Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
チャットボットのUXと、導⼊現場のリアル
HCD-Net認定 ⼈間中⼼設計専⾨家 / IBM Champion
⽻⼭ 祥樹 @storywriter
1	
2018年 6⽉1⽇(⾦)
<追補>
2	
この資料は、以下の資料の追補です。
チャットボットのUXと、導⼊現場のリアル
https://www.slideshare.net/storywriterjp/uxwebmaster-camp-aiui
3	
追補:
先のスライド公開から、
セミナー当⽇までの間に、
追加で考えたこと、5つ。
4	
⾃ら話しかけてくるチャットボットがいない:
既存のチャットボットで
「⾃らどんどん話しかけてくる」というのはほぼ皆無。
(有⼈チャットや、LINEの⼀⻫配信はある)
ロボットが前に⽴つだけで話しかけてくるのに対照的。
こんにちは・・・
1
5	
対話は「相⼿の時間を拘束する」:
対話は「相⼿の時間を拘束する」⾏為。
なので「その体験を良いものにする」必要が、よりある。
今の技術では、全体で複雑な体験をつくるより、
⼀瞬⼀瞬を良い体験にするほうがよい。
相⼿の時間を
拘束している
2
6	
表⽰のパターン:
表⽰のされかたは、⼤きく4種類。(例外あり)
もっと多彩さがあってもよいかもしれない。
全画⾯ サブウインドウ
(または新規ウインドウ)
ページ埋込 デバイス特化
3
7	
ゲーム業界はチャットボットのノウハウの塊:
ゲームにはチャットボットの名作がたくさんある。
「どこでもいっしょ」「シーマン」をはじめ、
ふつうのゲームも、キャラクターに感情移⼊できるよう
対話の随所に⼯夫がされている。
ゲーム業界にはノウ...
8	
いつはじめるか?:
チャットボットを導⼊することで、
社内に、AIの知識が貯まる、という効果もある。
今、はじめるか。3年後でも、間にあうのか。
5
9	
ありがとうございました。
⽻⼭ 祥樹
Twitter: @storywriter
Facebook: storywriter.jp
Facebook、ぜひ、つながってください!
⽻⼭のプレゼンのアレ が、
  スタンプになりました!
スタンプ名:ハーミィ(CSS編) 作者名:⽻⼭ 祥樹
https://store.line.me/stickershop/product/1228201/ja
Web・CSSネタ
全40種類
Próxima SlideShare
Cargando en…5
×

チャットボットのUXと、導入現場のリアル <追補>:Webmaster Camp: 企業サイトの担当者が考えておきたい、AIとUIの今。

1.567 visualizaciones

Publicado el

2018年6月1日 「Webmaster Camp: 企業サイトの担当者が考えておきたい、AIとUIの今。」でお話したスライドの追補です。

元の資料:
チャットボットのUXと、導入現場のリアル
https://www.slideshare.net/storywriterjp/uxwebmaster-camp-aiui

Publicado en: Diseño
  • Sé el primero en comentar

  • Sé el primero en recomendar esto

チャットボットのUXと、導入現場のリアル <追補>:Webmaster Camp: 企業サイトの担当者が考えておきたい、AIとUIの今。

  1. 1. チャットボットのUXと、導⼊現場のリアル HCD-Net認定 ⼈間中⼼設計専⾨家 / IBM Champion ⽻⼭ 祥樹 @storywriter 1 2018年 6⽉1⽇(⾦) <追補>
  2. 2. 2 この資料は、以下の資料の追補です。 チャットボットのUXと、導⼊現場のリアル https://www.slideshare.net/storywriterjp/uxwebmaster-camp-aiui
  3. 3. 3 追補: 先のスライド公開から、 セミナー当⽇までの間に、 追加で考えたこと、5つ。
  4. 4. 4 ⾃ら話しかけてくるチャットボットがいない: 既存のチャットボットで 「⾃らどんどん話しかけてくる」というのはほぼ皆無。 (有⼈チャットや、LINEの⼀⻫配信はある) ロボットが前に⽴つだけで話しかけてくるのに対照的。 こんにちは・・・ 1
  5. 5. 5 対話は「相⼿の時間を拘束する」: 対話は「相⼿の時間を拘束する」⾏為。 なので「その体験を良いものにする」必要が、よりある。 今の技術では、全体で複雑な体験をつくるより、 ⼀瞬⼀瞬を良い体験にするほうがよい。 相⼿の時間を 拘束している 2
  6. 6. 6 表⽰のパターン: 表⽰のされかたは、⼤きく4種類。(例外あり) もっと多彩さがあってもよいかもしれない。 全画⾯ サブウインドウ (または新規ウインドウ) ページ埋込 デバイス特化 3
  7. 7. 7 ゲーム業界はチャットボットのノウハウの塊: ゲームにはチャットボットの名作がたくさんある。 「どこでもいっしょ」「シーマン」をはじめ、 ふつうのゲームも、キャラクターに感情移⼊できるよう 対話の随所に⼯夫がされている。 ゲーム業界にはノウハウが集積されている。 アドベンチヤーゲームやビジュアルノベルは それ⾃体、巨⼤なチャットボットとも⾔える。 RPGも対話がつくり込まれている。 4
  8. 8. 8 いつはじめるか?: チャットボットを導⼊することで、 社内に、AIの知識が貯まる、という効果もある。 今、はじめるか。3年後でも、間にあうのか。 5
  9. 9. 9 ありがとうございました。 ⽻⼭ 祥樹 Twitter: @storywriter Facebook: storywriter.jp Facebook、ぜひ、つながってください!
  10. 10. ⽻⼭のプレゼンのアレ が、   スタンプになりました! スタンプ名:ハーミィ(CSS編) 作者名:⽻⼭ 祥樹 https://store.line.me/stickershop/product/1228201/ja Web・CSSネタ 全40種類

×