Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
Cargando en…3
×
1 de 69

Mog09報告会統合1121保存用

  1. 1. 問題解決×国際貢献<br />MoG報告会会~「問題解決×国際協力」 ”国境なき時代”の新しいマナビ~<br />11月21日(土)<br />20:00〜21:00<br />
  2. 2. 本日の構成<br />  第1章        第2章       第3章<br />MOGって?     AD村って?       結果は?<br />
  3. 3. 第一章そもそもMOGって?<br />
  4. 4. very50の仕組<br />  世界の問題を教育でStory makerを増やすことにより解決する仕組みです。<br />ネパール・バングラに3人に投資<br />3つの学部<br />Story maker<br />(活動家)<br />MiC<br />(Input学習)<br />“今の活動”<br />への社会投資<br />very50<br />Bank<br />発展途上国の社会問題の解決へ<br />日本国内の社会問題の解決へ<br />Story makerを<br />応援・輩出!<br />Story makerを<br />応援・輩出!<br />very50 <br />College<br />MoG<br />(output学習)<br />未来の<br />Story maker <br />(奨学生)<br />“未来の活動”<br />への社会投資<br />ネパールに3人の奨学生に投資<br />09年8月開校<br />(ネパールプロジェクト)<br />日本国内<br />発展途上国<br />Manabi In the Class=MiC・・教室での座学を中心としたマナビ<br />Manabi On the Grand=MoG・・課外での実践を中心としたマナビ<br />
  5. 5. very50 支援国<br />Nepal<br />Bangladesh<br />Laos<br />(予定)<br />Cambodia<br />(予定)<br />2カ国・3名のStorymakerと<br />3名の“未来のStory maker”への奨学投資を実施<br />2010年までに4カ国、3名の新たな投資予定<br />
  6. 6. なぜネパールなのか?<br />
  7. 7. クリシュナ氏を支援したい<br />・ダディン群中心に38校の学校理事長に。<br />・「より多くの子供たちに<br />学校で勉強するチャンスをあげたい。」<br />との想いから、教育に人生をかける。<br />・ “支援漬け”を非常に危惧、<br />必ず現地民を巻き込み参加させる。<br />・美しい農村開発へ<br />
  8. 8. ネパールの現状<br /><後発途上国><br />・所得水準が低い=ネパールのGNP$260<バングラ$400<br />・人間開発指数(発展の程度)<br />=カロリー摂取量、健康に関する指標、識字率が低い。<br />唯一発展が見込まれている産業分野、<br />水資源と観光業=環境がカギだが・・・<br />
  9. 9. 環境破壊が進む・・・テーマは環境!!<br />(a) <br />(d) <br />(b) <br />(e) <br />(f) <br />(c) <br />(a)( b)宗教と文化が息づく街<br />   (カトマンズ)<br />(c)美しい農村(アドンタール)<br />(d)汚染された川(カトマンズ)<br />(e)散乱するゴミ(カトマンズ)<br />(f)校庭のゴミ(アドンタール)<br />
  10. 10. MoGとは?<br />で、MoGって何?<br />
  11. 11. MOGの何が新しいのか<br />教わるだけ・・・・<br />与えられた作業をやるだけ・・・<br />になりがちな自分たち<br />教わったことを生かして<br />自分たちなりに考え<br />実際にやってみる!!<br />問題解決X国際協力<br />お客さんとして学ぶ・作業するのではなく<br />現地の人と共に考え、行動する<br />
  12. 12. 事前授業で仮説構築<br />NGO・大学教授による<br /> ・現地事情講義<br /> ・体験談共有<br />コンサルタントによる<br /> ・問題解決力指導<br /> ・発想法指導<br />Very50代表による<br />・ファシリテーション<br />・仮説検証計画<br />
  13. 13. 現地で仮説検証&実行<br />さて、詳細は??<br />
  14. 14.  2章 こんな村だよアドムタール<br />つり橋の向こう・・・<br />そこはアドムタール村。<br />
  15. 15. 9月後半、<br />ものすごく暑く天気のよい毎日が続いた。<br />
  16. 16. 蛍や天の川、満点の星空なんて当たり前<br />
  17. 17. 日本のNGO・現地民が共同建設<br />生徒1000名以上<br />4時間山道を通う子も<br />
  18. 18. アドムタール村は、クリシュナ氏を中心に<br />ここ数年で飛躍的に発展した<br />日本のNGOが現地と協力して作った学校には、<br />毎日片道2時間山道を歩いてくる子も<br />
  19. 19. MOGGER&青年団<br />
  20. 20. ぼくらの村生活一日<br />起床<br />※村人は既に<br />一仕事終了<br />
  21. 21. ダルバート<br />10:00 朝食<br />ほぼ毎食ダルバート<br />
  22. 22. 11:00~  ミーティング<br />
  23. 23. 13:00~17:00 <br />調べたり準備したり<br />
  24. 24. 17:00 ふとぼる<br />
  25. 25. シャワー?風呂?<br />19:00 <br />シャワー?風呂?<br />
  26. 26. ダルバート<br />21:00 晩ご飯<br />ほぼ毎食ダルバート<br />
  27. 27. 22:00~ ミーティング<br />
  28. 28. 24:00~ 夜のお楽しみ?<br />
  29. 29. 自然も人も、美しい村アドムタール。<br />
  30. 30. しかし・・・<br />
  31. 31. カトマンズごみ埋め立て場<br />
  32. 32. カトマンズごみ埋め立て場<br />カトマンズごみ埋め立て場<br />
  33. 33. カトマンズごみ埋め立て場<br />カトマンズごみ埋め立て場<br />
  34. 34. アドムタール村も・・・<br />つづく<br />
  35. 35.
  36. 36. 第3章<br />MOGGERは如何に考え、<br />協働し、結果何が残ったのか・・・・・<br />
  37. 37. 第3章構成<br />  第1節        第2節       第3節<br />考えた経緯     やったことは・・    結果と評価<br />
  38. 38. 1. 考えた経緯<br />
  39. 39. ① 効果的<br />②村人主体<br />TO BE<br />③持続可能<br />④移転可能<br />
  40. 40.  少人数<br /> 一部<br />① 効果的<br />②村人主体<br />青年団<br />独自行動<br />現 状<br /> 単発<br />③持続可能<br />④移転可能<br />
  41. 41. どこを攻めるか?<br />         <br />
  42. 42. 出るゴミを減らすのは2週間では難しい<br />人口<br />出る<br />ゴミ/人<br />出る<br />ゴミ量<br />減らす<br />
  43. 43. 自分が回収!!<br />
  44. 44. http://www.youtube.com/watch?v=qsU3tEHDwgw&feature=player_embedded<br />     行政の処理は期待できない<br />
  45. 45. 2.解決策は・・<br /> 3<br />3<br />
  46. 46. 効果<br />村人主体<br />持続可能<br />1:表彰&景品付きゴミ拾いイベント開催<br />インセンティブ<br />  景品<br />  表彰<br />  楽しさ<br />村が定期的に<br />きれいになる<br />不要な物<br />持ち主<br />ゴミ量<br />青年団<br />村人<br />時間<br />
  47. 47.   2:ゴミ箱!!<br />イベント外でも<br />            <br />村の人がきれいに<br />
  48. 48.     3:YOUTHと約束=責任<br />①モラルリーダー環境大臣設置<br />②大規模イベント年2回、<br />  毎月ゴミ拾い<br />③レポートの提出<br />
  49. 49. 3.成果と評価<br /> <br />
  50. 50. ① 効果的<br />②村人主体<br />どうだったのか?<br />③持続可能<br />④移転可能<br />
  51. 51. イベントの効果評価基準<br />
  52. 52. ①&②:ほぼどの家庭からも参加総数子供中心で200人<br />
  53. 53. ③目標6倍:600kgのゴミ!!<br />
  54. 54.    ④目標達成!!:男女比≒1:1<br />
  55. 55. イベント効果総括<br />    <br />これらの成果に加え・・・<br />
  56. 56.   ゴミ箱使われています<br />
  57. 57. しかも取材された!!<br />
  58. 58. ②村人主体Moggerはコンセプトとアイディアを<br />
  59. 59. 村の人50名で何をやるか決定多様な意見を反映できるか?<br />
  60. 60.                青年団主体で            計画を練り<br />
  61. 61. 青年団が運営<br />
  62. 62.          終了後も約束し青年団が責任を持つ<br />
  63. 63. ③持続可能か?<br />継続確保可能 &既に大量の物資<br />
  64. 64. ④他の村への移転可能性?<br />AD村は特別?!他の村のリサーチが必要<br />①実行主体がいるか?      ②景品継続確保可能?<br />
  65. 65. ① 効果的<br />②村人主体<br />総括<br />③持続可能<br />④移転可能<br />
  66. 66. 今後の課題<br />①ゴミ拾いイベント(回収)の継続<br />②ポイ捨てはつづく・・・・意識変革の必要性<br />③ゴミを出さない・処理への取り組み必要<br />④他の村のリサーチ必要<br />
  67. 67. 1ヶ月後・・意識変革の兆し起こりつつあり<br />・各家庭にはゴミ袋を設置<br />⇒家周辺のゴミ減<br />・公共の場にゴミ箱6個と10の看板設置予定<br />2回目のごみ拾い開催、40名参加<br />  <br />・地区で自主的なゴミ拾い活動<br />
  68. 68. 村は今変わっています<br />以前はドンドンポイ捨てをやる人たちが<br />今は道端に落ちているゴミを拾うようになってます。<br />これは何よりの変化です。<br />みなこれからどうすれば村が<br />もっときれいになるのかと<br />いつも考えています。<br />またごみの落ちてない村を<br />見に来てくださいね!!<br />
  69. 69. THANK YOU FOR LISTENING<br />

×