Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

2014年の姫路IT系勉強会を振り返る

295 visualizaciones

Publicado el

12月20日姫路IT系勉強会の2014年を振り返るスライドです。

Publicado en: Tecnología
  • Sé el primero en comentar

  • Sé el primero en recomendar esto

2014年の姫路IT系勉強会を振り返る

  1. 1. 20142014年の姫路年の姫路ITIT系勉強会を系勉強会を 振り返る振り返る 2014/12/20 のがたじゅん <nogajun@gmail.com>
  2. 2. 姫路姫路ITIT系勉強会ってどうよ系勉強会ってどうよ 姫路IT系勉強会は、兵庫県姫路市を中心とした周辺地域のIT系技術者、Webデザ イナー、学生など、それらの技術に興味のある人たちが気軽に集まり交流できる勉強会 です。 大阪や京都、岡山などではIT系勉強会が定期的に開催され盛り上がりを見せていますが、姫路市 周辺では開催されていません。そこで姫路在住の有志が集まり、2012年1月より毎月第3土曜日に 勉強会を開催することになりました。 姫路IT系勉強会ではIT系というくくりはありますが、扱うジャンルについては特定のジャンル に特化していません。 参加者が興味のあること、プログラミング、ネットワークから運用やデザインまでITに関連することを 月ごとにテーマを決め、勉強をしていきたいと考えています。 みなさまのご参加をお待ちしております。 で、実際のところはどうなのさ
  3. 3. 20142014年姫路年姫路ITIT系勉強会の現状系勉強会の現状
  4. 4. 今年のトピックス今年のトピックス ● アンカンファレンススタイルになりましたアンカンファレンススタイルになりました ● イベント「オープンテック・ショーケース」をイベント「オープンテック・ショーケース」を 開催しました開催しました ● ほかにも勉強会が増えましたほかにも勉強会が増えました
  5. 5. 参加者の推移参加者の推移
  6. 6. 月別参加者の推移月別参加者の推移 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 0 5 10 15 20 25 30 13 12 10 15 18 13 13 0 13 9 10 7 2012 2013 2014 平均参加者数:11.08人(2013:14.50人, 2012: 19.42人)
  7. 7. 地域別参加者の割合地域別参加者の割合 2012 2013 2014 0 20 40 60 80 100 120 140 160 180 200 94 101 58 9 6 7 25 7 17 21 28 15 13 8 8 8 5 2 14 16 19 兵庫県外 兵庫県その他 神戸 明石・西明石・魚住 高砂・加古川 たつの・相生・赤穂 姫路 参加者累計:133人(2013:174人, 2012:233人)
  8. 8. 地域別参加者の割合地域別参加者の割合 2012 2013 2014 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 51% 59% 46% 5% 4% 6% 14% 4% 13% 11% 16% 12% 7% 5% 6% 4% 3% 2% 8% 9% 15% 兵庫県外 兵庫県その他 神戸 明石・西明石・魚住 高砂・加古川 たつの・相生・赤穂 姫路
  9. 9. のがたの考察のがたの考察 ● 参加人数が減りました参加人数が減りました – アンカンファレンススタイルに変わったせいアンカンファレンススタイルに変わったせい?? ● スタイルとしては、一人ひとりが話をするので、スタイルとしては、一人ひとりが話をするので、 このぐらいがちょうど良かったりするこのぐらいがちょうど良かったりする – ほかに勉強会が増えたせいかと思いましたが、参加ほかに勉強会が増えたせいかと思いましたが、参加 者は被っていないので、スタイル変更のせいだと思者は被っていないので、スタイル変更のせいだと思 われますわれます
  10. 10. ネタを振り返るネタを振り返る
  11. 11. ネタについてネタについて ● 全部で全部で8484本あったので書きだすのは無理本あったので書きだすのは無理 – とりあえずまとめているので、とりあえずまとめているので、Google DocsGoogle Docsにでもにでも 上げておきます。上げておきます。
  12. 12. 発表ジャンルの割合発表ジャンルの割合 2012 2013 2014 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% セキュリティ Windows その他 教育 地理空間情報 オープンデータ ライフハック・マネジメント 言語 スマートフォン ハードウェア コンピュータ一般 開発環境 Linux サーバー・インフラ デザイン オープンソース プログラミング・言語 Web 運営
  13. 13. のがたの考察のがたの考察 ● ネタのジャンルがネタのジャンルが2012,20132012,2013年と比べて、年と比べて、 バラエティーに飛んでますバラエティーに飛んでます – みんな、いろいろネタ持ってるじゃんみんな、いろいろネタ持ってるじゃん!! ● 参加者は減ったけれど、その分様々なジャンル参加者は減ったけれど、その分様々なジャンル にわたって話ができて良かった気がしますにわたって話ができて良かった気がします
  14. 14. オープンテック・ショーケースオープンテック・ショーケース
  15. 15. オープンテック・ショーケースオープンテック・ショーケース ● アンケートを公開してますアンケートを公開してます ● 33週間の準備にしては、よくできたような週間の準備にしては、よくできたような 気がします気がします – ホント、皆様の協力のおかげですホント、皆様の協力のおかげです
  16. 16. 振り返りまとめ振り返りまとめ
  17. 17. 振り返りまとめ振り返りまとめ ● アンカンファレンス・スタイルは、うまく回っているアンカンファレンス・スタイルは、うまく回っている 気がします気がします – 実際、運営の負担は楽になりました実際、運営の負担は楽になりました ● 参加人数が減ったのはスタイル変更のせいだと思いますが、参加人数が減ったのはスタイル変更のせいだと思いますが、 これぐらいが良いように思いますこれぐらいが良いように思います – 敬遠された理由として考えられるのは、敬遠された理由として考えられるのは、 勉強会が何をやっているのかわからない、勉強会が何をやっているのかわからない、 自分も話をしなければいけない、自分も話をしなければいけない、 と言うことが原因のような気がしますと言うことが原因のような気がします
  18. 18. 姫路の勉強会シーンってどうよ姫路の勉強会シーンってどうよ
  19. 19. 定期的な勉強会がすごく増えました定期的な勉強会がすごく増えました ● 姫路ゆるい姫路ゆるいWebWeb勉強会勉強会 ● 姫路姫路JavaScriptJavaScript勉強会勉強会 ● Coder Dojo HimejiCoder Dojo Himeji ● OpenStreetMapOpenStreetMapマッピングパーティマッピングパーティ
  20. 20. その結果その結果 ● ほぼ毎週土曜に勉強会が開かれるほぼ毎週土曜に勉強会が開かれる – 運営する人が被ってるので、ちとヤバイかも運営する人が被ってるので、ちとヤバイかも – 幸い、参加者は被ってないので幸い、参加者は被ってないので運営を運営を押し付けられ押し付けられ る人る人後継者の育成が急務じゃないかと思われ後継者の育成が急務じゃないかと思われ
  21. 21. 20152015年の姫路年の姫路ITIT系勉強会を系勉強会を どうしよどうしよ??
  22. 22. 現状を説明すると現状を説明すると ● 当初の目標の当初の目標の33年は達成した年は達成した – 発起人発起人((のがた、田中、浦本のがた、田中、浦本))は忙しいは忙しい ● 次に運営をぶん投げられる人の育成急務次に運営をぶん投げられる人の育成急務 ● 20152015年のオープンテック・ショーケース年のオープンテック・ショーケース どうするどうする??
  23. 23. 20152015年どうしよう年どうしよう ● とりあえず来年も続けますが、危うい事には変とりあえず来年も続けますが、危うい事には変 わりないわりない

×