Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

【UX STRAT2014】conference report

2.003 visualizaciones

Publicado el

Personal report of "UX STRAT2014" that is the conference of User eXperience Strategy.
Written by Yuichi Inobori, INFOBAHN Inc. (digital and content marketing Agnency, Japan. My background is in field of Design Research and UX design.)

Publicado en: Diseño
  • Download or read that Ebooks here ... ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m77EgH } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m77EgH } ......................................................................................................................... Download Doc Ebook here { http://bit.ly/2m77EgH } ......................................................................................................................... .........................................................................................................................
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí
  • ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks (Unlimited) ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí
  • ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks (Unlimited) ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes.........ACCESS WEBSITE Over for All Ebooks ..... (Unlimited) ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... ...................................ALL FOR EBOOKS................................................. Cookbooks, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy,
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí

【UX STRAT2014】conference report

  1. 1. UX STRAT 2013 Redux in Japan Conference Report Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  2. 2. INTRODUCTION Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  3. 3. レポート執筆者 井登友一(Yuichi Inobori) 株式会社インフォバーン 取締役京都支社長 略歴 デザインコンサルティング会社にて、ユーザ中心発想によるマーケティングコミュニケーション領域のコン サルティング事業に従事し、数多くのペルソナ開発案件を担当。 その後、株式会社インフォバーンに入社し、現在は企業とユーザ双方にとって幸せを生む最良のコミュ ニケーションを、主にデジタル領域において設計・デザインする支援業務に注力中。 2011年6月1日に新規開設された京都支社の責任者を務める。 日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)認定プロジェクトマネジメントスペシャリスト(PMS) 人間中心設計推進機構(HCD-Net)認定人間中心設計スペシャリスト
  4. 4. ABOUT UX STRAT 2014 Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  5. 5. UX STRAT 2014 @ Boulder,CO • LinkedIn内の“UX Strategy and Planning”コミュニティから有 志によるボトムアップ型で実現した、ユーザーエクスペリエン ス戦略(UXが戦略)をテーマにした国際カンファレンス。 • 昨年Atlantaで第一回が開催され、今年は二回目 • 2014/9/7 〜9の3日間:8ワークショップ& 18セッション • 参加者は昨年同様の250名で、全てのセッションはシングルト ラックで行われる 少数かつシングルトラックであることは主催ボードメンバーのこだわり。定義が現時点で流動的な「UX戦略とい うテーマを議論するにあたっては、少数精鋭の有志が、同じコンテクストを共有して行うべき、という考えから Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  6. 6. UX STRAT 2014 @ Boulder ,CO • 米国を中心に、英国など欧州、インド、アジアなどの各地域よ り参加者が集まった。 • 参加者はUX専門家やコンサルタント、事業会社側のマネジメ ント層、UX責任者が中心。 • 昨年同様、Design-side、Business-side双方からの参加が見 受けられたが、IA界やインタラクションデザイン業界からの参 加も多く、一層参加者のバックグラウンドは多様性を帯びた印 象。各業界におけるオーソリティの姿も散見。 Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  7. 7. Venue Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved. here!
  8. 8. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  9. 9. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  10. 10. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  11. 11. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  12. 12. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  13. 13. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  14. 14. PROGRAM & TOPICS Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  15. 15. Conference Overview - 「UX戦略」についての定義を手探りで議論しあっていた第一回に 比べ、明確な意思を持って「UX戦略」について提言、話題提供を 行うスピーカーが増えた。 - “UX for Business Strategy” VS “Business Strategy for UX Design”(※)という二項対立関係でのスピーチが目立った昨年より も、Business-sideとDesign-sideが融合し、より高次元の視点で「UX が戦略≒企業戦略」という視座で定義する話題が増えた - 海外のカンファレンスらしく、#uxstrat タグで活発に議論がなされ、 セッション中でも参加者同士のTwitter上で意見交換が行われる Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  16. 16. Conference Overview - スピーカーは、昨年は事業会社やコンサルタント(デザイン・ ユーザビリティ・UX)、製造業系事業者、企業サイト担当者等 はいなかったのに対し、今年はより事業会社・エージェンシー ともによりハイレイヤーの職位担当者が増え、企業サイトのUX が担当者からの発表も見受けられた。 - HCDプロセスに基づくUXデザインの知識体系やIA(情報設 計)に関する知識は参加者にとっての基本・共通素養である ことは昨年同様。サービスデザインという概念についても、本 カンファレンスではすっかり共通知識となった印象。 Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  17. 17. Conference Overview - 昨年以上にスピーカーにPh.D保有者が増えた。彼ら・彼女らも研 究職ではなく事業会社のUXリードを務めているケースが多く、米国 ではUXの領域において産学を横断してマージナルなキャリア形成 を行うことが一般化している印象(e.g. Google Search のUXリサー チ責任者、ノルウェーのインタラクションデザイナー兼オスロ病院の デザインリサーチ責任者など) - 「ビジネス」「デザイン」という議論領域から一歩踏み出し、「組織デ ザイン」や「(UX重視時代の)プロダクトマネージャーの存在意義」 など、企業全体の組織活動や企業資産のエコシステムに言及する 話題が増えた。 Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  18. 18. Program | Day 0 | Workshop Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  19. 19. Program | Day 0 | Workshop Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  20. 20. Program | Day 0 | Workshop Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  21. 21. Program | Day 0 | Workshop Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  22. 22. Program | Day 1 | Main Program 後述“FEATURED SESSIONS”で詳細レポート Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  23. 23. Program | Day 1 | Main Program Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  24. 24. Program | Day 1 | Main Program Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  25. 25. Program | Day 1 | Main Program Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  26. 26. Program | Day 1 | Main Program Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  27. 27. Program | Day 2 | Main Program Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  28. 28. Program | Day 2 | Main Program Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  29. 29. Program | Day 2 | Main Program Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  30. 30. Program | Day 2 | Main Program Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  31. 31. Program | Day 2 | Main Program Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  32. 32. FEATURED SESSIONS Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  33. 33. Opening Remarks – Paul Bryan(Organizer) This Year’s UX STRAT? • 米国のUXコンサルタント/講師で、本カンファレンスのメイン主催者 であるPaulから開会にあたっての挨拶。 • 参加者は昨年から増えたかとおもいきや同様の250名であるという 発表には会場に笑いが起きたが、実はこの人数と全セッションがシ ングルトラックで行われることは主催の深いこだわりであることが話 題提供された。(前述) • 片方で昨年のカンファレンス開催後の1年間で、世界10箇所でUX STRATのマスタークラスが開催されたことを大きな実績として発表。 • Paul自身のこれまでの経歴の変遷が、UX界隈における専門性や キープレイヤー層の拡大を物語っている印象。 Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  34. 34. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  35. 35. Opening Keynote – Dr.Laura Granka (Head of UX Research, Google search) "Winning a Seat at the Table: What it Takes to Shape the Direction of a High Profile Product" • Google検索のUXリサーチ責任者を務めるLauraによるキーノート • Google検索における2004年から2014年にかけての10年間での最 大の変化と進化を“More Simple”と表現 • 全ての変化は「ユーザー中心」に行われている • 例として2004年時点での重要時は“fresher data”(データの鮮度) であったが、2014年時点では“saving seconds”(検索における時間 の低減)に変化していることが顕著な例(ユーザー行動と期待が変 化したから) • 多くの企業は“Data Driven”であろうとするが、Google検索は“Data Inspire”を重要視している。そうあることでDataはInformedな状態に なり、ユーザーにとって本当に重要なことは何か?のヒントをくれる Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  36. 36. Opening Keynote – Dr.Laura Granka (Head of UX Research, Google search) "Winning a Seat at the Table: What it Takes to Shape the Direction of a High Profile Product" • 彼女たちのチームのキーワードは、“More Material Design Fixed Problems.” • つまり、検索インタフェースにおけるアイコンやピクトそのものをユーザー にとって示唆に富む状態にデザインすること自体がユーザーの問題を解 決できる(迷わない、非言語で理解できる、など) • 彼女のチームでは、“Engineerign”“Product Management”“UX”の3つを 同レベルの重要要素として考えている • ユーザーにとって満足されているかの評価には独自の“HEART”Metrics を指標として用いている • HEART=Hapiness/Engagement/Adoption/Retension/Task Success • Focus User, All Else Is Follow.(ユーザー中心でありさえすれば、他のこと はあとから成果としてついてくる) Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  37. 37. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  38. 38. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  39. 39. Peter Melholtz (EX, Co-Founder Of Adaptive Path, UX Lead of OpenTable) "Shaping Organizations to Deliver Great User Experiences" • ボストンを拠点にグローバルに活躍するデザインコンサルティング企業である元 Adaptive Path社(カスタマージャーニーマップを体系化し世に出したことで有名)の共 同創業者〜GrouponのUX責任者を歴任した後、現在はOpenTableのUX責任者を務め るPeterによるスピーチ • UXを中心に有機的に機能できる組織のあり方について、前職のGrouponでの取り組み 事例を紹介 • 従来の「デザイン」や「開発」のような機能別組織にはメリットもある反面、UXを中心に据 えた組織づくりを志向するにはデメリットが多いことを提言。企業側の機能に準拠する のではなく、ユーザーにとっての(購買などの)経験に沿った組織づくりを行うべきと し、”Organize for the Customer Journey”と表現した • 上記の考え方は、ユーザージャーニーのプロセスごとに全ての機能を持った自律的組 織を配置すべきであるという考え方で、この思想をPeterを“Decentlarized”(脱中心主 義)と定義 • このようにして生まれた各チームは、有機的なパートナーシップを築き、ユーザーにとっ て価値あるUXを提供できるようになる Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  40. 40. Peter Melholtz (EX, Co-Founder Of Adaptive Path, UX Lead of OpenTable) "Shaping Organizations to Deliver Great User Experiences" • 併せて、従来よりもプランから出荷(実施)までにかかる時間 をより最小限にするために、プロジェクトを“Defininiton”(ユー ザーニーズの明確化)と“Execution”(企画から製品化)の大 きく2つのフェーズに分けることを提言 • 上記2つのフェーズをつなぐ中間プロセスに“Plan”を置き、ア イデア創出〜プロトタイピングを主軸としたプランニングスタイ ルをとることでExecutionまでのリードタイムを短縮。製品出荷 や施策実施後に再びプランの妥当性を評価しPDCAを回す という、いわゆるLean UXに近い発想でのプロジェクト推進を 提唱 Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  41. 41. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  42. 42. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  43. 43. Brian Gillespie (Strategy Consultant, Formerly Principal,Continuum) "How to Avoid Losing Design Strategy to Business Strategists" • 元Continuumの首席戦略コンサルタントであったBrianによるセッション • 企業における組織の中で事業戦略担当者が戦略的なデザイン思考を失 わずに戦略を描き、実践するために必要な思考を“Strategy Design”(戦 略デザイン)と提唱 • 戦略デザインは – White Space = 競合がおらず、事業価値の高い市場を見つけること – Communication = 企業組織におけるコミュニケーションと信頼を醸成すること • 上記2つを実現するために重要なカギを“Empathy”(共感)、“Curation” (情報の集約化)と提言 • 定性的評価になりがちな「共感」を定量的に審査し、「集約化した情報」を 徹底して可視化することで、企業組織内における意思疎通と共通理解を 促進する手法を提案した Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  44. 44. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  45. 45. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  46. 46. Todd Wilkens (Design Principal, IBM) "Putting UX and Strategy at the Heart of the Product Team” • IBM首席デザイナーToddは、“Product Strategy”というキーワードを提起 • IBMの事業=製品は包括的に良質なユーザー体験(UX)を提供することを目的と した戦略思考から生み出されるべきあり、それはすなわち「製品戦略」である、とい う主張 • IBMのDesign Thinkingは従来の意匠を中心とした製品デザインに関してのみなら ず、事業そのものの方向性や戦略策定に及ぶ領域をUX起点で行う、「全社的な フレームワーク」となっていて、経営自身がコミットメントしている • 上記徹底のため、様々な職位や立場の社員(e.g. プロダクトマネージャー、製品担 当チーム、エグゼクティブ、新規採用者、など多岐に及ぶ)を対象に、“IBM Designcamp”と呼ばれる教育プログラムを導入 (年間にDesigncampで使用されるポストイットは全世界で336,100枚!) • UX戦略が企業戦略の中心に近づく昨今の潮流の中においては、プロダクトマ ネージャーが担い、期待される役割が従前の製品領域だけでなく、事業全体の戦 略策定領域にシフトしつつあるという象徴的なセッションであったという印象 • これらの考えに立った時、本セッションタイトルである“Killing UX to save UX and Strategy.”(UXと事業戦略を活かすために、これまでの表層的呼称であった「UX戦 略」という言葉を殺す)というある意味センセーショナルな言葉の意味を理解できる Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  47. 47. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  48. 48. Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  49. 49. CONCLUSION&DISCUSSION Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  50. 50. CONCLUSION & DISCUSSION 1. UX戦略とは、 「UX Designの戦略(Strategy for UXD)」なのか、 「事業戦略のためのUXD(UXD for Strategy)」なのか、という議論から、一 段上の議論レイヤーにシフトしつつあり、手法論ではなく事業戦略におい て実践するフェーズに。 2. UX戦略を考える上で重要なキーワードは、 ・UX戦略を最大化させる組織づくり ・UX戦略と事業戦略が共通の思考領域で両立するために必要な指標づくり 3. UX戦略に関わるのは従来のようにUX専門家だけではない。Service Design、LeanUX、Design Researchなど、関連するデザイン思考の基礎知 識と経験をUX専門家以外の事業関係者ももつべき Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  51. 51. CONCLUSION & DISCUSSION 4.“Product”は、従来の単なる「製品」ではなく、 付帯するすべての「サービス」と「経験」を包括した存在になっている。 Goods Dominant Logic → Service Dominant Logic への転換がUX戦略と製品≒事業戦略の統合の潮流と符号してきている 5. 上記4から、今後プロダクトマネージャーが担うべき役割は事業レイヤーに 拡張し、UXを起点とした製品思考がますます求められるであろう、ということが 考えられる Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.
  52. 52. ※参考 Strategy for UXD or UXD for Strategy? 事 業 戦 略 UXD 事 業 戦 略 UXD Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved. 企業の 成熟度 (昨年会議での所感トピックス)
  53. 53. Links UX Strategy and Planning | LinkedIn http://www.linkedin.com/groups/UX-Strategy-Planning-3735935 UX Strategy (in Japanese) | Facebook (非公開グループ) UX STRAT 2014 http://uxstrat.com/uxstrat2014/ UX STRAT 2014 | インフォバーンサイト内レポート記事 http://www.infobahn.co.jp/ib_column/xxxx ←TBD(掲載準備中) Copyright 2014 INFOBAHN Inc. All rights reserved.

×