Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.
成和文化研究プロジェクト 茨
城
〜天一国に向かうマクロとミクロのビジョン〜
全ての国家、人種、民族が、神を「親」として仰
ぎ、同じ「家族」の一員として生きる時代
長らく「親」を見失っていた「子」が、本来の立
場を回復し、互いが「兄弟」であり、「姉妹」で
あることに目覚めて生きる時代
グローバリゼーションが更に促進、昇華...
無限の可能性と多様性を内包し、個別性を最大限
に尊重する文化
共通の起源から生じる永遠、普遍の根本的価値観
を共有する文化
各「個」間の差異を、食い違いや争いの原因にで
はなく、相互補完と価値創造の源泉にしていく文
化
「One Family ...
政治、経済、技術、科学、福祉、環境など、膨大
かつ多岐にわたる分野が関連
特定の個人、団体、企業、国家のみの力でなし得
るものではない
多様な人材の能力、熱意、努力が必要
深い愛情に根ざした動機と、価値を生み出す事が
出来る人的ネットワーク、そ...
方法論(メソッド)
弁証法(Hegel) 授受作用(Rev. SMM)
正these
反antithese
合synthese
aufheben
正テーマ
分二性性相
合具体成果
四位基台
方法論(メソッド)
基礎領域の把握
勉強会 / ゼミ形式
分野概要の把握
歴史的推移の理解
問題意識の抽出 / 絞り込み
重点項目への集中
ディスカッション形式
Pros & Cons の洗い出し
常識的枠組みの除去
青年の新鮮な感性
隠された...
方法論(メソッド)
責任分担の明確化
プレゼン担当者 / 講師
受講者
ディスカッション – 司会者
ディスカッション – 参加者
(書記 / 記録担当)
知見の蓄積
プレゼン資料
議事録
(写真 / 映像)
KPI設定 / PDCAサイクル
...
対象領域(ドメイン)
政治
経済
科学
技術
芸術
教育
福祉
新規
注意点Openであること
Secularであること
Frankであること
Friendlyであること
Self-responsibleであること
成和文化研究プロジェクト 茨城
Próxima SlideShare
Cargando en…5
×

成和文化研究プロジェクト 茨城

410 visualizaciones

Publicado el

Publicado en: Educación
  • (Unlimited)....ACCESS WEBSITE Over for All Ebooks ................ accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { https://urlzs.com/UABbn } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://urlzs.com/UABbn } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://urlzs.com/UABbn }
       Responder 
    ¿Estás seguro?    No
    Tu mensaje aparecerá aquí

成和文化研究プロジェクト 茨城

  1. 1. 成和文化研究プロジェクト 茨 城 〜天一国に向かうマクロとミクロのビジョン〜
  2. 2. 全ての国家、人種、民族が、神を「親」として仰 ぎ、同じ「家族」の一員として生きる時代 長らく「親」を見失っていた「子」が、本来の立 場を回復し、互いが「兄弟」であり、「姉妹」で あることに目覚めて生きる時代 グローバリゼーションが更に促進、昇華され、 ファミリアライズされる時代 「One Family under God」の時代 「天一国時代」とは
  3. 3. 無限の可能性と多様性を内包し、個別性を最大限 に尊重する文化 共通の起源から生じる永遠、普遍の根本的価値観 を共有する文化 各「個」間の差異を、食い違いや争いの原因にで はなく、相互補完と価値創造の源泉にしていく文 化 「One Family under God」の文化 「成和文化」とは
  4. 4. 政治、経済、技術、科学、福祉、環境など、膨大 かつ多岐にわたる分野が関連 特定の個人、団体、企業、国家のみの力でなし得 るものではない 多様な人材の能力、熱意、努力が必要 深い愛情に根ざした動機と、価値を生み出す事が 出来る人的ネットワーク、そして、持続的に発展 可能な方法論が必要 文化創出のために
  5. 5. 方法論(メソッド) 弁証法(Hegel) 授受作用(Rev. SMM) 正these 反antithese 合synthese aufheben 正テーマ 分二性性相 合具体成果 四位基台
  6. 6. 方法論(メソッド) 基礎領域の把握 勉強会 / ゼミ形式 分野概要の把握 歴史的推移の理解 問題意識の抽出 / 絞り込み 重点項目への集中 ディスカッション形式 Pros & Cons の洗い出し 常識的枠組みの除去 青年の新鮮な感性 隠された事実の暴露 目から鱗(個人 and/or 全体)
  7. 7. 方法論(メソッド) 責任分担の明確化 プレゼン担当者 / 講師 受講者 ディスカッション – 司会者 ディスカッション – 参加者 (書記 / 記録担当) 知見の蓄積 プレゼン資料 議事録 (写真 / 映像) KPI設定 / PDCAサイクル 大会・報告会 プロジェクトウェブサイト
  8. 8. 対象領域(ドメイン) 政治 経済 科学 技術 芸術 教育 福祉 新規
  9. 9. 注意点Openであること Secularであること Frankであること Friendlyであること Self-responsibleであること

×