Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
Próximo SlideShare
What to Upload to SlideShare
Siguiente
Descargar para leer sin conexión y ver en pantalla completa.

Compartir

Troveコミュニティ動向

Descargar para leer sin conexión

OpenStack Summit 2017 Boston 参加報告会で発表した際の資料です。

  • Sé el primero en recomendar esto

Troveコミュニティ動向

  1. 1. Copyright © NTT Communications Corporation. Transform your business, transcend expectations with our technologically advanced solutions. Troveコミュニティ動向 2017/06/19 NTTコミュニケーションズ 技術開発部 松下 正樹, 松本 赳明
  2. 2. Copyright © NTT Communications Corporation. ● Troveとは ● 関連セッション ○ OpenStack Message Bus Security with Trove Database-as-a-Service ○ Project Update - Trove ● Forum ○ Trove - Project Onboarding ● 所感 2 Agenda
  3. 3. Copyright © NTT Communications Corporation. Database as a Service Project ● MySQL, PostgreSQL, MongoDBなどの RDB, NoSQLをデプロイ・管理 3 Troveとは
  4. 4. Copyright © NTT Communications Corporation. 関連セッション
  5. 5. Copyright © NTT Communications Corporation. ● Troveのメッセージバスに関するセキュリティ上の懸念 ○ ユーザのインスタンスが共有のメッセージバスを使用 ○ すべてのインスタンスが同じ認証情報を使用 ○ 他のユーザからメッセージの読み取り、操作される可能性 ● Ocataでの改善 ○ メッセージバスとの通信にSSLを利用可能 ○ インスタンスごとにユニークな鍵を使用 ■ インスタンス作成時に生成 ■ Novaのinjectionを使ってインスタンスに入れる 5 OpenStack Message Bus Security with Trove
  6. 6. Copyright © NTT Communications Corporation. 6 Troveのアーキテクチャ概要
  7. 7. Copyright © NTT Communications Corporation. PTLがTroveの開発状況について説明するセッション ● Pike (2017/08-09)の新機能・改善 ○ Trove APIがmod-wsgi下で動くように ○ Python3サポートの向上 ○ Ubuntu 16.04 (Xenial)サポート ● Queensへの開発予定 ○ クラスタリング、コンフィグ管理、 マルチバージョンサポート ○ openstack-clientへの統合 ○ コンテナベースのDB対応 ○ その他改善 ■ CIの安定、リファクタリング、ゲストイメージ作成 7 Project Update - Trove
  8. 8. Copyright © NTT Communications Corporation. Forum
  9. 9. Copyright © NTT Communications Corporation. Project Onboarding ● Troveの開発は停滞 ○ 開発元のTesoraがStratoscaleに買収され、PTLは転職 ○ HP, Red Hatの開発者が抜けた ● 各プロジェクトで行っている開発者を増やすためのセッション ○ PTLのAmrith KumerがモデレータとしてTroveの現状を説明 ○ ユーザに対して開発への参加を求める内容 ○ 参加者は30名程度で、ユーザが多い (参考: PTGの参加者は7,8名) ○ PTGに参加していた開発者の姿はほとんど見られなかった ○ 実装の目処が立っている新機能は少ない
  10. 10. Copyright © NTT Communications Corporation. まとめ ● Troveの開発は停滞 ○ 開発元が買収され、PTLが転職 ○ HP, Red Hatの開発者が抜けた ● Ocata / Pikeでの変更点 ○ 機能追加は少ない ○ メッセージバスのセキュリティ向上 ○ Python3サポートの向上 ○ Ubuntu 16.04 (Xenial)対応 ● Queen以降の開発 ○ 開発予定の機能には実装の目処がついていない ものも多く、どこまで開発が進むかは不透明

OpenStack Summit 2017 Boston 参加報告会で発表した際の資料です。

Vistas

Total de vistas

562

En Slideshare

0

De embebidos

0

Número de embebidos

5

Acciones

Descargas

3

Compartidos

0

Comentarios

0

Me gusta

0

×