Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

VagrantユーザのためのDocker入門

55.464 visualizaciones

Publicado el

第3回 コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪

Publicado en: Ingeniería
  • Sé el primero en comentar

VagrantユーザのためのDocker入門

  1. 1. 2014/04/12 shin1x1 第3回 コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪 Vagrantユーザための Docker入門
  2. 2. Agenda (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 • Dockerとは • Dockerを触ってみる • Vagrantとの比較 • ユースケースに見る • まとめ
  3. 3. 忙しい人のための Docker解説 (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1
  4. 4. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Dockerの特徴1 コンテナ型なので 起動マジ速い!
  5. 5. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Dockerの特徴2 レイヤードファイルシステム ディスク、ネットワーク節約
 マジeco !!
  6. 6. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Dockerの特徴3 コンテナがどこでも動く マジポータブル!
  7. 7. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Cool だろ?
  8. 8. Dockerとは (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1
  9. 9. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Dockerとは • Docker社(旧dotCloud社)が開発したOSS • golang で実装 • コンテナ技術を使った軽量な仮想環境 • レイヤによる差分ファイルシステム • コンテナ(イメージ)配布システム
  10. 10. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Docker について http://www.slideshare.net/dotCloud/docker-intro- november
  11. 11. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 コンテナとVM http://www.slideshare.net/dotCloud/docker-intro-november
  12. 12. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Dockerコンテナ http://www.slideshare.net/dotCloud/docker-intro-november
  13. 13. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Dockerシステム概要 http://www.slideshare.net/dotCloud/docker-intro-november
  14. 14. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Dockerコンテナの更新 http://www.slideshare.net/dotCloud/docker-intro-november
  15. 15. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 レイヤファイルシステム http://docs.docker.io/en/latest/terms/image/
  16. 16. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 レイヤファイルシステム http://docs.docker.io/en/latest/terms/image/
  17. 17. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 レイヤファイルシステム http://docs.docker.io/en/latest/terms/image/
  18. 18. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 レイヤファイルシステム http://docs.docker.io/en/latest/terms/image/
  19. 19. Dockerを 触ってみる (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1
  20. 20. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 OSXで試す • OSX では、Docker コマンドだけ使えるが、
 Dockerコンテナは動かない • VM 等で、Linux 環境を用意する • Linux 環境として、boot2docker が手軽 • 今回は、Vagrant で CentOS 環境を使う
  21. 21. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 なぜ boot2docker 使わない? • Vagrant なら、IP の割り当てが楽 • Vagrant なら、synced_folder が便利 • VM の起動は時間がかかるが、あとは一緒
  22. 22. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 インストール(OSX) ! $ brew install docker! • Homebrew で docker インストール
  23. 23. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Linux環境を用意(OSX) ! $ git clone https://github.com/shin1x1/vagrant- centos-docker.git! $ cd vagrant-centos-docker! $ vagrant up! • Vagrant で Docker デーモン(CentOS)を起動
  24. 24. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 CentOSでのDocker $ sudo sed -i 's,^other_args="",other_args="-H tcp://0.0.0.0:4243 -H unix:// -dns 8.8.8.8",g' /etc/sysconfig/docker • unixドメインソケットでのみ通信可能なので、
 TCP/IP で待ち受けるように変更 • /etc/sysconfig/docker other_args="-H tcp://0.0.0.0:4243 -H unix:// -dns 8.8.8.8"
  25. 25. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Dockerホスト設定(OSX) ! $ docker -H tcp://localhost:4243 info! • Docker コマンドに -H オプションで指定 ! $ export DOCKER_HOST=tcp://localhost:4243! $ docker info! • 環境変数で設定しておくと楽
  26. 26. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 ベースイメージ取得 $ docker search centos • イメージを探す $ docker pull centos • イメージのダウンロード $ docker images! REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED VIRTUAL SIZE! centos 6.4 539c0211cd76 12 months ago 300.6 MB! centos latest 539c0211cd76 12 months ago 300.6 MB • キャッシュしているイメージを表示
  27. 27. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 コンテナを起動 $ docker run centos cat /etc/redhat-release! CentOS release 6.4 (Final) • コンテナを起動して、cat を実行 $ docker run -i -t centos /bin/bash ! bash-4.1# • コンテナを起動して、Bash を実行
  28. 28. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 実行コンテナを確認 $ docker ps! CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED ! fa7c9e516c61 centos:6.4 /bin/bash 6 minutes ago • 実行中コンテナを表示 $ docker ps -a! CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS! 8a021062464e centos:6.4 /bin/bash 7 seconds ago Up 6 seconds! 5dd90f9483d3 centos:6.4 cat /etc/redhat-rele 29 seconds ago Exit 0 • 全て(停止コンテナ含めて)表示
  29. 29. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 コンテナをイメージ化 $ docker commit CONTAINER_ID IMAGE_NAME! xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx! ! $ docker images! ! $ docker run IMAGE_NAME php -v! PHP 5.3.3 (cli) (built: Dec 11 2013 03:29:57)! Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group! Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies • コンテナをイメージ化
  30. 30. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 コンテナ構築を自動化 $ vim Dockerfile! FROM centos! MAINTAINER shin1x1 <shin1x1@gmail.com>! ! #! # httpd! RUN yum -y install httpd! ! #! # PHP! RUN yum -y install php! ! CMD ["/usr/sbin/apachectl", "-DFOREGROUND"]! • Dockerfile に構築手順を書く
  31. 31. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 コンテナ構築を自動化 $ docker build -t shin1x1/httpd_php .! Uploading context 150 kB! Uploading context! Step 0 : FROM centos! ---> 539c0211cd76! Step 1 : MAINTAINER shin1x1 <shin1x1@gmail.com>! ---> Using cache! ---> b84d1c89ba69! Step 2 : RUN yum -y install httpd! ---> Using cache! ---> 7abc65b054a8! Step 3 : RUN yum -y install php! ---> Using cache! ---> 792d88165f34! Step 4 : CMD ["/usr/sbin/apachectl", "-DFOREGROUND"]! ---> Using cache! ---> 04626460b476! Successfully built 04626460b476 • イメージをビルド
  32. 32. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 コンテナ構築を自動化 $ docker run shin1x1/httpd_php php -v! PHP 5.3.3 (cli) (built: Dec 11 2013 03:29:57)! Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group! Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies! • 構築したイメージをコンテナとして起動
  33. 33. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 コンテナをサービス化 $ docker run -d -p 80:80 shin1x1/httpd_php! xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx! • -d = コンテナをバックグラウンドで動かす • -p = ポートマッピング(ホスト:コンテナ) • -v = ホストディレクトリをコンテナからマウント • コンテナのプロセスはフォアグラウンドで動かす • http://192.168.33.10/ でアクセス可能
  34. 34. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 Vagrantとの比較 ※Vagrant で VirtualBox を使う際と比較
  35. 35. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 速くなったVagrant? • いいえ、違います。 • ユースケースは似てるとこもありますが、
 異なるものと思ったほうが良いです。
  36. 36. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 似てるところ • 独立した仮想環境が容易に作れる • ベースイメージを利用 • 構築手順(Dockerfile, Vagrantfile)を
 書いて、自動構築 • どの環境でも同じ環境が作れる
  37. 37. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 違うところ • 動作方式(ハイパーバイザー型とコンテナ型) • 起動速度 • ファイルシステム
 (フルバックアップと差分バックアップ) • ポータビリティ • 想定しているユースケース
  38. 38. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 ユースケースに見る VagrantとDocker
  39. 39. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 検証環境に使う • ミドルウェアのインストールや設定の検証など • 手軽に作って、壊してができるので良い • 検証用のベース image を用意しておく • image のキャッシュを生かすため
 同じ VM 上で Docker デーモンを動かす
  40. 40. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 開発環境に使う • OSX の IDEで書いて、コードの実行はVM
 => Vagrant の synced_folder を利用 • プロジェクト毎に独立した環境にしたい
 => Vagrant の方がより独立した環境に • 全く同じ環境にしたい
 => アクセス IP も固定した方が吉 • OSXでは、どのみちVMが必要 • Vagrant 内でプロビジョナで Docker 使うならアリ
  41. 41. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 CI環境に使う • Jenkinsでオールテスト実行環境として利用 • ビルドの度にコンテナを生成して、テスト実行 • ビルド毎に独立した環境 • 軽量な動作で複数実行されても問題無い • いま、一番導入しやすいところ • Vagrant だとオーバーヘッドが大きい
  42. 42. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 CI運用例 Mac private repo (1) git push CI サーバ(さくらVPS) (2) hook (3) git pull (4) docker build & docker run
  43. 43. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 CI運用例 • Jenkinsプロジェクト設定(シェルの実行) sudo docker build -t ${JOB_NAME} .! sudo docker run -v ${WORKSPACE}/src:/share ${JOB_NAME}
  44. 44. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 本番環境に使う • Docker の主戦場 • PaaS / DaaS (Docker as a Service) • サーバでコンテナビルド? • ビルドしたコンテナをpush? • まだ模索中…
  45. 45. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 まとめ
  46. 46. (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 まとめ • 軽量でポータブルなコンテナ • OSXで使うなら、VM が必要 • Docker ≠ better Vagrant
  47. 47. @shin1x1 (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1
  48. 48. PHPカンファレンス関西2014 (c) 2014 Masashi Shinbara @shin1x1 http://conference.kphpug.jp/2014/ • 2014/06/28(土) • 大阪産業創造館 • セッション募集中!!

×