Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

リクルートにおけるVDI導入とCiscoデータセンタソリューション

2.187 visualizaciones

Publicado el

2016/04/21 Cisco Data Center Roadshow 2016での、石光の講演資料になります

Publicado en: Tecnología
  • Inicia sesión para ver los comentarios

リクルートにおけるVDI導入とCiscoデータセンタソリューション

  1. 1. リクルートにおけるVDI導入と Ciscoデータセンタソリューション 株式会社リクルートテクノロジーズ ITソリューション統括部 インフラソリューション1部 社内インフラ3グループ 石光 直樹
  2. 2. 1.はじめに~リクルートとは 2.シンクライアント検討に至る背景 3.シンクライアント検討 ~Ciscoデータセンターソリューションを選んだ理由 4.今後の取り組み もくじ 2
  3. 3. 1.はじめに~リクルートとは リクルートという会社について 3
  4. 4. 4 1.はじめに ~リクルートとは 創立 1960年3月31日 「大学新聞広告社」としてスタート グループ 従業員数 31,841名 連結売上高 約 1兆2999億円 ※2015年3月末 連結経常利益 約 1,256億円 ※2015年3月末 関連企業数 162社(国内+海外) 目指す世界観 「あなた」を支える存在でありたい ※2015年3月末 【企業概要】 4
  5. 5. 5 1.はじめに ~リクルートとは マッチング カスタマー (一般ユーザー) クライアント (サービス提供企業) 【リクルートのビジネスモデル】 世界中の生活者と産業界に 「まだ、ここにない、出会い。」を提供します 5
  6. 6. 6 1.はじめに ~リクルートとは ライフイベント領域 進学 就職 結婚 転職 住宅購入 車購入 出産/育児 旅行 IT/トレンド 生活/地域情報 グルメ・美容 ライフスタイル領域 選択・意思決定 を支援する情報サービスの提供 「まだ、ここにない、出会い。」を実現する 6
  7. 7. 7 1.はじめに ~リクルートとは ネット(PC) モバイル 紙 → ネット への展開が進む。ITの進化と ともにソリューションの進化も求められる スマート デバイス 紙 7
  8. 8. 8 1.はじめに ~リクルートとは 一人ひとりにあった最適な情報を提供し、皆様 の選択や行動を支える存在となることを目指す 8
  9. 9. 9 1.はじめに ~リクルートとは リクルートキャリア スタッフサービス・ホールディングス リクルート住まいカンパニー リクルートジョブズ リクルートスタッフィング リクルートマーケティングパートナーズ リクルートライフスタイル リクルートアドミニストレーション リクルートコミュニケーションズ 事業会社 機能会社 ネットインフラ 大規模プロジェクト推進 UXD/SEO ビッグデータ機能 テクノロジーR&D 事業・社内IT推進 リクルート ホールディングス リクルートとは、 主要7事業会社+3機能会社 で構成されるグループ企業群 私が所属する会社は リクルートテクノロジーズ セキュリティAP基盤・オフショア開発 9
  10. 10. 10 1.はじめに ~リクルートとは http://recruit-tech.co.jp/ IT・ネットマーケティング領域の専門部隊。 リクルートグループをITで牽引する企業です 10
  11. 11. 2.シンクライアント検討に至る背景 社内ITの課題とソリューション 11
  12. 12. 12
  13. 13. 13
  14. 14. 14 働き方変革の目的 生産性の向上 個の成長 法令遵守 社会からの期待 過重労働 の撲滅 有給取得 の推進 新しい働き 方の実現 女性活用の 推進 BPR 仕事以外の Input ダイバーシティ推進 (女性活用含む) Innovati on 社外ネット ワーク構築 持続的な成長 社会に新しい価値を届ける フリーアドレ ス導入 リモートワー ク推進 場所にとらわ れない働き方
  15. 15. 15 社内ITにおける3つの課題 リモートワーク の実現 セキュリティ 向上 コスト削減
  16. 16. 16 社内ITにおける3つの課題 リモート ワーク の実現 セキュ リティ 向上 コスト 削減 フレキシブルワークの実現 • 多様な働き方を支える、リモートワーク環境の要望 • 外出先からでも、どこからでも社内にいるのと同じ PC環境を利用したい 個人情報の内部不正防止 × • データの持ち出し禁止 • ローカルPCに情報が残らないようにしたい • 約30,000台のPCが約700拠点で稼働 • 故障対応、納品などのPC運用コストが大 • 3,000~5,000台/年で増加中 PC管理コストの削減
  17. 17. 17 シンクライアント(VDI)環境 オフィス PC CPU メモリ Windows データ データセンタ CPU メモリ Windows ストレージ データ シンクライアント(VDI方式)への注目 シンクライアント(VDI方式)であれば、サーバ側にCPU/メモリ/OS/データを持たせることで、 セキュアかつ利便性の高いPC環境を実現することが可能。 PC環境 オフィス PC CPU メモリ Windows データ 画面のみ 転送 ローカルPCに データ保管しない キーボード マウス 制御転送 【前提】 オンラインで あること
  18. 18. 18 シンクライアント で解決可能! 3つの課題を一挙に解決するソリューションとしてシンクライアントを導入することにしました。 シンクライアントの導入へ リモート ワーク の実現 セキュ リティ 向上 コスト 削減 課題 シンクラによる解決策 リモートワークの実現 どこからでも社内にいるのと同じ環境を提供可能! セキュリティ向上 データが端末に残らない! コスト削減 シンクラサーバに管理を集中し運用コストが見込める!
  19. 19. 19 シンクラ端末 働き方変革とセキュリティ向上の両立 “2つのVDI”を用意することにしました。 選択画面 セキュアVDI サーバー セキュア ファイルサーバ セキュアVDI用 ビューアー セキュアなシステムへのアクセス 強固なセキュリティ実装 一般VDI サーバ 統合 ファイルサーバ 一般VDI用 ビューアー 通常のPC利用同等のアクセス PC同等のセキュリティ実装 利便性の確保
  20. 20. 3.シンクライアント検討 Ciscoデータセンターソリューションを選んだ理由 20
  21. 21. 21 スケジュール 2015年度 2016年度 2017年度 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q VDI トライ アル 基盤 検証 企画~ 構築~ 展開 構築 トライアル(IT部門) トライアル(非IT部門) 基盤製品選定 (サーバ/ストレージ) アプリケーション動作検証 企画 設計 構築・試験 展開 ・2015年1Qから検証環境を構築し、約10か月にわたり利用検証を実施しました。 ・基盤検証環境も構築し、数か月かけてサーバ・ストレージの選定を行いました。 ・1年3か月をかけて3万台のVDI移行を行っていく予定です。 Now DCへの機器搬入・ キッティング中
  22. 22. 22 システム構成概要 4万台規模のVDI環境を構築します。 インターネットからのリモートアクセスにも対応します。ファイルサーバ統合も実施します。 データセンター 約700拠点 業務システム 外出先/自宅 AD etc. シンクラ シンクラ スマートデバイス シンクラ スマートデバイス イントラアクセス インターネットアクセス 仮想デスクトップ基盤 ファイルサーバ 約40,000 VDI
  23. 23. 23 Ciscoデータセンターソリューションの採用 全てのプラットフォームが融合された = 真のクラウドコンピューティング サイロになった 各サービス専用のシステム 管理プロセス デバイス管理 プロビジョニング管理 仮想化 OS アプリケーション インフラストラク チャ サーバ コンピューティング ハードウェア I/O(ネットワーク) サーバアクセスネットワークストレージネットワーク SAN MDS ネットワーク スイッチ クラウド プラットフォーム プロセスの簡素化 Unified Computing System 最適な仮想環境 自動化 プロビジョニング ネットワーク プラットフォーム ユニファイドファブリック コンピュータ プラットフォーム 容易なリソース拡張 パフォーマンス管理 高いポータルの カスタマイズ性 ストレージ サーバ 高い障害性の 確保 スモールスタート スケールアウト Pluggable 効率的な運用の 実現 サーバとネットワークにおいて、 Ciscoデータセンターソリューション(UCS/Nexus)を採用しました。
  24. 24. 24 Ciscoを選んだ理由 ¥ 導入実績 ネットワークとサーバの親和性 営業/SEのサポート 現場から見たメリット
  25. 25. 25 現場から見たCisco UCSのメリット ①ケーブリングの簡素化 ブレードエンクロージャーとFI間のケーブルがFCoEでまとまっているため、 ケーブル種別や接続ポートが雑多にならず簡素化できました。 仮想HBA FEX FC-Storage 仮想HBA 仮想HBA 仮想HBA 仮想HBA 仮想HBA FEX 管理LAN 管理LAN Fabric InterConnect Fabric InterConnect ファイルサーバ FC VDI LAN 社内 LAN 業務システム オフィス CPU メモリ CPU メモリ CPU メモリ UCS ブレードエンクロージャー FCoEでの接続
  26. 26. 26 現場から見たCisco UCSのメリット ②集約! 仮想化基盤としての集約率が高いです。 仮想HBA FEX FC-Storage 仮想HBA 仮想HBA 仮想HBA 仮想HBA 仮想HBA FEX 管理LAN 管理LAN Fabric InterConnect Fabric InterConnect ファイルサーバ FC VDI LAN 社内 LAN 業務システム オフィス CPU メモリ CPU メモリ CPU メモリ UCS ブレードエンクロージャー ハーフユニットサイズのサーバとしては 高性能であるため、仮想化技術と組み合 わせることで、高い集約率を実現 FIが多数のポートを備えており、 L2でトラフィック分割可能となり、 コアスイッチも巨大化しなかった。
  27. 27. 27 現場から見たCisco UCSのメリット ③故障からの迅速な復旧 ブレード設定をすべてプロファイル管理しているため、ブレード故障が発生しても、 HW交換してプロファイルを付け直せば、すぐにサービス可能なブレードとして復旧が可能です。 MACアドレス NICファームウェア NIC設定 WWNアドレス HBAファームウェア HBA設定 UUID BIOSファームウェア BIOS設定 Boot Order HDDコントローラファームウェア HDDファームウェア 他社サーバ 通常の サーバ仮想化 サーバハードウェア 固有の情報 HYPERVISOR (VMware ESXなど) 仮想 サーバ 仮想 サーバ 仮想 サーバ 仮想 サーバ 仮想 サーバ 仮想 サーバ 設定情報 HYPERVISOR (VMware ESXなど) 仮想 サーバ MACアドレス NICファームウェア NIC設定 WWNアドレス HBAファームウェア HBA設定 UUID BIOSファームウェア BIOS設定 Boot Order HDDコントローラファームウェア HDDファームウェア 仮想 サーバ 仮想 サーバ 仮想 サーバ 仮想 サーバ 仮想 サーバ Cisco UCS MACアドレス NICファームウェア NIC設定 WWNアドレス HBAファームウェア HBA設定 UUID BIOSファームウェア BIOS設定 Boot Order HDDコントローラファームウェア HDDファームウェア サーバハードウェア 情報の論理化 Service Profile 設定情報 基本情報
  28. 28. 4.今後の取り組み 今悩んでいること。今後取り組みたいこと。 28
  29. 29. 29 シンクラ(VDI)推進における課題 シンクラサーバ シンクラサーバ 業務アプリが移行できない インター ネット 接続不可 個人データ 移行 業務アプリ 移行 シンクラ化 不可端末の 対応 懸念点  インターネットに 接続できない場所 では、シンクラを 利用することがで きない × 接続できず Internet  各ユーザが所有し ているデータの移 行は、ユーザの作 業負担が大きい データ ユーザ負担大  各社が独自に開発 している業務APは シンクラで利用で きない可能性があ る  Macなどは、シン クラ上で動作させ ることができない 業務 アプリ × Macはシンクラ化不可 Mac × 移行 移行 対応案  スマデに必要最小限の情 報をダウンロードし、イ ンターネットに接続不可 時でも作業を可能とする シンクラサーバ ダウンロード  移行ツールを作成するこ とで、ユーザの作業負荷 を削減する データ 移行ツー ル シンクラサーバ  動作確認ができるように 検証環境を提供する アプリ アプリ 改修 シンクラサーバ  シンクラ化できないMac などの端末はこれまで通 りのサービスを提供する Mac 移行 移行 iPad等
  30. 30. 30 今後取り組みたいこと 「好きなデバイスを使いたい」というユーザの声は強い 多様なニーズに応えらえる柔軟な環境を実現したい

×