Se ha denunciado esta presentación.
Utilizamos tu perfil de LinkedIn y tus datos de actividad para personalizar los anuncios y mostrarte publicidad más relevante. Puedes cambiar tus preferencias de publicidad en cualquier momento.

配布:リアル事例で比較する SoftLayer と他クラウド

7.818 visualizaciones

Publicado el

Japan SoftLayer Summit 2015講演資料です。

  • Sé el primero en comentar

配布:リアル事例で比較する SoftLayer と他クラウド

  1. 1. リアル事例で⽐較する SoftLayer と他クラウド 〜 敵を知り己を知らば百戦危うからず編 〜 【Hall-B】 2015.2.12 2© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 話話話話 すひとすひとすひとすひと 日本IBM クラウドマイスター 安田智有 ①クラウドのエンジニア ②SoftLayer を基にした設計 ③好きなサービスは ベアメタル ④技術読本『柔らか層』 ⑤SugarCRM もやってます
  2. 2. 3© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 本日のお題はこれです。 4© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 「リアル事例」で「⽐較」
  3. 3. 5© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 その前に コンポーネントで「⽐較」 6© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 Computing Virtual Server and Virtual Dedicated Server Only Computing Virtual Server & BareMetal Portal Each Control Point per region Portal Redundant Unified site for ALL DCs Storage Ephemeral, EBS, S3 Storage Local, SAN, SCSI SSD, iSCSI, NAS, Object Storage, Backup Storage Firewall Security Group by Default Firewall Shared / Dedicated Firewall for order Load Balancer Elastic Load Balancer Load Balancer L4 / L7 / Dedicated local LB, NetScaler Monitoring Cloud watch for Order SSL certificate 6 different levels of certificate for order Network VLAN for order Two-factor authenticate Google Auth, Symantec validation and ID protection for order VPN IPSec for order VPN SSL (default), PPTP and IPSec for order KVM console ----- KVM console Available (default) DNS Route 53 DNS Redundant DNS Contents Delivery CDN Contents Delivery Edge Cast Scaling Auto Scale Scaling AutoScale Mail Service SES Mail Service Email delivery service Transcoding Elastic Transcoder, limited output formats. Transcoding More than 10 video / 8 audio formats, 12 container formats Messaging SNS, SQS Messaging Message Queue Database RDS, RedShift, DynamoDB, Elasticache, Elastic Mapreduce Database MS SQL, MongoDB, MySQL, Cloudera, Riak, Cloudant Authentication IAM Authentication Default Application Platform Elastic Beanstalk, Ops Works Application Platform Bluemix Workflow SWF, Data pipeline Workflow ----- Search Cloud search Search ----- Aのクラウドのクラウドのクラウドのクラウド IBM SoftLayer IPS etc ----- SSL certificate ----- Anti Virus Cloud watch for Order Two-factor authenticate AWS multi factor authentication IPS etc Fortigate / McAfee Host Intrusion Prevention for order Anti Virus McAfee anti-virus for order Monitoring Ping monitoring by default Adv, monitoring for order Network VLAN, Wide network for both public & private by default
  4. 4. 7© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 少し詳しく。 8© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 AAAAのクラウドのクラウドのクラウドのクラウド サーバのディスクを増やしたい SoftLayerSoftLayerSoftLayerSoftLayer できることは同じ、です。 Elastic Block StoreElastic Block StoreElastic Block StoreElastic Block Store((((EBSEBSEBSEBS)))) 永続的なブロックレベルのストレージボリューム永続的なブロックレベルのストレージボリューム永続的なブロックレベルのストレージボリューム永続的なブロックレベルのストレージボリューム マウントして使うマウントして使うマウントして使うマウントして使う OSOSOSOS側で側で側で側でRAIDRAIDRAIDRAID構成が組める構成が組める構成が組める構成が組める Local DiskLocal DiskLocal DiskLocal Disk((((Local/SANLocal/SANLocal/SANLocal/SAN)))) LocalLocalLocalLocalの場合は揮発性の場合は揮発性の場合は揮発性の場合は揮発性 LocalLocalLocalLocal((((SANSANSANSAN)は永続性)は永続性)は永続性)は永続性 ローカルローカルローカルローカルDiskDiskDiskDiskとして見えるとして見えるとして見えるとして見える LocalLocalLocalLocal RAID10RAID10RAID10RAID10 LocalLocalLocalLocal((((SANSANSANSAN)は、)は、)は、)は、RAID50RAID50RAID50RAID50
  5. 5. 9© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 SoftLayer では、 外部ストレージ的に使えるオプション有り EBSの、「マウントして使う」という用途的には近い・・・ File Storage (RAID10-50) シンプルなNAS Block Storage (RAID50) レプリカ機能をもつiSCSI SAN Backup (RAID10-50) eVault:ユーザーデータのバックアップ QuantaStor (任意のRAID) 〜144TB、⼤容量ファイルサーバー Elastic Storage on Cloud (任意のRAID) 〜2PB、IB+GPFSの高速ストレージ Consistent Performance Storage IOPS保障型ストレージ 上記を複数組み合わせることもできます。 続・サーバのディスクを増やしたい 10© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 AAAAのクラウドのクラウドのクラウドのクラウド データをバックアップしたい SoftLayerSoftLayerSoftLayerSoftLayer SoftLayer ではバックアップ・オプション付の 外部ストレージもある。 SLAがあるのはAのクラウドの安心材料 Simple Storage ServiceSimple Storage ServiceSimple Storage ServiceSimple Storage Service((((S3S3S3S3)))) オブジェクトストレージオブジェクトストレージオブジェクトストレージオブジェクトストレージ ファイル単位で保存する共有フォルダのイメージファイル単位で保存する共有フォルダのイメージファイル単位で保存する共有フォルダのイメージファイル単位で保存する共有フォルダのイメージ 安い安い安い安い $ 0.03 /$ 0.03 /$ 0.03 /$ 0.03 /GBGBGBGB 3333AZAZAZAZにににに自動複製されるため、堅牢性が高い自動複製されるため、堅牢性が高い自動複製されるため、堅牢性が高い自動複製されるため、堅牢性が高い 99.999999999%99.999999999%99.999999999%99.999999999% Object StorageObject StorageObject StorageObject Storage オブジェクトストレージオブジェクトストレージオブジェクトストレージオブジェクトストレージ ファイル単位で保存する共有フォルダのイメージファイル単位で保存する共有フォルダのイメージファイル単位で保存する共有フォルダのイメージファイル単位で保存する共有フォルダのイメージ 安い安い安い安い $ 0.04 /$ 0.04 /$ 0.04 /$ 0.04 /GBGBGBGB DCDCDCDC内で自動複製されるため、堅牢性が高い内で自動複製されるため、堅牢性が高い内で自動複製されるため、堅牢性が高い内で自動複製されるため、堅牢性が高い
  6. 6. 11© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 AAAAのクラウドのクラウドのクラウドのクラウド ⼤量にバックアップしたい SoftLayerSoftLayerSoftLayerSoftLayer できることは同じ! SoftLayer ではプライベート・ネットワークでの データの出し入れは課金されない優位性あり。 AWS Import/ExportAWS Import/ExportAWS Import/ExportAWS Import/Export オンプレのファイルサーバーをオンプレのファイルサーバーをオンプレのファイルサーバーをオンプレのファイルサーバーを クラウドに持っていくときに使うクラウドに持っていくときに使うクラウドに持っていくときに使うクラウドに持っていくときに使う 転送用のポータブル記憶装置を用いて転送用のポータブル記憶装置を用いて転送用のポータブル記憶装置を用いて転送用のポータブル記憶装置を用いて クラウドクラウドクラウドクラウド 内外へ、大容量データの転送を高速化内外へ、大容量データの転送を高速化内外へ、大容量データの転送を高速化内外へ、大容量データの転送を高速化 Data TransferData TransferData TransferData Transfer USBUSBUSBUSBインターフェースを持つメディアインターフェースを持つメディアインターフェースを持つメディアインターフェースを持つメディアを送を送を送を送付付付付 または、または、または、または、 AsperaAsperaAsperaAspera など高速ファイル転送ツールを使うなど高速ファイル転送ツールを使うなど高速ファイル転送ツールを使うなど高速ファイル転送ツールを使う 12© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 AAAAのクラウドのクラウドのクラウドのクラウド ハイブリッドなストレージ環境 SoftLayerSoftLayerSoftLayerSoftLayer できることは同じ! AWS StorageAWS StorageAWS StorageAWS Storage GatewayGatewayGatewayGateway オンプレに設置するアプライアンス・サーバーオンプレに設置するアプライアンス・サーバーオンプレに設置するアプライアンス・サーバーオンプレに設置するアプライアンス・サーバー データの同期に活用するケースが多いデータの同期に活用するケースが多いデータの同期に活用するケースが多いデータの同期に活用するケースが多い Storage GatewayStorage GatewayStorage GatewayStorage Gateway 各社が提供する各社が提供する各社が提供する各社が提供するStorage GatewayStorage GatewayStorage GatewayStorage Gateway製品を利用する製品を利用する製品を利用する製品を利用する Elastic Storage on CloudElastic Storage on CloudElastic Storage on CloudElastic Storage on Cloud でででで オンプレのストレージ空間をオンプレのストレージ空間をオンプレのストレージ空間をオンプレのストレージ空間を 柔軟に、かつ高速な柔軟に、かつ高速な柔軟に、かつ高速な柔軟に、かつ高速なI/OI/OI/OI/Oでででで クラウドへ拡張することもできる。クラウドへ拡張することもできる。クラウドへ拡張することもできる。クラウドへ拡張することもできる。
  7. 7. 13© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 AAAAのクラウドのクラウドのクラウドのクラウド クラウドを監視したい SoftLayerSoftLayerSoftLayerSoftLayer 「監視」をクラウドで完結しやすいAのクラウド IaaS部分に強い SoftLayer Cloud WatchCloud WatchCloud WatchCloud Watch クラウドリソースとクラウド上でお客様が実行するクラウドリソースとクラウド上でお客様が実行するクラウドリソースとクラウド上でお客様が実行するクラウドリソースとクラウド上でお客様が実行する アプリケーションのモニタリングを提供アプリケーションのモニタリングを提供アプリケーションのモニタリングを提供アプリケーションのモニタリングを提供 メトリックスを定義できるメトリックスを定義できるメトリックスを定義できるメトリックスを定義できる CPUCPUCPUCPU 使用率、データ転送、使用率、データ転送、使用率、データ転送、使用率、データ転送、 ディスク使用率などをディスク使用率などをディスク使用率などをディスク使用率などを 5555 分間隔で収集分間隔で収集分間隔で収集分間隔で収集 EBSEBSEBSEBSややややRDSRDSRDSRDSといった他のサービスの監視も可能といった他のサービスの監視も可能といった他のサービスの監視も可能といった他のサービスの監視も可能 NIMSoft MonitoringNIMSoft MonitoringNIMSoft MonitoringNIMSoft Monitoring IaaSIaaSIaaSIaaSレベルのモニタリングを提供レベルのモニタリングを提供レベルのモニタリングを提供レベルのモニタリングを提供 BasicBasicBasicBasic、、、、AdvancedAdvancedAdvancedAdvanced、、、、PremiumPremiumPremiumPremiumがある。がある。がある。がある。 CPUCPUCPUCPU、メモリ、、メモリ、、メモリ、、メモリ、DiskDiskDiskDisk、プロセス、サービスの死活監視、プロセス、サービスの死活監視、プロセス、サービスの死活監視、プロセス、サービスの死活監視 パフォーマンス監視、各種サービスの監視も可能パフォーマンス監視、各種サービスの監視も可能パフォーマンス監視、各種サービスの監視も可能パフォーマンス監視、各種サービスの監視も可能 ApacheApacheApacheApache、、、、TomcatTomcatTomcatTomcat、、、、IISIISIISIIS、、、、 SQLServerSQLServerSQLServerSQLServer、、、、MySQLMySQLMySQLMySQL URLURLURLURL監視もある監視もある監視もある監視もある 14© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 AAAAのクラウドのクラウドのクラウドのクラウド こういうことも良く聞かれます① SoftLayerSoftLayerSoftLayerSoftLayer 対応する機能やサービスが結構ある。 Direct Connect Virtual Private Cloud(VPC) Identity and Access Management(IAM) Direct Link 標準サービスの SSL VPN、PPTP IPSec セグメント追加はポータルから 権限管理はポータルから
  8. 8. 15© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 AAAAのクラウドのクラウドのクラウドのクラウド こういうことも良く聞かれます② SoftLayerSoftLayerSoftLayerSoftLayer 特定の用途であれば 似たような機能がある SoftLayer Relational Database Service (RDS) Glacier Simple Email Service(SES) Simple Queue Service(SQS) Managed Hosting なし sendGrid(⼤量同報通信向け) Message Queue 16© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 AAAAのクラウドのクラウドのクラウドのクラウド こういうことも良く聞かれます③ SoftLayerSoftLayerSoftLayerSoftLayer あまり知られていない、各種インテグレーション 自分で作っていく、というスタンスのSoftLayer DynamoDB Elastic Beanstalk CloudFormation OpsWorks Cloudera, Cloudant, mongoDB, riak PureApp on SL, Openstack on SL Dockerとか Provisioning Scriptで 開発環境の運⽤管理は Bluemix
  9. 9. 17© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 本当に良〜く聞かれるので もう⼀度 ご紹介します 18© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 イメージ Direct Connect で 自社環境と 専用線接続してい るんだけど? Direct Link で まったく同じことが できるぞ!
  10. 10. 19© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 イメージです 細かいフロー制御なら Vyatta を使ってでき るわよ VPC で セグメント分けてるん だけど、できる? 20© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 これはイメージです IAM でやる アカウント毎の 権限設定? それは SoftLayer の 管理ポータル管理ポータル管理ポータル管理ポータルで 細かく設定 できるべあ
  11. 11. 21© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 小さくはじめて 大きくしていく 具体的なイメージが 沸きません。 こういうことも良く聞かれます④ 22© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 運⽤者PC OS Update 従量型 ストレージ バックアップ プライベートプライベートプライベートプライベート ネットワークネットワークネットワークネットワーク (DirectLink or IPSec VPN) お客様のプライベートネットワーク SoftLayer共通基盤サービス セキュリティ NTP ファイルサーバー お客様社内ネットワーク 開発者PC インターネットインターネットインターネットインターネット インターネット 前提として。
  12. 12. 23© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 Web+DB +Firewall機能 データベース (ベアメタル) 共⽤Firewall Web データベース (ベアメタル) 専有Firewall Web 専有LB データベース (ベアメタル) 共有Firewall Web 共有LB 最も シンプルな 構成 セキュリティ と DB性能を やや強化 負荷分散 と DB品質向上 を実装 セキュリティ と 処理性能を 強化 Web アプリケーション⽤の環境 24© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 Aのクラウドではなく SoftLayerを選んでいただいた ユーザー様の「声」
  13. 13. 25© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 悩ましい 変動料⾦ 気づいたら セキュリティ 1 2 ⾒通せる パフォーマンス 3 リアル事例パターン 26© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 Aクラウドで⾒落としがちな従量課⾦ ② アウトバウンド: 最初の10TBまで $0.201 /GB 次の40TBまで $0.158 /GB EC2 ②②②② ① ELB: データ処理量 $0.008 /GB ELB ①①①① EBS ③③③③③ EBS: 100万IOリクエストあたり $0.08 ④ DC間のデータ転送: $0.01 /GB DC1 DC2④④④④ SoftLayer では②のみ発生では②のみ発生では②のみ発生では②のみ発生 見積見積見積見積 簡単簡単簡単簡単
  14. 14. 27© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 クラウドで⾒落としがちなセキュリティ 私のサーバーに 攻撃しているよう です。 調べてください。 28© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 安定したパフォーマンス SoftLayer(ベアメタル) 他社クラウド(仮想マシン) 詳細は ソフトレイヤー探検隊 https://ibm.biz/SLtankentai
  15. 15. 29© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 最近手がけた SoftLayer 案件をご紹介 30© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 お客様の要件 ① 対象は携帯端末 ② 携帯端末からデータを集めたい ③ 集めたデータを解析したい ④ まず海外A、そのあと日本、で海外B ⑤ 開発は日本の拠点 ⑥ 解析のメインセンターも日本で ⑦ もちろんスモールスタート
  16. 16. 31© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 いま流⾏の IoT ですね SoftLayerで こうなりました。 32© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 インター ネット Vyatta GW Appliance 本番環境@とある海外本番環境@とある海外本番環境@とある海外本番環境@とある海外DC IPSec VPNオペレーター、 管理者@ オフィス 負荷分散器 Web/App Public Private Database 運用監視 解析サーバー eVault 開開開開発・検証環境発・検証環境発・検証環境発・検証環境 @@@@東京東京東京東京DC Public Private Database 運用監視 解析サーバー eVault IPSec VPN 開発チーム@ オフィス インター ネット SoftLayer WAN
  17. 17. 33© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 コンポーネント選定基準例 Vyatta Gateway Appliance 開発者も、本番環境のオペレーターも専用線接続が必要 インターネットVPN接続でコストを低減 開発環境は当初はSoftLayer標準提供のSSL VPNとIP Secを併用 ベアメタル上に作ってパフォーマンスを安定 負荷分散器には、NetScaler VPX 数種類のサーバーを対象にしたい グローバル・ロードバランスも対象にしたい オートスケールとも連動したい バックアップは eVault MySQL DBのデータをオンライン・バックアップ Zabbix で運用監視 解析サーバーはベアメタル パフォーマンス重視 プライベート回線でのみ使えるように設定を変更 Softlayer WANを活⽤ サーバーのイメージは各DCで保管 将来展開予定の地域にあるDCにも簡単にコピー 34© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 ありがとうございました。ありがとうございました。ありがとうございました。ありがとうございました。
  18. 18. 35© 2015 IBM Corporation Japan SoftLayer Summit 2015 ワークショップ、セッション、および資料は、IBMまたはセッション発表者によって準備され、それぞれ独自の見解を反映したものです。それらは情報提供の目的のみで提供されており、いかなる参加 者に対しても法律的またはその他の指導や助言を意図したものではなく、またそのような結果を生むものでもありません。本講演資料に含まれている情報については、完全性と正確性を期するよう 努力しましたが、「現状のまま」提供され、明示または暗示にかかわらずいかなる保証も伴わないものとします。本講演資料またはその他の資料の使用によって、あるいはその他の関連によって、い かなる損害が生じた場合も、IBMは責任を負わないものとします。 本講演資料に含まれている内容は、IBMまたはそのサプライヤーやライセンス交付者からいかなる保証または表明を引きだすこと を意図したものでも、IBMソフトウェアの使用を規定する適用ライセンス契約の条項を変更することを意図したものでもなく、またそのような結果を生むものでもありません。 本講演資料でIBM製品、プログラム、またはサービスに言及していても、IBMが営業活動を行っているすべての国でそれらが使用可能であることを暗示するものではありません。本講演資料で言及 している製品リリース日付や製品機能は、市場機会またはその他の要因に基づいてIBM独自の決定権をもっていつでも変更できるものとし、いかなる方法においても将来の製品または機能が使用 可能になると確約することを意図したものではありません。本講演資料に含まれている内容は、参加者が開始する活動によって特定の販売、売上高の向上、またはその他の結果が生じると述べる、 または暗示することを意図したものでも、またそのような結果を生むものでもありません。 パフォーマンスは、管理された環境において標準的なIBMベンチマークを使用した測定と予測に基づいてい ます。ユーザーが経験する実際のスループットやパフォーマンスは、ユーザーのジョブ・ストリームにおけるマルチプログラミングの量、入出力構成、ストレージ構成、および処理されるワークロードな どの考慮事項を含む、数多くの要因に応じて変化します。したがって、個々のユーザーがここで述べられているものと同様の結果を得られると確約するものではありません。 記述されているすべてのお客様事例は、それらのお客様がどのようにIBM製品を使用したか、またそれらのお客様が達成した結果の実例として示されたものです。実際の環境コストおよびパフォー マンス特性は、お客様ごとに異なる場合があります。 IBM、IBM ロゴ、SoftLayerは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。 現時点での IBM の商標リストについては、www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。 Adobe, Adobeロゴ, PostScript, PostScriptロゴは、Adobe Systems Incorporatedの米国およびその他の国における登録商標または商標です。 IT Infrastructure Libraryは英国Office of Government Commerceの一部であるthe Central Computer and Telecommunications Agencyの登録商標です。 インテル, Intel, Intelロゴ, Intel Inside, Intel Insideロゴ, Intel Centrino, Intel Centrinoロゴ, Celeron, Intel Xeon, Intel SpeedStep, Itanium, およびPentium は Intel Corporationまたは子会社の米国およ びその他の国における商標または登録商標です。 Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標です。 Microsoft, Windows, Windows NT および Windowsロゴは Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。 ITILは英国The Minister for the Cabinet Officeの登録商標および共同体登録商標であって、米国特許商標庁にて登録されています。 UNIXはThe Open Groupの米国およびその他の国における登録商標です。 Cell Broadband Engineは、Sony Computer Entertainment, Inc.の米国およびその他の国における商標であり、同社の許諾を受けて使用しています。 JavaおよびすべてのJava関連の商標およびロゴは Oracleやその関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。 Linear Tape-Open, LTO, LTOロゴ, UltriumおよびUltriumロゴは、HP, IBM Corp.およびQuantumの米国およびその他の国における商標です。

×