Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

20181026 Backlogで改善するプロジェクト管理

2018/10/26の「JBUG (札幌#2) プロジェクト管理について、もっと学ぼう!」の発表資料です。

  • Inicia sesión para ver los comentarios

20181026 Backlogで改善するプロジェクト管理

  1. 1. Backlogで改善するプロジェクト管理 JBUG (札幌#2) プロジェクト管理について、もっと学ぼう! 2018年10月26日 Masaru Ogura
  2. 2. 自己紹介 2 小倉 大 (おぐら まさる) Facebook : https://www.facebook.com/masaru.ogura.71 Twitter : @MasaruOgura 株式会社サーバーワークス AWSの環境構築や移行支援業務 札幌在住、在宅勤務 Backlog歴 3年
  3. 3. AWS認定資格取得 技術者数 AWS導入実績 680社 5,100プロジェクト APN プレミアコンサルティングパートナー 4年連続で認定 ※全世界で67社、国内8社 • APN マイグレーションコンピテンシー • APN MSP プログラム 本社所在地 〒162-0824 東京都新宿区揚場町1-21 代表者 大石 良 設立 2000年2月 資本金 169,100,000円 株主 当社役員、株式会社テラスカイ(東証マザーズ上場) エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 従業員数 114名 (2018年10月現在) 事業内容 AWS専業のクラウドインテグレーター 営業所 名古屋・大阪・仙台・福岡 資格等 APN Premier Consulting Partner 2014/2015/2016/2017 APN MSP Program APN Migration Competency(Delivery) ISO27001(本社取得) 関連会社 株式会社スカイ365(北海道札幌市) Solution Architect Associate 49 SysOps Associate 31 SA Professional 28 DevOps 14 Developer Associate 25
  4. 4. アジェンダ 4 プロジェクト管理について Backlogの使い方事例
  5. 5. アジェンダ 5 プロジェクト管理について Backlogの使い方事例
  6. 6. プロジェクト 6 プロジェクト(英: project)は、何らかの目標を達成するための計 画を指す。小さな目標の達成のためのものではなく、大きな目標を 集団で実行するものを指すことがある。その計画の実現のための 個々のタスク(仕事)の実行までを含めて指すこともある。 Wikipedia - プロジェクト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7 %E3%82%AF%E3%83%88
  7. 7. プロジェクト 7 何らかの目標を達成するため どんな形であっても終わらせる(放置しない) よくない例
  8. 8. プロジェクト 8 個々のタスク(仕事)の実行 可能な限り細分化する 1つの難しいタスクを複数の簡単なタスクへ(WBS) チームメンバーのスキルに合わせてタスクを割り振る
  9. 9. WBS(Work Breakdown Structure) 9 プロジェクトを理解し管理する上で、プロジェクトの各工程を各担 当者の作業レベルまで展開し木構造にまとめたものである。 Wikipedia - Work Breakdown Structure https://ja.wikipedia.org/wiki/Work_Breakdown_Structure
  10. 10. プロジェクト管理ツール 10 昔はエクセル 1行に1タスク、WBSを別シートで作成 見る場所が多く、管理しにくい
  11. 11. プロジェクト管理ツール 11 今はBacklog タスクとWBSを同時に管理できる(親課題と子課題) 期限を入れることができる 画面がわかりやすく、操作しやすい
  12. 12. Backlogでのプロジェクトの進め方例 以下の内容をお客様と認識を合わせています 1. プロジェクト概要 2. ステークホルダー 3. プロジェクト前提条件 4. コミュニケーション手段 5. 作業スコープ 6. プロジェクト作業除外条件 / 制約条件 7. スケジュール 8. プロジェクト成果物 9. AWS環境の構成について 10. 確認事項 12 Backlogでやり取りしますと伝える BacklogWikiに記載しますと伝える Backlogの課題で管理する
  13. 13. Backlogでのプロジェクトの進め方例 お客様ごとにBacklogプロジェクトを作成 参加しているBacklogプロジェクトしか閲覧できない 13
  14. 14. Backlogでのプロジェクトの進め方例 親課題と子課題を作成 作成した課題を終わらせていく 14
  15. 15. アジェンダ 15 プロジェクト管理について Backlogの使い方事例
  16. 16. ブリ 16 Backlogで課題を更新するとSlackへ通知 ブリのその他の機能についてはこちら http://blog.serverworks.co.jp/tech/2015/09/30/buri/
  17. 17. 研修課題作成スクリプト 17 Pythonスクリプトを実行し、研修課題を自動作成 Python3, requestsモジュール, Backlog APIを利用 https://developer.nulab-inc.com/ja/docs/backlog/api/2/add-issue/ 親課題の下に子課題が20個ほど作成される
  18. 18. Backlog API wrapper 18 BacklogWikiなどをBacklogプロジェクト間で移行(予定) 現在できること GitHubで公開済み https://github.com/hassaku63/backlog_util Python3で動くBacklog API(v2) wrapper を作ってみた https://qiita.com/hassaku_63/items/b9eb2a1c7ecd3c19507d 課題 list/count/create/get/update/delete Wiki list/count/create/get/update/delete + 添付ファイル操作
  19. 19. まとめ 19 Backlogを使うことでプロジェクト管理が容易になる タスクの期限の管理 親課題・子課題で関連するタスクをひとまとめ Backlogプロジェクトで複数のお客様を同時に管理 Backlog APIなどを使ってさらに工数削減

×