Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

ITアダルト女子会0回目資料~妊娠・出産編~

1.432 visualizaciones

Publicado el

ITアダルト女子会0回目の資料です。
妊娠・出産編をまとめています。

Publicado en: Atención sanitaria
  • Sé el primero en comentar

ITアダルト女子会0回目資料~妊娠・出産編~

  1. 1. 妊娠編 .............................................................................................................................. 1 女性の生殖ライフステージ .................................................................................. 1 ホルモンについて ...................................................................................................... 2 流産率 ...................................................................................................................... 2 妊娠方法について ...................................................................................................... 2 妊娠中について .......................................................................................................... 3 出産について .............................................................................................................. 3 病院について .......................................................................................................... 3 出産の方法 .................................................................................................................. 3 仕事について .......................................................................................................... 4 法律関連 ...................................................................................................................... 4 ※ 本資料は医療関係者の監督を受けたものではありません。ご了承ください※ ※ 本資料はあくまでも確立、数字である事を前提として読み進めてください※ 妊娠編 この章では、妊娠について記載します。 女性の生殖ライフステージ 生殖可能時期  初経(大体12 歳頃)が始まり、最初は月経周期が不順であるが、数年で周 期が確定する  生殖機能のピークは10 代校半から20 代とされ、30 代からは妊娠率の低下 が始まる  30 代ぐらいからは流産率の上昇が見られる 更年時期  40 才ぐらいから月経周期が不順となり、卵巣からのエストロゲンの低下に よるホットフラッシュが生じる  妊娠は可能なので妊娠を望まない場合は避妊が必要 閉経時期  45 歳以上では妊娠する可能性がかなり低くなりる。  卵巣になる卵子の数の減少と質の悪化による為である
  2. 2. ホルモンについて  卵胞ホルモン(エストロゲン): 卵巣から分泌されて、子宮内膜を肥厚にす る  黄体ホルモン(プロゲステロン): 卵巣から分泌されて、排卵後の受精卵の 着床を手助けする  卵胞刺激ホルモン(FSH): 下垂体から分泌され、卵巣に働きかけて卵の成 長を促す  黄体形成ホルモン(LH): 下垂体から分泌され、卵巣に働きかけて卵の排 卵を促す 流産率  一般: 10~15%  35〜40 歳: 20%  40 歳~: 40% 妊娠方法について 性交渉によって妊娠する確立  避妊をせず排卵日に性行為をすると妊娠する確立は20~30%  避妊をせずにアナル性交渉をした際に妊娠する確立は8%  避妊をして性交渉をした際に妊娠する確立1  男性用コンドーム: 2~15%  殺精子剤: 18~29%  ペッサリー(女性の膣内に挿入して使う避妊具): 6~26%  低用量ピル(女性ホルモンを含む薬): 0.3~8%  IUD, IUS(子宮内に挿入する避妊リング/ 出産経験ある人向け): 0.1~0.8% 緊急避妊ピル  大量のエストロゲン/プロゲステロンを含むピルを72 時間内に服用する事 で避妊が可能  排卵を抑制し受精や着床を阻止する 1 http://love-uni.jimdo.com/%E9%81%BF%E5%A6%8A/
  3. 3. その他  卵子の寿命は約1 日程度/精子の寿命は2~3 日程度  妊娠中について2 妊娠が発覚する期間: 約2 ヶ月後 妊娠期間:約10 ヶ月 法律的に人工中絶が可能な期間:妊娠5 週から妊娠21 週6 日まで(これを超え ると胎児に人格が法的に発生し殺人罪に問われる) 15 歳~49 歳までの中絶率は平均0.75%3 出産について 病院について 日本における妊娠/出産における死亡率  妊婦の出産時に死亡率は0.008%である4  新生児(生後約1 ヶ月未満)は0.1%、乳児(生後1 年未満)は0.2%であ る5  出産数と比較して自然死産は1%、人口死産は1% である6 出産の方法7  経膣分娩  普通分娩  座位分娩  フリースタイル分娩  水中分娩  帝王切開  予定帝王切開  緊急帝王切開 2 http://www.ikujizubari.com/maternity/pregnancy.html 3 http://todo-ran.com/t/kiji/14982 4 http://www.unicef.or.jp/library/toukei_2005/m_dat8.html 5http://memorva.jp/ranking/unfpa/who_2012_neonatal_infant_mortality_rate.php 6 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei12/dl/03_h1.pdf 7 http://www.unicharm.co.jp/moony/hajimete/ninshin/lesson03_07.html
  4. 4. 仕事について 法律関連  労働基準法第65 条  産前42 日間(双子は98 日)内に出産予定の女性が請求した場合、就業さ せてはならない(産前休業)  産後56 日間を経過しない女性を就業させてはならない(産後休業) (42 日後を経過した女性が請求し医者が認めた業務をする事は可能)  育児休業は、育児・介護休業法で制定されている  女性:出産後57 日目から子どもが1 歳に達するまで取る事が可能  男性: 配偶者の出産予定日から申請が可能 産休・育休の間に支払われるお金は以下の通り8  出産育児一時金: 42 万/児  健康保険に加入している被保険者が子どもを出産した時  医療機関が産科医療補償制度に加入していた場合の金額。それ以外は 39 万  出産手当金: 休業1 日に月標準報酬鵜日額の2/3 相当額  健康保険に加入している被保険者が出産の為に仕事を休み、出産日以 前42 日(双子は98 日前)から出産日後56 日までの間給与を受けれな かった場合の手当金  女性限定  育児休業給付金: 休業開始時賃金日額 * 支給日数 * 50%相当額  1 歳に満たない子を養育する為に育児休業を取得する場合一定要件に 該当する雇用保険の被保険者に対して支給される  男性も対象  8 http://ikucute.net/ikukyu.html

×