Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

Netadashi meetup #9 20190607

364 visualizaciones

Publicado el

Netadashi meetup #9 20190607 より

Publicado en: Educación
  • Sé el primero en comentar

Netadashi meetup #9 20190607

  1. 1. 新卒エンジニア研修やってみた 〜5分では到底説明できないので気持ちだけ版〜 侍れっど 2019/6/7 Netadashi Meetup #9@野村総合研究所 1
  2. 2. 自己紹介 2
  3. 3. 自己紹介 侍れっど  15年のSIer行脚の末、2018年に渋谷のサービサーに移籍しました(12ヶ月目)  渋谷でスクラムマスターの駆け込み寺やってます(いつでも寄ってください) 所属 3
  4. 4. テーマ 4
  5. 5. テーマ 新卒エンジニア研修やってみた 5
  6. 6. テーマ 新卒エンジニア研修やってみた ふりかえり要素強め編 6
  7. 7. 研修の目的 ● サービスオリエンテッドな発想で技術による社会 貢献を実現する ● 技術の引き出しを増やす 7
  8. 8. 研修に(暗に)ちりばめたもの ● スクラム基礎 ○ 透明性 ■ カンバン ○ 検査 ■ イテレーション毎リリース ■ ユーザーレビュースプリント ○ 適応 ■ ふりかえり ● KPT(A) ● YWT ● FDL(+NA) ● ワールドカフェ ● ペア作業、モブ作業 ○ 一人作業の禁止 ○ 課題を一人で抱えるの禁止 ○ 初めての共同作業 ● リーンスタートアップ ○ ビジネスモデルを何度も作り出す ○ ヒューリスティック ○ 確証バイアスの認知 8
  9. 9. 研修=成長 9
  10. 10. 研修=成長 10
  11. 11. 研修=成長 11
  12. 12. 研修=成長 成長=フィードバック 12
  13. 13. 研修=成長 成長=フィードバック フィードバック→内省 13
  14. 14. 研修=成長 成長=フィードバック フィードバック→内省 「ふりかえり」 14
  15. 15. 大きな流れ 15
  16. 16. 大きな流れ 16
  17. 17. 開発スプリントの制約事項 ● 一枠4hのスプリントとします ● スプリントでは「スプリント計画」、「スプリント実施」「ふりかえり」を行います ● スプリント終了時には、必ず動くソフトウェアをみせてください ● 開発スプリントは3回を超えて連続して設定することはできません ● 適宜ユーザーレビュースプリントを挟んでください ● タスク起票されていないタスクの実施は厳禁です ● 作業は一人では行わないでください(2人以上で実施してください) ● カンバンは30秒で誰でもプロジェクトの状況がわかるようにしてください 17
  18. 18. ふりかえりの頻度(研修初日の例) 18
  19. 19. 09:00 午前開始 19
  20. 20. 20
  21. 21. 21
  22. 22. 22
  23. 23. 23
  24. 24. 24
  25. 25. 25
  26. 26. 26
  27. 27. 27
  28. 28. アイディアソンチュートリアルワーク 1. 仮説キャンバスA 2. マンダラート 3. ブレインライティング→ドット投票 4. 仮説キャンバスB 5. サービス名命名シート 28
  29. 29. 29
  30. 30. 13:00 午前終了 30
  31. 31. 14:00 午後開始 31
  32. 32. アイディアソンセッション 1. 仮説キャンバスA 2. マンダラート 3. ブレインライティング→ドット投票 4. 仮説キャンバスB 5. サービス名命名シート→アクティングアウト 6. ユーザーストーリーカード 7. 血判状 32
  33. 33. 33
  34. 34. 34
  35. 35. 18:00 午後終了 35
  36. 36. (おまけ) 36
  37. 37. 37
  38. 38. 変化 38
  39. 39. 変化 39
  40. 40. 変化 40
  41. 41. 変化 41
  42. 42. 42
  43. 43. 43
  44. 44. 伝わったぽい? 44
  45. 45. 共通認識をもつとは 45
  46. 46. カイゼンは小さく繰り返す 46
  47. 47. ユーザーレビューの重要性 47
  48. 48. アンケート 「ただコーディングをするだけでなく、誰に何を届けたいのかを意識でき る『エンジニア』になる術が見えるようになった」 「4時間という短いスプリントを多く繰り返すことで、鋼を鍛えるような感覚 だった」 「自分たちなりに高頻度でふりかえりを回していく必要があり、それを通 してカイゼンしていくことを体験できた」 「来年のエンジニア研修に関わりたい」 48
  49. 49. まとめ 49
  50. 50. まとめ 2週間で行ったふりかえりの回数 (個人) YWT : 26回 (チーム) KPT(A) : 14回 (チーム) FDL(+NA) : 2回 (全体) ワールドカフェ: 1回 50
  51. 51. まとめ 2週間で行ったふりかえりの回数 (個人) YWT : 26回 (チーム) KPT(A) : 14回 (チーム) FDL(+NA) : 2回 (全体) ワールドカフェ : 1回 (合計) :43回 51
  52. 52. まとめ 全体編はmeLevという会 社のオフィシャルブログで 記事になるらしいのでそ ちらをお楽しみに! https://melev.leverages.jp/ 52
  53. 53. まとめ 一緒に働く仲間を募集し ています。 お気軽にお問い合わせく ださい。 https://recruit.jobcan.jp/leverages/ 53

×