に建設省に入省後、本省、出先、 研究所、自治体、財団などで勤務 ② 2018年7月より阪神高速道路㈱ ③ このスライドは、研究者としての 個人的な見解を整理したもの (国土交通省で決まったものではない) 2
  3. 3. 通学路の交通安全 3つの課題 ① 課題箇所の抽出  通学路のどこが交通安全上の課題なのか? ② 住民との合意形成  対策提案に反対されるケースもある ③ 自治体の人員・予算不足 3
  4. 4. ① 課題箇所の抽出が容易 ② 対策の合意形成がスムーズ ③ 少ない人員・予算で調査可能 4 交通安全上の課題箇所について webを活用して住民意見を調査 結論
  5. 5. 交通事故の実態生活道路交通安全フォーラム(2018年6月)国交省資料 5
  6. 6. 6交通事故の実態生活道路交通安全フォーラム(2018年6月)国交省資料
  7. 7. 通学路関連、主な経緯 • 平成24年、京都府亀岡市等において通学路で 児童等が巻き込まれる交通事故が相次いで発生 • 国交省・文科省・警察庁連名で、緊急合同点検 の実施等を要請 • 各地で点検実施や「通学路交通安全プログラム」 の策定等の取り組みが進められている。 出典:国交省:通学路の交通安全の確保に向けた着実かつ効果的な取組の推進 7
  8. 8. 通学路の課題箇所の抽出方法 • 通学路の交通安全を進める際に、通学路におけ る課題個所(危険箇所)の抽出が必要 • その代表的な方法は下記のとおり ① ワークショップの開催 ② 代表者による現地調査 ③ アンケート調査 ④ ビッグデータの活用 8
  9. 9. ワークショップの課題 • 近年、参加者が減少傾向。理由は、夫婦ともに 仕事で平日夜の参加は困難、休日はレジャー等 に使いたい、といった層が増大と想定 • 住民側の参加者は、高齢者層が中心となり、 的確に通学路の課題を把握しているか疑問 • 事務局員(市職員等)の時間外勤務・休日出勤 など負担大。働き方改革に逆行するとともに、 参加者が少ないと、労多くして実り少ない 9
  10. 10. 高齢者主体のワークショップ 10 出典:生活道路交通安全フォーラム (2018年6月)佐賀市資料
  11. 11. 代表者による現地調査の課題 • PTA会⾧、自治会⾧など地域の代表者は、 通学路の課題個所を全て把握している、 と考えること自体に無理がある。 • 代表者の意見を聞いた=地域の声を聞いた、 とのアリバイづくり 11
  12. 12. アンケート調査の課題 • アンケート票の設計・配布・回収・分析など、 コンサルタントへの委託費用が必要 • 行政が直営で実施するには、職員の負担大 • 回収数(回収率)が確保されるか=必要なデー タが得られるか不明 12
  13. 13. ビッグデータとは 出典:生活道路交通案円フォーラム 国土交通省資料 • 課題個所の抽出に、交通事故データに加えて、 近年、急ブレーキ発生個所データなどの車両挙 動のビッグデータを活用する事例が増加 • 交通量の多い幹線道路では、データサンプル数 が確保され、有効。しかし、交通量が少ない道 路では、現時点で、データサンプル数が不十分 • 自転車、オートバイに関する情報が欠如 • データ分析にコンサルタント委託経費が必要 13
  14. 14. ビッグデータの課題 • 交通安全の課題個所の抽出に、交通事故データ に加えて、近年、急ブレーキなどの車両挙動の ビッグデータを活用する事例が増加 • 交通量の多い幹線道路では、データサンプル数 が十分確保されるが、交通量が少ない道路では、 データサンプル数が現状不十分 • ETC2.0搭載は、トラックや高級車が多く、 軽自動車等は少ないなど、サンプルに偏りあり • 自転車、原付バイク関連のデータは得られない • データ分析にコンサルタント委託経費が必要 14
  15. 15. 15
  16. 16. 1.事例箇所の概要 2.web調査の概要 3.対策の概要 4.考察 16
  17. 17. つくば市内 要(かなめ)小学校の通学路 17
  18. 18. つくば市要小学校周辺の通学路 西側を通行 東側を通行 西側を通行 北側を通行 N 要小学校
  19. 19. 19
  20. 20. 20
  21. 21. 急ブレーキ多発地点(青マーク) 幹線道路に5箇所のみ 小学校周辺道路にはゼロ 21 本田技研工業㈱ SAFETY MAP
  22. 22. 交通安全上の課題箇所の抽出 (要小学校のケース) 事故データや急ブレーキデータ 現状では、サンプル数が少ない 22 住民意見を調査
  23. 23. 住民意見の調査方法 ワークショップやアンケート 労力が大きく、効率が悪い 23 web調査を活用
  24. 24. 1.事例箇所の概要 2.web調査の概要 3.対策の概要 4.考察 24
  25. 25. • 本田技研工業㈱によるwebサイト • 交通安全上の課題箇所と内容を、 誰でも投稿・閲覧できる • 利用は、無料 • 事故多発エリア(警察等の情報)と急ブレーキ多発地点 (インターナビ情報)を地図上に提示 • ストリートビューとの連動 これを住民意見の調査に活用 25
  26. 26. • 自治体などが法人登録(無料)する ことにより、投稿データのCSV出力 が可能 • 住民目線による交通安全上の課題箇 所の調査・分析に活用 26
  27. 27. SAFETY MAPとは「急ブレーキ多発地点」や「事故の多いエリア」 そして、「みんなが追加した地点」などを、確認することができる地図サービスです。 (HONDA SAFETY MAP のwebページより引用 ) 27
  28. 28. 調査から対策までの流れ 小学校を通じて保護者へ 通学路の交通安全上の課題箇所の情報を web(SAFETY MAP)入力を依頼 28 現地踏査・状況確認 入力情報を踏まえ対策を立案 関係者へ対策案を説明
  29. 29. web(SAFETY MAP)へ 入力を依頼した結果 29 依頼から約1ヶ月後 29箇所(195件)の情報が入力 つくば市との調整により 対策実施は小学校周辺 11箇所(136件)に絞り込む
  30. 30. SAFETY MAPの地図上 緑のピンが入力箇所 30 本田技研工業㈱ SAFETY MAP
  31. 31. つくば市との調整により、 以下の11箇所で対策実施を検討 31
  32. 32. 11箇所に入力された意見 32 道 路 が 狭 い ・ 歩 道 が な い ス ピ ー ド が 出 て い る 車 が 多 い 見 通 し が 悪 い 歩 行 者 ・ 自 転 車 の 飛 出 し が 多 い ハ ン プ 狭 さ く シ ケ イ ン 路 側 帯 整 備 路 面 表 示 ま た は 看 板 そ の 他 ① 4 3 3 2 △ ○ ② 4 6 7 2 見通しが悪く、左折する車にひかれそうになった 3 ○ ○ 植栽の剪定 ③ 2 2 2 0 県道からスピードを出して曲がってくる車が多い 1 ○ ④ 1 1 0 0 狭いが交通量が多く車同士すれ違いの際は歩行者が危険 1 ○ ⑤ 7 6 7 3 ○ 植栽の剪定 ⑥ 0 0 2 0 ○ ○ 植栽の剪定 ⑦ 7 7 8 4 変速十字路のためと、カーブミラー等がない 1 ○ ○ 植栽の剪定 ⑧ 0 2 1 0 ○ ⑨ 6 6 6 3 ○ ⑩ 0 0 0 0 私物が道路上に出ていて、すれ違いの際危険である 1 路上占用物の撤去 ⑪ 3 4 6 1 以前あった停止線が工事で消えたままになっている 1 ○ 停止線の設置 対策(案) 地点 そ の 他 みんなの意見(人) ※情報は、10月20日時点もの。
  33. 33. 意見に対応した 対策立案の考え方 33 1. 道路が狭い – 路肩のカラー化 2. スピードを出している車が多い – ハンプ、スムース横断歩道、狭さく 3. 見通しが悪い – 植栽剪定等支障物除去、カーブミラー 4. その他全般 – 路面表示や看板による注意喚起
  34. 34. 対策立案の参考資料 通学路総合交通安全マネジメントガイドライン 34 (公財)国際交通安全学会の ホームページから 全編ダウンロード可 ※つくば市の事例で使った ものではありません。
  35. 35. 1.事例箇所の概要 2.web調査の概要 3.対策の概要 4.考察 35
  36. 36. 実施した対策 スムース横断歩道 36
  37. 37. 実施した対策 ハンプ+狭さく+路肩カラー化 37
  38. 38. 実施した対策 交差点狭さく+路肩カラー化 38
  39. 39. 実施した対策 ゾーン30表示と様々な注意喚起 39
  40. 40. 実施した対策 路肩のカラー化 40
  41. 41. 1.事例箇所の概要 2.web調査の概要 3.対策の概要 4.考察 41
  42. 42. 考察1 web調査は成功 42 小学校の保護者に対して 通学路の課題箇所のweb入力を依頼 対策立案に必要な情報が得られた。 わずかな労力、調査コストは ゼロ
  43. 43. ネガティブ意見は杞憂 43 web調査に対する事前のネガティブ意見 ① 対応困難な意見が出され、その実施を強 く求められたらどうするのか ② 苦情的内容がほとんどで、対策立案に使 える情報は得られない 取り越し苦労、杞憂(きゆう)
  44. 44. 考察2 web調査は好評 44 web調査に対する 保護者のナマの声 好きな時間に自宅のPCで 他の人の意見を参考に簡単に情報入力 わざわざ集まる必要がなくて、便利❤
  45. 45. web調査成功の要因 45 • 保護者のパソコンスキルが、必要水準に あった(小学校の保護者世代は、パソコン使える) • 調査目的が通学路の交通安全 ➔ わかりやすく、身近・切実なテーマ • SAFETY MAPの操作方法が簡単 • 小学校を通じて依頼状を配布したので、 ポスティング労力も不要
  46. 46. 小学6年生のパソコン授業で SAFETY MAPを活用 46
  47. 47. 考察3 合意形成について 47 今回の事例では、 対策への合意形成は、極めてスムーズ その要因としては、 住民意見を踏まえた対策内容であった 白紙状態から住民の意見を調査する手続 きを経たことから、住民の信頼を得た
  48. 48. 私見 合意形成の考え方 48 ① 高速道路やダム建設等の場合 住民の視点と事業の必要性の関連は薄い 広域的な視点から、事業の必要性をご説明し、 ご理解いただく ② 生活道路の交通安全対策の場合 住民の視点と事業の必要性は、ほぼ合致 住民の視点から、課題箇所を抽出し、対策案に、 ご理解いただく
  49. 49. 私見 住民参画 生活道路の交通安全 49 • 具体的な対策検討の場に、住民の代表者を メンバーとして加えるだけでは、不十分 • 住民の代表者は、必ずしも地域内の全ての 課題状況を把握していない • 住民の目線の課題箇所調査を実施すべき
  50. 50. 提案 交通安全対策の進め方 幹線道路 • 交通量が多い • 事故データ等のサンプ ル数が多い ⇩ ビッグデータに基づく 対策立案が有効 50 生活道路 • 交通量が少ない • 各種データサンプル数 が、現状では少ない ⇩ ビッグデータに基づく 対策立案が困難 ⇩ 住民意見を調査し これを踏まえるべき
  51. 51. 提案 住民意見の調査方法 51 従来の方法 アンケート調査、ワークショップ等 効率が悪い、労力が大きい インターネットの普及を踏まえ webを活用して効率的に調査
  52. 52. インターネットの普及状況(個人) (総務省 平成29年通信利用動向調査) 52
  53. 53. ヒヤリハットマップは 鮮度が大切 53 1. 従来のヒヤリハットマップ –ワークショップなど、関係者の手間を かけて作成したので、更新が進まない –道路交通は変化している(道路新設、 施設の立地など)が、古いまま 2. Web上のヒヤリハットマップ –常時書き込みができるので、鮮度が高 い情報が得られる
  54. 54. 通学路対策のPDCAサイクル 54 出典:八尾市通学路交通安全プログラム
  55. 55. PDCAサイクルの効率化 55 1. 点検→対策検討→対策実施を展開 2. 対策効果の把握等のPDCAサイクルを まわすためには、効率化が必要 3. ICT=web調査の活用=市民の意見が 広く簡単に得られる
  56. 56. ICT活用で 行政の生産性向上 56 ワークショップ開催は、 –住民と事務局(市役所等)の負担大 –インターネット以前の手法(非効率) (住民が集まることに意義があるケースは除く) インターネット普及=社会変革を踏まえ、 –web調査でワークショップの代替 –ICT活用で行政の生産性向上
  57. 57. アンケート調査との比較 57 アンケート調査 – 調査票の設計、配布・回収・分析など労力(費用) を要する。 – インターネットのアンケート調査もあるが、対象住 民から、交通安全の課題等の意見を効率的に得るの が難しい SAFETY MAP – PC画面の地図上に、交通安全上の課題を簡単に書 き込む機能あり – これを交通安全上の課題箇所調査に活用可能 – 他者の意見や交通事故・急ブレーキ箇所等を参考に 情報入力できる
  58. 58. やらなわからしまへんで 58 サントリー創業者 鳥井信治郎 の言葉 小理屈を並べても、物事は運ばない。 とにかく実行して、そこから学びながら、 次のアクションを考えたらええ。

×