Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
Copyright © NTT Communications Corporation.
Transform your business, transcend expectations with our technologically advan...
Copyright © NTT Communications Corporation.
● Ops Mid-cycle Meetup (Milano)
○ Rabbitmq
○ Deployment methods
○ Logging & Mo...
Copyright © NTT Communications Corporation.
Ops Mid-Cycle Meetup
Copyright © NTT Communications Corporation.
RabbitMQのHA・Scaling・Logging/Monitering等について議論するセッション
● どんな環境(バージョン)を使っているか?
○ ...
Copyright © NTT Communications Corporation.
Logging & Monitoring
OpenStackのロギングとモニタリングの手法について議論するセッション
● 参加者の分布: 大多数がOpenS...
Copyright © NTT Communications Corporation.
Logging & Monitoring
OpenStackのロギングとモニタリングの手法について議論するセッション
● どのようなモニタリングツールを利用...
Copyright © NTT Communications Corporation.
Deployment methods
OpenStack自体のデプロイ方法等を議論するセッション
● デプロイツールは何を使っているか?
○ Puppet-...
Copyright © NTT Communications Corporation.
Deployment methods
● Upgradeについて
○ component毎のsupprt matrixが欲しい (e.g. Nova Mit...
Copyright © NTT Communications Corporation.
Deployment methods
● サービスディスカバリ
○ HashicorpのConsulを使うのはどうかという提案
■ どのサーバで新しいプロセ...
Copyright © NTT Communications Corporation.
OpenStackのDBaaSを構築するコンポーネントであるTroveについてのセッション
● 事前投票:15/33 (General Session)
●...
Copyright © NTT Communications Corporation.
● 構築についての議論
○ RabbitMQの隔離・ネットワークのアーキテクチャ
■ 他コンポーネントが使用するものとは別のMQを立てる
■ ネットワーク的...
Copyright © NTT Communications Corporation.
Project Team Gathering
Copyright © NTT Communications Corporation.
概要
● Project Team Gathering(PTG)とは?
○ 従来OpenStack Summitの一部であったDesign Summitが独...
Copyright © NTT Communications Corporation.
概要
● PTG in Atlanta
○ 日程:2/20-2/24
○ 場所:Sheraton Atlanta Hotel, Atlanta, GA, U...
Copyright © NTT Communications Corporation.
Trove
● Trove: Database as a Servicesプロジェクト
○ MySQL, PostgreSQLなどのDBをデプロイする
● ...
Copyright © NTT Communications Corporation.
PTGの感想
● 活発なプロジェクトとそうでないプロジェクトの差は歴然
○ Nova, Neutron, Cinderといったコアプロジェクトや
Ironi...
Ha terminado este documento.
Descárguela y léala sin conexión.
Próximo SlideShare
NTT Tech Conference #1 Opening Keynote
Siguiente
Próximo SlideShare
NTT Tech Conference #1 Opening Keynote
Siguiente
Descargar para leer sin conexión y ver en pantalla completa.

Compartir

OpenStack Ops Mid-Cycle Meetup & Project Team Gathering出張報告

Descargar para leer sin conexión

2017年3月にMilanoで開催されたOps Mid-Cycle Meetupと2017年2月に開催されたProject Team Gatheringの参加報告資料です

OpenStack Ops Mid-Cycle Meetup & Project Team Gathering出張報告

  1. 1. Copyright © NTT Communications Corporation. Transform your business, transcend expectations with our technologically advanced solutions. Ops Mid-Cycle Meetup & Project Team Gathering出張報告 2017/03/24 NTTコミュニケーションズ 技術開発部
  2. 2. Copyright © NTT Communications Corporation. ● Ops Mid-cycle Meetup (Milano) ○ Rabbitmq ○ Deployment methods ○ Logging & Monitoring ○ Trove ● Project Team Gathering (Atlanta) ○ 全体概要 ○ Trove 2 Agenda
  3. 3. Copyright © NTT Communications Corporation. Ops Mid-Cycle Meetup
  4. 4. Copyright © NTT Communications Corporation. RabbitMQのHA・Scaling・Logging/Monitering等について議論するセッション ● どんな環境(バージョン)を使っているか? ○ OpenStackは, LibertyとMitakaが多数 (一部Newtonも) ○ RabbitMQは, 3.6系が多数 ● スケーリング/クラスタリングはどのように行っているか? ○ サービス毎(cinder, glance等)にRabbitMQを3つ立てている人が多数 ● ロギングやモニタリングはどのように行っているか(どこに焦点を当てるか) ○ 1000+のキューの全監視は事実上厳しい , その上重要なキューの見分け方が確立されていない ■ Logstash Multilineの活用, Collectd Plugin, Graylog, message throughput全体を監視 ● RabbitMQへの負荷に関してどう対応しているか ○ Neutronのメッセージング負荷が大きい ■ Neutron専用にRabbitMQクラスタを構築すれば良い ○ RabbitMQの統計情報の取得やceilometerによる負荷が大きい ■ 統計情報の取得はしない , ceilometerは極力使わない 4 RabbitMQ
  5. 5. Copyright © NTT Communications Corporation. Logging & Monitoring OpenStackのロギングとモニタリングの手法について議論するセッション ● 参加者の分布: 大多数がOpenStack Operator、一部Developerも参加 ● どのようなロギングツールを使っているか ○ EFK (ElasticSearch + Fluentd + Kiban) ○ ELKF (ElasticSearch + Logstash + Kibana + (Filebeat)) <- 参加者で最も+1が多かった ○ その他 ■ Monasca + Grafana、Riemann + Logstash、ManageIQ ● どのようなログ構造が良いか、またどうあるべきか ○ 特定のエラーのためのユニーク IDの割り当て ○ Logstash Templateの利用 ● ログ構造化のための指標を提供すべきか ○ 機械学習や深層学習を利用するために欲しいとの意見も ○ LogStashで実現できる? ● ロギングの辛み: サービス間でのイベント相関が分からない
  6. 6. Copyright © NTT Communications Corporation. Logging & Monitoring OpenStackのロギングとモニタリングの手法について議論するセッション ● どのようなモニタリングツールを利用しているか? ○ Collectd + InfluxDB + Grafana ○ ichinga2 (ngios plugin互換) ○ CheckMK + Nagios ○ Sensu + InfluxDB + Grafana ○ その他 ■ Zabbix, Ganglia, Riemann, Telegraf + InfluxDB + Grafana + Kapacitor ● どういった箇所をモニタリングしているか? ○ IPv4のアドレスプール ○ Cephクラスタの状態 ○ ノードのIPMI&イベントリの状態 ○ その他 ■ ノード間疎通性、NeutronAgentやNova-Computeの死活状態、CPU、メモリ、APIレスポンス時間 ● 障害予測をどのように行うか ?
  7. 7. Copyright © NTT Communications Corporation. Deployment methods OpenStack自体のデプロイ方法等を議論するセッション ● デプロイツールは何を使っているか? ○ Puppet-OpenStack, OpenStack-Ansible, Triple-Oが会場では優勢 ○ Kollaを利用している人も ※Kolla: Dockerコンテナ上にOpenStackをデプロイするプロジェクト ● コンテナの利用状況について ○ 既存の環境をコンテナ化するのは難易度高く課題 ○ 実際にproductionでコンテナを動かしている人は少なく,大半が検証中 ● All-in-Oneのデプロイについて ○ All-in-Oneのデプロイはテストが目的 ○ “real world testing”のためには役に立たないという意見も ■ プロセスやconfigの分割で問題が生じる事が多いため ○ そもそも”real world testing”とは ■ HA databases, loadbalancing, migrationがポイント ○ config management toolのテストには有効 7
  8. 8. Copyright © NTT Communications Corporation. Deployment methods ● Upgradeについて ○ component毎のsupprt matrixが欲しい (e.g. Nova Mitaka + Ironic Ocata = not working) ○ For puppet user ■ サービスとpuppetモジュール同時にupgradeを行うか? ■ puppetモジュール->サービスの順でやっている ■ 上記と逆だというユースケースもあり ○ Upgradeでなく"Sidegrade”をしているユーザも ■ Sidegrade : 新しい環境を作り,そこに既存ユーザ等を移行 ○ b/gデプロイでupgradeしているユーザはなし ○ N -> N+1 -> N+2 の2段階upgradeのサポートを考慮するべき ■ DBスキーマの変更がネック 8
  9. 9. Copyright © NTT Communications Corporation. Deployment methods ● サービスディスカバリ ○ HashicorpのConsulを使うのはどうかという提案 ■ どのサーバで新しいプロセスが上がったか等の監視に利用 ○ puppetdbを利用して,Icingaに監視するサービスを exportしているユーザも ● プロダクションで使っているreleaseについて ○ Liberty, Mitaka, Newtonが大半で,Mitakaが多い ○ 先月リリースのOcata使用者はまだおらず 9
  10. 10. Copyright © NTT Communications Corporation. OpenStackのDBaaSを構築するコンポーネントであるTroveについてのセッション ● 事前投票:15/33 (General Session) ● 参加者:15人程度 ● 使用状況 ○ 多くの人が検証段階 ■ パブリッククラウドのDBaaS提供方法として使用したい人が複数 ● catalyst (New Zealand) ● UKFast (United Kingdom) ● ELITS (Sweden) ■ RabbitMQとDBのインスタンスが通信する必要があるのがネック ● 通常、RabbitMQはパブリック面にない ● RabbitMQが乗っ取られたときにすべてのサービスに影響が出るリス ク 10 DBaaS with Trove
  11. 11. Copyright © NTT Communications Corporation. ● 構築についての議論 ○ RabbitMQの隔離・ネットワークのアーキテクチャ ■ 他コンポーネントが使用するものとは別のMQを立てる ■ ネットワーク的にも分離する ○ DBインスタンスをユーザに直接触らせない ■ ユーザのテナントではなく専用のテナントにインスタンスを立てる ● remote_(nova|cinder|neutron)_clientの設定 ● それでもすべてのDBインスタンスがコントロールされるリスク ● 課金の問題 ○ イメージの構築が難しい ● Web UI ○ Troveの機能に対してWeb UIでできることが少ない ■ 独自で必要なUIを実装(Swiss National Supercomputing Centre) 11 DBaaS with Trove
  12. 12. Copyright © NTT Communications Corporation. Project Team Gathering
  13. 13. Copyright © NTT Communications Corporation. 概要 ● Project Team Gathering(PTG)とは? ○ 従来OpenStack Summitの一部であったDesign Summitが独立 ○ PTG ■ 開発者が次のサイクルに向けてロードマップの決定や 開発上の課題を直接話して解決していく場 ■ Summitの約2ヶ月前に開催 ■ リリースタイミングもこのタイミングに変更 ○ Forum ■ OpsやUserからのフィードバックをDevが受ける場 ■ Summit内で開催
  14. 14. Copyright © NTT Communications Corporation. 概要 ● PTG in Atlanta ○ 日程:2/20-2/24 ○ 場所:Sheraton Atlanta Hotel, Atlanta, GA, US ○ 参加者:約500人 (Developer) ○ PTGとして初めての開催 ○ 前半2/20-21がプロジェクトを横断したセッション 後半2/22-24が個別のプロジェクトのセッション 計40種類のセッション ○ NTT Com 松下,松本は2/22-23の2日間参加
  15. 15. Copyright © NTT Communications Corporation. Trove ● Trove: Database as a Servicesプロジェクト ○ MySQL, PostgreSQLなどのDBをデプロイする ● Tesora (開発元)、IBM、AT&T、EasyStack、NTT Comから8名が参加 ○ 参考: BarcelonaのDesign Summitでは約15名参加 ○ 開発をリードしていたHP、Red Hatからの 参加がなく閑散とした雰囲気 ● 開発に関する議論 ○ Python 3対応 ○ MySQL 3.7、MongoDB 3.4対応 ○ Datastore別のAPIリクエストのバリデーション ● 周辺プロジェクトとの議論 ○ openstack-ansibleプロジェクトの担当者と Troveのアーキテクチャやパラメータについて議論
  16. 16. Copyright © NTT Communications Corporation. PTGの感想 ● 活発なプロジェクトとそうでないプロジェクトの差は歴然 ○ Nova, Neutron, Cinderといったコアプロジェクトや Ironicの部屋は盛況 ○ Troveなど非コアプロジェクトは盛り上がりに欠けることも ○ Designate (DNSサービス)に至っては参加者わずか2名 ● 479名が来場した事になっているが,全体としても人が少ない印象 ○ 前半のみ参加した人も多かった? ● OpenStack Summitのついでなら参加できていた開発者が来れなかった? ○ 発表や展示ブースがないので業務として参加が難しい? ● DevとOps, Userの距離が遠くなる懸念 ○ PTGに参加するOps, Userは少ない ○ PTGが独立したため、Forumには参加しない予定のDevがみられた
  • r0ckpine

    Oct. 30, 2017
  • chroum

    May. 1, 2017

2017年3月にMilanoで開催されたOps Mid-Cycle Meetupと2017年2月に開催されたProject Team Gatheringの参加報告資料です

Vistas

Total de vistas

533

En Slideshare

0

De embebidos

0

Número de embebidos

5

Acciones

Descargas

5

Compartidos

0

Comentarios

0

Me gusta

2

×