Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
ギークハウスのこれから        pha  ギークハウス忘年会 2012
ギークハウスプロジェクトの仕組み●   わりと適当●   オープンソース的    ●   参入も基本的に自由    理由:管理とか運営がめんどくさい       できるだけほっておいて回っていくのがいい
ゆるいことのメリット・デメリット    メリット:●   広がりやすい    ●   参加希望者を受け入れやすい●   維持コストが低い    ●   組織維持に必要な労力が少ない    デメリット:●   クオリティの保証ができるか?    ...
実際内容にはバラつきがある●   このままで大丈夫?    ●   ギークの定義が曖昧だからいろんな種類のものをゆ        るく包摂できるというメリットはある●   でもたまに失敗例もあったりする    ●   U とか、企画段階で読みが...
「ギークハウス」の概念の一般化?●   「シェアハウス」「マンション」みたいな一般    名詞になればいい、という気持ちもある    ●   「もくもく会」がそんな感じになっている●   でもそれとコミュニティ意識とは両立しない?    ●  ...
規模が大きくなった場合に        コミュニティ意識を保てるか●   人が増えてくると知らない人も出てくるし知ら    ないハウスも出てくる    ●   その場合、参加者が「ギークハウス」という概念自        体に愛着を持てるか  ...
ツリーではなくリゾーム構造で●   どこが中心というのではなく、各ギークハウス    がハブ機能をある程度持つのが望ましい    ●   一元的に管理統制するのはうまくいかない    ●   全てのギークハウス同士が仲良くする必要はない    ...
言い出しっぺのphaの願望●   僕がいきなり海外に2年くらい行ったりして何    もしなくても回っていく感じ●   でも別に抜けたいわけじゃなく、メインでコ    ミットしなくても、ときどき立ち寄ったときに    受け入れてくれる場所・コミュ...
これからどうしよう●   みんなで考えよう!●   コミケみたいに、お客様ではなくみんな参加者    的な感じでやってけたらいいなと思う
おわり●   御清聴ありがとうございます。
Próxima SlideShare
Cargando en…5
×

ギークハウスのこれから

14.418 visualizaciones

Publicado el

2012/12/28のギークハウス忘年会のLTのスライドに加筆したものです。

  • Inicia sesión para ver los comentarios

ギークハウスのこれから

  1. 1. ギークハウスのこれから pha ギークハウス忘年会 2012
  2. 2. ギークハウスプロジェクトの仕組み● わりと適当● オープンソース的 ● 参入も基本的に自由 理由:管理とか運営がめんどくさい    できるだけほっておいて回っていくのがいい
  3. 3. ゆるいことのメリット・デメリット メリット:● 広がりやすい ● 参加希望者を受け入れやすい● 維持コストが低い ● 組織維持に必要な労力が少ない デメリット:● クオリティの保証ができるか? ● 良くないギークハウスとか出てこない?
  4. 4. 実際内容にはバラつきがある● このままで大丈夫? ● ギークの定義が曖昧だからいろんな種類のものをゆ るく包摂できるというメリットはある● でもたまに失敗例もあったりする ● U とか、企画段階で読みが甘く成立しなかった● 参入に何か制限をするべき? ● ギークハウスを名乗るには一定の条件を満たしても らう ● それもめんどくさいけど必要かも
  5. 5. 「ギークハウス」の概念の一般化?● 「シェアハウス」「マンション」みたいな一般 名詞になればいい、という気持ちもある ● 「もくもく会」がそんな感じになっている● でもそれとコミュニティ意識とは両立しない? ● 広がりすぎると一体感がなくなる ● 現在成立している、ほどほどの規模で、そこそこみ んなの顔が見えるようなコミュニティ感にも愛着は ある
  6. 6. 規模が大きくなった場合に コミュニティ意識を保てるか● 人が増えてくると知らない人も出てくるし知ら ないハウスも出てくる ● その場合、参加者が「ギークハウス」という概念自 体に愛着を持てるか ● 今はネット( Facebook など)を使うことでコミュ ニケーションが取れる範囲をブーストしているけ ど、それにも限界はあるだろう – Facebook コミュニティが現在 300 人くらいだけど、 10 00 人とかになったら収集が付かないのでは → 人数的に、ハウスの数的に、既に岐路に差し掛 かってるような感じもする
  7. 7. ツリーではなくリゾーム構造で● どこが中心というのではなく、各ギークハウス がハブ機能をある程度持つのが望ましい ● 一元的に管理統制するのはうまくいかない ● 全てのギークハウス同士が仲良くする必要はない し、規模的に不可能だけど、「近所の3つ4つの ギークハウス同士が交流を持つ」「それが複数存在 する」 みたいな感じでやっていけないか● 他の家の人と繋がるにはイベントなどが必要 ● 「ネット上のコミュニティ」「実際の家」「人が集 まるイベント」の3つが必要なのでは ● 小規模なイベント( 5 〜 10 人)をいろんなギーク ハウスで散発的にやっていってほしい
  8. 8. 言い出しっぺのphaの願望● 僕がいきなり海外に2年くらい行ったりして何 もしなくても回っていく感じ● でも別に抜けたいわけじゃなく、メインでコ ミットしなくても、ときどき立ち寄ったときに 受け入れてくれる場所・コミュニティがあれば いい (別にどこかに行く予定はないですが) (まだ当分ギークハウスに住んでると思いま す)
  9. 9. これからどうしよう● みんなで考えよう!● コミケみたいに、お客様ではなくみんな参加者 的な感じでやってけたらいいなと思う
  10. 10. おわり● 御清聴ありがとうございます。

×