Se ha denunciado esta presentación.

xFlow分析の基礎と実例

5

Compartir

Próximo SlideShare
AS Path filter on GenieATM
AS Path filter on GenieATM
Cargando en…3
×
1 de 44
1 de 44

Más Contenido Relacionado

Libros relacionados

Gratis con una prueba de 30 días de Scribd

Ver todo

Audiolibros relacionados

Gratis con una prueba de 30 días de Scribd

Ver todo

xFlow分析の基礎と実例

  1. 1. Nov.2015 Tajima Hirotaka xFlow分析の基礎と実例 第6回北陸ISP勉強会 Tajima Hirotaka / Genie Networks
  2. 2. Nov.2015 Tajima Hirotaka agenda • xFlow分析の基礎知識 • xFlowの便利な解析例 • ASPサービスのデモ
  3. 3. Nov.2015 Tajima Hirotaka 念のためのお約束 • 実践的な内容をお伝えしたいので、機器 名やメーカ名を出します。 • でも、全部は把握できてません。 • 実戦投入の前にメーカーさんへのお問 い合わせや検証をおすすめします。
  4. 4. xFlowの基礎知識
  5. 5. Nov.2015 Tajima Hirotaka SNMP vs xFlow SNMP xFlow 見える もの I/F単位のパケット数、バイト数 ホスト単位(/32[v4], /128[v6]) レイヤ L2 L3 * Juniperのカウンタ値はL2ベース AS分析 不可 * I/Fに紐づくASだけは可能 可能 攻撃検 知 I/F単位(回線)の総量ベースのみ 可能 ホスト単位で可能
  6. 6. Nov.2015 Tajima Hirotaka xFlowは3つ •NetFlow •sFlow •IPFIX
  7. 7. Nov.2015 Tajima Hirotaka xFlowは3つ •NetFlow •sFlow •IPFIX OpenFlowは無関係です!!
  8. 8. Nov.2015 Tajima Hirotaka NetFlow • Cisco,Juniper(as JFlow),AlaxlaA(RT) • もともとはルータのキャッシュ技術 • Version5 か9が多い • Version10=IPFIX(後述) • IPv6を見るにはVersion9が必要
  9. 9. Nov.2015 Tajima Hirotaka NetFlowキャッシュ http://www.cisco.com/c/en/us/products/collateral/ios-nx-os-software/ios-netflow/prod_white_paper0900aecd80406232.html #show ip cache verbose flow
  10. 10. Nov.2015 Tajima Hirotaka sFlow • Brocade,Alaxala(SW),Allied,Extreme • サンプリングベース(後述) • Version4 か5が多い
  11. 11. Nov.2015 Tajima Hirotaka sFlowはサンプリング sFlow agent packets •パケットを拾い出 してsFlowとして送 る •複数パケットのア グリゲーションは しない Exporter(RT,SW) collector sFlowsFlowsFlow
  12. 12. Nov.2015 Tajima Hirotaka sFlowの特徴 • サンプリング・レートが内包される • コレクタ側で自動設定が容易 • 小型NW箱やUTM,FirewallなどsFlow出力 可能な機器が多い • SNMPライクなカウンターのサポート
  13. 13. Nov.2015 Tajima Hirotaka IPFIX • Juniper • Extreme,Cisco NGA,FW機器でもあり(が、触ったことない) • RFC7011-7015(2013年) • Cisco曰く “NetFlow v10” • ざっくり言うとNetFlow v9の標準化版+α
  14. 14. コレクター
  15. 15. Nov.2015 Tajima Hirotaka コレクタって? xflowxflowxflow エクスポータ コレクタ *ここではアナライザや描画ツールも含めてコレクタとします。
  16. 16. Nov.2015 Tajima Hirotaka コレクタあれこれ • OpenSourceなもの • FlowViewer,nfdump,nfsen,ntop,pmacct,sfl ow-tools, etc. • お手軽に試せる • 商用なもの • GenieATM,InMon,NetFlow Analyzer,Samurai • ノウハウと時間を買いたい人向け
  17. 17. Nov.2015 Tajima Hirotaka とりあえず絵が見たい人は ntop http://www.ntop.org/wp-content/uploads/2013/06/ActiveFlows.png?w=809
  18. 18. Nov.2015 Tajima Hirotaka 加工したい人向け : nfdump ■xFlowをキャプチャ % mkdir work/nf % nfcapd -w -t 60 -D -l work/nf -p 2055 ■xFlowを見る % nfdump -R work/nf Date flow start Duration Proto Src IP Addr:Port Dst IP Addr:Port Packets Bytes Flows 2015-07-14 00:43:21.341 1014.755 UDP 100.0.0.3:3 -> 10.0.0.1:18 1738 2522 1 2015-07-14 00:31:16.821 1739.275 UDP 100.0.0.3:4 -> 10.0.0.1:19 1328 4951 1 2015-07-14 00:30:05.421 1810.675 UDP 100.0.0.3:5 -> 10.0.0.1:20 1218 3650 1 2015-07-14 00:29:39.098 1836.998 UDP 100.0.0.3:6 -> 10.0.0.1:0 1871 9765 1 2015-07-14 00:38:27.524 1309.572 UDP 100.0.0.3:7 -> 10.0.0.1:1 1572 6852 1 2015-07-14 00:32:13.685 1683.411 UDP 100.0.0.3:8 -> 10.0.0.1:2 1478 8956 1
  19. 19. Nov.2015 Tajima Hirotaka 加工したい人向け:nfdump (cont.) ■暴れてる子 Top10を見つける % nfdump -s srcip/bytes -n 10 -R work/nf/ Top 10 Src IP Addr ordered by bytes: Date first seen Duration Proto Src IP Addr Flows(%) Packets(%) Bytes(%) pps bps bpp 2015-07-14 00:26:58.133 2465.453 any 100.0.0.3 89115(19.7) 133.7 M(19.7) 488.5 M(19.6) 54212 1.6 M 3 2015-07-14 00:35:58.527 3358.072 any 10.0.0.6 17468( 3.9) 26.2 M( 3.9) 96.5 M( 3.9) 7809 229897 3 2015-07-14 00:35:49.543 3367.056 any 10.0.0.19 17436( 3.8) 26.1 M( 3.8) 96.1 M( 3.9) 7752 228428 3 2015-07-14 00:36:31.065 3325.534 any 10.0.0.15 17543( 3.9) 26.3 M( 3.9) 96.1 M( 3.9) 7920 231070 3 2015-07-14 00:34:12.124 3464.475 any 10.0.0.3 17335( 3.8) 26.0 M( 3.8) 95.2 M( 3.8) 7494 219849 3 。。。。。
  20. 20. Nov.2015 Tajima Hirotaka 加工したい人向け:nfdump (cont.) ■暴れてる子 Top10を CSVで出す % nfdump -s srcip -n 10 -R work/nf/ -o csv ts,te,td,pr,val,fl,flP,ipkt,ipktP,ibyt,ibytP,pps,pbs,bpp 2015-07-14 00:26:58,2015-07-14 01:08:03,2465.453,any,100.0.0.3,89115,16.7,133657656,16.7,488520741,16.7,54212,1585171,3 2015-07-14 00:35:26,2015-07-14 01:36:56,3690.504,any,10.0.0.9,21784,4.1,32632006,4.1,119204149,4.1,8842,258401,3 2015-07-14 00:36:31,2015-07-14 01:36:56,3625.547,any,10.0.0.15,21712,4.1,32556340,4.1,118899952,4.1,8979,262360,3 2015-07-14 00:35:58,2015-07-14 01:36:56,3658.085,any,10.0.0.6,21656,4.1,32513734,4.1,119911530,4.1,8888,262238,3 2015-07-14 00:35:49,2015-07-14 01:36:56,3667.069,any,10.0.0.19,21606,4.1,32335801,4.1,118764627,4.1,8817,259094,3 2015-07-14 00:36:07,2015-07-14 01:36:56,3649.070,any,10.0.0.1,21545,4.0,32325530,4.1,118425920,4.1,8858,259629,3 。。。。。
  21. 21. Nov.2015 Tajima Hirotaka pmacct もイケてる % pmacct -s -T bytes -p /tmp/a.pipe TAG SRC_IP DST_IP SRC_PORT DST_PORT PACKETS BYTES 110 100.0.0.2 10.0.0.12 12347 54 148748831 5480618878 110 100.0.0.2 10.0.0.12 12346 54 148679571 5462237366 110 100.0.0.1 10.0.0.11 12345 53 148772815 5461617413 110 100.0.0.2 10.0.0.12 12345 54 148814637 5454732403 。。。。。
  22. 22. Nov.2015 Tajima Hirotaka 商用なコレクタ • ノウハウと時間を買いたい人向け
  23. 23. FAQとtips
  24. 24. Nov.2015 Tajima Hirotaka (Q) 対外トラヒック見たいから対外IFだ けxflowを有効にすればいいんだよね? 外部NW
  25. 25. Nov.2015 Tajima Hirotaka • (A) だめです(例外もあり) 内側IFも含めて、見たいトラヒックが通る IFすべてでxflowを有効にしてください。 (Q) 対外トラヒック見たいから対外IFだ けxflowを有効にすればいいんだよね? 外部NW
  26. 26. Nov.2015 Tajima Hirotaka • IFにxFlow設定が無いと xFlowが出ません。 • 必ず全部のIFにxFlow設定を入れる必要は ありません。 忘れがちな基本 interfaces { xe-1/0/0 { unit 0 { family inet { address 192.168.1.1/24; filter { input cflowd; }}} fxp0 { unit 0 { family inet { address 10.0.0.1/24; }}}} 管理系には たいてい不要
  27. 27. Nov.2015 Tajima Hirotaka xFlowがenalbedなIF xFlowがdisalbedなIF xFlow 外部NW なのでこういうのはダメ(*1) (*1)ingressでflow有効の場合 xFlow
  28. 28. Nov.2015 Tajima Hirotaka xFlowがenalbedなIF xFlowがdisalbedなIF xFlow xFlow 外部NW 例外もあるけど、おすすめしない Ingress +Egress フロー有効 ` xFlowが2度 出てしまう
  29. 29. Nov.2015 Tajima Hirotaka (Q)サンプリングレートは どれくらいがよい? • (A)理論的な計算式はあります。 理論値と実測値で調整しましょう。
  30. 30. サンプリングレートの考え方 –サンプル数が多いほど精度が上がります • e.g. 1分あたりサンプル数10個より20個が高精度 • 低トラヒック(∼数Mbps)では高レートが必要 • でも必要以上な高レートは無駄になることも Nov. 2015 / Tajima Hirotaka
  31. 31. サンプリング理論 • 誤差率= 196×sqrt( 1/c ) Nov. 2015 / Tajima Hirotaka 注: 信頼区間95%の場合 ※ c: サンプル数 (=集めたパケット数) 誤差率はレートでなくサンプル数に依存すること。
  32. 32. 計算例 • 1Gbpsが流れてるIFを誤差1%で見たい。 Nov. 2015 / Tajima Hirotaka (STEP1)必要なサンプル数(パケット数)を求める 誤差率1%にしたいので、最低必要なパケット数は 1=196×sqrt(1/c) → c=196^2=38416パケット (STEP2)観測する周期毎に流れるパケット数を求める パケットサイズが平均500Byteとすると、 PPS = 1Gbps/(500Byte×8)=250 kpps 観測周期が5分の場合 5分間に流れるパケット数= 250 kpps ×300sec=75 Mパケット (STEP3)必要なサンプリングレートを求める 75Mパケット/35416パケット ≒ 1952 解: 1/1952 以上にすればよい。
  33. 33. でも理論値をよくみると。。。 Nov. 2015 / Tajima Hirotaka サンプリングレートの理論値 誤差率% 100 200 300 400 500 600 700 0.1 98 49 33 24 20 16 14 0.5 2440 1220 813 610 488 407 349 1 9762 4881 3254 2440 1952 1627 1395 2 39046 19523 13015 9762 7809 6508 5578 3 87854 43927 29285 21964 17571 14642 12551 4 156185 78092 52062 39046 31237 26031 22312 5 244039 122019 81346 61010 48808 40673 34863 経験的には1000~10000が多いです
  34. 34. xFlowの便利な解析例
  35. 35. Nov. 2015 / Tajima Hirotaka http://www.slideshare.net/tajibot/ genie-usefullusage-20130129
  36. 36. Questions?
  37. 37. 以降予備資料
  38. 38. (Q) コレクタが複数あるので それぞれにxFlowを食わせたい • (A) いくつか方法があります –方法1:エクスポーターが複数出す –方法2:分岐ツールを使う –方法3:コレクタでリレーする –方法4:SWやtapで分岐する Nov. 2015 / Tajima Hirotaka
  39. 39. 方法1:エクスポータが複数出す • 多くのルータ/スイッチが複数の宛先にxFlow を出せます。 • ルータは上限2つが多いので3以上は。。。 Nov. 2015 / Tajima Hirotaka xFlow xFlow collector collector
  40. 40. 方法2:分岐ツールを使う • xFlowパケットを分岐するツール(replicator) – flow-fanout – pmacct Nov. 2015 / Tajima Hirotaka xFlow xFlow collector collector replicator
  41. 41. 方法3:コレクタでリレーする • xFlowパケットをコレクタでうけ、それを別コ レクタにリレーする Nov. 2015 / Tajima Hirotaka xFlow collector collector xFlow
  42. 42. 方法4:SWやtapで分岐する • ミラーやtap、OpenFlow SW等で分岐する – ミラー/tapはIPアドレスに注意 – OF SWでUDPパケットを分岐する Nov. 2015 / Tajima Hirotaka xFlow xFlow collector collector SW
  43. 43. others • ifIndexはSNMPとxFlowで同じ? • NAT越しのxFlow • ICMPが全部echo replyに見えるのはなぜ? • ルータ再起動したらトラヒックが消えた? Nov. 2015 / Tajima Hirotaka またどこかの機会で。
  44. 44. まとめ • SNMPとは違う世界が見えます。 • ルータ1つ、Open Sourceなコレクタ1つか ら始めてみてはいかがでしょう。 • 習うより慣れよの世界です。 Nov. 2015 / Tajima Hirotaka

×