Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

非有権者における政治関心の形成メカニズム:政治的社会化の再検討を通じて

2015年度日本選挙学会(社会心理部会2)報告

  • Sé el primero en comentar

非有権者における政治関心の形成メカニズム:政治的社会化の再検討を通じて

  1. 1. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール 非有権者における政治関心の形成メカニズム :政治的社会化の再検討を通じて 秦 正樹 神戸大学大学院法学研究科 博士課程後期課程 (公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構 主任研究員 hatam@dri.ne.jp 2015年 5月 17日(日)
  2. 2. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール ● ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ 問題の所在  若年層における慢性的な政治的不活性  3つの「低」:低投票率・低関心・低信頼  公職選挙法改正による選挙権年齢の引き下げ  2016参院選より18・19歳にも選挙権が付与される見込み  若者の低投票率=シルバーデモクラシーの温床? ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ 31.5% 43.3% 32.8% 46.7% 33.7% 35.3% 57.2% 67.9% 58.9% 70.2% 58.2% 58.7% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 2004年(参) 2005年 2007年(参) 2009年 2010年(参) 2012年 出典:明るい選挙推進協会「年齢別階層投票率」より   20-24歳   25-29歳   平均
  3. 3. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール リサーチクエスチョン  非有権者は,いかにして政治関心を形成するのか?  年齢によって,初期or後期社会化の影響力はどのように異なるのか?  非有権者群(18-19歳)と有権者群(20-79歳)を対象とした2つの サーベイ実験の結果を比較する 若年層の政治意識をめぐるパズル  「若年層=政治的無関心」は真か?  20歳になるまでに関心喚起に強い影響を与える?  初期社会化 vs 後期社会化:今でも後期社会化に軍配があがる?  政治的社会化による若年層の政治関心の形成  特定の職業利益のない非有権者が,いかにして政治関心を形成するの かについての実証研究は少ない ● ● ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ
  4. 4. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール 年代ごとの政治的社会化の機能  規範形成としての初期社会化  エイジェント(親・学校)のフレーミング(Greenstein 1968)  「規範の内面化」(Easton 1960; Dawson et al., 1988)  利益ネットワークとしての後期社会化  日本における職業利益団体編成モデル(三宅 1985;1988;1996)  「利益民主主義への参入」(Wolfinger 1980; Prior 2010) 政治意識の安定性  ミシガンモデルを前提とする意識の安定性と規定性  若い時期に生じた関心は,その後も安定的に継続(Jennings and Niemi 1974; 1981; Shani 2009)  業績判断に伴う短期的変動(Fiorina 1980) ● ● ● ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ
  5. 5. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール 先行研究の検討  理論における課題  非有権者(18-19歳)が受ける影響は,初期社会化だけなのか?  有権者になって以降の「規範の内面化」の効果はどうなるのか?  実証における課題  被説明変数と説明変数の距離:トートロジー?  因果の不在:「社会化→関心」?「関心→社会化の記憶」? 先行研究の問題への対応  理論的課題への対応  有権者 vs 非有権者における「規範/利益」に関する比較モデル  方法論的課題への対応  サーベイ実験の導入:「社会化→関心」の方向で因果関係を検討 ● ● ● ● ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ
  6. 6. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール 潜在的に与えうる社会化の効果  規範;初期社会化により,政治制度への信頼を通じて関心を高める  利益;後期社会化により,利益の追求を通じて関心を高める ● ● ● ● ● ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ
  7. 7. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール 本稿の仮説  仮説1 非有権者は,初期社会化と後期社会化の影響を相互に受けるため,規 範・利益のいずれの情報にも反応して,関心を高める  仮説2 有権者は,後期社会化の影響が相対的に大きくなるため,利益に関す る情報にのみ反応して,関心を高める ● ● ● ● ● ● ○ ○ ○ ○ ○ ○ ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ
  8. 8. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール サーベイ実験の概要  非有権者群  被験者;関西大学法学部・現代政治論(1回生向け授業)の受講生 221名(ただし20歳未満に限定するため,分析ではn=214)  実施時期;2014年1月19日  調査方法;質問紙・ランダム化は手作業  有権者群  被験者;ファストアスク社のパネルサンプル(20歳以上)の333名  実施時期;2014年3月10〜11日  調査方法;WEB調査・ランダム化はコンピュータ上で実施  いずれも,規範群・利益群・統制群の3実験群を用意. ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ● ● ● ● ● ● ● ○ ○ ○ ○ ○
  9. 9. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール リード文 2014年12月の衆議院総選挙における投票率は,戦後最低の52.7%でした。 とくに,若い世代の投票率は大変低いものでした。一般的に,政治家は, 投票に行ってくれない若者の意見よりも,絶対に投票してくれる老人や年 長の世代の意見の方に耳を傾けていると言われます。またその結果,さま ざまな政治の結果に影響があると言われています。 実験群1:規範 たとえば,若者の低投票率が続くと,若者 世代と年長世代の利益を調整することが出 来ず,ひいては民主主義をうまく運営でき なくなる可能性があります。 つまり,世代間の投票率格差は,今後の日 本の民主主義を維持する上で悪い形で影響 しているのです。 実験群2:利益 たとえば,大学生の就職支援や子育て支援 など,若者に利益のある(得をする)政策 への予算が減る可能性があります。 つまり,世代間の投票率格差は,若者が実 質的に損をする形で影響しているのです。 ↓ ↓ ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ● ● ● ● ● ● ● ● ○ ○ ○ ○
  10. 10. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール 質問文 上の内容を読んで,あなたは,政治のできごとに,どの程度,興味を持ち ましたか。あなたの正直なお気持ちをお答え下さい。 1. 興味をもった 〜 4. 興味をもたなかった(4件法;逆転尺度) 検証方法  従属変数  関心喚起量= 実験後の政治関心 − 実験前の政治関心  関心が高まった層=1,関心変動なし or 低下層=0  分析手法  母比率の差の検定  サンプルサイズの小ささを考慮するため ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ● ● ● ● ● ● ● ● ● ○ ○ ○
  11. 11. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール 実験群ごとの関心喚起量 ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ○ ○
  12. 12. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ○ 実験群ごとの関心喚起量  規範:2.9% ↑  利益:9.4% ↑  規範:14.6%↑  利益:6.1% ↑
  13. 13. 秦 正樹 2015年度日本選挙学会・社会心理部会2@崇城大学ホール 知見のまとめ  リサーチクエスチョン  非有権者における政治関心はどのような条件で高まるのか?  政治的社会化が想定する機能が,年齢によって異なるかを検証  初期社会化による「規範」 v.s. 後期社会化による「利益」  職業利益がない非有権者 →「規範」と「利益」のいずれも大事?  経験的検証:規範・利益フレームを与えるサーベイ実験  非有権者の実験群 → 規範フレームのみ関心↑  有権者の実験群 → 利益フレームのみ関心↑  (相対的に)非有権者群の利益フレームも一定の効果がみられる  結論  年長世代は「利益」にしか反応しないが,非有権者(若年世代)は 民主主義の規範的側面に反応する:「規範の内面化」機能は◯  個人の利益に絡む「年長世代」vs 国全体を見渡した「若者世代」? ◯ はじめに ◯ 先行研究の整理・検討 ◯ 理論と仮説 ◯ 実験デザイン ◯ 実験結果 ◯ 知見のまとめ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

    Sé el primero en comentar

    Inicia sesión para ver los comentarios

  • tintstyle

    May. 24, 2015

2015年度日本選挙学会(社会心理部会2)報告

Vistas

Total de vistas

581

En Slideshare

0

De embebidos

0

Número de embebidos

2

Acciones

Descargas

3

Compartidos

0

Comentarios

0

Me gusta

1

×