Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

コンテンツ屋の考えるデータセンタインフラのこれから

11.550 visualizaciones

Publicado el

JANOG US Regional Meeting 2015-10-23

Publicado en: Tecnología
  • Inicia sesión para ver los comentarios

コンテンツ屋の考えるデータセンタインフラのこれから

  1. 1. コンテンツ屋の考える データセンタインフラのこれから 2015-‐‑‒OCT-‐‑‒23 株式会社DMM.comラボ ⾼高嶋隆⼀一 @JANOG US Regional Meeting
  2. 2. ü DMM.com のトラフィック ü 現在のネットワーク構成 ü データセンタインフラに求められるもの ü データセンタネットワークについて考えてみる 1 本⽇日のお題
  3. 3. 2 DMM.comのトラフィック
  4. 4. 3
  5. 5. 4 トラフィックの種類 〜~ コンテンツから 動画・静⽌止画配信 ライブ配信 オンラインゲーム とにかく転送容量量が多い ! イベント単位のピーキーなトラフィック 認証や API  サーバは DMM.com  Labo  で 持つが、ゲームサーバはSAP  (*)  ごとに様々 コンテンツ トラフィックの性格 (*)  ソーシャルアプリケーションプロバイダ
  6. 6. 5 トラフィックの種類 〜~ 配信インフラから 動画・静⽌止画配信 ライブ配信 オンラインゲーム オンプレミス (⾃自社網・サーバ) CDN パブリッククラウド (SAP・案件毎。複数) コンテンツ 配信インフラ データ・認証 データ API・認証 +他コンテンツの ピークアウト データ
  7. 7. 6 現在のネットワーク構成 (オンプレ部分)
  8. 8. 他データセンタ 現在利利⽤用している技術 7 A  社 L2MP  (*) A社 L2MP B社 サーバ 連携L2 C社 L2MP (*)  固有技術としてのL2MPという呼称もありますが、本資料料では単に⾔言葉葉通りの Layer-‐‑‒2  Multi-‐‑‒Path  の略略語とします。 従来型 ToR サーバ、VM MPLS L2  延伸 802.1Q 渡し ダークファイバ 上に構築 データ センタ間 データ センタ内 コア エッジ
  9. 9. もうちょっと具体的に… the  Internet DC-‐‑‒O DC-‐‑‒T DC-‐‑‒O2 Virtual   Chassis L2MP MPLS/L2VPN MPLS/L2VPN L2MP L2MP xN
  10. 10. ü L2 Multi-‐‑‒Path 技術を⽤用いた⼤大規模 L2 網 を構築 ü データセンタ間接続も L2oMPLS を⽤用いて DC 間でも L2セグメントを (⼀一部) 共有 9 現在のネットワーク構成 まとめ
  11. 11. 10 データセンタインフラ に求められるもの
  12. 12. 11 前提条件 コンテンツ屋にとってのインフラとは? アプリケーションまでを含む、サービス提供に必 要な “システム全体” であって単に “ネットワーク”, “サーバ”, “LAMP環境” ではない
  13. 13. 12 DCインフラに求められるもの スケーラビリティ 提供スピード 可⽤用性 運⽤用コストの低減 Photo Credit: Alex  Barth via Compfight cc Photo Credit: Ed Karjala via Compfight cc 大和 (戦艦)  -­ Wikipedia
  14. 14. つまり 13 DCインフラに求められるもの cont. 単純で⼀一様で⼤大量量なリソースを 疎結合で作ってアプリから制御で きて 何かあっても縮退する だけで全落落ちしない仕組み アプリ API 障害 100% 80% (だけど使える)
  15. 15. 14 例例1)  Chaos  Monkey  が動いても平気な環境 https://github.com/Netflix/SimianArmy/wiki http://www.slideshare.net/adrianco/netflix-­in-­the-­cloud-­at-­sv-­forum @RealGeneKim,   genek@realgenekim.me ランダムにプロセスを落落とし、冗⻑⾧長性やデータ保全に問 題がないかを確認する。最近はプロセス以外にもいろん なものを落落とすものがある。
  16. 16. 15 例例2)  クラウドネイティブなアプリケーション http://www.slideshare.net/RikitakeOohashi/aws-­46408758
  17. 17. 16 データセンタネットワーク について考えてみる
  18. 18. L2  から L3  へ 17 要求を満たすネットワークへの⼀一考察 スケーラビリティ、耐障害性の観点からは元々 L2  よ り L3  の⽅方がよい
  19. 19. 18 要求を満たすネットワークへの⼀一考察 L2  が何故欲しかったのか n ライブマイグレーション Ø Cloud  Native  な作りのアプリであれば、イン スタンスそのものは重要ではない n DSR Ø L3DSR  でも同じ事ができる n セグメント単位の ACL Ø L3  にした時には ACL数の増⼤大はチャレンジ Ø サーバ側での対応や、ToR 等エッジデバイス での対応なら可能 ?
  20. 20. 19 考えたけど結局の感想 ToR で L3  (BGP)   L2  ではなく ACL  (Security  Rule)   でグルーピング Chaos  Monkey  で何が落落ちても ⼤大丈夫な構成 やはり、ハイパージャイアント達すごい。 数年年後にようやく⾃自分の腑に落落ちました。 L3DSR
  21. 21. 20 結論論 インフラ屋はアプリ屋さんと (もっと) 仲良良くしていかなくちゃいけない!
  22. 22. 21 Thank  you  !

×